桜堤団地に桜咲く!!

武蔵野市桜堤団地より。税理士挑戦25回。特定社会保険労務士。マイナンバー系資格五冠。東京マラソン完走3回。64歳。

羽生九段 1500勝達成

2022-06-18 00:00:00 | 将棋・駒
将棋の羽生九段が1500勝を達成しました。
将棋界で1000勝を達成すると「特別将棋栄誉賞」が贈られます。過去1000勝以上達成した棋士は9人。(最終勝数)
1 大山康晴十五世名人 1977年(1433勝)
2 加藤一二三九段 1989年(1324勝)
3 中原誠十六世名人 1992年(1308勝)
4 米長邦雄永世棋聖 1994年(1103勝)
5 内藤國雄九段 2000年(1132勝)
6 有吉道夫九段 2001年(1088勝)
7 谷川浩司九段 2002年
8 羽生善治 2007年
9 佐藤康光 2017年
この中で現役棋士は、谷川、羽生、佐藤の3人で、羽生は1000勝達成後、2012年に1200勝、そして2022年に前人未到の1500勝を達成しました。達成速度は36年5ヶ月、1年平均40勝以上勝ち続けてきたのは驚異的と言えます。羽生九段はこの先2000勝も夢ではないと思いますが、私としてはどうしても気になるのが目前に迫っているタイトル通算100期です。大山十五世が最後にタイトルを保持していたのが59歳、羽生は現在51歳、2020年竜王戦以来タイトル戦に登場していませんが、最後の一冠なんとか獲得して欲しいと願っています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

駒箱

2022-05-17 00:00:00 | 将棋・駒
先日、駒好きさんからのコメントで久しぶりに駒箱を出してみました。盛り上げ駒は普段は平箱に入れて保管しているので駒箱を使う機会は全くない状況です。
写真の駒箱は昭和50年代後半に購入したもので、表紙の写真右は本所吾妻橋の佐藤敬商店で購入した欅・葡萄杢、左は駒込の丸八碁盤店で購入した島桑・杢の駒箱です。どちらも当時3万円くらいだったと思います。
 
 
 
  
 
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

将棋 棋具関係書籍

2022-04-30 00:00:00 | 将棋・駒
ゴールデンウィーク初日は午後から猛烈な雨でしたが、好きな将棋関係の本を見ながら時を過ごしました。「駒のささやき」や「将棋駒の世界」は2冊ずつ買っています。駒をはじめ棋具関連本は古いものが多いので、新書の出版を望んでいます。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

児玉龍兒 宗歩好 片玉第1作 平成25年1月

2022-04-25 00:00:00 | 将棋・駒

児玉龍兒作 宗歩好 片玉第1作

以前ブログに載せた駒を撮り直してみました。
本作品は平成21年1月に注文し、平成25年1月に完成した盛上駒です。
宗歩好という書体は通常は双玉ですが、片玉で製作して頂きました。
桐平箱には『平成25年1月 児玉龍兒 宗歩好 片玉第1作』と書かれています。
木の宝石 伊豆七島 御蔵島黄楊 虎虎斑の木地に漆盛上駒。
駒の写真は何千枚と撮っていますが、未だに上手く撮れません。

データ
児玉龍兒 宗歩好 根虎斑
駒の厚さ:厚く 駒の大きさ:普通 駒の面取り:強く

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

竹風作 無剣 赤柾 昭和57年

2022-04-18 00:00:00 | 将棋・駒

竹風作 無剣 赤柾 昭和57年

40年以上の駒収集で33組の盛り上げ駒を持つに至りました。今でも駒込の「丸八碁盤店」の店主の言葉を思い出します。「盤は1つ持つと満足するけど、駒は1つ持つとまた一つまた一つ、ときりがないですよ。」40年以上経ってまさに自分が底なし沼に入っている心境です。ここまでくると不治の病です。

写真の駒は1981年に出版された熊澤良尊著「名駒大観」のカラー頁の名駒写真集、金井静山作・無剣銘の駒を見て一目この王者の駒を「欲しい」と思いました。その後将棋世界に「丸八碁盤店」の広告を見て本作品を購入しました。給料が約12万円でしたので25万円は勇気のいる買い物でした。昭和57年、ちょうど40年前の駒ですが今所有している駒の中では一番古い駒になりました。赤柾と表示されていますが、後日、竹風師と話す機会の中で、あの駒は赤柾でなく荒柾と話されました。

当時の将棋世界の広告と丸八碁盤店の領収証

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

児玉龍兒 菱湖書 根杢(チジミ杢) 令和4年作

2022-04-05 00:00:00 | 将棋・駒

児玉龍兒 菱湖書 根杢(チジミ杢) 令和4年作

平成31年1月に注文。
毎回無理をお願いして最高の木地で製作して頂いています。
今回はチジミ杢、細かな模様が入った木地で揃えてもらいました。
王将から歩兵まで42枚の駒に違和感なく模様が入った一本材です。
沢山写真を撮ったのですが、相変わらず暗かったり、ピントが合っていなかったり写真撮影が下手で本物の良さがなかなか表現できません。写真等に加工はしていません。

データ
児玉龍兒 菱湖書 根杢(チジミ杢)
駒の厚さ:普通 駒の大きさ:普通 駒の面取り:中

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

児玉龍兒 作品展

2022-03-08 00:00:00 | 将棋・駒
児玉龍兒 作品展

年1回東京における「児玉龍兒 作品展」に行ってきました。かみさんも八重洲ブックセンター開催以来久々に展示会に同伴しました。今回は3年前に注文した作品が完成しました。チジミ杢の作品ですがまたブログで紹介したいと思います。児玉師の作品はこれで5組になりました。さらに3年後の新たな駒注文もしてしまいました。病気です。

児玉龍兒 作品展
3月6日(日)〜11日(金)
11時〜13時 予約制
14時〜18時 フリー
個展開催時 03−3212−7505
東京交通会館 地下1階 シルバーサロンC




コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

児玉龍兒 作品展

2022-02-24 00:00:00 | 将棋・駒
児玉龍兒 作品展

年1回東京における「児玉龍兒 作品展」が3月に開催されます。
児玉師の作品はこれまで4組保有しています。平成31年に5組目を発注していますが、作品の完成を楽しみにしています。

児玉龍兒 作品展
3月6日(日)〜11日(金)
11時〜13時予約制
14時〜18時フリー
東京交通会館 地下1階 シルバーサロンC
コメント (3)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

将棋王将戦第3局

2022-01-31 00:00:00 | 将棋・駒
将棋王将戦第3局は熱戦の末、藤井竜王・四冠の勝利に終わりました。第3局は第1曲同様最終盤までどちらが勝つか不明でしたが終わってみると藤井竜王・四冠の3連勝。対渡辺とのタイトル戦はこれで、7戦6勝1敗、名人相手にも完璧な差回しです。これで五冠にまた一歩近づきました。誰が藤井竜王・四冠の勢いを止めることができるのでしょうか。本当にすごい将棋でした。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

将棋手帳

2021-12-03 00:00:00 | 将棋・駒
日本将棋連盟に久しぶりに行ってきました。
毎年必ずこの時期に行きますが、「将棋手帳」を購入するためです。もう40年近く毎年欠かさずに買い続けています。手帳の部分よりも、タイトル戦などの記録の部分が纏まっているので調べ物をするとき重宝しています。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする