男声合唱団「Funken club」日誌
愛知県豊橋市・東三河地方で活動する、男声合唱団「ふんけんクラブ」の練習報告、演奏会報告等を行っています。
 



本日は、川口シティーオペラ「カルメン」の上演日です。

我が「ふんけんクラブ」有志は、友情出演を行なうため、前日の13日早朝の、豊橋駅8時43分発の東京行き「ひかり」に乗り、埼玉県川口市に向かいました。
川口シティーオペラのホームページは、http://www.kawaguchi-cityopera.com/carmen/です。

出演の皆様、また観劇にいかれた皆様、ぜひともコメントにご意見をお寄せ下さい。

只今、ブログランキング参加中 アイコンをおすと投票と同時にランキングが見られます。
クリックをお願い致します。→ にほんブログ村 クラシックブログ 合唱・コーラスへ
(クリックすると、ブログランキングのページにジャンプし、この日誌に投票したこととなります。1日1回投票ができます)

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )



« ふんけん練習... ふんけん練習... »
 
コメント
 
 
 
行ってきました。 (慈夢腸)
2010-02-15 15:08:23
13日の朝、おハル先生のお見送りを頂き、“根性の別れ”の如く「戦場川口」に向け、ふんけん勇士11名高鳴る胸をこらえて、8:43発ひかり乗車。車中バラバラのため、各自歌詞や動きの再確認・静かに瞑想に耽る者など。10:45頃川口着、そのまま駅西口の川口総合文化センターへ。12時集合のため、まずは腹ごしらえ。会館内の豪華レストランで豪華ランチサービスメニューで落ち着きを取り戻し、12時前に楽屋入り、衣装合わせ・諸注意など松山夫人やスタッフさんからあり、13:45音楽ホール客席集合。松山先生の歓迎の挨拶の後、ゲネプロに入る前に「期待される?ふんけんクラブ」のために立位置・動線確認など“特訓”を受け、データ収容率50の頭に150%を詰め込んで、いよいよゲネプロ開始。ふんけんの練習日に受けた予備稽古とは“ややや”異なる場面場面での修正を加え、上手・下手の変更ぐらいは動揺微塵だに表わさず、完璧なる本番舞台のために久しぶりに脳内活性化し、心地よい緊張感を味わいました!1幕のタバコ工場の前で繰り広げられたフラメンコダンサーに、豊橋での事前説明では「踊り子には手を出さないように」とキツク言われていたので、H賀さんの後ろに遠慮して隠れるようにしていたら、舞踏団の振付師のRINA先生から「あんた、そんなところにいないでもっと前に出て絡まなくちゃだめよ」とうれし~いおしかりを受け、“本番”は頑張るぞ~と小さな胸に誓いました。ゲネプロ後用意されていたふんけんのための「特別メニュー」は、思ったより?出来がよかったのか、先生がお疲れだったのか分かりませんが中止になり、一同「ヤッター!」でホテルへ。
チェックインをそこそこに済ませ、繁華街の居酒屋へ。何の反省もすることなく、やっと解放されて今日も飲める喜びに酔いしれて、ほとんどのメンバー(人員不詳)は21:00頃帰着。あとは個室のため情報不明。私の場合は、今日やった各場面のポイントを虚ろな頭で振り返りつつもバンクーバーに思いを馳せ、テレビをつけたままご就寝。爆睡して4:30にはお目覚め、点きっぱなしの画面で「ノーマルヒル」を応援。朝食までの時間がこれ程待ち遠しく感じたのは嫁いで以来。時間つぶしに、歌詞カードと動き場面の再構築。早く朝飯にならないかな~と認知老人の心境で待っていたら、K団長が“思いは同じか?”やってきて、朝食ブッフェへ。メタボ気にしながらあれもこれものてんこ盛り。10時のチェックアウトまでの長~いじかんを、私は最後の歌詞・動きの再チェックと思いきや、視線は「バンクーバー」へ。もうこれ以上頭へ入る余地もありません・・・。10時に駅前のSOGOデパートへお土産の物色に。何処にでもあるものの中から、包装紙に「川口名産」と書いてあるお菓子を選んで一件落着。おハル先生・大旦那ごめんね!11:45の楽屋入りを前に会館近くのスーパーへ昼弁当の買い出しに。それぞれ“広告の品”と赤紙張られた特売弁当を買って楽屋入り。さっそく早弁を掻きこんで着替えに、メイクと忙しいこと。メイク係のお姉さんの前に座ると皆うれしそ~な顔をして“ナニ”が見えそうだったとか見えたとかホントつまらんことを言ってました。私は記憶障害のため何のことか解りまシェン。いよいよ緊張高まる楽屋の内外、舞台裏、出演者とは裏腹に、リラックスモードの豊橋からの御一行様。もうそれぞれが昨日のリハで自分の持ち場を理解し、後は本番で実力以上の力を出すだけ!!・・・・その期待通り素晴らしい舞台が出来ました。本番舞台は当日激励に駆けつけてくれた、Topのナベさんが撮影してくれた写真を掲示しますのでお楽しみにお待ちください。ナベさん「ちくわ」沢山ありごとう!終演後すぐメイク落として着替えして、MOTTIさんとT居の旦那を打上げ会の「人質」に残し、慌ただしくJRに飛び乗って、18:30?のひかり2号車乗車で一路豊橋へ。全員無事着席。あとは「車内販売」のビールが来るのをじっと我慢で待つこと30分、6号車より前には来ないとこいた。一同ガックリお力落としで一気に睡魔襲来。20時到着。反省会と解団式を「謝謝」でやろうと、「車内販売」の恨み晴らさで帰らりょかーとばかり「謝謝」に飛び込んだら『本日は11時までご予約です』と看板がかかっていやがった!「このー・・・!」との思いをぐっとこらえて足取りも重く「伊勢路」へ。「ラッキー!空いてるぞ!」全員やっとの思いで乾杯!!!!「うまかった~のどごしと納豆巻き」・・・歌っては「反省」し、飲んでは「反省」し、これぞふんけん生きる道とばかり、がぶがぶ・もりもりやって家に帰ってまた「反省」ちょっと食いすぎたな~・・・反省と報告のこころはまた今週の水曜日のこころだ~ ウィー!
 
 
 
写真をアップ (報道官・なかの)
2010-02-15 22:10:48
本日、仕事場に松の坊様が写真を持って来て下さいました。
早速アップいたします。

http://gallery.me.com/nakano_dc#100303
を、ごらんください。
 
 
 
ただいま帰国しました (MOTTI)
2010-02-16 20:25:20
 T居さんと二人、密輸団の嫌疑を受けて拘束されておりましたが、先ほど無事に豊橋の土を踏むことができました。
 リリアホールでの「招待所」ではカルメン、ドン・ホセ、エスカミーリョの3人からプログラムにサインをもらいました。ドン・ホセの土師さんからは「吉村クンによろしく」との伝言。東京衣裳のお母様からは「衣装は言われたものを着るだけじゃなくて、場面を考えて着こなしを工夫しなさい」と飲みながらご指摘をいただきました。
 中締めをやれとのことで、フンケン締めをやりたかったのですが、不勉強の故にありきたりの三本締めでお茶を濁しました。その挨拶で「ギャラは出ないがギャルはいると言われて来てみたら、昔のギャルばかりで・・・」と、つい本音を口に出して大ブーイング。命からがら逃げ帰ってまいりました。
 詳しいことはまた明日。
 
 
 
お疲れ様でした (おハル)
2010-02-16 23:44:03
川口カルメンに参加された皆様、お疲れ様でした。
輝かしいライトをあびて、名・迷?演技を楽しまれているご様子が写真から伺えます
慈夢腸様、MOTTI様、お疲れの所早速のご報告ありがとうございます。川口での皆さんの様子が目に見えるようです!!
明日のお話しを楽しみにしています
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。