ANDANTE ~アンダンテ~

LOHASを楽しむ日々

ミルちゃん、良くなってきました♪

2020-10-25 18:06:08 | ミルのこと

       
       今日のミル

ご心配おかけしましたが、ミルちゃん、かなり良くなってきました♪
ミルちゃんへの温かい励ましをありがとうございました m(_ _)m

その後の経過を記します。
前回ブログを記した22日の木曜日。
食欲はあるものの一度にたくさんは食べられないので、1時間おきくらいにご飯を食べさせました。
カウントするとご飯を15回、ミルクを4回給餌してました〜 (@_@)
ミルちゃんがいる電気マットのそばにご飯台をセットし、寝ているミルちゃんを起こしてご飯を目の前に出すと、すぐにムシャムシャ食べだすお利口さん。
「寝て」体力回復するのが良いのか、「しっかり食べて」が良いのか、大いに迷いましたが、夜はお布団のなかでぐっすり長時間眠るので、「食べて」を選びました。起きてすぐでもご飯が目の前にあるとちゃんと食べるミルちゃんをどれほど頼もしく思ったことか・・・!

翌金曜日。
腫れが少し引いてきました。山を超えたかな?
また、猫トイレでチッコをするようになりました。前回も記しましたが、猫トイレで用を足せるかどうかでミルちゃんの体調がわかるのです〜(笑)
ご飯も、一度に食べる量が増えてきて、給餌もご飯10回、ミルク3回に。
夜中には、トイレに行く、と起き出してきました。具合が悪くなってからは夜中に起きることなくオムツにチッコしていたから、やっぱり回復してきている!!! \(^o^)/

土曜日。
腫れはさらに引いてきました。よだれもほぼ止まった様子。
追加でいただいた薬クラリスロマイシンが朝服用で無くなったので、先生にご相談。先生は一旦薬は止めて様子を見ましょう、と。先に2週間くらいは効果が続くコンベニア注を打っているからです。
脱水気味で硬かったうんPも正常、いや軟便気味に。食べ過ぎかもしれないので新ビオフェルミンSプラス1錠を追加。
トイレも粗相なし、深夜もオムツにしないでちゃんと猫トイレで。

そして今日・・・
よだれはすっかり止まり、下顎の腫れもかなり引いてきました。 
腫れている箇所(2cmくらい)はまだ残っていますが、いつか消えていくことに期待です。

       
       今日のミルちゃんの下顎

       
       まだ少し腫れていますが・・・

そして、食欲はもちろん(笑)ありありです♫

       
       「ご飯くださ〜い」

       
       「パクパク」

もう大丈夫そうです♡
心底ホッとしました。
今回もミルちゃんの強さに脱帽です!
しか〜し、こんなことは繰り返したくないですね。
今回の不調は前回コンベニア注を打ってから50日目のことでした。
コンベニア注の効果は2週間とされていますが、随分と良い状態を維持してきたものです。
超高齢のミルちゃんゆえ、治療も色々とはできないでしょう。
コンベニア注の効果が切れる頃に、今後の対策を先生に相談してみようと思います。

        
        「よろしくです〜」

了解!
ミルちゃん、今回もよく頑張ったね。
やっぱりミルちゃんはスゴイ子だね。
これからもミルちゃんに穏やかな日々が続きますように・・・

コメント (6)

ミルちゃん、不調です

2020-10-22 15:46:43 | ミルのこと

       
       今日のミル

ミルちゃんが不調です。
14日の月誕生日の3日後くらいまではノープロブレムでした。
ですが、18日の日曜日に猫トイレの外でちっこをし始め、あれっ!?
前に記しましたが、調子が悪くなると猫トイレでしなくなるミルちゃん・・・
そう言えば、便秘気味でもあり食べたがるのに量はそれほど食べていない。
脱水気味? それよりも顎の下が少し腫れているのが気になる。
8月末とよく似た症状です。

月曜日。
食欲は変わらずあります。ただ、一度に食べる量が微妙に少ない。
元気なのですが、下顎の腫れは前日より大きくなっている。
往診をお願いしました。

       
       往診を待つミルちゃん(撮影:10月19日)

前回同様、コンベニア注をチックン。
これできっと良くなるね!


翌朝、下顎の腫れは変わらず、さらによだれが増えたよう。
でも、食欲はあります。

       
       ご飯を無心に食べるミル(撮影:10月20日)

       
       同

日向ぼっこも楽しみます。

       
       「お日さまラブ」(撮影:10月20日)

食べる量が少ないとはいえ食欲はあるし、コンベニア注は打っているのだから、一日様子を見ることにしました。


翌日の21日。昨日のこと。
腫れが少し大きくなっていて、よだれもひどくなっています。
ご飯は食べてくれるので、頻繁に給餌。
そして、先生に再度往診をお願いすることにしました。

夕方、前回と同じ「アトロピン」を注射。そして、抗生物質「クラリスロマイシン」を3日間服用させることになりました。
飲み薬は泡を吹くことがあるのですが、ミルクに溶いて飲ませると大丈夫でした♪

       
       「注射も飲み薬も済んでやれやれ〜」(撮影:10月21日)

これでよだれが止まり、腫れも引けばいいな!
と、期待して眠った私たちでした。

今朝のミルちゃん。
よだれは減ったようですが、下顎の腫れは引いていない!?
どちらかというと少し大きくなっているようにも思います (ToT)

でも、ご飯は食べてくれています。

       
       今日のご飯を食べるミル

お水も飲んでくれています。

       
       お水を飲むミル

まだまだ頑張ってくれているミルちゃん。
でも、腫れは今がマックス???

       
       よだれでお口周りが汚れ、下顎が腫れている痛々しい姿 (ToT)

早く腫れが引いていつものミルちゃんに戻れますように!
何より、ミルちゃんが辛くありませんように!

コメント (14)

ミルちゃん 20歳10か月の月誕生日

2020-10-14 21:10:42 | ミルのこと

       
       今日のミル

爽やかな秋の晴天が続いています。
ミルちゃんにとってもご機嫌な気候です♪

今日、ミルちゃんは20歳10か月の月誕生日を無事に迎えることができました♪
体調は変わりなく、ご飯もモリモリ食べています♡

       
       「モグモグ」

       
       「しっかり食べてますよー」

お水もしっかり飲んでいます♡

       
       「ペチャペチャペチャ」

       
       「ちゃんと飲めてるでしょ?」

午前中は日向ぼっこも楽しんでいます。
日向ぼっこは2階、ご飯は1階なのですが、ちゃんと階段を慎重に上り降りし、
日向ぼっこ→ご飯→日向ぼっこ→ご飯→日向ぼっこ→ご飯を黙々と(笑)繰り返しています (゚∀゚)アヒャ

       
       「黙々とですかぁ?」

そうなの、そう見えるのよ〜(笑)

ミルちゃん、月誕生日おめでとう!
がんばっているミルちゃんはホントにお利口さん♡ 大好きだよ〜♡♡♡
このまま穏やかに過ごして来月も月誕生日を迎えようね!

コメント (4)

輸液について思うこと

2020-10-06 22:06:51 | 日常

       
       今日のミル

気持ちの良いお天気が続いています。
ミルちゃんにも穏やかな時間が流れています。
食欲ありあり、食べすぎないか心配なくらい(笑)
本当に有り難いことです♪

       
       「お腹空いた〜」

       
       「美味しいです〜」

前に「腎臓病の子に対する輸液には思うところがある」と記しました。
輸液に対する私のスタンスを説明したいと思います。

ミルちゃんの先々代のフラニーは12歳頃から猫下部尿路疾患(FLUTD)を患い、10日おきに輸液に通っていました。15歳を過ぎた頃、輸液をする度に針を刺したところに10円玉くらいの大きさの瘡蓋ができるようになりました。猫の足で10円玉くらいと言えば、ヒトだと10cmくらいでしょうか・・・それはそれは痛々しい姿で、治るまでしばらくかかるため、輸液に通う頻度を抑えるようになりました。(フラニーの記事はこちらにも)

       
       在りし日のフラニーと子どもたち

9歳のミルちゃんが腎不全になっているとわかったときに一番に思ったことは、輸液はなるべくしない、ということです。フラニーが輸液をすると大きな瘡蓋ができたことが忘れらなかったのです。たまたまフラニーがそういう体質だったのかもしれませんが・・・
そんなこんなでミルちゃんの輸液は最終手段、可能な限り輸液をせずに慢性腎不全のケアをする!そのために様々なサプリ等々で対処する!をずっと念頭にここまできたのです。

       
       10年前にフラニーの記事を書いたときのミル(撮影:2010年8月16日)

もう一つ。
北斗を介護していた頃に出会った本がありました。

       
       「動物力」(永田高司著)

その本では輸液について、

・「点滴輸液は水分が摂取量以上に喪失している場合に限り有効である」
・「点滴輸液をしすぎると楽に死ねない」

というテーマで獣医師である著者の見解が述べられていました。

8月にミルちゃんが体調を崩したときに輸液を行いましたが、それこそ「水分が摂取量以上に喪失している場合」であり、一晩で劇的に良くなったのは、確かに「・・・場合に限り有効である」だったのです。この輸液でミルちゃんに瘡蓋ができたわけではなく、それは安堵でした。

次の「点滴輸液をしすぎると楽に死ねない」。これは、今後のミルちゃん、いえ、いずれは老いるであろう銀ちゃんにも、もしかしたらヒトである私たちにとっても、避けて通れないテーマかもしれません。
著者によると、自然界では動物は枯木のようになって死んでいき、それは決して苦しそうなものではない、と。老いて死期が近づいている動物に毎日大量の輸液をすると水ぶくれ状態になって枯木のようになることができず、逆に呼吸が苦しくなって死が辛いものになる、と。
数々のペットを診察し看取ってこられた獣医師の言葉・・・
これは今後のウチの子たちのケアの参考に、いえ一つの道標となりました。

実際にそんなときが来たら、冷静に判断できるのかわからないのですが、道標を見失わず、とにかく苦しむことなく過ごさせてあげたいと強く願います。

       
       「まだまだ頑張るんだけどね、でも、よろしくです」

       
       「同じく・・・ムニャムニャ」(撮影:9月27日)

週末には台風がやってきそうだとか・・・(@_@)
逸れてくれたらなぁ、さもなくば、何事もなく通り過ぎてくれればと願います。
皆さん、どうぞお気をつけくださいね。

コメント (4)

秋を迎えたワンニャンそれぞれ

2020-09-27 19:29:14 | 日常

       
       今日の銀河

神戸もようやく秋めいてきました♪
過酷な夏が終わり、心底ホッとしています。
これからは海岸散歩が楽しめそう♡ 

       
       今日のミル

朝晩涼しくなり、ミルちゃんはすでにお布団に潜り込んで眠っています〜(笑)
ホントに暑さ寒さに敏感なニャンコです (=^・^=)

そんなミルちゃん。とても元気にしています♡
食欲もしっかり、お腹の調子も歯周病の具合も落ち着いています。
何やかやと訴える声も力強く、ウルサイくらい (゚∀゚)アヒャ
具合が悪い時は鳴くことなどなかったから、本当に体調は安定しているのだと思います。

       
       「モグモグ」(撮影:9月27日)

       
       「パクパク」(同)

晴れた日には日向ぼっこするようになりました。

             
       「いい日加減です〜♡」

       
       「お日さまラブ♡」

そして、最近は階段も自力で上り降りします!

       
       「よいしょよいしょ」

       
       「慎重に慎重に・・・」

不調の時は自力で上り降りさせるなんて怖くてできなくて、抱っこ移動していました。
ミルちゃんが自由に動けることがとても有り難いです♪

動けると言えば、最近、ミルちゃんが床で足が滑るようになってきました。秋になり肉球が乾燥してきたのでしょう。
若い頃にはなかったことですが、スル〜と後ろ足が横に逃げるのです。
股関節にも良くないので肉球クリームをゲットしました。

       
       肉球クリーム

ニャンコが舐めても大丈夫な素材だそうです。
薄〜く塗ってみると、イイ感じ♫
これでちょっとは安心かな?

       
       「だとイイですね〜」

さて。
トップの写真ですが、夕方は銀ちゃん散歩で海に行きました。
私はホントに久しぶり・・・暑すぎて海に足が向かず・・・(^_^;)
風は強いもののスカッと晴れ渡った海でした♪

       
       「海は気持ち良いね〜♡」

うんうん、気持ち良いね〜♪
これからはまたしょっちゅう海岸散歩に行こうね!

       
       突堤で魚釣りをする人たち

中には泳いでいるお子さんも〜 (@_@)

       
       秋の海と沈みゆくお日さま

季節は移ろいでいくのだとしみじみ・・・

10日ほど前、季節に合わせ、額装の絵手ぬぐいを「北斎 黒柴と赤富士」に替えました。

       
       「北斎 黒柴と赤富士」

赤富士は晩夏から初秋にかけて富士山が朝日に照らされて赤く染まって見える現象を言うのだとか。
有名な北斎の凱風快晴をモチーフにした絵てぬぐい、富士山の麓で戯れる黒柴がとってもキュートです。手ぬぐいコレクションが増え、また、縁起の良い赤富士にワクワクです♪


赤富士のパワーをいただき、ミルちゃんがこのまま穏やかに日々を暮らせますように。銀ちゃんが変わりなく元気に暮らせますように・・・     

コメント (2)

北斗 9年目の命日

2020-09-20 18:49:34 | 北斗のこと

       
       北斗9歳(撮影:2004年1月7日)

今日は北斗の祥月命日。
あの日から9年が経ちました。
時は流れたけれど、でも、あっという間だったように思います。

命日を意識して、数日前からブログの北斗の記事に目を通していました。
涙なしに見ることができました・・・
本当に良い子だったなぁ、可愛いかったなぁ、と懐かしく愛おしい思いでいっぱいでした。

       
       頑張っていた頃 北斗17歳5か月(撮影:2011年8月10日)

今、ウチではミルちゃんが頑張っています。
北斗ととっても仲良しだったミルちゃん・・・

       
       北斗8歳 ミル3歳(撮影:2003年4月9日)

       
       北斗16歳 ミル10歳(撮影:2010年4月21日)

       
       同(撮影:2010年8月8日)

       
       同(撮影:2010年11月14日)

今、私たちは北斗の生命を見つめていたときと同じような気持ちで日々過ごしています。
ミルちゃんがただただ穏やかに過ごすことを、そしてそんな日々ができる限り長く続くことを願って・・・
北斗がきっとミルちゃんを見守ってくれている、ジュピやジュピ太やジュピ太郎も一緒に見守ってくれていると信じて・・・

       
       北斗9歳(撮影:2003年9月)

ほっくん、大好きだよ♡ 愛しているよ♡
また逢える日まで待っててね〜♡  

コメント (8)

ミルちゃん 20歳9か月の月誕生日

2020-09-14 17:00:03 | ミルのこと

       
       今日のミル

今日、ミルちゃんは無事に20歳9か月の月誕生日を迎えることができました。
輸液騒動からちょうど2週間・・・そんな騒動などなかったかのように、すっかり元気なミルちゃんです♡
ヒトの3か月がニャンコの1年に相当するとしたら、20歳9か月のミルちゃんはヒトで言うと99歳になったということ(@_@)
ミルちゃん、本当に本当に頑張っています♪

食欲もしっかりあるミルちゃん。「ご飯ください〜」の訴え声もかなり力強いです!
しんどそうな時はあまり声を出さなかったので、しっかりした「ニャーオ」を聞くと嬉しいですね〜 (=^・^=)

       
       「ご飯くださいよ〜」

       
       「モグモグモグ」

本当にたくましいミルちゃんです \(^o^)/

朝晩はようやく涼しくなってきたとはいえ、日中はまだまだ暑く、ミルちゃんの居場所は相変わらずお玄関 (^_^;) 

       
       「番猫です〜」

体調が良くなってきてからは、やっぱりエアコン部屋はNGらしく、夜もお玄関で過ごすようになっています (^_^;)
でも、あと数日したら、きっとお布団に潜り込んできますよ〜(笑)
べったり甘えて一緒に眠る夜がちょっと待ち遠しい・・・

       
       「待ち遠しいですか? (*ノω・*)テヘ」

うんうん。ちょっと寝返りが打ちにくくなるけどね! (゚∀゚)アヒャ
ミルちゃん、これからもゆっくりゆっくり毎日を穏やかに過ごそうね!

コメント (6)

ミルちゃん、元気ですよ〜♪

2020-09-10 14:44:07 | ミルのこと

       
       今日のミル

ご無沙汰してしまいました。
ミルちゃんはすっかり回復して元気です!!!
ミルちゃんのその後を記そうとしながら、なかなか叶わないでおりました (^_^;)

さて。
先日の騒動後のミルちゃんについて記しておきます。
9月1日夜、2度目の輸液は二人がかりでなだめすかして(笑)何とか無事に終えることができました。
その夜も一緒にネンネして、穏やかなミルちゃんの様子にただただ安堵でした。
翌日からさらに元気になったミルちゃん♪
もう、食べる食べる!!!

       
       今朝のご飯を食べるミル

       
       「パクパク」

昨日カウントすると、なんと朝4時から夜11時までの間にご飯を12回、サプリ入りミルクをシリンジで2回、ミルちゃんに給餌しました (@_@) 
「ご飯くださ〜い」と訴える毎に一度に食べる量づつあげると12回になったというわけなのです。
診察のときに2,2kgに減っていた体重は、今日は2.4kg!
これだけ食べるならもうちょっと体重増加して欲しいところですが、それでも、やっぱりミルちゃんはスゴイですね!!!

そして、猫トイレについて。
前に深さのある猫トイレをバットに換えたと記しました。
足腰がふらつき気味で浅いほうが楽だろうと思ったからです。
でも、ミルちゃんは馴染みのない新しいトイレがお気に召さないようで、結局二日後には元の猫トイレに戻していました。
そのためやっぱりトイレの周辺で水たまり〜(笑)
それがです、また元気になってから、なんと、トイレでちゃんとオシッコするようになりました!(@_@)
ふらつきが減ったから、自分でも大丈夫、トイレでできると思ったのか?
うんPについては、猫砂の上ではうまく力むことができないからかトイレの外で・・・これは仕方ないでしょう。
でも、気づいたことがあるのです。
暑気あたりになった頃からうんPが硬くなっていて、力んでも出ないときはうんP絞りして排泄を手伝っていました。
ちょっと前まで軟便気味だったから、どうしたのかな???と思いつつ、でも、軟便よりはしっかり硬いほうが助かると安易に考えていました。
今思うと、ミルちゃんは暑気あたり以降軽い脱水状態になっていて、だからうんPが硬くなっていたのだろう、と。
ご飯は食べていたし、水も飲んでいたし、ミルクも飲ませていたから、まさか脱水状態とは思いも寄らず・・・
それがなかなか回復せず、結局、かなりの不調に繋がったのかもしれません。
ごめんよ〜ミルちゃん。
食欲はそれほど落ちていないから大丈夫と勝手に思っていたお姉ちゃんの責任です (ToT)

これからはご飯をちゃんと食べていても
・おしっこをトイレでしなくなる
・便秘気味になる
・食べたがるほど食べていない
これらの兆候があれば脱水を疑うことにします。

       
       「よろしくです♪」

今回、改めてミルちゃんの回復力に驚嘆し、そして「ミルちゃん、よく頑張ったね、ありがとうね〜、大好きだよ〜♡」と囁いています。
ミルちゃんは、毎回、こちらが用意した治療にちゃんと応えてくれています。
まるで、ちゃんと応えることで私の失敗を覆そうと、私が後悔で潰れそうにならないようにしようと、そんな思いで頑張ってくれているように感じます。
涙がこぼれそう・・・(´;ω;`)

これからのミルちゃんの日々がただただ穏やかであることを願うばかりです。

       
       「まだまだがんばるからね!」

余談ですが、ネット環境改善しようとキャリア変更したところ絶賛トラブル中〜。PCはFree Wi-Fiで数日に一回ネットにつなぐのが精一杯、固定電話も使えません ( ´Д`)=3
早く解決できますように・・・じゃないと、困るぅ!

コメント (8)

ミルちゃん、初の輸液

2020-09-01 20:05:29 | ミルのこと

       
       今日のミル

昨日、ミルちゃんは生まれて初めて輸液をすることになりました (^_^;)
ミルちゃんにとっても私たちにとっても大変な1日でした・・・

前回8月27日の記事でミルちゃんの体調に波があると記しました。
その翌日28日はさして体調に変わりなく、食欲もあり、けれど食べる量が微妙に少ないなぁ、と。
明くる29日、食欲はあるけれど、ちょっと食べると止めるを繰り返し、口の周りの汚れがひどくなってきました。顎の下が微妙に腫れているかも?
30日はちょこっと食べの一回に食べる量がさらに減り、午後には食べなくなり、ミルクを強制給餌することに。よだれがひどく、顎の下の腫れもはっきり見て取れるように・・・以前も歯周病で下顎が腫れたことがあったので、きっとそれだろう!
月曜日、朝一番で病院に連れて行きました。口の中をチェックし、歯肉炎が見て取れるとのことでコンベニア注を打っていただきました。┐(´д`)┌ヤレヤレ

       
       帰宅してすぐのミル(撮影:8月31日朝10時過ぎ)

       
       午後、ねんねするミル(撮影:同午後2時頃)

このあと、ミルちゃんに異変が。
突然ペチャペチャしだし、口から血が混ざった強烈な臭いのよだれがたくさん出てきたのです。
お口を拭いても拭いてもよだれは出てくる。しばらくして落ち着き、ミルちゃんも熟睡したのですが、小一時間後にまた赤いよだれが・・・(ToT)
先生にお電話をし、夜に往診していただくことになりました。

まず「アトロピン」(徐脈の予防と唾液分泌の低減のために)を注射、そして輸液となりました。

       
       輸液中のミル(撮影:8月31日午後7時半頃)

輸液のやり方を見せていただき、袋の半量(125ml)をミルちゃんに輸液したら、針を抜いて消毒して、と教わり、先生はお帰りになりました。
念のため夫さんに応援をお願いし、順調だと思った矢先、まさかの針が抜けてる〜状態!漏れ出る液を慌てて止め、改めて針を指し、輸液再開。
残りの液が入るまでミルちゃんを二人がかりでなだめすかして押さえ込み(苦笑)、輸液が終わったときはどっと脱力・・・(^_^;)
あとはエアコン部屋で看護となりました。

私たちが眠る頃には少しよだれが減ってきた様子にホっとして、傍らで眠るミルちゃんの様子を夜中に何度も確認しながら、きっともう大丈夫と胸を撫で下ろしたのでした。

朝になり・・・

       
       「ご飯ください〜!」(撮影:今朝7時頃)

       
       「モグモグモグ」

すっかり元気になったミルちゃんです! (@_@)
よだれもほとんどなくなりました〜!!!
コンベニア注とアトロピンと輸液の威力はすごい。
何よりすごいのはミルちゃんの底力!!!

血が混ざったよだれを見たときは仰天でした。
よだれが一旦治まったあとぐったり眠るミルを抱こうとするとグニャグニャで、まさか?と慌てました。
そして、輸液が必要と言われて怯みました。
腎臓病の子に対する輸液には思うところがあるからです。(これについてはいつか記すつもりです)
今回のミルちゃんの状態は、歯肉炎から必要とされる輸液だと考え、輸液を行うことに同意しました。
結果は💮でした〜♪

さてさて。
今夜は残りの輸液をしなくてはなりません。
ミルちゃんが大人しく輸液させてくれますように。
無事に輸液を終えることができますように。
ミルちゃん、がんばってくださいよーーー!

       
       「がんばりますぅ」

コメント (8)

残暑厳しすぎます

2020-08-27 22:14:38 | ミルのこと

       
       今日のミル

猛暑が続きます〜 (~_~;)
須磨では梅雨明け以降ほとんど雨が降っていないのです。
早朝からジリジリ照りつけるお日さまを拝んではため息をついています。

暑いの大好きなミルちゃんも今夏は耐え難いようで、エアコン部屋を嫌がらなくなりました。
体調は、まぁまぁです (^_^;)
5日前の22日朝、お薬を飲ませようと用意しているときに痙攣発作を起こしてしまいました。
前回の発作(6月5日)から2か月半。
有り難いことに軽めの発作、疲れた様子でその日は食欲は落ちましたが、翌日からはモリモリ食べて安堵。
でも、その翌々日にはまた食欲が落ち、明くる日には回復・・・
体調の波が気になります。暑さのせいもあるのでしょう。
とにかくイキモノにとって過ごしやすい季節・気温に早くなって欲しいです!

       
       「暑いですぅ」(撮影:8月26日)

そんなミルちゃん。
午前中はお気に入りのお玄関、午後からはエアコンの効いた部屋で過ごしています。
以下の写真はお玄関でまったり過ごすミルちゃんの笑える姿です♪

       
       (撮影:8月26日)

       
       同

       
       同

若い頃はこんな格好はしなかったなぁ・・・
最近は足の踏ん張りがきかなくなっているミルちゃん、歩きもスローになっています。
そして、猫トイレを跨ぐのがちょっとしんどくなっている様子。下手すればその辺に「水たまり」・・・(^_^;)
猫トイレの高さは13cmほど。
この高さが辛いなら、と、低めの猫トイレを探したけれどなかなかイイ感じのものが見つからなくて、ならば!と昨日、大きめのバットを手に入れました。

       
       高さ7cmのバット

       
       新しい「トイレ」にINされたミルちゃん(撮影:8月26日)

慣れた猫トイレから置き換えられ、どうかな〜?使いこなせるかな〜?と不安はあり、ミルちゃんを常にストーカーしている私(笑)
「水たまり」はまぁ、仕方ないと思っていますが、できたらトイレでしてくれたら嬉しいな。
でもでも、そんなこと、実際はどうでもいいこと。
とにかくミルちゃんが日々健やかに過ごしてくれたらと願うばかりです。

ラストは銀ちゃんのとんでもない寝姿でごきげんよう〜♪

       
       まるで鯱の銀ちゃん(撮影:8月25日)

コメント (4)