九州神社紀行-ブログ

北九州近郊を中心に神社および周辺風景の撮影日記です。

オオタカ(熊本県玉名市)

2018-02-15 17:30:29 | 野鳥

 01/27(土)トラフズクの続き、枝被りシリーズ?第2弾のオオタカです。

 トラフズクの観察、撮影中に、いつのまにか直ぐ傍の木に止まっていました。
最初ハイタカかと思いましたが、図鑑によると、雄成鳥は、虹彩がやや橙色がかり、体下面が白く、横斑が細く、眉斑も明瞭、とあり、この個体は雄成鳥の特徴が見られ、念願の雄成鳥と思われます。(間違っていたらご指摘いただくとありがたく思います。)ただ残念ながら前面に細かい枝が密集していて枝被りです。時折、顔を左右に振るだけで同じシーンばかりになってしまいましたが、今迄遠くの飛びものばかりで、このような近くの木止まりは初めてです。
 飛び立ちを待っていましたが、トラフズクも気になり。いつもどおり見逃してしまいました。


オオタカ(大鷹、蒼鷹、学名:Accipiter gentilis、英名:Goshawk、科属:タカ科ハイタカ属、体長:50cm(雄)、56cm(雌)、時期:九州以北で留鳥)
 本来は、体が大きく鷹狩で活躍した雌がオオタカ。雄は雌より小さく、「せう」と呼ばれていた。
 (安部直哉 『山溪名前図鑑 野鳥の名前』、山と溪谷社、2008年 74頁)

  

  

  

  
 

撮影機材:カメラ:Nikon D500
     レンズ:Nikon AF-S NIKKOR 600mm f/4E FL ED VR+Ai AF-S Teleconverter TC-14E II
撮影日時:2018年01月27日09:42~ 
撮影場所:熊本県玉名市


全部をフォトチャンネルにしました。スライドショーでご覧ください。

オオタカ(熊本県玉名市)


                         ここをクリックするとフルスクリーンの画像が見られます↑ 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« トラフズク(熊本県玉名市) | トップ | ルリビタキ(北九州市小倉北区) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

野鳥」カテゴリの最新記事