生きていくために・・・

こころにゆとりと暖かさを・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バケツをひっくり返したよう。

2014-09-09 12:51:15 | 自転車

おつかれさまです。




先日、牛窓までサイクリングしてきました。




いつもと違う道を走ろうと思って、




ぐねぐね走っていたら、とんでもない道に出ました。







この道、県道なんですね。




226号線でした。










本当に大丈夫!?




と思いながら進んで、




ようやく知った道に繋がったときは、安堵しましたw







その後、ジェラート工房コピオまで。




いつ来ても、丘の上のお店までの激坂はしんどいです。。。








マンゴーのジェラートを頂きました。




息も絶え絶えだったので、身体に効きましたw





その後は、雷の音が聞こえ始めたので、全速力で帰途に。




案の定、途中で大雨と強風に煽られて、立ち往生。




父に救援してもらい、帰宅しました。




少々の雨なら何ともしないんですが、この日はどうにもならないくらい振られました。。。




コメント

トゥークリップ。

2014-08-18 18:02:59 | 自転車

おつかれさまです。




久しぶりに“カテゴリー・自転車”を投下します。





ロードバイクのペダルをトゥークリップ化させました。







こちらがその“トゥークリップ”です。




ビンディングにしようか迷ったんですが、価格も安くて、




とりあえず、取っ掛りからと思ってこちらにしました。







まずは自前のロードバイクのペダルです。




片側だけ、ブレーキの反射板を外します。







こんな感じ。







そして、トゥークリップを外した反射板の後へ取り付けていきます。







こんな感じ。







ストラップも取り着けて出来上がりです。




自己流です。




この中に足を入れて、半固定される感じです。




ビンディングには及びませんが、今まで踏み込むだけだったペダルに、




少しだけ引き足が使えるようになりました。




まだ使い慣れていなくて、装着がうまく行かないんですけど、




はまったときは、坂道が少しだけ楽に登れるようになりましたw





以上、自転車ネタでした。




コメント (2)

しまなみ海道サイクリング2014 ~その5~

2014-06-22 14:15:42 | 自転車




少し休憩を取って、ここからは帰路になります。







来島海峡大橋への入口まで戻ってきました。




右へ行けば帰路ですが、左へ進んで、展望台へ行ってみることにしました。
















こちら側からも、なかなかの絶景です。




橋がすごく綺麗。




これを渡ってきたんだなぁと思うと、感慨深いです。




自転車と合わせて記念に1枚撮りました。







さて、再び来島海峡大橋を渡ります。







大島まで戻ってきて、写真は“道の駅よしうみいきいき館”を過ぎた辺りです。




登りが厳しい。




写真では平坦に見えてしまうんですが、けっこう長い距離を登っています。










伯方・大島大橋入口まで戻ってきました。










伯方・大島大橋です。




すっきり。




すれ違う人の数も少なくなりました。







サイクリングロードの真ん中に、自転車を置いて1枚。




誰も通らないので、自由にさせてもらいましたw







さくさく走り進めて、伯方島を抜けました。




写真は、大三島橋です。




早いもので、大三島まで戻ってきました。







ぼんやりとですが、遠くに多々羅大橋が見えてきました。




スタート地点の“道の駅 多々羅しまなみ公園”までもうちょっとです。







はい、無事に多々羅しまなみ公演まで帰りました。




おつかれさまです。




これで、トータル的に尾道から今治までしまなみ海道を走ることができました。




足掛け、何年だろう?





この後、道の駅でお土産やミカンを買いましたw




しまなみといえば、柑橘系なのでw




温泉には入ることができなかったので、それは次回の楽しみにしたいと思います。






~本日の記録~




走行距離 : 62.370キロ


最高速度 : 45.9キロ




コメント

しまなみ海道サイクリング2014 ~その4~

2014-06-22 12:51:26 | 自転車




サイクリングレポートの続きです。




いよいよ来島海峡大橋へ入っていきます。










全長4,105メートル!




第一橋から第三橋までの三連橋です。







走っている人も少なくて、快適に進みます。










高さもあるし、景色も抜群!




風も心地よくて、最高です!













少しだけ、渦を巻いていました。










目の前は、四国本土です。




4キロ以上も海の上を走り続けることができるなんて幸せです。




すごい!







あっという間に渡ってしまいました。




来島海峡大橋を降りて、サイクリングターミナル“サンライズ糸山”へ向かいます。







はい、しまなみ海道の愛媛側の起点地、サンライズ糸山です。




雰囲気は、道の駅と一緒です。




多くの人が休憩したり、談笑をされていました。




レンタルサイクルの数がすごく多かったですね。




つづく。




コメント

しまなみ海道サイクリング2014 ~その3~

2014-06-17 14:08:42 | 自転車




大島の内陸を走って、次の道の駅を目指している道中です。




ここでも多くのサイクリストに会いました。




外国の方も多く、会釈をしたり、手を挙げてくれたり。




通りすがりに挨拶を交わしました。










そうこうしているうちに、道の駅“よしうみいきいき館”に着きました。




ここも人がたくさん。




海鮮BBQを楽しんでいる方が多かったです。







来島海峡大橋を渡る前に、ちょっと休憩。




みかんソフトです。




塩ソフトも美味しかったけど、このみかんソフトも美味しいです。




さぁ、一息入れて、目的の来島海峡大橋へ向かいます。










道の駅を出ると、橋に向ってぐるぐると螺旋を描きながら登っていきます。




このループからの景色もすごいです。







眼下には、綺麗な海が。







どんどん近づいて来ました。




これを渡るんだと思うと、ワクワクしますw




つづく。




コメント

しまなみ海道サイクリング2014 ~その2~

2014-06-17 13:15:12 | 自転車




レポートの続きです。




伯方S・Cパークで塩ソフトを食べて終えて、




伯方・大島大橋へ向かっていきます。










ゆるゆると橋を目指して、坂道を登っていきます。







サイクリングロードは、こんな感じ。




時折、サイクリストと擦れ違いながら進みます。







伯方・大島大橋にやってきました。




全長1165メートルあります。







まずは伯方橋を渡ります。







続いて、大島大橋を。







伯方島と大島の間に、見近島(無人島)があって、




その見近島に架かる両方の橋を総称して、伯方・大島大橋を呼ぶみたいです。




さくさくっと進んで、大島へ入ります。










サイクリングロードを下りながら、渡ってきた伯方・大島大橋を臨みます。







大島に降り立ちました。




所々に、こうした案内標識があるので、距離を確かめることができます。




最終目的地の来島海峡大橋までは、あと12.8キロですね。










しばらく海岸線に沿って走ります。




今まで、橋の上から海を見下ろしていたので、




ぐっと海との距離が近くなった感じです。







宮窪という地区にやってきました。







ボラかな?




橋から下をみると、うじゃうじゃ泳いでました。








さて、ここからは大島の内陸を走っていきます。




アップダウンがありつつも、快調に飛ばしていきます。




道なりに、国道317号線を南下して、次の道の駅を目指します。




つづく。




コメント

しまなみ海道サイクリング2014 ~その1~

2014-06-17 11:44:44 | 自転車

おつかれさまです。




無事、夜勤終わりました。




一夜明けましたが、眠いです。





先日のしまなみ海道を走ってきた件で、




ようやく写真の整理ができたので、ぼつぼつとアップしていきたいと思います。




今回は、大三島まで車で渡り、道の駅・多々羅しまなみ公園をスタートとしました。







正午頃に、道の駅・多々羅しまなみ公園をスタートして、




まずは伯方島へ向かっていきます。







ほどなくして、伯方島・大三島橋への入口に。










ゆるやかに登りながら、本日最初の橋へと向かいます。







大三島橋です。片道50円です。










景色がいいですね。




少し霞んでますが、なかなかの眺望です。










大三島橋を渡って、伯方島へ入ります。










道の駅、伯方S・Cパークにやってきました。




たくさんの自転車が止まっています。




建物内には入らず、お目当ての物を探します。







伯方の塩ソフトクリームです。




伯方島といえば、塩!




さっぱりとしていて、美味しかったです。







せっかくなので、砂浜で頂きました。




正面にはこれから渡る、伯方・大島大橋が見えます。




つづく。




コメント

とびしま海道サイクリング~その9~

2013-10-23 14:26:53 | 自転車




上蒲刈島に戻ってきて、南側海岸線ルートを。




もう少しだけ走ったら休憩ポイントです。










行きがけに通過した、“であいの館”です。




蒲刈大橋を渡る手前ですね。







自転車をスタンドに置き、お目当ての物を頂きます。







塩きゃらめるのアイスです。







甘さはぐっと控えめな感じです。




後味が塩っぱいかな?




正直なところ、ずっと走ってきて、疲れもある為かあまり味が分かっていませんw







アイスを食べて、下蒲刈島へ渡ります。




蒲刈大橋。




今回のサイクリングでの最後の橋です。










下蒲刈島・見戸代港まで帰ってきました。




車に自転車を積み込んで、今回のサイクリングはこれにて終了です。






~本日の記録~




走行距離 : 67.10キロ


最高速度 : 52.4キロ




長々となってしまいましたが、これにれ完結です。






おまけ。





サイクリング後、上蒲刈島まで車で戻って、“かまがり温泉 やすやぎの館”で温泉に入りました。




サイクリングと温泉のセットは鉄板ですw




コメント

とびしま海道サイクリング~その8~

2013-10-21 14:48:48 | 自転車

かなり飛び飛びですが、サイクリングレポートの続きを。




岡村大橋を渡って、愛媛県から広島県へ戻ってきたところです。




帰り道になるのですが、大崎下島を再び走ります。













大崎下島の北側のルートを走っていきます。




ずーっと海岸線です。







さーっと走り抜けて、豊浜大橋が見えてきました。










標識で、残りの距離を確認しつつ、豊浜大橋を渡っていきます。




2度目になるので、行きに見つけられなかった風景を楽しみながら渡ります。




しかし、写真には自動車が走っている様子が全く写っていませんねw







大崎下島を後にして、豊島に入ります。




大崎下島より島の走行距離が短いので、流します。







県道356号線。




緩やかに豊島大橋へ向って、登っていきます。







豊島大橋。




帰り道の写真は、また行きに撮ったものと違っていいですね。




開放感があってたまらないです。













渡りきって、再び上蒲刈島へ。




南側の海岸線は長いですw




もう少しで、休憩ポイントへ着きます。




つづく。




コメント (2)

とびしま海道サイクリング~その7~

2013-10-07 14:34:45 | 自転車

サイクリングレポートの続きです。




愛媛県は岡村島までやってきたところです。




岡村港で、今治へ渡るご夫婦と別れてから、




島の北側へ走り始めました。










道が整備されているというよりは、自動車が1台通れるくらいの幅で、




時折、釣り人がいるくらいの北側ルートです。







抜群のロケーションと晴れてきた天気に感謝。




写真もこうして撮ったら様になりますねw




奥に見える島は、大崎上島です。










大小の島々が浮かぶ瀬戸内海を望みながら、ぐるっと島を1周します。







ぐるっと走って、岡村大橋まで戻ってきました。







一度、橋の下を潜って、坂道を登ります。




もう少し。







岡村大橋です。




ここからは、帰り道になります。







今度は、愛媛県側からの県境です。




短い時間でしたが、愛媛を訪れることができました。







岡村大橋から大崎下島の小長港です。




大崎上島の明石港と結ばれています。







岡村大橋を渡りきったところで、正面に案内板。




御手洗地区は先ほど訪れたので、蒲刈・豊浜方面へ行きます。








つづく。




コメント