goo








本日我が家のピアノが105歳の誕生日を迎えました!
ささやかながら誕生日パーティー。
105年の前のピアノが様々な熟練の職人を経て今も蘇って奏でられることは本当に凄い事だと思います。
特にチームタカギクラヴィアの皆様のきめの細かいケアには頭が下がります。
ありがとうございました!

1913年はストラヴィンスキーの春の祭典が初演され、ドビュッシーの前奏曲第二巻が出版され、ラフマニノフのピアノソナタ第2番が作曲、初演された年。
1909年にラフマニノフがピアノ協奏曲第3番をカーネギーホールで初演した時も、1910年マーラーの指揮のもとニューヨークフィルと演奏した時もこのようなピアノ の音だったのかな?と色々思いをめぐらせます・・・

162726番なので、現在製造番号が60万台に比べ、また製造番号10万台です。


いつもこのピアノからとっても勉強させてもらい、楽しませてもらっております!
これからもよろしくお願いします!!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



9月2日に三鷹市公会堂光のホールでの、「赤ちゃんからのクラシック」のPR映像ができました!
https://youtu.be/4oROvtP5QcA

実はお陰様で残席残りわずかとなりました!!
ソプラノ鵜木絵里さん、ヴァイオリン神谷未穂さん、打楽器野尻小矢佳さんという豪華メンバーと私はピアノで参加致します!
内容は以下よりも見ることができます。
http://mitaka-sportsandculture.or.jp/kokaido/event/20180902/
様々なアイディア、色々な曲に打楽器も入り、有名なクラシックから激しい打楽器の連打の現代音楽、童謡、オペラまで網羅した欲張りなプログラムとなりました!
赤ちゃんから大人までご満足いただけるコンサートになると思います。
是非皆様おいでいただけましたら幸いです。
今からリハーサル、本番がとっても楽しみです。

では以下詳細です。


赤ちゃんからのクラシック


ファミリーコンサート in 光のホール
公演日 2018年9月2日(日)14:00開演(1時間・休憩なし)
会場 三鷹市公会堂 光のホール
価格 全席指定】 会員1,000円 / 一般1,200円(中学生以上) /3歳~小学生500円 【0歳から入場OK】*座席を要しない2歳以下は無料 *ベビーカー置き場、授乳室、おむつ替えコーナーあり
チケット
お問い合わせ
問:三鷹市芸術文化センター  0422-47-5122
http://mitaka-sportsandculture.or.jp/kokaido/event/20180902/

【出演者】
鵜木絵里(ソプラノ・司会)
神谷未穂(ヴァイオリン)
野尻小矢佳(パーカッション)
中川賢一(ピアノ)
【演奏曲目】
久石 譲:さんぽ
山田耕筰(三木露風 作詞):赤とんぼ
バッハ=グノー:アヴェ・マリア
中田喜直(茶木 滋 作詞):めだかの学校
プッチーニ:オペラ「トゥーランドット」より『誰も寝てはならぬ』
クライスラー:中国の太鼓
ジョプリン:エンターテイナー
ハーライン:星に願いを
ササス:マトルズ・ダンス     
ほか
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



本日主催の方からチラシのデータをいただきました!
来月9月19日に浜松でバス歌手の大澤建さんとシューベルトの冬の旅全曲の演奏を致します。
http://www.midoriongaku.com/

もしお近くの方は是非おいでいただければ幸いです。

大澤さんとは私が大学を卒業してからの本当に長いお付き合いをさせていただいていて、お会いした時は本当に時間を忘れるくらい何曲も何曲も沢山の曲を譜読み、演奏して楽しい時を過ごしてきました。

私が帰国してからも、初めはほぼ毎年「冬の旅」を演奏してました。もう何回演奏したのだろう・・・
「冬の旅」は私の留学時代、フォルテピアノの師匠がなんとこの曲全曲を歌いながら私にピアノパートをレッスン、本人も弾いても頂いた、忘れることができない沢山の想いが詰まっている曲です。

非常に詩の内容も曲も全く幸福な曲ではないのだろうと思う思いますが、なぜかこの曲を弾くととてもほっとします。

何回弾いてももちろん飽きることはなく、むしろどんどん深みに入りたくなります。
そうして弾いているうちにあっという間に1時間経ってしまっている・・・これが冬の旅です。最後にはただただ深い感情のみが残ります。

これだけ長くお付き合いさせていただいている曲であるからこそ、色々ある中でこれも私の原点にある曲だと思います。

この曲を演奏できることを、本当に嬉しく思います。

以下詳細です。


マレキアーレコンサート第148回 歌曲シリーズ1

大澤健、中川賢一デュオリサイタル 
シューベルト「冬の旅」

2018年9月19日(水)
開演:19時 開場:18時30分
入場料:4,000円 ※ペア:7,500円
◆会場
マレキアーレ(浜松市浜北区小松4310-32)
お申込みフォームでお申し込み下さい。
但し、返信に2~3日かかる場合がございます。

プログラム
シューベルト:冬の旅 全曲
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )









プロフェッショナルパーカッションに、10月12日に演奏するポリーニフェスティバルで私はが弾くチェレスタの選定に参りました!
曲はシャリーノの「反転した空間」。
行くとヴァイオリニストの成田達輝さんにばったりあいました!明日へのリハーサルということでした!
このシャリーノの曲は下はヘ音記号のEsまで使うので、なんと5オクターブ半のチェレスタでなければ演奏できません。
おまけに低音でのトリルがあるのですが、指示はPPPPでした・・・

ここプロフェッショナルパーカッションではシードマイヤーとヤマハの二つも持ってらして、そのようなところはなかなか無いと思います!壮観です。
シードマイヤーは上から金属の板を叩くタイプ、ヤマハは下から叩くタイプで、この曲を演奏するに相応しい楽器を実際そのパッセージを弾きながら熟考致しました。
この曲のチェレスタパートは本当に小さい音から凄く大きい音まで出せなくてはならずおまけに凄く速い和音の房の連続、本当に微妙なタッチか要求され、おまけにとてもソリスティックで目立ちます。
その為楽器選びも真剣です。
だからこそなのでしょうか、大きい部屋を私の選定のためにわざわざ空けて二台の5オクターブ半のチェレスタをご用意いただいたプロフェッショナルパーカッションのスタッフの皆様、本当に感謝申し上げます。実は本日午前中の豆を置くための沢山の太鼓もプロフェッショナルパーカッションから借りました。再会したスタッフの方もいらっしゃりなんか恥ずかしいような嬉しいような気持ちです。
ノマド他でヘビーに使用させて頂いているプロフェッショナルパーカッションの皆さんとの阿吽の呼吸は本当に嬉しいです。
共演のメンバーを見ましたが、んん!二人は出光賞を取られたばかりのバリバリの若い凄い才能の方!襟を正して頑張ります!
朝からパイプオルガンを弾き、それも最低音の32フィートでなかなかできない体験、夕方は5オクターブ半のチェレスタ二台を思う存弾き比べができ、本当に幸せな1日でした。

チェレスタのアクションはピアノととても似ているので、中身が見える為興味津々でした!

シャリーノのこの曲は本当に素晴らしい曲なので是非沢山の方にお聴きいただきたいと思います。

以下詳細です。


ポリーニ・プロジェクト2018


Pollini Project 2018
公演日 2018年10月12日(金)19:00
会場 トッパンホール
価格 全席指定8000円、学生席3000円
チケット
お問い合わせ
問:カジモト・イープラス0570-06-9960
http://www.kajimotomusic.com/jp/news/k=2958/
http://www.kajimotomusic.com/jp/concert/k=693/
【出演】
若林かをり(フルート)
辻彩奈(ヴァイオリン)
金子平(クラリネット)
岡本侑也(チェロ)
中川賢一(チェレスタ)

【曲目】
シャリーノ:反転した空間

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

東京芸術劇場でパイプオルガンの最低音域を足鍵盤でロングトーンを出してきた後はお茶の水女子大でお茶大オペラの稽古でした。
「ヘンゼルとグレーテル」日本語版ですが、こってり発音のこととかフレージングとかかなり細かく指導しました。
それは実は自分にとってもとても勉強になります。
これからどうなって行くかとっても楽しみです!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







東京芸術劇場に参りました!
9月24日公演の「ボンクリ」のために、なんと私はパイプオルガン奏者として来ました!
東京芸術劇場でパイプオルガンを弾くの最初で最後か??
なんとパイプオルガンと同じフロアに太鼓が沢山。
その上に豆なのせて、パイプオルガンの低音を鳴らすと太鼓の表面がビリビリ・・・
どの位置、どの豆がなりやすいかなど大真面目に三時間リハーサルでした。
東京芸術劇場の音響の石丸さんとお会いできて感激!
今回も素晴らしいディレクションでリハーサルを素晴らしく進めていただきました。

本番が今からとっても楽しみです!

詳細は以下の通りです。

ボンクリ・フェス2018 スペシャル・コンサート


“Born Creative” Festival 2018
公演日 2018年9月24日(月・祝)デイタイム・プログラム(館内各所 11:00~17:00)、スペシャル・コンサート(コンサートホール 17:30開演/16:30ロビー開場)
会場 東京芸術劇場コンサートホール
価格 デイタイムプログラム無料 スペシャルコンサート 全席指定 S席:3,000円 A席:2,000円 高校生以下:1,000円
チケット
お問い合わせ
【東京芸術劇場ボックスオフィス】
〈電話〉0570-010-296 (休館日を除く10:00~19:00)
 ※一部携帯電話、PHS、IP電話からは、ご利用いただけません。
〈窓口〉営業時間:休館日を除く10:00~19:00
〈WEB〉http://www.geigeki.jp/t/
 ※24時間受付(メンテナンスの時間を除く)
★デイタイム・プログラム(館内各所 11:00~17:00)

赤ちゃんからシニアまで楽しめるアトリウム・コンサートや、ワークショップ・コンサートを館内各所でおこないます。
誰でも楽しめる! 無料プログラム

★スペシャル・コンサート(コンサートホール 17:30開演/16:30ロビー開場) 
一夜限りのスペシャル・コンサート。脳内を刺激する「ボンクリ」音楽が一夜に集結!

プログラム
作者不詳/ハナクパチャプ
オリヴィエ・メシアン/おお、聖なる饗宴
ペーテル・エトヴェシュ/バス・ティンパーノのための「雷鳴」
アルヴィン・ルシエ/Sizzles
クロード・ヴィヴィエ/神々の島
大友良英/曲目未定
坂本龍一/Cantus Omnibus Unus
「Cantus Omnibus Unus」ライブ・リミックス
藤倉大/チェロ協奏曲(アンサンブル・ヴァージョン/日本初演

出演
アンサンブル・ノマド(指揮:佐藤紀雄)
東京混声合唱団
カティンカ・クライン(チェロ)
ヤン・バング(エレクトロニクス)
エリック・オノレ(エレクトロニクス)
アイヴィン・オールセット(ギター)
アルヴェ・ヘンリクセン(トランペット)
イサオ・ナカムラ(パーカッション)
大友良英
藤倉大(エレクトロニクス)
***
サウンドデザイン:永見竜生[Nagie]

※都合により出演者・曲目・曲順等が変更になる場合がございます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


本日私のマネージャーから以下フライヤーが届きました!
アステールのHPにも載っておりますが、
http://h-culture.jp/opera/classic/event4/entry-1939.html
12月に広島で素晴らしいフルーティスト、上野由恵さんのコンサート。
細川俊夫さんが監督してらっしゃるの人気のシリーズです。
細川さんの作品、ユン・イサン、三浦則子さん(私と大学の同窓、同級生です!)ドビュッシーの作品、そしてブーレーズのフルートとピアノのためのソナチネを演奏いたします!
昨年に引き続き出演でき本当に光栄です。
今までこのシリーズでは、ピアノソロ、バーバラ・ハンニガンさんとの共演、イェルン・ベンワルツさんとの共演、そして今回で4回目の出演となります。
大好きな会場なので今からとっても楽しみです。
お客様も常に熱心で、あたたかい広島の皆様、今からお会いできるのをとっても楽しみにしております。
上野由恵さんのユン・イサンの演奏は何回も聴かせて、共演させて頂きましたが本当に凄いです!
そしてなんといっても細川さんの作品を演奏するのはとっても楽しみです。
そして同級生の三浦さんの作品待ち遠しいですね。
ドビュッシーイヤーですが牧神はただ今私のゼミでも毎回取り上げている程心底大好きな曲です。
そしてブーレーズの「ソナチネ」
本当に演奏が難しい曲で、極限まで神経を研ぎ澄ませて最高の集中力を持って演奏したいと思います。


9月1日発売です。
では、以下詳細です。

【日時】
平成30年12月14日(金) 開演19時(開場18時30分)

【会場】
JMSアステールプラザ オーケストラ等練習場

【入場料】
一般2,500円(当日3,000円) 学生1,500円(当日2,000円)

【チケット販売所】
エディオン広島本店プレイガイド(082-247-5111)
福屋広島駅前店チケットサロン(082-568-3942)
小夜曲(082-246-7727)
中国新聞社読者広報部(082-236-2455)
アステールプラザ(082-244-8000)
電子チケットぴあ0570-02-9999(Pコード:124-246)
ローソンチケット0570-084-006(Lコード:61663)
オンライン販売 こちら
※9月1日発売開始!

【出演】
音楽監督・お話/細川俊夫
演奏/上野由恵(フルート)、中川賢一(ピアノ)

【プログラム】
ユン・イサン作曲 無伴奏フルートのための5つの エチュードより 1番、5番
細川俊夫作曲 フルートとピアノのための リート
細川俊夫作曲 フルートのための 線Ⅰ
-休憩-
クロード・ドビュッシー作曲 牧神の午後への前奏曲
三浦則子作曲 フルートとピアノのための 空から/ 窓から【新作委嘱作品/世界初演】
ピエール・ブーレーズ作曲 フルートとピアノのための ソナチネ
-アフタートーク-

【主催】 ひろしまオペラ・音楽推進委員会、中国新聞社

【お問い合わせ】 ひろしまオペラ・音楽推進委員会 082-244-8000

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )












三鷹市芸術文化センター風のホールにて、12月のクリスマスコンサートで行なう演奏と絵、動画のプロジェクションマッピングによるコラボレーションの試演奏をして諸々の確認をいたしました。曲は「くるみ割り人形」と「ベルガマスク組曲」。
三鷹市第一小学校へ6月は5年生に「くるみ割り人形」を私の生演奏を聴きながらそのイメージを絵にしてもらうワークショップ、7月には6年生にコンピューター室にピアノを持ち込み「ベルガマスク組曲」の私の生演奏を聴きながら、そのイメージをコンピューターでプログラムして動画を作ってもらうワークショップを行いました。
ホールの全面一杯に広がると子供達の絵、動画はかなり迫力がありました!
今回はその全てのワークショップでお力添え、ご指導いただきました第一小学校のS先生、これからこの絵、動画を編集していただくIさんもいらっしゃり三鷹市の財団の方も交えて、実際私の演奏を本番のホールで聴いていただながら絵、動画を投射して、絵と動画の投影される位置、ピアノの位置、絵、動画の大きさなどさまざまな事を試して、どうやったら子供たちの作品を一番良い状態で音楽と対峙する良いコラボレーションができるか沢山話し合いました。
ここから12月に向けてどのようにすると良いかの課題がはっきりしてきて、これからどのようにバージョンアップしていくのかとっても楽しみです。
本番はプロジェクターもレンタルでルーメン数が上がるので、俄然さらにクリアーな映像となると思います。
昨年度は「展覧会の絵」で同様に絵を描いてもらい、スクリーンに投射、それと演奏のコラボレーションでしたが、今年はとうとう動画、プロジェクションマッピングとホップからジャンプへ跳びました。
コンサートは12月22日。もしお時間がありましたら是非皆様おいでくださいませ・・・
12月がどのようになるかとっても楽しみです!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

親知らずを抜いてきました。
ちょっと不思議な生え方をしていて虫歯になっていたようで、現在全く痛くないのですが、このまま放置すると大変なことになるということで急遽・・・
その歯はとても抜きにくい場所で、おまけにその真下に重要な神経が通っていてそこを傷つけると大変なことになるデリケートな所なので、名医がいらっしゃるということで、紹介されて東京女子医科大学病院に来ました。
なかなか本気でこの言葉は使わないのですが、「ゴッドハンド」というのはまさにこういうことかと感動しました。
麻酔を効かせるのに多少時間はかかりましたが、「では、はじめます」と言って10分も経たないうちに、痛みも全くなくいつのまにか終了・・・
私から、「終わったのですか?」と伺ったら「はい」と。気がつけば横にもう抜いてしまった歯が・・・
かなり難しい場所なので、まず歯茎を少しだけ切って、歯の上部を削って、同じく歯の上部を切り落としてから、歯を抜くというちょっと手の込んだものですが、はじめ「ウィーン」という音がして、何か削っているような切っているような感じがしたら、「痛いですか」と言われても痛みはなく、「ちょっと押します」と言われてグッと押された感じがしたらいつのまにか抜けてました。
あっという間でしたからもしかしたら5分くらいだったのかもしれません。
当然のことでかもしれませんが、技を生業としているものとしては本当に尊敬いたしました。
終了後、「本当に早いですね、全く痛みがありませんでした!」と何回も言ってしまいました。歯を抜くことなどまずないので、特にそう感じたのかもしれませんが、熟練しているというのはこういうことか!と感嘆しました。
自分の演奏も、技、熟練というのはとても関係しているので、色々考えました。
麻酔が切れてもさほど痛くなく、本当にやり方がうまいのですね・・・
私も技をまだまだ磨かなくては・・・
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




新庄にて。日帰りでレッスンですが、凄い大雨でした。
涼しい!!
東京から一瞬の涼をいただきました。
新庄はこれから祭に向けて盛り上がります。こんなに気温がちがうとはびっくり!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

母校にて。
本日大学前期授業の最終日。
前期最後のレッスン。
八月も授業があるのは私の大学生時代とはかなり変化があると思いました。
明日から学生は約1ヶ月半夏休み。
私の夏休みは??ですが、学生には沢山夏休みに豊富な経験をして欲しいですね・・・
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

お茶の水女子大学で試験官。
凄いメンバーだと思います!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







地域創造フェスティバル二日目。
大盛り上がりでした。
凄く楽しかったです!!
地域創造の登録アーティストのメンバーは写真の通り、皆さん仲良し、沢山色々な情報交換とっても有意義な時間でした。
私は二日間でサクソフォンの田村真寛さん、トランペットの高見信行さん、フルートの荒川洋さん、ヴァイオリンの礒絵里子さん、バリトンの吉川健一さんと各コマ30分の共演と私のソロで計6コマのプレゼンテーションに参加させていただいました。
全ての方がオリジナルな素晴らしいアイディアでプレゼンテーションでした。
いつもとっても勉強になり刺激されました。
チームプロアルテムジケでも写真を撮りました!
お世話になりました皆様本当にありがとうございました!!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







地域創造フェスティバル一日目!
プレゼンテーションとっても楽しく終了!
サクソフォンの田村真寛さんとの共演、トランペットの高見信行さんとの共演、最後に私のソロと30分三コマ連続でしたが皆さんが素晴らしいので、疲れもなく高い集中力で終えることができました。
私のソロは昨年三鷹市の第一小学校で行なった、ムソルグスキー 「展覧会の絵」を題名を伝えずに生演奏して絵を描くワークショップの報告、実演、その絵を投影しながらのコラボレーション演奏。
複雑な準備を私のマネージャーが中心となったチームプロアルテムジケと会場の舞台スタッフの方の素晴らしいサポートのもとリハーサル、本番共にとても順調に進めることができました。
改めて最大の感謝を申し上げます!

沢山の素敵なホール関係の方、アーティストの知り合いと会えてとても充実した時間でした。

終了後の交流会、そのあと二次会は盛り上がったのはいうまでもありません。

明日も頑張りたいと思います!!!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )







リハーサル五つ!
明日、明後日に向けて。
とっても楽しかったです!
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )