トーキング・マイノリティ

読書、歴史、映画の話を主に書き綴る電子随想

英国総督 最後の家 17/英・印

2019-04-17 22:10:26 | 映画
 原題:Viceroy's House、このタイトルだけで英国人は総督が誰を指すのか分かるのだろうか?一方、インドでのタイトルは「Partition:1947」、こちらも1947年のインド・パキスタン分離独立をテーマとしていることが、インド人には即座に分る筈。最後のインド総督マウントバッテンが目の当たりにした印パ分離独立前後の様相が描かれている。映画の冒頭に出てきたスーパーは意味深い。 「歴史は勝 . . . 本文を読む
コメント (6)

日本人と日本文化 その⑤

2019-04-11 21:10:14 | 読書/日本史
その①、その②、その③、その④の続き  切死丹/キリシタンについての対談でキーン氏は、当時のポルトガル人やスペイン人宣教者にかなり好意的な話をしている。氏は彼らが書いた手紙を英訳でかなり読んだそうだが、日本人は我々とは違う人種とは誰ひとり書いてなかったという。日本女性は欧州人より色が白いとか、そんなことまで言っていたとか。  はじめのうちはポルトガル人が来日しても、日本は欧州と殆ど変わらない、もっ . . . 本文を読む
コメント (10)

日本人と日本文化 その④

2019-04-10 22:00:16 | 読書/日本史
その①、その②、その③の続き  儒教が日本社会に与えた影響について、キーン氏と司馬遼の見解の違いは興味深い。江戸時代に案外広まり、現代(1970年代初頭)でも相当根強い、というキーン氏。日本に道徳があるとすれば、それは仏教的な道徳ではなく、明らかに儒教的なそれでしょう、と断言する。儒教は日本人のモラルの根底になっているとまで考えているのだ。  一方、司馬はそれにはかなり懐疑的である。律令体制でも国 . . . 本文を読む
コメント (8)

日本人と日本文化 その③

2019-04-09 22:00:44 | 読書/日本史
その①、その②の続き  それでもキーン氏は、日本としていちばんの危機はおそらく奈良朝の次の世紀、つまり西暦でいうと9世紀だという。当時は最も中国文学が流行っており、場合によっては日本文学がそこで消えたかもしれない時期と見ている。  しかし、どうしたものかまた日本文学が強くなり、9世紀の終わり頃には『竹取物語』や『古今集』などの文学が生まれたが、一時的には非常な危機だったはず、とまで述べている。こと . . . 本文を読む
コメント (2)

日本人と日本文化 その②

2019-04-06 22:40:20 | 読書/日本史
その①の続き  キーン氏が指摘した日本での外国文化の受け入れ方は、結構耳が痛かったが的をついているのは確かなので引用したい。 「日本の歴史を眺めておりますと、あらゆる面に外国文化に対する愛と憎、需要と抵抗の関係があるように思われます。たとえば『源氏物語』を読みますと、「唐(から)めきたり」という形容詞がありますが、これは悪い意味です。  本来はいい意味のはずですけど、私の理解したかぎりでは悪い意味 . . . 本文を読む
コメント (6)

日本人と日本文化 その①

2019-04-05 21:10:25 | 読書/日本史
 今年2月24日死去したドナルド・キーン氏にちなみ、私行きつけの図書館の特性コーナーにはキーン氏の著作が何点か置かれていた。そのひとつ 『日本人と日本文化』(中公文庫)は司馬遼太郎との対談集だったので、面白そうだと思い借りて読んでみた。文庫自体は初版が1984年4月だが、この書は昭和47(1972)年5月に中公新書285から出ている。 詠んでみて驚いたのは、キーン氏の博学ぶり。いかに日本文学研究の . . . 本文を読む
コメント (2)

曹操はセクシー?

2019-03-31 21:10:19 | 読書/ノンフィクション
『逆襲される文明 日本人へⅣ』(塩野七生著、文春新書1140)に、「中国に行ってきました」(82-86頁)という章がある。塩野氏と出版業界の中国人とのやり取りは興味深かったし、さすが塩野さん、と感心させられた。特に面白かったのが大型書店での中国人読者との交流。  中国史上の人物では誰が好きか、という質問に対し、塩野氏は曹操と答えている。何故かと問われると、返答はセクシーだから、の一言。これには直ち . . . 本文を読む
コメント (16)

クルド人に肩入れする者

2019-03-26 22:00:22 | マスコミ、ネット
 一部の中東オタクを除き日本では概ね関心も馴染みも薄い中東社会だが、中東オタクの中でもクルド人に肩入れする者がいる。ひと口に中東オタクといえ、やはり人気があるのはトルコでクルドに関心を寄せる者は少数派である。中には親クルドと呼ぶには如何わしい者もいて、 昨年そんな者から以下のコメントがあった。 Unknown (Unknown) 2018-11-26 07:18:30 実際にトルコ人とクルド人の . . . 本文を読む
コメント (6)

霊言なるもの その②

2019-03-22 21:40:10 | 世相(日本)
その①の続き 今月3日、NHK BS世界のドキュメンタリーで、「素顔のボヘミアン・ラプソディ  フレディを演じた男(原題:Freddie Mercury The Great Pretender)」が放送された。番組公式サイトにある通り、「フレディ・マーキュリーのユーモアと皮肉にあふれたインタビュー」は興味深い。番組の最後近くでの「(貴方は)天国に行くと思う」と問う聞き手に対し、フレディは . . . 本文を読む
コメント

霊言なるもの その①

2019-03-21 21:10:17 | 世相(日本)
 映画ボヘミアン・ラプソディの大ヒットにより出版業界が活気づき、便乗本が続々出版されている。話題作には付き物の現象だが、同時にトンでも本も出ているようだ。先日、宗教法人・幸福の科学からも『QUEENのボーカリスト フレディ・マーキュリーの栄光と代償』という本が出版されていることを紹介しているサイトを見かけた。このサイトのタイトルが振るっている。「【いいかげんにしろ】幸福の科学教祖大川隆法によるフレ . . . 本文を読む
コメント (4)

マリー・アントワネットの日記 その②

2019-03-16 21:40:12 | 読書/小説
その①の続き マリー・アントワネットとスウェーデン貴族フェルセンとの許されぬ恋は、ベルばらと同じく本作でも重要なテーマとなっており、ここではフェルセンはAと呼ばれている。ベルばらと同じくフェルセンはアントワネットの生涯を通じてのただ1人の愛人であり、彼女の4人の子供は全て夫ルイ16世との間に生まれた設定になっている。 1792年2月13日、国王夫妻が幽閉されているテュイルリー宮殿にフェルセンが命が . . . 本文を読む
コメント (2)

マリー・アントワネットの日記 その①

2019-03-15 21:40:10 | 読書/小説
『マリー・アントワネットの日記』(吉川トリコ著、新潮文庫nex)を先日読了した。文庫版2部作で上巻 Rose、下巻 Bleu で構成されている。上巻のアマゾンでの書評が概ね好評だったため、試に購読してみたら思った以上に面白かった。裏表紙では「このプリンセス、他人とは思えない!」の見出しで作品をこう紹介している。 「ハーイ、あたし、マリー・アントワネット。もうすぐ政略結婚する予定www 1770年 . . . 本文を読む
コメント (26)

「毛」で悩む人々

2019-03-11 21:27:31 | 世相(日本)
 新聞やTVではまず報じられないおバカニュース満載のため、『痛いニュース』は私お気に入りのサイトのひとつになっている。昨年一番面白かったのは2018年10月10日付の記事、「「味噌を食べれば毛が生える」八丁味噌に育毛・発毛効果」だった。 さすがに懐疑的なコメントも多く寄せられ、アップされていた八丁味噌まるやの社長の画像だけで育毛・発毛効果は極めて怪しい。○○はハゲに効く、といった健康食品商法が定期 . . . 本文を読む
コメント (4)

爆弾処理兵 極限の記録

2019-03-06 21:10:08 | 音楽、TV、観劇
 その報道姿勢から、ネット上では散々罵倒されるNHKだが、BS世界のドキュメンタリーでは時々秀作が見られる。2月26日(火)午後11時00分放送の「爆弾処理兵 極限の記録」は考えさせられる番組だった。原題:THE DEMINER、制作はスウェーデンの LOLAV MEDIA(2017年)。トップ画像と以下の紹介文は番組サイトからの転載。 「イラクで10年以上、テロ組織が仕掛けた地雷や爆弾を除去し . . . 本文を読む
コメント (10)

親日派と知日派

2019-03-01 21:40:11 | 世相(日本)
 2月24日、日本文学研究者の第一人者であるドナルド・キーン氏が死去した。享年96歳なので、大往生に相応しい。翌日付の河北新報第22面でも、半分ちかくが訃報で占められていた。東北大の要請で客員教授をしていたことは紙面で初めて知ったが、'97年には東北大が前年に新設した「名誉博士」第一号にもなったという。これを以って河北は「東北にも深いゆかり」があったと報じている。 同じくニューヨーク出身である東大 . . . 本文を読む
コメント (2)