goo
本日届きました。
皆さんには届きましたか?





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





全国のプロのオーケストラの支援のためにテノールの村上敏明さんがチャリティーCDを発売いたしました。

私も何曲か共演させていただいております。

売り上げから全国のオーケストラへ寄付をいたします。

是非皆様にご購入いただきオーケストラ存続のためにお力添え頂ければ幸いです。

またここで純粋なオーケストラへの寄付も募っております。

どうかご協力頂ければ幸いです。


以下のサイトからお申し込み頂けます。


https://www.iltenoremurakami.com/charityalbum2020


どうぞよろしくお願い致します。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
本日家族で誕生日のお祝いをしていただきました。
また沢山の皆様からメッセージ有難うございました。
大変な世の中となりましたが、まずいま自分ができることが何かしっかりと考え行動したいと思います。
毎日ピアノに話しかけ、語り合う毎日です。
自分を見つめる重要な時間と思います。
これからもどうか皆様どうぞよろしくお願い致します。







コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
本来であれば本日コンサートをする予定でした。
7月のコンサートも中止です。
12月は今のところ行う予定です。

一日も早い事態の終息を願います。




以下本日予定されていたコンサートの詳細です。

オリヴィエ・メシアン ピアノソロ作品全曲演奏会2020


オリヴィエ・メシアンのすべて
公演日 2020年4月19日(日)14:30開演(14:00開場)
会場 仙台ピアノ工房 木造ドーム
価格 3公演通し券 会員3000円、家族券(2名以上)5000円、一般1500円、学生無料(要予約)
チケット
お問い合わせ
問:賢ちゃんclub  090-2982-8209(大平)

【曲目】
8つの前奏曲
滑稽な幻想曲
ロンド
ポールデュカスの墓のための小品
カンテヨジャーヤ
4つのリズムの練習曲



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
本日発表されましたが、4月12日(日)に愛知県芸術劇場で私と野村誠さん行う予定のコンサートが1月7日に延期となりました。来年の最初のコンサートとなります。頑張りたいと思います。
https://www-stage.aac.pref.aichi.jp/event/detail/000304.html#000304

5月の公演も延期になり、7月の公演も延期が決定、とうとう8月の私のソロの公演も延期となりました。

昨日お話ししたあるホールではすでに6月末までの主催公演を中止、延期にしているということです。

そのようなホールも他にもあるでしょうね・・・

私が関係している二つの大学もゴールデンウィーク明けから始めるということでした。


皆さん苦渋の決断だと思います。

とにかく私はその先の公演に向けて粛々と練習したいと思います。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



本日私が3月28日に出演する予定であった公演の中止の発表がありました。
また、いつか子供たちに演奏を届けたいと思います。
これで先月末から今月末までの私が出演する予定の全てのコンサートとワークショップがキャンセルとなりました。
早い事態の終息となることを願います。

https://www.smf.or.jp/concert/age0_200328/
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
昨年の5月12日に新潟県はりゅーとぴあで行った5台ピアノのコンサートよりシャブリエ作曲狂詩曲「スペイン」です。
本日公開になりました。
演奏は白石光隆さん、かなえ&ゆかり デュエットゥ、田村緑さん、そして私です。
今月はライブでの演奏がおそらくすべてないのではないかと思いますので、この動画内で演奏します?!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



 
昨日発表となりました。
私がピアニストとして参加予定であった、3/20(金・祝)、21(土)、22(日)に開催の「あなたの展覧会~ダンス×音楽×演劇ワークショップ体験~」は新型コロナウイルス感染症等の感染拡大防止の観点から、参加者の皆様と講師方々の健康と安全を第一に考え、中止となりました。

http://www.kicpac-music.jp/performance/others/2019_jikken_tenrankai.html


これで先月末からの私が関わる公演は4つ目のキャンセルとなりました。
1日も早い事態の終息となることを願っております。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )










  9年前私は実家の仙台におり東日本大震災に遭遇しました。

その週に4人のオペラ歌手と私のピアノで私がモーツァルトの三大オペラの抜粋を私がアナリーゼをしながらコンサートをする予定で、その時は「魔笛」を勉強をしており、ピアノを弾いていたら突然すごい揺れが来ました。

すぐに外に出ました。本当に長い揺れで、一回終わりそうになって、また大きくなって・・と三回大きな波がありました。家の瓦が落ちるのを見ながら、大人の私自身が立つことが出来ませんでした。

電信柱がまさにぐにゃぐにゃになっておりましたが、それをただただみているほかありませんでした。

それが折れて私に当たったら死ぬだろうと思いました。

目の前の地面は少し割れて水が吹き出し、そしてその後突然短い間でしたが雪が降りました。

全く情報が途絶え何が起こったかわかりませんでした。

携帯電話から警報も出てなく、またあれだけ大きな地震にもかかわらず、携帯電話からの情報を見ても、何一つ地震の情報は出ていないので、まるで今のは現実だったのかと思いました。

電話が鳴りました。私のことを心配して九州の方から電話をいただき、その時に津波で沢山の方が被害に遭われたことを知りました。

家の中は電気もガスも水道も止まり、立て続けにくる震度5位の余震もあり危険を感じたので、夜になってから本当に灯り一つない真っ暗な中、避難所である中学校の体育館へ向かいました。

歩道から車道を横切ろうとしたら、少し高い歩道と車道の段差が分からず、アイスバーンになっていた車道で転びました。すふと車が私に向かって来ました。そのままひかれていたら死んでいたでしょう。


避難所についたら沢山の方が避難してらっしゃって、ほとんど空いている場所はなかったのですが、1畳分くらいの広さの、段ボールが敷いてあるところがありました。

そこにとりあえずコートを着込んだまま寝ました。

枕になるものがなかったので、その数日後にある演奏会で使うモーツァルトの三大オペラのスコアを重ねて枕にして寝ていたと思います。おそらくそれは不謹慎なのかもしれませんがそれしかありませんでした。

そしてはたと気がつくと体育館にはピアノがありました。

「そこにいる方々のためにピアノを弾こう」と思いました。

しかしながら、すぐその考えはなくなりました。

ほとんどの方が電話で親戚知り合いの安否を確認するために電話をしたり、ラジオ、持ち込みのテレビで刻々と入ってくる情報を耳をそばだてて聴き、食い入るように見ておりました。


そのような状況ではピアノは弾く気持ちにはなりませんでした。

音を出すことによってその連絡、音声を邪魔しかねない状況だったと思います。

情報が錯綜し不安が交差し、震度5級の余震が続いた殺伐した状態でした。


その時に自分の演奏家としての意味、音楽の意味、さまざまな事を考えました。


その避難所ではアルファ米の支給がありました。

お湯で戻すと食べることができるお米が中学校には沢山備蓄していたのです。

支給の時は何言っていないのに、最初はお年寄り、女性、子供を優先させ、あとに男性が並んでいたのが印象的でした。私は本当に最後に並びました。

まったく言い争いはなくとても全ての方が落ち着いて譲り合って行動していたことが印象的でした。


その日は一晩中それでも数日後演奏するだろうと信じていたので、モーツァルトの三大オペラの様々な部分を勉強するためにイヤホンで聴きながら、立て続けに起こる強い余震とともに一夜を過ごしました。


勉強のために聴いておりましたが、そういう時は感情が止まり、もしかしたら何も音楽に感動もしていなかったかもしれません。

あまりにも悲惨なことが目の前に連続して出てくるとそうなるのでしょうか。


次の日に朝からバスが動いており、仙台のNHKまで行くとそこのモニターを見たらちょうどその時に福島の原発が爆発する瞬間が映し出されておりました。その時もとても大変なことが近くの土地で起きているのにもかかわらず、茫然とその事態を見ていたように記憶しております。


その数日後山形、新潟経由で東京に戻り、さまざまな地震で被害に遭われた沿岸部のホールに連絡をとり、何か音楽で力になることはないかと聴きましたが、どこも混乱状態で音楽を聴く状態ではないということでした。

私が避難所にいた事を思えば当然です。


以上のことはなかなか言葉で説明することが難しく、その場にいないとなかなかわからないことなのかもしれません。


音楽の存在する意味、自分の音楽家としての意味を毎日考えました。


その1ヶ月後に仙台フィルのコンサートマスターの神谷未穂さんが、復興コンサートを仙台のヤマハの前の人々が行き交うストリートで行うということを知りました。

それを知るや否や神谷さんに、ピアノは必要ないだろうかと伺うと、ピアノが有ればとても助かるというお返事でした。

返事を受け、3人で演奏できそうな楽譜をカバンに詰め込んで、すぐに家を出て新宿から仙台行きの深夜バスに乗りました。


そして着いた日の午前には仙台のヤマハの前で神谷さんと、午後は旦那様のエマニュエル・ジラールさんと三人で名取市文化会館のロビーで演奏しました。


以下の写真はそのときの写真です。

一つは東日本大震災後四月に初めて仙台のヤマハの一階を解放して商店街の通りに向けて仙台フィルのコンサートマスターの神谷未穂さんと演奏したもの。もう一つはその日の午後沢山の被害があった閖上の近くの名取市文化会館のロビーに沢山の方が家をなくして避難したおり、神谷さんと旦那様のエマニュエルさんと三人で演奏したときの写真です。

演奏の直前に車で沿岸部の被害があったところを見て参りました。それは想像を絶する光景でした。


この演奏時に私が避難した皆様にむけて話し出そうとして言葉が詰まりました。

先ほどの光景を思い出し、どんな言葉も慰めにならないように思えました。


「いま我々ができることは皆さんと祈ることしか出来ないかもしれません。皆さんと今から音楽で一緒に祈りたいと思います。」


そう言ったあとに、私が三人で演奏するために編曲したアメイジンググレイスを演奏したと思います。


この時から私も音楽について、また音楽家としてのあり方を新たに考えることになりました。


それからさまざまな避難所に私が連絡をとり、だんだん演奏できる状況になり、46月ぐらいで60回以上演奏をしたと思います。

その時は、被災された皆さんが大変であり、なかなか感情をお互い出すことが出来ないけれども、音楽、音を聴くことでやっと人前で感情を出すことができ、涙を流す方も沢山いた事を思い出しました。


避難所を中心とした演奏したときは、ここには書ききれない沢山の経験をしました。

自分の中で確実だと思えたことは、このような困難な状況でも然るべき時に、しかる場所で、もし許されるならば、音楽を演奏することによって意味のあることがあるということでした。


本日で2011年に起こった東日本大震災から9年が経ちました。

この地震が起こった直後、復興には10年はかかるのではないかと思われました。

9年が経った現在、毎年石巻など甚大な被害を受けたところに行きますが、まだまだ完全な復興には時間がかかると思われました。

それでも一つ一つ復興へ進んで行くことができるために私も微力ながらできることはしていきたいと思います。


東日本大震災で被害に遭われてお亡くなりになった全ての方々のご冥福をお祈りいたします。


これからもこの時の事を心に留めて音楽のある意味を考え、音楽家として何が意味あることであるかを考えて演奏していきたいと思います。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )









本日朝NHKで出演していたらしいです・・・
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





私が出演予定であった、北海道は深川で315()に予定されておりました、異色のコラボ み・らいSHOW学校 劇と音楽の展覧会 時を超えて深川ホールでの事業、新型コロナウィルス感染拡大防止対策により公演中止の決定がなされました。

これは深川で公募で集まった五人の方が岩崎正裕さんの指導のもと戯曲講座を受けて戯曲を書き、その台本で地元の方の演出によって地元の役者の方々による演劇をするときに私とテノールの村上敏明さんと地元で今回のために結成された合唱団がコラボレーションするというものでした。

昨年の5月に戯曲講座受講生募集、6月から12月まで6回にわたる戯曲講座、12月には戯曲作家、演出家、役者、合唱団、そして村上敏明さんと私で結団式、合唱ワークショップ、今年1月には台本完成、私と村上敏明さんを交えての合唱練習、演劇練習開始、テクニカル打ち合わせ、その後演劇、合唱団は練習を重ねておりました。

この戯曲は私と村上敏明さんが各々ピアノソロ、テノール独唱で候補曲を出して、戯曲講座受講生が各々曲を選択してその曲のイメージから発想した戯曲を創作し、その台本によって地元の役者が演ずるの演劇とその曲を私と村上敏明さんが演奏してコラボレーションする予定でした。

6月からですのでここまで9ヶ月かけて沢山の方の力と想いで創り上げてて参りましたが、北海道、全国の新型コロナウイルス感染状況の拡大防止のため、最低2週間のイベントを中止、延期または規模縮小などの対応を要請との発表を受け、ホール側が深川市教育委員会との協議の結果中止となりました。


今でもここまで9ヶ月一緒につくり上げてきた戯曲作家、演出家、役者、照明音響の技術の方々、合唱団の皆さんと指揮者のK先生、調律師Uさん、館長Mさんをはじめとして支えていただいたホールスタッフの全ての方、岩崎正裕さん、村上敏明さん、ほか関わっていただいた全ての方の顔が頭の中を駆け巡るように浮かびます。


これで新型コロナウイルス拡大防止対策の影響による私が出演する予定であったコンサートのキャンセルは、本日演奏予定であった豊中市のコンサート、38日の第一生命ホールでのコンサートに続き三つ目です。


1日も早い事態の収束を願います。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )









3日前に初リハーサルでしたが、新型コロナウィルス感染拡大防止のために、3月8日の第一生命ホールで行う予定の「子供といっしょにクラシック〜子育て支援コンサート」が中止となりました。
https://www.triton-arts.net/ja/news/2020/02/27/3203/

これで私に関しては2月29日予定の大阪府は豊中でのコンサートについで2つ目の中止公演となります。

1日も早い事態の終息を願うばかりです・・・
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )








3月8日(日)に晴海にある第一生命ホールで親子で楽しむ子育て支援、親子で楽しむコンサートの読み聞かせと音楽とのコラボレーションのリハーサルでした!
2013年、7年前に行った公演の再演です。浜まゆみさんが構成、私も少々選曲や編曲で関わらせていただきました!
以前の公演の進行表、動画も事前にいただいていたので非常にスムーズにリハーサルを行うことができました。
メンバーは(一財)地域創造のおんかつのアーティストメンバーがほぼでお互い本当によく知っているので、仲も良くコミュニケーション、アンサンブルバッチリで楽しい雰囲気でリハーサルを致しました。
おかげさまで既に完売!
前半には子供にはさまざまな楽器体験コーナー、同時に親御さんには私と浜さんによるコンサートを楽しんでいただきます。
浜さんともこの日初めて安倍圭子さんのマリンバコンチェルト「プリズムラプソディー」をリハーサルしましたが、ほぼ最初からいい感じで合わせることができました!
浜さんとリハーサルする時は、演奏する譜面の最速を想定して練習するのですが、この日もバッチリ飛ばしてました!凄い!
自撮りでしたが、私は顔半分写真になりました。
本番が楽しみです!!

ちなみに大江戸線を使用したのですが、新宿駅構内は人が本当に少なかったです。

完売なのですが一応以下にコンサートのご紹介をさせて頂きます。



「音楽と絵本」コンサート 「5ひきのすてきなねずみ おんがくかいのよる」
公演日 2020年3月8日(日)14:00開演(15:30終演)
会場 第一生命ホール
価格 全席指定 大人2500円 小学生1000円 未就学4〜6歳1000円
チケット
お問い合わせ
問:トリトンアーツ・チケットデスク
Tel. 03-3532-5702
https://www.triton-arts.net/ja/concert/2020/03/08/2811/
【出演】 
浜まゆみ(マリンバ)
中川賢一/田村緑(ピアノ)
大森智子(ソプラノ・朗読)
礒絵里子/神谷未穂(ヴァイオリン)
エマニュエル・ジラール(チェロ)
【プログラム】
【第1部】(約30分)
◎小学生~大人のためのコンサート
小学生から大人の方は、ホールでコンサートを!
[出演] 浜まゆみ(マリンバ) 中川賢一(ピアノ)
ハチャトゥリアン:剣の舞
ロッゲンカンプ:アフリカン・ブルース
安倍圭子:プリズムラプソディー ほか

◎4~6歳のための音楽スタジオ
4~6歳のお子さまは、年齢順に4部屋に分かれてコンサートを!
[出演] 田村緑(ピアノ) 大森智子(ソプラノ) 礒絵里子/神谷未穂(ヴァイオリン) エマニュエル・ジラール(チェロ)
【第2部】(約40分)
◎色々な楽器のアンサンブルをきこう!
エルガー(中川賢一編):「威風堂々」第1番
◎音楽と絵本:「5ひきのすてきなねずみ おんがくかいのよる」
(さく・え たしろちさと/ほるぷ出版)(構成:浜まゆみ)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



とうとうコロナウィルスの影響が私が参加する予定であった公演にまで・・
昨日夕方発表なりました。
一週間後の2月29日に豊中市文化芸術センター主催、同ホールで行う予定の「トランスミュージックフェスティバル」の公演が中止になりました。
打楽器奏者の宮本妥子さんとのデュオのコンサートをする予定でしたが、中止となり本当に残念です。
http://www.toyonaka-hall.jp/event/event-17053/
豊中市のホームページでは
「今後の府内での新型コロナウイルス感染拡大予防のため、2月20日(木曜)から3月20日(金曜)までの間、市が主催する不特定多数の人が参加するイベントなどは、原則として開催を中止または延期いたします。」
となっております。

様々なところが年度内の公演を中止するなど大規模な公演中止を行い始めているようです。

今月は毎日この公演の楽譜を持ち歩き、どのようなところへツアーに行っても必ず練習していた曲で、明後日から関西にてリハーサル開始、その後ホールリハーサルを十分行った上のコンサートということで、演奏の完成度も高く行くことができると思っており、非常に楽しみにしていた公演だったので、本当に残念です。

1日も早い事態の収束となる事を願って止みません。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )









某雑誌の素敵なIさんとトロンボーンの加藤直明さんとディナーでした。
とにかくIさんの話題が豊富でためになることばかり。
加藤さんと私はうなずきコンビでした。
素晴らしいタイ料理。
また、次回を計画したいです!
Iさん有難うございました!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )