migisikenのブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

智弁学園が初優勝、高松商に延長サヨナラ勝ち

2016-04-01 08:23:10 | 日記

初優勝を決め喜ぶ智弁学園ナイン(31日、甲子園球場で)=武藤要撮影
2回智弁学園1死1、3塁、中村が内野ゴロを放つ。
その間に3塁走者が生還し先制(捕手・植田響)(31日)=里見研撮影
AD2.init(ads.p_rectangle);
AD2.cAds();
AD2.dBanner(0,'prect');
智弁学園2―1高松商(決勝=31日)――智弁学園(奈良)は村上、高松商(香川)は浦が先発。
高松商は一回、先頭の安西の右翼線二塁打などで好機を作ったが、生かせなかった。
智弁学園は二回、大橋の中前打などで一死一、三塁と攻め、併殺崩れの間に1点を先制した。
高松商は六回二死から、植田響が右中間を破る二塁打を放ったが、得点できなかった。
高松商は八回、米麦の中前適時打で同点。
その後は両チームとも好機に決定打が出ず、延長戦へ。
智弁学園は十一回、村上がサヨナラ打。
初優勝を飾った。
2016年03月31日
14時41分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース


智弁学園が初優勝、高松商に延長サヨナラ勝ち


智弁学園が初優勝、高松商に延長サヨナラ勝ち


智弁学園、村上の決勝打で甲子園初制覇


CDアルバム発売日
コメント