山遊塾With You

ハイキングやウォーキングの紀行、感想など。
気の向くままに歩いています。

越後の名山・守門岳に登って来ました。

2022年08月01日 | 登山
 守門岳はスキー登山の山として、山スキー愛好家には古くから愛されてきた山でした。今では日本300名山のひとつに加えられているせいか、中級山岳愛好家には人気の山のようです。この山に下界の暑さから逃れようと行ったのですが。


 二口コースの登山口の駐車場はまったくのガラ空きで、ここを7月31日の夜明け早々の4時半にスタートしました。


 本高地沢に架かる猿倉橋を渡ると登山届のポストがあって、ここが保久礼小屋を経由して大岳に至るコースと、護人清水を経て一直線に
主稜線を目指すコースの分岐になっています。私は先に大岳を登ることにしていたので、当然左の保久礼への道を選び二分キャンプ場へ向かいました。


 暫くは舗装された道を登って行き、二分キャンプ場からは保久礼小屋下まで下草の生えた今は使われていない林道を歩きます。


 足元にはこんな大きくて派手なキノコも生えていました。


 1時間かかって保久礼小屋下に到着。年を取るとなかなか足が思うように上がらないもので、もうここで顎が上ってくる始末。


 これから先を見やると長い階段が続きます。階段登りは結構こたえるのです。


 階段登りと赤土のヌルヌル道が続き、やっと着いたキビタキ清水で大きな赤ガエルに遭遇。キビタキ清水は強烈に冷たい清水でした。


 キビタキ清水からすぐにキビタキ小屋に着きました。簡単な造りの避難小屋です。大雨に見舞われたらこれでも助かります。


 第二展望台と記された札が吊るされていました。ここからの眺めは生憎霞んでいて遠くの方は良く見えませんでした。


 午前8時丁度に大岳山頂に到着。猿倉橋を出発してから3時間半かかったわけです。思っていたより時間がかかりました。そしてめちゃくちゃ汗をかきました。さらに驚いたことには先に着いていた人が6人もいたことです、駐車場には私の車以外に軽自動車が1台あったのみでしたから。


 大岳山頂には三角点や鐘以外に古い石塔があって、それには巣守神社という字が見えました。守門と巣守。調べてみたくなりました。


 大岳から今度は南に方向を変えて守門岳(袴岳)に向かいます。山頂部には少し雲がかかっています。今回選んだコースは兎に角単純明快で、スタートからまず北に向かい、尾根上に出たら今度はひたすらに東に向かうと大岳です。そして主稜線を南に行けば袴岳に行着き、下りは一旦主稜線を北に半分戻り、西に向かってひたすら下ると元の二口登山口に戻れるわけです。私のような年寄りは足腰が弱くなり、バランスも悪いので、木の根や石ころに躓かないように足元ばかりを見て歩いています。それゆえに先を良く見ていないので、つい道を間違えるという阿保なことをしでかします。ところが今回のコースではそんな心配がまずありませんでした。このスクエアなコースは地図読みがあまり上手くない人や老人には適しています。


大岳から南へ細い稜線の道を最低コルまで標高にして約100mほど下り、そこから袴岳まで約200mの登り返しになります。この間にアッサリと二人の登山者に抜かれてしまいました。眼前には黒姫山の鋭鋒が見え、足下には守門川の源流である硫黄沢の雪渓が見下ろせました。標高が低いと言っても流石豪雪の山だけあって、盛夏の時期にあってもまだ雪が残っているから驚きです。






 大岳と袴岳の中間が大岳の分岐で、ここからひと登りで池塘もある草原の青雲岳の頂に着きました。木道が袴岳に向かっいて伸びています。




 9時36分やっと袴岳・守門岳の頂上に着きました。先着者が三人いました。兎に角大汗をかいてしまいました。予想以上に蒸し暑い日で、山頂には風も無く、低く雲が垂れこめてお陰で眺望も楽しめず、という状態でした。




 山頂に10時までいて、先ほどの分岐まで戻り二口尾根を下りました。この道は非常に単純でさして悪い所も無く楽な道です。中間点の二口尾根展望台が丁度標高1000mで、ここが唯一展望が開けていて、振り返るとオカバミ沢に懸かるウワバミの大滝を望むことが出来ました。このころになると空はすっかり晴れ上がり、今度は強烈な太陽が降り注いでその熱い事。






 ブナの森が続くようになると間もなく谷池平で、ここから尾根を離れて急な下りになりました。下る道々に大きなキノコが傘を広げていて、それが結構楽しめました。


 これは熊よけの鐘です。なんとガスボンベのキャップを使っています。




 ほぼ尾根を下り終えた所に護人清水の水場がありました。ここの水も強烈に冷たかったです。


 登山口に飛び出したらそこから平らな道が駐車場まで続いていました。草むらの道のなんと心地よいことよ。


 スタート地点の猿倉橋に午後1時17分に着きました。熱せられたフライパンのような駐車場に着き、靴を脱いで素足でアスファルトに立った途端に飛び上がってしまいました。本当に火傷しそうな暑さでした。でもここに犬を連れてきている人がいました。あー何たる不幸な犬よ。


















コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

青梅街道ウォーク第2回目です。武蔵野線新小平駅から青梅線青梅駅間を歩いて来ました。

2022年07月18日 | ウォーキング
 7月17日日曜日は梅雨の戻りか、このところスッキリしない天気が続き、当日も家を出る時は霧雨が降っており、気乗りがしないもののスタート地点の武蔵野線新小平駅に向かいました。
 今回は青梅駅までと決めていたので、たとえ雨が降っても中止にする気はありませんでした。カンカン照りの中を歩くより、むしろ雨に濡れて歩く方が気持ちいいのではと思ったもので。それに青梅の町には古い時代の映画看板が町のあちこちにあり、それを眺めて歩くのも楽しいですから。


 午前8時丁度に新小平駅南口を出発。雨は降っておらずむしろ天気は良くなる方へ向かっている。駅前がすぐ青梅街道で、街道に出て西に方向を定めて歩行開始。朝から東京へ向かう車が多い。それより猛スピードで狭い歩道を駆け抜ける自転車が怖い。


 歩道脇を流れる水は野火止用水から分岐して送られて来るものらしく、今もこれを管理、手入れをしている人たちがいることに思いが行く。


 小平市では緑を大事にしているようで、街道沿いの大きな木には市の重要保存樹木としてその旨の札が取り付けられています。


小平小川町に小平神明宮がありましたので、少しの時間寄ってみました。この神社は明暦2年(1656年)村の名主、小川九郎兵衛が当地の開拓を志し、荒れ地の開墾を行い、寛文元年(1661年)西多摩郡殿ケ谷村神明ケ谷から分祠遷座されたものと説明されています。約360年昔のことになります。


 1時間歩いたところで青梅橋交差点に着きました。頭上に西武拝島線東大和市駅があります。ここには橋は無くて野火止用水が暗渠となって足下を流れています。ここから南へ750m行けば玉川上水です。また西武拝島線を西に一駅行けば玉川上水駅です。更に北へ3kmも行けば東京都民の水瓶である村山貯水池です。何だかこの辺り東京都民の命を預かってきた心臓部のような所なんですね。



 さてここからが問題。四方八方からここへ道が集中しています。ガードを潜りそのまま道なりに行けば新青梅街道に出てしまいます。ここは地元の人に教わって西に行く桜街道を行くことにしました。これが旧青梅街道だということです。


桜街道行くこと暫し。左手に先の青梅橋分岐で教わった東京都中小企業大学校がありました。


 芋窪街道交差点上に多摩都市モノレールの桜街道駅が現れました。


 更に進むと緑ヶ丘団地群、更に進み東京経済大学を横目に進み、所沢武蔵村山立川線との榎交差点を通過。ここから元日産村山工場跡地に入ります。行く手に武蔵村山病院、巨大なイオンモールの建物が見えます。


 日産村山工場跡地にはまだまだ広い空き地が広がっています。


 イオンモールを挟み元工場のテストコースが一般道路として利用されています。


 イオンモールを出た所が残堀川でした。


 残堀川に沿うように住宅街を抜けて行く細い道を進みます。


 この辺り茶畑が多くなりその間に新興住宅地が侵入してきているという状況です。


 三ツ藤二丁目、三丁目と過ぎて青岸橋東で新青梅街道に合流しました。


 ここから又残堀川沿いに両岸の住宅を結ぶ表橋、仲町橋といくつもの橋を過ぎて行きます。


 瑞穂第一小学校で青梅街道に合流しました。横田基地が近いので米軍機が低空で目の前を横切って行きます。


 すぐに箱根ヶ崎時計台に出会いここで道は二分して、旧青梅街道は左に分かれます。


 道は八高線の踏切を渡りますが、すぐ左手に箱根ヶ崎駅が見えました。


 12時半に国道16号との交差点に着き、交差点を越えた所にある食堂に入り昼食を済ませました。昼飯時であったせいか大変混んでいました。圏央道が完成するまでは北アルプス、南アルプス、八ヶ岳などへ行くたびに通った16号国道ですから、この交差点も良く通った所です。


まったく予想もしなかった真昼の太陽の照り付ける中を営々と歩き続け、青梅新町交差点を過ぎた右手に茅葺の大きな家が現れました。旧吉野家住宅とありました。立ち寄ってみたかったのですが、もう暑さに参ってその気力が無くなっていました。


 青山三丁目交差点で左折。青梅線のガード下を潜り奥多摩街道に合流して東青梅駅に向かいました。東青梅駅の北側は車で良く通っていましたが、市役所のある南側は一度も通ったことが無いので回ってみました。


 まず目につくのは左に大きな郵便局で、その向かいにあるのが立派な青梅市役所の建物です。人口100万の我が大宮市役所より立派で大きいじゃありませんか。


 そしてすぐに現れるのが東青梅駅です。こちらはずっと素朴な建物でした。


 青梅街道に戻り青梅線の線路を挟んで少し高みにある乗願寺に寄って見ました。踏切があって自転車と人以外は通行止めの看板が立っています。


 秋川街道が左から合流してきます。その先にレトロな雑貨屋さんがありまして、覗いて見るとなかなか面白いものを売っています。はっぴだの草鞋だのありました。


 青梅の町中には昭和時代の懐かしい映画のポスターがあちこちに見られ、オールドファンにはうれしい町です。今町では猫をモデルに往年の名映画をマンガ風にもじったポスターを、町中のあちこちに展示しています。これがなかなか良くできていて、思わずにんやりしてしまいます。











 私が気に入ったポスターだけですが、ここに並べてみました。関心のある方はどうぞ青梅駅まで行ってそれら作品を楽しんで下さい。




通りに面した広場では屋台も出て、町内の人たちが賑やかに飲食を楽しんでいました。


 そして今回の青梅街道歩きのゴールである青梅駅に午後3時30分に到着しました。距離的には20km足らずでしたが、途中足を止めることが多く、なかなか前に進まず予想以上に時間がかかりました。しかし楽しくて良い一日でした。それにしても蒸し暑い一日でした。




 おまけの画像です。青梅駅地下道にはこんなレトロな昭和映画全盛時代の復刻版ポスターが描かれています。
 
 







コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

7月3日谷川岳連峰の北部にある大源太山に登って来ました。

2022年07月06日 | 登山
 谷川岳は昔死の山とも呼ばれ、山岳遭難者の多いことで知られていました。私もご多分に漏れず二十代の頃には一ノ倉や幽ノ沢の岩場に足繫く通っていました。一ノ倉沢烏帽子岩や衝立岩正面、コップ状正面などよく登ったものです。今から50年、60年前の時代はヨーロッパアルプスや、アンデス、ヒマラヤなどの岸壁や高峰に憧れて、若者が争うようにして難壁や冬季登攀に情熱を注いだものです。
 しかしそれも昔。今は老いぼれて八十の声も聞くようになると、体力も落ち、膝は痛むしバランスは悪くなる一方で、特にこの夏のように大変な猛暑ときては、ただ太陽の下にいるだけで眩暈はするし、熱中症の初期症状は出るわで、我が体力の限界をはっきりと認識するに至りました。現在は有名山岳はなるべく外して、マイナーな山で人気を感じないコースを選び、ゆっくり登山を楽しんでいます。
 今回は蓬峠の北に上越のマッターホルンとも呼ばれ、山好きには人気の大源太山に登って来ました。標高は1598mとさして高くもない山ですが、なかなかどうして私のような高齢者にとっては結構ハードな山でした。


 今回は越後湯沢側の旭原登山口から弥助尾根を登って大源太山の頂上に立ち、七ツ小屋山1674,7m、シシゴヤの頭1472,6mと巡って再び登山口の旭原に戻って来るという周回コースを楽しみました。


 この山の素晴らしいところは、狭い山頂ですが周囲360°何の遮るものも無く壮大な展望が開けていることです。北は巻機山から南は谷川連峰の雄大な山並み、遠くに苗場山そして越後湯沢の町までが目の前に広がります。弥助尾根の急登には泣かされますが、山頂に着いたとたんにそんなことはすっかり忘れてしまいました。


 ちょいとスリリングな大源太南面の岩尾根の下降の後、痩せ尾根の緊張する縦走が嘘のような、七つ小屋山の頂に立つと波打つような笹原のなだらかな山稜が蓬峠に向かって伸びています。ニッコウキスゲや山の花を楽しみながら稜上漫歩がシシゴヤの頭まで続きました。しかし今回はシシゴヤの頭への分岐辺りから空模様が怪しくなり始め、谷川主稜線には厚い雲がかかり雷鳴が響き渡り、ちょいと落ち着かない気分になってしまいました。幸い雨にはなりませんでしたが、蒸し暑い樹林の中の下りで大汗をかきました。シシゴヤの頭から登山口までの道は、謙信ゆかりの道と銘打ってありますが、一般登山道としては歩き易い道ではありません。私の場合どうしても下りの時には、右膝の痛みと左足首の痛みが出てくるため、この下りは些か苦痛でした。
 北沢の渡渉点で汗でびしょ濡れになったシャツを脱ぎ、冷たい渓流に体を浸し汗を流してサッパリした後車に戻りました。この日大源太山の山頂に立った人は10人程度だったのでは。日帰りの山としては程よい緊張感と、草原状の稜線歩きの両方の楽しさを味会うことが出来、良い山登りでした。
コースタイム 旭原登山口4:15⇒大源太山7:10~7:30⇒七つ小屋山8:35~8:45⇒蓬峠分岐9:20⇒シシゴヤの頭10:00~10:10⇒旭原登山口11:40
天気 ほぼ晴れ 蓬峠分岐辺りから雲が多くなる 往復マイカー使用






,

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

今月から青梅街道歩きを始めました。

2022年06月19日 | ウォーキング
 6月18日土曜日は一日中曇り。蒸し暑い日でした。東京メトロ丸の内線四谷三丁目で地上に出て、西に向かい四谷四丁目大木戸跡からスタートしました。交差点角に大木戸跡碑がありました。




 交差点を渡ると左に玉川上水水番所碑が立っています。江戸時代にはここに水番所があって、水番が一人いて上水を各所に流したり、水を綺麗にする作業をやっていたということです


 並行する甲州街道は左に地下を走っているので、新宿御苑は左方50メートルほどの所に見えています。


 新宿二丁目まで来ると新宿中心街も真近です。


 新宿駅北側の狭い地下道が旧青梅街道ということになっています。人と自転車しか通れません。ホームレスの人が4~5人まだ寝ていました。夜一人で通るにはあまり気持ちの良い所ではありません。


地下道を出た所が飲兵衛の天国は思い出横丁です。


 思い出横丁を横目に旧青梅街道を進みます。




 新都心歩道橋から空を仰ぐと巨大な高層ビルのオンパレード。私のような田舎者にはまるで別世界で、宇宙人でも現れるんじゃないかとまったく落ち着きません。




 高層ビルの谷間に鬼子母神を奉る小さな神社が現れました。朝からお参りに来る人がいます。青梅街道沿いは神社が多いことに気が付きました。


ビルの奥まった路地の先に肩身の狭そうに成子天神社がうずくまっていました。




 神田川に架かる淀橋には謂れがあって、その説明が脇の看板にあります。なんぞその昔大金持ちがこの橋の下に大金を埋めたそうで、その作業を行った人、皆を殺して埋めてしまったという恐ろしい所です。


 些か歩き疲れて杉並区役所前のベンチに座り込みました。まだまだ先は長いのですが、近ごろ体力が落ちて来て長時間の歩きがきつくなってきました。ベンチ前にはダンスに興じる二人の男女の銅像がありました。


 JR中央線を跨ぐ天沼橋を渡ります。






 10時50分やっと井草八幡に着きました。結構知られた神社でもあるし、素通りするにはもったいないので立ち寄ってみました。なかなか立派な神社でした。ここの駐車場で暫く腰を下ろして足を休ませてあげました。


 善福寺池へ行く分岐に江戸向地蔵がありました。青梅街道はこうしてみると見るべきものが結構あります。


 東伏見四丁目交差点の五日市街道分岐に架かる歩道橋を渡ります。




 四丁目交差点から少し歩くと右に伏見稲荷が現れましたので、ここでも寄り道をして大金が転がり込んで来るようにお願いしておきました。なかなか立派で大きな神社です。




 田無町一丁目交差点を左折すると、大きくて立派な総持寺が現れました。ここも本当は寄りたかった場所でしたが、帰宅時間を考えると遅くなりそうなので割愛しました。




 西武新宿線の踏切を過ぎた所に「小平ふるさと村」がありましたので、休憩がてらに立ち寄ってみました。メインは小山家住宅や旧小平小川家郵便局建物などでしょう。このふるさと村内での飲食は不可とありましたので、短時間の休憩のみで外に出ました。


 小平市には今も古い懐かしい郵便ポストが市内に沢山残っているそうで、現に私が歩いている道脇にもそのポストが立っていました。


 午後3時10分今回の目的地である武蔵野線新小平駅に着きました。一日中どんよりとした曇り空の下、蒸し暑さに大汗をかきながら歩きましたが、それでもカンカン照りの中を歩くよりは良かったと、空いている電車に乗ってわが家に戻りました。次回は7月半ばに新小平から先を歩く予定です。














コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

山遊荒川倶楽部の第223回目のウォーキングは八王子に残る絹の道を歩くでした。

2022年06月09日 | ウォーキング
 集合は京王線京王片倉駅で、そこを午前10時にスタートして片倉城址公園に向かいました。


 湯殿川を渡ってすぐの所が片倉城址公園で、まず菖蒲園の中を歩いて行きます。


 城址公園を過ぎてJR片倉駅を通り抜けて日本文化大へ向かいます。このころになると気温が上がり、坂道の多い道に息も上がってしまい、文化大正門の大きな木陰で早速大休止の情けない状況と相成ってしまいました。


 片倉台の住宅街は坂道が多く、ここでも片倉高校近くの木陰でまたまた大休止。兎に角登りの多いコースです。そしてとどめが八王子バイパスからの長い階段。これは我々年寄りにはこたえます。


 登りついた所が大塚山公園の一端で、振り返ると京王片倉駅側が良く見渡せます。


 舗装道路から解放されて歩く土の道は快適で、間もなく絹の道は道了堂跡に着きました。八王子絹の道というのはここから約1キロほどの短い区間です。


 その少しだけ残った絹の道を下って行きます。鍋の底を歩くようで足元はゴロゴロした丸石のため少々歩きずらい。




 舗装道路に出た所に絹の道入り口の案内があり三つの石塔が立っています。この間に道了堂へ向かう数人の人たちとすれ違いました。


絹の道入り口から少し下った所に絹の道資料館がありまして、丁度お昼の時間でもあり立ち寄ってみました。


 資料館入り口です。ここは鑓水商人,八木下要右衛門の屋敷跡でそこに絹の資料館が建てられています。






 中はこのように絹関係の物が展示されています。


 絹の道を下り切ったところが御殿橋で八王子道道標が立っています。御殿橋は渡らずに川に沿って左に行くと嫁入橋で、そこを渡って鑓水公園に向かいました。


 右に当時の養蚕農家であった小泉家の茅葺の大きな屋敷が現れました。中には入って見ることはできませんでした。




 坂道を営々と登り鑓水小山給水所が見えるところから、小山内裏公園入口の階段前に着きました。兎に角登ることばかりで些か疲れます。




 小山内裏公園には立派な広い戦車道が走っています。第二次世界大戦が終るまで戦車のテスト走行に使用された道だそうです。後は京王線多摩境駅まで降りて帰って来ました。歩行距離はたった8キロでしたが、登り坂が多くてくたびれました。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする