にくきゅうピンポンのぶろぐ。

朗読会の集団『にくきゅうピンポン』のブログです!
ブックマークにあるHPもよろしくね♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お久しぶりです

2009年12月01日 | くるまどあきこ


日本はもう12月ですね。
テンプレートをクリスマスに変更しました。
アメリカはぎりぎりまだ11月。

事務所を辞めた後、『仕事辞めたの?』とよく訊かれます。
役者以外の人達から。
役者仲間には事務所に所属しない人もいるので、『事務所を辞める=仕事を辞める』に結びつきません。
『自称しちゃえば役者だもんね』と言う人(役者以外の友達ね)もいますが、ん~それも何か違うような。
役者って、やっぱり表現したものを受けてとめてもらう相手がいないと。
自称だけじゃないと思うのです。

とは言え、当分海外生活の私は、役者でもなく、デラシネのようにふらふらとし続けるのでした。
私のふらふら日記はこちら♪



LA CottaCogina
そうなの、タイトル変えたのでした。
コメント

Anything goes.

2009年09月29日 | くるまどあきこ


渡米して4年目。

渡米を決めたのは、それよりもだいぶ前。

せっかくいただいたオーディションも辞退させていただき、仕事の量を減らしながらといえ、ありがたいことに渡米直前まで仕事をいただいて。

直前に辛い選択もあったけれど、日本の生活とアメリカの生活どっちつかずになるのが嫌で、思い切って全ての仕事をお休みに。

ただ、ずっと昔からの約束だった舞台だけ、2年前の夏に。

それから2年。

良い時期。

当初の予測より海外生活が長引きそうだと、実感も沸いた頃。

何年も渡米中の私には、正直日本の細かいことは分からない。

事務所の形も、業界の形も、いろいろなものが変わっていく。

良い区切りの時期だ。

事務所の変化とともに、私も事務所を飛び立つことにしました。

日本に帰る時期は、まだ決めていません。

何も焦ることはないと言ってくれる人がいます。

また帰ってきたらバリバリ復帰するんでしょと言ってくれる人がいます。

先が見えないから、分からないからこそワクワクする。

もう少し、ここロサンゼルスで心を豊かにする旅を続けていこうと思います。



学生時代、フリーで仕事を始めたデビュー作の現場で出会った、元氣プロジェクト。

泣いたり怒ったり笑ったり笑ったり、笑い転げたり。

温かく見守ってくださり本当にありがとうございました。

そして。

応援してくださっていたファンの皆様、今までありがとうございました。

いただいた気持ちは、大切に心の糧となっています。

日本の皆様の活躍を、心より応援してます。

アメリカより、愛をこめて :)

                      2009年秋  くるまどあきこ
コメント

Island

2009年09月09日 | くるまどあきこ


夏の最後は、島でしめくくり。

ロサンゼルスから、船でおよそ1時間。

カタリナ島。

透明度の高い青く見える海の中には、オレンジ色の魚がたくさんいました。

陸には、こんなユーモラスな魚もたくさん。

さあ次は秋。

何しよう。

どこにいこう。

どうしよう。
コメント

秋らしく

2009年08月31日 | くるまどあきこ
暦では、もう日本は明日から9月ですね。
テンプレートを変更してみました。

今日本はどんな気候?
都心は雨が降って寒いと聞きましたが、他の地域はどんななんでしょう。

ロサンゼルスは、乾燥激しい夏続行中です。
コメント

ll 

2009年08月17日 | くるまどあきこ


毎日晩酌している友達がいました。

ビール1~3本ぐらい。

とっても大好きだったご近所さん。

遠くに引越ししてしまった彼女に敬意を表て、以来、毎晩晩酌しています。
コメント

チェンジ

2009年07月31日 | くるまどあきこ
テンプレート変更!!

涼しくなれーーーーー!!


(ごめん。ロサンゼルスは乾燥激しいので、日陰はとっても涼しいです)
コメント

夏祭り会場にて

2009年07月13日 | くるまどあきこ


おひさしぶりです。
高校生の頃に妹と気になっていた役者さん(ARCHE)が出ていて、握手できてちょっと浮かれ気味なKuruです。


ロサンゼルスは日本人が多いので、日本の夏祭りなんかも規模は小さいけどある。
お神輿も花火もないけど、浴衣を着た女の子が沢山。

会場になっている市の施設には小さな劇場もあって、そこで日本のお芝居を観ました。
日本では、新国立劇場や全労済ホールでやっている舞台を、小さな小さな、まるで大学の学際公演のような場所で観てきました。
もちろん、規模は最小人数だし、照明も音響も必要最低限。
ほんとうに必要最低限、最初と最後の暗転以外、ずっと同じ地明かり(?)。
音響だって、スピーカーを多分数個置いただけ。
舞台だって、何も敷かず台を組んだだけ。
踊ればギシギシ言う。

でもね、内容はと~っても良かった!

役者さんの力ってすごい。
あと、お客も良かったと思う(笑)
とくに笑うタイミングが良いとか、そういうのではなくて。
3~40人しか入れない小さな場所だけど、その数十人が、とっても素直に見ている雰囲気があったと思う。
私自身も、日本でも見るときよりもずっと素で見られた気がする。
日本のお芝居なんて当たり前に見られない環境だからか。

とにかく、面白かったです。
日本では9月にも公演があるので、お時間あったらぜひ観に行ってください。

『飛行機雲』


コメント

昔懐かし今はどこ。

2009年06月16日 | くるまどあきこ
ここはロサンゼルス。



友達の娘さん(中学生)が好きな漫画について熱く語ってくれました。

それは「夏目友人帳」というもので、その中に出てくる「ニャンコ先生」がとても可愛いとのこと。

絵を見せてもらうと、まさに私のストライクゾーンのデブニャンでした。

ほほう。

でもこれは仮の姿で、本当はかっこいい妖怪とのこと。

(これ何かのデジャヴかしら?)という設定。

…何かこの辺りから、雲行き(?)が怪しくなってくるのを感じました。


『アニメにもなっているし、CDドラマもあるんです!でもニャンコ先生の声はおじさんなんです!』


ま、まさか!?




……………………………ドンピシャ。





「ニャンコ先生」は、相も変わらずものすごく幅広くご活躍な、我らが師匠でした。

そんな話の直後に、ま~ぴょんの師匠お誕生日会の日記。




その日は、ずいぶん昔の事務所の様子を夢に見ました

コメント

Long long time ago...............

2009年06月10日 | くるまどあきこ


最近自分の写真を撮らないので、ココに載せるものがありません!!
頼みの綱の1本、パートナーのカメラのメモリーカードは、なんだか最新で私のPCでは取り込めません!!

PCの写真を整理しつつ、懐かしい写真でも載せてみました。
(それでも、思った以上に私独りという写真は、ないものですね)

これ。
渡米2年目の多分、夏。
友達の猫、ミラーちゃん捕獲の図。
日本での舞台に帰国する前ぐらいの、はず。

もう2年も前なんて!
てか、渡米してもう4年目なんて!

中学1年生も、高校1年生も、とっくに卒業しちゃう年月ですね。
中高の頃は、3年間が途方もなく長かったのに。
小学生の頃なんて、漫画雑誌の発売日が土日を挟んで1日2日伸びただけで、永遠のように長く感じて苦しかったのに。

今は1年2年が、夜眠ってから一度も目を覚まさずに朝起きたときぐらい、あっという間な感じです。
良いのだろうか、これで。
(駄目だと思っても、何も出来ませんが)



気付けば、渡米当初仲良くなった友人達は、任期がきれたりビザが切れたりしてどんどん帰国しています。
もちろん新しい友人もできるけど、渡米当初に、海外での新生活の苦労(?)をともにした最初の友人達は、ちょっと特別です。
ご近所さんも、だいぶ様変わりしました。
このままここに住んでいるのも、なんだか思い出が詰まりすぎて胸いっぱいなので、パッ~っと開けた海の見える場所にでも引っ越そうかと、ちょっと目論んでます。

(写真の海は、私の街から車で5時間ほどのお屋敷ばかり建っている海辺。もちろん、もっとお手頃で近い海辺を狙ってます)

『海を見ながらベランダで麻雀しよっか~♪』なんて一緒に話していた友人の話が、実現する日が来る…かもね。




コメント (3)

one day

2009年05月07日 | くるまどあきこ
朝、パートナーを送り出す。
その後 ネイルのお教室へ。
生徒ひとりだったので、先生とマンツーマン。
美しい年上の女性は、素晴らしい美と健康、そして生き方の情報満載です。

その後、ちゃちゃっと買い物して、お昼ご飯を詰め込んで、英語の学校。
実に、2週間ぶり。(本当はそれ以上)
授業前後に、先生とビーズジュエリーやエッグの作品のお話をする。
英語も勿論勉強…したはず。

そして、これからピラティスのスタジオへ。



結論。
ヨガやピラティスは、やっぱり朝行こう。
夕方は、へろへろです。
コメント (2)