~ネネのチャリポタ散歩道~

運動音痴で体力もないアラフォー専業主婦ネネが、チャリポタを楽しみながら、日常・グルメ探索・街並み探索の綴り日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

4/7 JR青春18切符日帰り旅~春編~広島・尾道

2009-05-03 23:55:22 | 行楽

GW期間中にあえて遡って、旅の備忘録を残すのもあり

JR青春18切符日帰り旅してきた日記を綴っていて
(春 3/1~4/10利用期間有効切符)

第2回目は広島の尾道まで、電車乗り継ぎ日帰りしてきました。



4/7桜満開の日に独りのんびり旅。

寝坊して9時ぐらいに最寄り駅を出発

姫路までの電車内、高校生の集団がいて始業式の日だったのかな~
姫路で乗換え(姫路構内いつのまにリニューアルされ綺麗になってました)

岡山行き電車が本数少ない上に間が悪く、当分ないので
携帯ナビで探したら
相生まで行き岡山行きに乗り継ぐ(山側)
又は
赤穂まで行き岡山行きに乗り継ぐ(海側)

寝坊して遅れているのもあり、待ち時間少ない山側を選択。
車窓からの眺めで春を実感。

山の緑
畑の花々・菜の花の黄色
桜の花びらの薄いピンク
桃の花びらの濃いピンク

綺麗な景色見ながら、ヒノキ花粉の私はクシャミ連発

岡山駅で再度乗換え

新倉敷の次駅=金光駅
車窓からでも向かい土手沿いに桜並木が満開で
まるで窓ガラスが花びらカーテンの様に


ピンク一色で驚き感動の景色

からのお花見もいいもんだ

そして途中、福山駅のすぐ北側に見える福山城の桜も満開
来年の春旅の候補に入れておこう。

各駅停車の長い車中でしたが、楽しいひと時でした。

やっと尾道駅到着

お昼も過ぎて13時前、とりあえず腹ペコなのでお昼ご飯
尾道商店街を東に歩き

尾道といえば尾道ラーメン

行きたかったお店も見つからず、結局普通のオムソバ食べちゃいました。

観光協会で地図や千光寺までの道順を教えてもらい。
今回のもうひとつの目的である大林監督のロケ地を巡ってみたい。
と聞くと、丁寧に映画のロケ地パンフレットも頂けた。

山の上にある千光寺へ向かいました。
坂道や階段の多い場所なので歩きやすい靴で登りましょう



この石碑からJR線路高架の低いトンネルをくぐると
上まで階段が続きます。


この急階段を登って
振り返っては写真を撮っていきました。

進行方向の空を見上げると桜と空の色が鮮やかに


少し息切れハァハァ疲れてきたけど頂上はまだまだ








やっと8合目あたり?到着して。
千光寺でお参りする。
そのうち札所巡りしてるかも

宗教とかではなくて日本の神社仏閣の美に気付き始めて
歩くのも健康にいいし知らない地へ巡るのが自分に好いてそう

頂上まで登るとと広い公園になっていて景色一望できる展望台あり。



上記写真の造船所の更地に
3年前上映された映画「男たちの大和」のロケセットが組まれていて
造船所で巨大な船上の甲板が再現されていたんですよ。
3年前映画見てから夫婦でロケセットが展示してあると知り日帰りしたんです。

その時の日記が尾道~呉の日帰り旅

上記写真の造船所の更地にロケセットが組まれていた時のロケセットの写真を少し紹介



2枚目ポスターはこのロケセットで撮影したものです。
上映される前年度夏から公開された春まで展示されてました。
今はもう跡形もないですが・・・






話しがそれちゃいましたが、片道4時間近くかかるので
現地滞在時間は3時間しかありません。
タイムリミットを考慮してケーブルカーにて下山しました。




ケーブルを降りたすぐ近くが
20年ぐらい前の角川映画で原田知代主演「時をかける少女」
ロケ地があるみたいなので散策。

旅前にWOWOWにて当時の「時をかける少女」映画をみたばかりだったので
細い路地を見るとこの辺りかなぁと想像してみたが
20年以上も経っているので風景変化しててあたり前ですね。



この時計屋さんは、昔も存在してたかなぁ~




駅前の景色です。
向島がすごく近く感じます。


帰りの電車までにお土産チョイス。

完熟とまとゼリー
百貨店でたまに販売されていると前から知ってて気になってた商品
1個500円ぐらいしたから躊躇したけど
お土産という事で味見したくて1個買いました。
相方と半分こして食べたお味は、ほんまに丸ごとトマトでした
感想になってないけど、興味ある方は広島方面で探してみてみて


私の1番の

はっさくのイラスト大好き(笑)
味もしっかりしてて、自然なはっさくの甘みが最高
そして値段も手頃の100円台(はっきり覚えてなくて150円ぐらいかな?)


この旅は、よく歩き思い出が残る町でした
長々読んでくれてありがとう

次回の旅日記は、和歌山のたま駅長に会いに行くの巻き
コメント

3/18 JR青春18切符日帰り旅~春編~奈良・法隆寺

2009-05-01 23:58:15 | 行楽

GW期間中にあえて遡って、旅の備忘録を残すのもあり

JR青春18切符日帰り旅してきた日記を綴って行きます。
(春 3/1~4/10利用期間有効切符)

3/18
世界遺産 日本最古寺 法隆寺


まだ一度も足を運んだ事がなく、昨年秋から私の奈良ブームが到来しており
是非行きたい場所でした。


奈良の王寺町にありますが、JR法隆寺駅が一番最寄駅です。

JR大阪駅の環状線ホームで

快速 加茂行 大和路線へ乗車し、天王寺~久宝寺~王寺

30分ぐらいで法隆寺駅に着いちゃいました。
1時間ぐらいかかると思っていたので案外早く到着。




法隆寺駅は小さな駅で、お隣の王寺駅の方が拓けた大きな駅です。


同じ電車に乗車し、同じ法隆寺駅に降りた観光客の方は
改札を出て、法隆寺がある北側とは反対の南側の階段を
みなさん降りていかれます。

南側のみに駅のロータリーがあり奈良市バスが停留所で
お客さんを待っています。


殆んどの観光客はバスに乗車され、人並みが途切れたら
すぐ出発しました。
まるで停車する時間と連絡してるかの様でした。

みんなバスに乗るのかと思った私は、まだ駅前で風景撮影してました。
乗り遅れたのではなく、今回レンタルサイクルを利用しようと思っていたから。


聖徳太子とゆかりあるお寺だったとしか?中学レベルの歴史すっかり忘却してる



奈良の景観に合わせて・・・


駅ロータリー左側に喫茶店があり、レンタサイクルもされています。
目立つ旗があり自転車が店前に何台か並んでました。

3時間お借りして300円だったかな(記憶うすうすなってる)
地図で行きかたを説明してくれます。


で法隆寺まで10分ぐらいかな
歩けない距離でもありませんが、周辺の散策もしたかったので

11時半ぐらいだったので法隆寺へ行く途中で
王寺食堂にてお昼を先に済ませました。
食堂はよくあるチェーン店のご飯・おかずをチョイスする。
セルフのお店です。
単独行動のお昼だから、今回はスピーディを優先しました。


このお店から少し西へ走ったら松並木があり
両側にお土産屋さんが少しあり、観光案内所にもレンタサイクルありました。


平日だったからか、団体の観光客が少なかったですが
外国人の方もチラホラ。特に韓国人・中国人。


南大門を入ってすぐに正面見えるのが中門と左に五重塔


両側の土壁の雰囲気や趣があり、やはり他のお寺とは別格で王宮の様な構えです。



中門の左右に像が迫力あり




いよいよ中門と廻廊に囲まれた敷地内へ
廻廊の左側から入場する受付があり



廻廊に囲まれた中に入って1番に目に飛び込むのが

五重塔



金堂の屋根を下からUP


廻廊の一番北側には大講堂


廻廊の四方隅には桜が植わっていたので
4月にくればもっと綺麗な景色を楽しめたかな~

廻廊を退場してから

隣接している聖霊院でお参りしました。
記帳してもらってる方もいらっしゃいました。


そして、法隆寺の中で一番感動記憶に残っているのが
大宝蔵院に厳重に保管されていた観音像の展示でした。
館内は撮影禁止なので

このお宝をみるだけに訪問されても価値がありますよ。

大宝蔵院について詳しく説明できないので法隆寺のHPから引用しました。
下記の展示物がありますので、興味ある方は現地へ是非足をお運び下さい。

 
百済観音堂を中心とする東西の宝蔵には、
有名な夢違観音像(白鳳時代)
推古天皇御所持の仏殿と伝える玉虫厨子(飛鳥時代)
蓮池の上に座す金銅阿弥陀三尊像を本尊とする橘夫人厨子(白鳳時代)
をはじめ、百万塔や中国から伝えられた白壇造りの九面観音像
天人の描かれた金堂小壁画など、
わが国を代表する宝物類を多数安置しています。

コメント