桜堤団地に桜咲く!!

武蔵野市桜堤団地より。人生にも満開な桜を咲かせたい。税理士挑戦21回。特定社会保険労務士。東京マラソン3度完走。60歳。

新潟旅行 『大竹竹風工房』

2018-12-01 00:00:00 | 将棋・駒
11月30日(金)
5時半起床

11月28日
毎年新潟に行く目的は、趣味の将棋駒注文の為に三条まで足を運びます。
今では『竹風駒』といえば将棋駒収集家の中では知らないものはない存在の名人駒師で雲の上の存在ですが、三十年近くにわたって懇意にさせて頂いています。朝早い新幹線で燕三条駅に着くと二代竹風師が迎えに来て頂いています。毎回のことで本当に甘えさせて頂いています。『竹風工房』では日常の話など1年間の積もった話や専門の駒の話をし、その後に材料の駒木地を十数組運ばれてきます。虎斑、杢、赤柾など宝石のような黄楊の木地です。毎年のことではありますが、素晴らしい木地の中で悩みに悩んでしまいます。
ここで昼食タイム、今回は燕三条駅近くに「へぎそば」をごちそうして頂きました。日本酒も頂き気分は最高潮。
食後は『竹風工房』に戻り、虎斑駒、錦旗書、拭漆なしで注文しました。どんな駒ができ上がるか完成が楽しみです。

大竹竹風ご夫妻と
コメント (4)

将棋駒師「児玉龍兒展」 その3

2018-02-02 00:00:00 | 将棋・駒
将棋駒師「児玉龍兒展」 その3

今回の展示会の目玉商品は、波杢、根虎斑、赤斑入柾です。
価格は制作込みで100万円~110万円。
良い価格ですが、これだけの木地は児玉師だから揃えられたと言えましょう。
赤斑入柾はとても気になりましたが、来年完成するものがあるのでその段階で残っていたら
また考えることにしました。

波杢


根虎斑、赤斑入柾


一番気になった木地


昔の作品 さざ波虎斑
コメント (2)

将棋駒師「児玉龍兒展」 その2

2018-01-30 00:00:00 | 将棋・駒
将棋駒師「児玉龍兒展」 その2

盛上駒は所有していますが、将棋盤に関しては30年以上前に購入した、日向盤板目の普通の
盤です。いつか写真のような素晴らしい盤を持ちたいのですが、いかんせん東京の住宅事情
置く場所がありません。今持っている盤を処分することも選択肢の一つですがなかなかふん切
れません。

タイトル戦で使われた駒の数々


日向将棋盤


島桑の駒箱 七段 いつかこういう素晴らしい駒箱ほしいですね



コメント

将棋駒師「児玉龍兒展」 その1

2018-01-29 00:00:00 | 将棋・駒
将棋駒師「児玉龍兒展」 その1

児玉展には土曜日一番で伺ってきました。
展示は、駒、駒木地、駒箱などの指物、将棋盤、駒袋などです。
目玉の駒木地は後日。

展示会場全景


タイトル戦で使われた駒の数々


タイトル戦で使われた駒の数々


龍作の販売駒


児玉龍兒 菱湖書 根虎斑 平成21年作
コメント (2)

将棋駒師「児玉龍兒展」

2018-01-26 00:00:00 | 将棋・駒
将棋駒師「児玉龍兒展」

いよいよ今日から開催、
将棋駒師「児玉龍兒展」(東京・八重洲ブックセンター/ギャラリー)が平成30年1月26日(金)~28日(日)まで3日間開催されます。
将来パリで個展を開催と宣言する児玉師だが、会場でどのような駒に巡り会うか今からワクワクします。
将棋駒にご興味のある方は、将棋駒師日本一と称される「児玉龍兒」の作品をぜひ直にご覧ください。

「児玉龍兒展」
1月26日(金) 11:00~18:00
1月27日(土) 10:00~18:00
1月28日(日) 10:00~14:00
八重洲ブックセンター本店 8階ギャラリー
Tel:  03-3281-1811

http://kodamaryuji.jp/index.html

コメント (2)

将棋駒盗難事件

2018-01-17 00:00:00 | 将棋・駒
将棋駒盗難事件

将棋に関するニュースは最近多くなりましたが、今回は大阪で将棋駒の盗難事件が
発生しました。東京スポーツによると、店舗休業日に女性従業員が店に入ろうとし
た際に事件があり、駒数十点、被害総額5千万円に上るといいます。
犯人は転売目的なのか収集目的なのかどちらでしょうか。
私も駒収集家ですが、駒収集の世界は狭い世界なので転売しようとすると直ぐに足
がつくように思います。それにしても、物騒な嫌なニュースですね。


コメント

熊澤良尊 本物の職人 将棋駒工人 Discover Japan1月号

2017-12-27 00:00:00 | 将棋・駒
熊澤良尊 本物の職人 将棋駒工人 Discover Japan1月号

京都在住の将棋駒師 熊澤良尊師の特集です。
私も熊澤師の駒は2組所有していますが、書にも造詣が深いです。
以前注文した無剣の駒も隷書なのにほか駒師の作品はおかしいということで、香車、歩兵
に関してはほかの駒師と異なる字で制作されました。ぜひ、ネット等でご覧ください。
私たちは盛上駒が最高の制作方法と思いきや、熊澤師に言わせれば、盛上駒は塗り絵で
シンプルな一筆書きの書駒こそが究極の制作方法だという。まあ、一理あるが。
本号は、日本酒のことが詳しく書かれていて、そちらの記事の方が面白かった。





コメント

竹風駒

2017-12-22 00:00:00 | 将棋・駒
竹風駒

昨日の秘蔵の竹風駒を正面から撮影しました。
でも上手く撮れません。
本物はこの写真の何倍も凄いです。

初代 大竹竹風作 菱湖書 虎斑盛上駒


二代 大竹竹風作 錦旗書 根杢盛上駒
コメント (2)

竹風駒

2017-12-21 00:00:00 | 将棋・駒
竹風駒

嵐渓荘に宿泊するようになってから竹風さんとの会話時間が随分長くできるようになりま
した。駒木地とともに毎回楽しみにしていたのは、猫ちゃんに会うことでした。しかし
10月28日に24歳の生涯を終えたそうです。ちょうど私たちが伺った日が四十九日に
当たりました。さて、今回も沢山の駒木地を見せて頂き、初代竹風時代の菱湖書で注文し
ました。完成の際にはブログで紹介したいと思います。
あと、秘蔵駒を十数年ぶりに拝見することができました。
右が初代竹風菱湖書虎斑の逸品。
左が二代竹風錦旗書根杢の逸品。
どちらも現存する駒の最高峰といえるものです。



コメント

桐谷広人のハンドタオル/ひふみんの現役引退記念クリアファイル

2017-11-24 00:00:00 | 将棋・駒
桐谷広人のハンドタオル/ひふみんの現役引退記念クリアファイル

毎年この時期になると日本将棋連盟に来年度の将棋手帳を買いに行きます。
自分の手帳を作っても将棋手帳は記録欄があるので必要なのです。
昨日は雨でしたが行ってきました。目的の将棋手帳はあったのですが、桐谷さんやひふみんグッズもあり
またしても余分なものを購入してしまいました。桐谷さんの方は中に入っている写真が自転車に乗ってい
るものですが数種類ありました。桐谷さんが一番大きく写っているものを買いました。



コメント