匿名希望者のブログ

日記の様に思いついたことを何とは無しに書いておく。

2018年11月14日水曜日、人気ブログランキングに載る様になった。

2018年11月14日 06時17分28秒 | 日記
短いツイッターです。

今朝からこのブログが再び、人気ブログランキングに載る様になった。(*)

以上、メモをつけておいた。

   今はこの位にしておこう。
コメント

「液晶画面」というバーチャルな世界。

2018年11月11日 14時05分01秒 | 日記
短いツイッターです。

自分の姉の夫、つまり義兄が、工業大学の大学院で学んでいた頃の話であり、今から20年以上も昔の事であり、インターネットやパソコンがこれ程世間に普及するとは、誰も知ら無かった頃の話である。

義兄の大学では、工学部という事で、コンピューターに接する時間がどうしても多くなってしまうために、大学に定期的に精神科医が来て、検診を受けていたそうである。

コンピューター、パソコン画面、つまり、「液晶画面」というバーチャルな世界、は、本来、というか元来、それに接する時間の多い人は、精神科医の検診を定期的に受けていたものなのである。

昔も、小学校や中学校でよく担任の先生から、「テレビは2時間以上見たらいけません」と指導されたものだったが、それは一理も二理もある事だったのである。

そういう経緯も飛び越して、インターネットというものが急速に一般に普及してしまった。

だから、往々にして、「液晶画面」というバーチャルな世界、の弊害について、全く見落とされがちである。

先程投稿した記事にも書いたが、「反日が云々」「左翼が云々」「韓国が云々」「安倍が云々」と言って叫び続ける人達は、「液晶画面」というバーチャルな世界、にどっぷり漬かってしまい、正常な神経というものに損傷を受けた状態のまさにその時に、発言なり記事なりを投稿するのだから、その内容が当然正常な神経から生じた物では無い事は、当然の事である。

以上、今思いついたことを日記に書いておいた。

  今はこの位にしておこう。
コメント

「ご自分は。」。

2018年11月11日 13時32分08秒 | 日記
短いツイッターです。

以前、このブログというか日記に「ご自分の心配を。」という題名の記事を投稿したが、「左翼が云々」「反日が云々」「韓国が」「安倍が」などなど叫び続ける人に聞いてみたい:
       「ご自分は。」、と。

政治や社会情勢や世相の諸問題については、随分と色々と詳しい事を言う人達は、「人の事」ばかりであり、「ご自分」の事を問題にはし無い、という共通点が多々みられる。

まあ、そういう自分も、この様な事ばかりを書いて、結局は「同じ穴の狢」に過ぎ無いのではあるのだけれども。

しかし、だが、そうはいっても、「インターネット」における発言が、「現実の」社会に何がしかの影響を与える事に実際になっているのが、少無くとも2018年11月11日日曜日現在の実態である事も、また事実である。
「ネット社会」といわれる所以である。

だから、非常に始末に負え無い、やっかいな世相である事と言わざるを得無い。

以上、極短いツイッターを書いた。

   今はこの位にしておこう。
コメント

2018年11月11日日曜日、本庄陸男 「石狩川」。

2018年11月11日 10時14分13秒 | 日記
短いツイッターです。

念願だった本を大型チェーン書店で購入した。

本庄陸男「石狩川」、である。

自分としては岩波か新潮などの廉価な文庫本で読みたかったのだが、置いておらず、やむ無く高価なハードカバーのものを買うことになった。

全て読んだ。

あらためて「感想」の様な事は書か無いが、いわゆる「明治維新」とは、本当に薩長閥によるクーデターであり、それが「平成」も三十年になり幕を閉じる今日まで続いているのだな、と、つくづくと実感させられる。

以上、極短いメモを日記に書いておいた。

  今はこの位にしておこう。
コメント

「基本姿勢」に何ら変わりは無い。

2018年11月10日 16時39分34秒 | 日記
短いツイッターです。

この日記というかブログを今回リニューアルしたからといって、自分がこのブログの題目にしているところの『日記の様に思いつたことを何とは無しに書いておく。』という、「基本姿勢」に何ら変わりは無い。

思いついたことを、何とは無しに、書きたいと思った時に、好き勝手に書いて投稿する、という自分のこの2年半以上の歳月で身につけたスタイルに、何の変わりも無い。

「細く長く」をモットーに続けてゆくだけである。

ただ、何故それならば、今回あえてリニューアルする必要があったのか、という理由についてだけれども、大きく二つの理由がある。

一つには、せっかくコメントを解放(と言うのだろうか)していても、肝心のコメントが来無い事。

もう一つには、「このブログの人気記事」を表示しても、あしあと機能には、大勢の方々のあしあとが表示されるにもかかわらずに、それとは反対に、このブログに、新規に読者登録をして下さる方がおられ無い、という事である。
これでは、「このブログの人気記事」を表示する事には、何の意味も無い事になる。

この二つの理由に基づいて、今回、このブログの、言ってみれば「体裁」をリニューアルした次第である。

インターネットやパソコンがわから無い自分が、今回、こうしたリニューアルがgooブログでは簡単に出来る事がわかったので、このリニューアルが失敗だと判断した場合には、今までどおりに戻せばよいだけである。

何も、何回までしてもよい、という決まりは無いのだから。

しかし、とはいっても、今回、せっかくリニューアルしたわけだから、どの様なふうになるのか、しばらく様子をみてゆこうと思う。

以上、少し長くなったが、今思いついたことを日記に書いておいた。

  今はこの位にしておこう。
コメント