男声合唱団「Funken club」日誌
愛知県豊橋市・東三河地方で活動する、男声合唱団「ふんけんクラブ」の練習報告、演奏会報告等を行っています。
 



8月18・19日に豊根村富山地区に合宿にいきました。
松の坊さんが、かきこみ寺にレポートされましたので、それを転載いたします。

当日の写真は、富山合宿(8月18・19日)にあります。ご覧ください。
また、演奏動画は、富山合宿の公開練習「山びこコンサート」の「森の歌声」の演奏にあります。ご覧ください。

8月18日(土)朝6時発飯田線で大嵐駅へ8時14分着。この間2時間以上、車内での話が大いに盛り上がって到着するまでがあっという間の感であった。練習会場の森遊館迄徒歩約50分。山の中は涼しいというイメージで参加したが、暑さで汗びっしょりになった。
午前中2時間半午後3時間の合唱練習は大変疲れを感じた。これは私だけだっただろうか?
練習が終わってから食事班の方々(矢土チーフ、大石、鳥居、中村成、中村は、藤井、村上、菅沼、小柳の各氏)は夕食の準備に入った。
私はゆっくり湯の島温泉に入ることが出来た。下呂のお湯と同じような湯で露天風呂が特に気持ちよかった。食事班の方々にはすまないような気がした。歩いて5分の宿泊所来富館へ着くとすでに夕食用のバーべキューの鮎を焼いていてくれた。広い芝生のなかにバーベキューハウスがあり、すばらしいロケーションであった。鮎、あまご、肉、野菜、つまみ、ビール、ワイン、焼酎、日本酒、骨酒、それに差し入れの鹿肉もあり盛りたくさんな料理であった。
6時前に宴会開始。西郷団長挨拶、夏目副団長乾杯の発声で始まった宴は山奥の風情の中でおいしい料理に会話がはずんだ。もうこれ以上食べられないほど食べた。8時頃吉村先生が最終電車で帰られるのを見送った。その後で野外演奏会が始まった。月光仮面のフルートの音色に皆で聞き入った。練習を始めて2年少しでよく音が出るようになったなと思った。努力の程が伺えて好感が持てた。本人は汗をかきながら一生懸命吹いてくれた。月光仮面ジュニアの吹くフルートの音色は又格別。さすが大学で学んだだけの事はあり、すばらしい演奏会になった。折角、渡部実行委員長が用意してくれたカラオケにはほとんど寄り付かずに野外で演奏会を楽しんだ。
各部屋に割り当てられたように寝ようとしたが、6人の部屋で4人しか布団が敷けず、後は大広間へということになったが、なんとか寝ることが出来た。窓を開け広げて寝ても寒くない気温であった。

8月19日(日) 朝食も食事班の手作りでなかなか充実したメニューであった。
9時から鈴木忠弘副指揮者による練習が11時30分迄行われ公開練習の曲のリハーサルが行われた。昼食の後、いよいよ やまびこコンサート開演。前の村長さん夫妻始め11人の客が来てくれて、2時まで充実したコンサートになった。渡部実行委員長の長めの挨拶の後
演奏会が始まった。こんなに少ない客の前で歌うのは始めての経験であったが、少ない客でも聞いてくれる人がいれば誰もいないより余程良い練習になるということを体験した。聞き手の顔が良く見えて、反応がわかる。まさにコミュニケーションだ。音楽はコミュニケーション、歌い手の感情が聞き手にどう伝わっているかを確かめて、さらに気持ちを込めて歌う。こんな当たり前のことが800人以上入った昨年のライフポートのたなぼたコンサートとは又違う感覚で経験出来たような気がした。「富山が好きさ、君の微笑みあるから」という街の富山バージョンでは特に皆楽しそうに聞いてくれているのが手に取るように感じられた。終わって帰り際に「富山の文化祭で発表して欲しい」という声も聞こえた。
大嵐駅まで車で送ってくれたので、早めに駅に着いた。トンネルの入り口に入ると冷気があって、とても涼しいので皆で1時間程談笑することができた。16時11分発で18時31分着。豊橋へ帰る2時間強を談笑して帰った。こんなに長時間団員同士が話をする機会は無かったので良い時間が過ごせたと思っている。電車で移動するのも又車とは違った楽しみがあることを教えられた。初日で帰った人、2日目だけ参加した人合わせて延べ30人の参加で、思い出に残る合宿となった。企画の初めから終了まで渡部実行委員長初めとする実行委員の方々に感謝してこの日記を閉じる。ありがとうございました。

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )



« ふんけん練習... ふんけん練習... »
 
コメント
 
 
 
ありがとう! (月光仮面)
2007-08-22 08:07:11
松の坊さん・・!お褒めのお言葉恐縮致しています。
恐れ多くも「フル-ト」を始めて2年と少しですが、この頃漸く高音の音も少し安定して参りました。
今回も家で大分練習し満を持してのお披露目でしたが、イカンセン持って生まれた気弱さの為か?緊張してしまいあのテイタラクでした。
皆様にはそんな演奏を嫌な顔もせず?聞いて頂きお礼も申し上げます。
それにしてもジュニア吹く音色にはウットリでした。同じ楽器とは思われませんでした。
あの音色を目指して頑張るゾ~
渡部実行委員長、食事係の皆様、裏方ご苦労様でした。
そしてありがとうございました!
 
 
 
ツクツクホウシ・赤とんぼ (報道官)
2007-08-22 19:00:47
本年は猛暑で、富山も日中は日差しが強く汗をかくほどでしたが、ツクツクホウシが鳴き、赤とんぼがたくさん飛んでいました。
夏が終わり、秋が近づいている様子が感じられました。
 
 
 
ありがとうございました (おハル)
2007-08-23 23:01:20
渡部実行委員長、矢土さんをチーフとする食事係りの皆さん、本当にお疲れ様でした。下準備から後片付けまで、手際よくなさっていて感心してしまいました。
お陰様で、美味しい食べ物とお酒を囲んで、とっても楽しい時間を過ごす事ができました


フルートを囲んで、誰ともなく歌を口ずさむ、そんな風景こそ「人が集い、そこに合唱がある」ふんけんクラブですよね。(ちょっと大袈裟かな・・・)

これからも、より高き道を目指し心を一つにして、歌っていきましょう


 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。