When I Dream

~気侭な戯言日記~

グランドスラム:全米オープン

2014-09-06 18:00:00 | スポーツネタ
女子はWTA、男子はATP、今年最後のグランドスラム:全米オープンもいよいよ明日が決勝戦だけど、誰が勝ち上がってくるかな~。珍しくlevieの職場でも、男子シングルは錦織圭クン、女子のダブルスではクルム伊達公子さんの準々決勝進出が話題になりました。が、ワイドショーで大きく取り上げるのは圭クンばっかりでちょっと不満が・・・(微笑)けどまぁ男子においては何十年ぶりの快挙でもあるから仕方ないか。ベスト4は快挙だもんねぇ。levieは4回戦までは食らいついてでも勝ち上がるだろうなぁって思ってたけど、正直準決勝まで残るとは思っていなかった(爆)今夜の相手はジョコビッチだから、そうは簡単に勝たせてはくれないと思うけど、過去の対戦では勝った事もあるので、ひょっとしたらひょっとするかも~!!非常に楽しみだけど、ライブスコアしか見る事ができないのが残念。しかも夜中だから、ずっと見てはいられないよなぁ・・・。ここまで来たからにはって、きっと圭クンも思ってるだろうけど、できれば決勝に上がって欲しいね~。

さて、伊達さん、現役復帰後にはダブルスで何度か優勝しているけど、グランドスラムで準決勝まで勝ち上がったのは初めての事だそうで、これも快挙には違いないんだけど、いまいち取り上げ方が小さいのは杉山愛さんの実績が影響してるのかなぁ??って思っちゃった。←比較のしようがないと思うけどなぁ
けど、多くの人には、やっぱり90年代の人って印象なのかも。職場でもそんな風だったし・・・。けど準決勝進出は驚きだったようで、・・・ワイドショーの取り上げ方小さすぎるんじゃない??・・・って話も出たんだけど、皆、野球やサッカーやバレーボールは見ても、テニスの試合は見ない人達だから、少しでも試合を流してくれたのはよかったのかなぁ・・・。シングルでは1回戦でヴィーナス・ウィリアムスと当たって2-6、6-3、6-3で敗れてしまったけど、その分、ダブルスに力を注ぎこめたとも言えるのかもしれないね。体力の消耗を回復させるのは物凄く大変な事だろうしね。ダブルスの準決勝では、パートナーのバーボラが今一つ力を発揮できずじまいで終わってしまったみたいで、悔しさが残ったみたいだね。

伊達さんとBARBORA ZAHLAVOVA STRYCOVAの1回戦の相手は、アメリカのIRINA FALCONI / ANNA TATISHVILIペアで、7-5、4-6、6-3で勝ち、2回戦はHAO-CHING CHAN / YUNG-JAN CHANの台湾ペアに6-3、6-2で順当に勝った感じ??3回戦はダブルスランキングが3位のSU-WEI HSIEH / SHUAI PENG 台湾中国ペア。技巧者相手に 7-6、6-4で競り勝ったんだろうと思う。

4回戦は前回だったかな??ペアを組んでいたANDREA HLAVACKOVAと、JIE ZHENGのペアで、6-3、4-6、6-3で勝った後の画像は満面の笑みでパートナーのバーボラと抱き合って喜んでいるモノで、これはひょっとしたら、この勢いでダブルスランキング8位のEKATERINA MAKAROVAとELENA ESNINAのロシアペアを撃破できるかもな~って思ってた。で、試合当日の夜中にライブスコアでちょっと見てみたら、第1セットが4-2で勝っていたから、これはいけるぞ~って思ってたんだけど、睡魔に襲われて少し後に再び見てみると、7-5で逆転されて落としてて、第2セットも4-0で負けていた。伊達さんのシングルだったら、この展開はまだまだ解らない所でもあるから、必死に睡魔を振り切って応援しながらスコアを見続けたんだけど、追い上げられずに6-3試合は終わってしまった。かなり厳しい試合だったのかと思い気や、バーボラが不調だったよう。
ダブルスの難しさはそういう所にもあるのかな??

もしも勝ててたら、決勝ではヒンギス&ペンネッタが相手だから、ある意味ではドリームマッチだったんだけどなぁ。って言ってもしょうがない(爆)伊達さんはヒンギスと練習した事もあるから、決勝で試合をするかもしれない事を楽しみにしてたかもね~。当たれば得る事もたくさんあるだろうしね。
けどまぁ、大きな大会でダブルスランキングがトップ10の技巧者ペア2組を撃破しての準決勝だから、まだまだやれる事の証明になったよね。シングルとは違うけど、シングルだって、好調さが維持できればけっこういい線まで上がっていけるんじゃないかな~って思う。今シーズンも残りが少なくなってきたけど、取りあえずは、東レのパンパシで強豪をなぎ倒してガッツポーズをする伊達さんが見たいなぁ~!



******  追記  ******

さて錦織圭クンに話は戻りますが・・・、4回戦で Milos Raonic に4-6、7-6、6-7、7-5、6-4というスコアで4時間を超えた試合で見事勝利を飾り、翌日の準々決勝では Stan Wawrinka に、3-6、7-5、7-6、6-7、6-4という再びの4時間越えの戦いを制したんだよねぇ。男子のグランドスラムは3セット先取だから試合が長くなりやすいんだけど、精神力とスタミナはトップクラスである事を知らしめる事にもなっただろうねぇ。
で、1日空けて、日本時間で土曜深夜の準決勝でシングルランキング1位のNovak Djokovicと対戦したわけですが、6-4、1-6、7-6、6-3でこれまた撃破!!トップテンランカーを3人破ったのは物凄く大きな自信にもなったと思うけど、これは決して・・・ミラクル・・・でもなんでもなく、実力そのものの結果でしょう!!←凄い!!

そして明早朝、ついに決勝戦を迎えるけど、嫌が応にも期待が高まります!!
対戦相手は Marin Cilicで、今年は1月のBrisbane、4月のBarcelonaで当たってる圭クンだけど、2戦とも勝っているので、余程の事がない限りは、試合を優位に運べるのではないかと・・・思います。
今日付けの最新ランキングでは、圭クンは8位に浮上してるけど、もしも優勝したら、800点加算されて5位に上がる計算だったかな??今週開催されるツアー予定をチェックしていないので、それによってポイントが変わるだろうし、来週付けのランキングでどうなるかまでは解らないけど、近い将来のトップ3入りも夢ではない射程距離内に入ったかも~。まぁ勝ったり負けたりはあるだろうし、簡単ではないとは思うけど、期待が高まるね~。取りあえずは、今夜の決勝戦、ぶっちぎりで勝利して欲しい~!!

コメント   この記事についてブログを書く
« お祭り騒ぎの氷水かぶり | トップ | 外濠公園で蚊に刺された »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スポーツネタ」カテゴリの最新記事