くるまと空とノンキ者

好きな車で空と語り、雲になり風になりどこまでものんびりと

5月の薔薇

2006-05-31 | 花、薔薇 
のどかな土曜日の午後
  日差しがとても気持ちが良いです。

   冬の寒さに耐え
    冬の大雪に耐え

      折れた枝や 痛んだ枝がありましたが

   元気に頑張って 綺麗に咲いた
     薔薇さんを紹介します。

今、やっとあたたかい季節を向かえ
     蕾をいっぱいつけています。

今、一輪の花が咲いていました。


アンジェラが一つ咲きました。

オールドローズ(ミニ薔薇)名前は忘れました。

(鉢植えです。)


去年は満開でした、今年は大雪で枝が痛み緑が少ないですが

     いくらか咲き始めました。

モッコウ薔薇です。




これからだんだん咲いてきます。

今、蕾から元気に飛び出そうとしています。

コメント (4)

夕焼空港

2006-05-26 | 空港、飛行機
ここは、いつもの秋田空港
  今、刻々と時間だけが過ぎて往きます。

   今、あの夕焼空に会いに行きます。



迷いは、全て消えた。



ダメで元々 ここで思っているよりも 
               前に進む事にした

    夕焼空は待っているはずだ




行ってきま~す。



大空高く どこまでも



 
   


コメント (2)

5月の空港 5

2006-05-25 | 空港、飛行機
ここは、いつもの秋田空港

   今日は、特別指定席から の贈り物です。

「あてんしょん ぷり~ず。」

只今、ちょうど全日空機がやって来ました
    
  タッチダウンまでの流れです。



凄い迫力です。

「あっ、そこまで来た~」



「あっ、通りすぎた~」




「ハイ! タッチダウン」




ハイ、無事到着で~す。


こちらの指定席からの眺めは、今後なかなかむずかしいです。




コメント

5月の空港

2006-05-24 | 空港、飛行機
今日は五月晴れ
  とても気持ちがいいです

    青空を見ていたら空を飛びたくなりました。

      いつもの秋田空港です

        また、禁断の地にやって来ました

 野を越え、山を越え、林を抜けて

   この草原地帯に土足で入ってしましました

     今、この草原に小鳥達の家がいっぱいあります

       私を警戒した小鳥達が騒ぎだしました。(鳥さんよごめんなさい)

今日は、特別に小鳥さんとお話をして立ち入りの許可をもらいました。


そうこう言っている間に、定期的な大きな鳥さんがやって来ました。






私に向かって来ます。





今のは、JAL機です

 数十メートルのニアミス
    やはり、姿が大きい 音も大きい。


     

 

        
コメント

5月の空港 希望編

2006-05-21 | 空港、飛行機
5月の空港を見ていたら

 5月の飛行機を見ていたら

   5月の風を感じていたら

      大空を飛びたくなりました。(^.^)


今日は、全日空さんにお願いしてみました。 (全日空編)

あ~ お願いだ、どうか私に「翼をください


今、私の願いごとが



かなうならば、翼が欲しい



この背中に鳥のように 白い翼 付けてください








この大空に 翼をひろげ 飛んで行きたいよ



悲しみの無い 自由な空へ 


 
翼 はためかせ 行きたい。


  今、私は「・・・・・・ ・・・・・・・・」



(秋田空港より)飛行機の流れを見ていたら なぜか 

         頭の中を「翼をください」の歌が・・(^.^)




コメント (2)

5月の空港  2

2006-05-20 | 空港、飛行機
またまた、飛行機の続きです

 いつも思いますが、あの機体で あの小さな翼で あの小さなエンジンで

飛び上がる飛行機があります、私は、いつも不思議に思います。

あの機体の長さに あれだけの小さな翼

  そうなんです、なぜか大好きな

     マクダネル・ダグラスMD-81

そうこう言っている間に、やって来ましたよ。



このスタイル このスマートな姿



スリムな翼 



個性的な 姿 なぜか好きです。
コメント

5月の空港

2006-05-19 | 空港、飛行機
久しぶりに5月の空港にやって来ました
             いつもの秋田空港です。

爽やかな風を感じ
   爽やかなシゲキを求め
       野山を越え 林を越え

  今、着陸態勢に一番近い場所にやって来ました。

     私のわずか、数十メートルを

       大型飛行機が通り過ぎて行きます。

         この音、この大きさ 凄いです。

同じような写真が続きますが、タッチダウンまでの流れです。

  あっ、今、ANA機が 来ましたよ。



私に向かって来ます。
          

真下は怖いので少し離れました。(笑)



「ゴー・・  このジェット音 たまらね~」



目の前を横切っていく





この時の、逆噴射音もたまらね~

おまけに夕暮れ空港のパノラマです。


つづく

家に帰ってから気がつきましたが
 この時、竹やぶの中で長靴に穴を開けていました。(^.^)

コメント

黄桜の里

2006-05-17 | 花、薔薇 
5月14日に由利本荘市の東由利にあります八塩いこいの森の

黄桜まつりに行ってきました。

黄桜と言えば 私の頭の中は こちらの黄桜が駈け巡りますが

連休中に桜のトンネルをくぐっていたら
 急にこちらの黄桜が見たくなり ちょうど今が満開と言う事で行って来ました。

こちらが黄桜です。

この日の天気は、曇ったり晴れたり
     時より雲間から太陽が顔をのぞかせたり

実物は黄色に見えますが、光りの関係で写真では上手く黄色が出せません。
(最近デジカメの写りが悪くてすみません。)

八重桜もちょうど、綺麗に満開でした。


黄桜と八重桜のハーモニーです。

出来るだけ日差しが出た時に撮りました。

二人のツーショットです。


 写真はすべてクリックで大きくなります。

それでは、一人で


黄桜を見ていたら、カッパでおなじみの黄桜が飲みたくなりました。

おっと、いけない 飲酒運転になってしまう?

  (家に帰ってからだな~)「実はあまり飲めません。」



おまけに、珍しい 緑の桜を見つけました。

公園の中で、「この~木 何の木 きになる木」 って歌っていたら

あれっ、このは、少し違うな~ って思って

よ~く見てみたら緑の桜でした。

初めて見ました。
    

コメント (2)

午後の空港(にらめっこ)

2006-05-16 | 空港、飛行機
ヒコーキ雲を見ていたら
  
    ヒコーキが見たくなり

       夕暮れの空港に遊びに来ました。(5月14日秋田空港より)


「さっ、ヒコーキさん あそびましょ」



「なにして、あそぼうか」

    「あっ、そうだ。 にらめっこ し~ましょ」


ヒコーキさん にらめっこ しましょ

「あっ」



「ぷっ」



「ぷ~」



あっ、まけた ?(^^)

    






コメント

3億光年 光りの旅 (2)

2006-05-13 | 夕日
この物語は、3億光年 光りの旅(1)の続きです。
 
  カテゴリーの「夕日」をクリックして頂くと連続で見れます。 



私は、光りを求め 輝く光りの方向に進路を向け 進んでいた時

 大きな津波に襲われ 私の記憶が砂時計が落ちるように

   だんだん、ゆっくりと落ちていった。


   
あり地獄のように落ちていく
    中間点が狭く 頭の中が押しつぶされる様な

だんだん落ちていく 
    何分ぐらい いや 何時間たった事だろう



とても綺麗な水平線が見えてきた
    あれっ、少し違う夕日だ 空も雲も いつもと違う

ここは、何処?

  あそこは何処?


こんな水平線 こんな光り こんな雲
   私は、初めて見る光景に 目をうたがった。

こんなに綺麗な夕日は、初めてみたような?

あっ、そういえば・・・
    たしか津波に襲われ

      泡の中に吸い込まれたような?

        「私の記憶が・・思い出せない」

あ~なんだ この香りは、あれっ、こんな香りもするぞ

なぜ、花の香りが?

  私は、不思議なお花畑を歩いていました
     そのまま進むと 今度は 

  またまた素敵な香りがして来ます、あれっあそこにも、あの香り

私は、花の香りに包まれてお花畑を歩いていました。

そのまま進むと綺麗な光りが見えて来ました。



この世の物とは思えないほどの とても綺麗な光景です。

光りに導かれるように 進むと

大きな川が見えてきました。



あれっ、誰かな? とても綺麗な人が 私を呼んでいます。

あの川の向こうまで 渡ると 良いんだな

  よ~し 行ってみよう 渡ってみよう・・・

その時です、私の洋服が 何かに引っかかり動けません

 あれれ、どうしたんだ?

私が振り向いたら 洋服のすそが 先ほどの薔薇の棘に引っかかっていました。


「あれっ、もしかしたら三途の川」? 


つづく




  




コメント (2)