migisikenのブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

明大14位に沈む…9大会ぶりシード権逃す

2016-01-05 01:23:38 | 日記

箱根駅伝で前回4位の明大が14位に沈み、16位だった2007年以来9大会ぶりにシード権を逃した(08年は予選落ちで不出場)。
AD2.init(ads.p_rectangle);
AD2.cAds();
AD2.dBanner(0,'prect');
7区の牟田(4年)が区間3位、9区の斎田(4年)は区間4位と健闘したが、往路17位の遅れを取り戻せず、主将の横手(4年)は「後輩たちはもっと厳しく陸上に向き合い、強くなってほしい」と涙ながらに絞り出した。
2016年01月04日
09時07分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース


明大14位に沈む…9大会ぶりシード権逃す


明大14位に沈む…9大会ぶりシード権逃す


明大14位に沈む…9大会ぶりシード権逃す


オンライン書店比較一覧
コメント

復路単独でも青学連覇…6区で区間新の日体4位

2016-01-04 08:23:05 | 日記

復路単独でも青学大が2連覇。
AD2.init(ads.p_rectangle);
AD2.cAds();
AD2.dBanner(0,'prect');
5時間27分30秒で、前回の記録(5時間25分29秒)には及ばなかったが、2位・東洋大に4分7秒差をつけた。
青学大は、7、8、10区で区間賞。
6位は区間2位、9区は同7位と大崩れすることなく安定した力を見せた。
往路13位と出遅れ、箱根・芦ノ湖で一斉スタートだった日体大が、6区・秋山(3年)の区間新の快走で流れに乗って4位に入り、総合でも7位に入った。
逆に往路6位の日大は、復路15位と振るわず、総合で11位に沈んだ。
2016年01月03日
15時09分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース


10区で順大9位から6位、中央学院9位に後退


東海大が5位浮上、日体大7位に後退…9区終了


東海大が5位浮上、日体大7位に後退…9区終了


和歌山
コメント

青学が復路単独でも連覇…6区区間新の日体4位

2016-01-03 15:24:18 | 日記

復路単独でも青学大が2連覇。
AD2.init(ads.p_rectangle);
AD2.cAds();
AD2.dBanner(0,'prect');
5時間27分30秒で、前回の記録(5時間25分29秒)には及ばなかったが、2位・東洋大に4分7秒差をつけた。
青学大は、7、8、10区で区間賞。
6位は区間2位、9区は同7位と大崩れすることなく安定した力を見せた。
往路13位と出遅れ、箱根・芦ノ湖で一斉スタートだった日体大が、6区・秋山(3年)の区間新の快走で流れに乗って4位に入り、総合でも7位に入った。
逆に往路6位の日大は、復路15位と振るわず、総合で11位に沈んだ。
2016年01月03日
15時09分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース


10区先頭、品川13時4分・ゴール34分予想


神奈川大、目前でたすきつなげず…鶴見中継所


青学が復路単独でも連覇…6区区間新の日体4位


ショッピング枠 現金化
コメント

青学、復路も優位…東洋・駒大の追い上げなるか

2016-01-02 23:23:11 | 日記

総合優勝争いは、連覇を狙う青学大が、2位に3分4秒差と優位に立つ。
AD2.init(ads.p_rectangle);
AD2.cAds();
AD2.dBanner(0,'prect');
7区に前回区間賞の小椋(4年)が控えており、6区に配した1年生の小野田が好スタートを切れば、前回同様の独走優勝も見えてくる。
2位の東洋大は、昨年11月の全日本大学駅伝で優勝に貢献した口町(3年)と桜岡(3年)が、序盤の6、7区でどれだけ追い上げられるかがカギになる。
青学大から5分20秒差の3位駒大も、7区に前回区間2位の西山(3年)がおり、補欠に残した馬場(4年)らも投入して追い上げを図る。
10位までに与えられるシード権争いは大混戦。
7位順大から14位中央学院大までの8チームが2分40秒差、10位拓大から中央学院大までは37秒差で5チームがひしめいている。

◆復路スタート時間
〈1〉青学大
午前8時
〈2〉東洋大
3分4秒後
〈3〉駒大
5分20秒後
〈4〉山梨学院大
7分29秒後
〈5〉早大
8分22秒後
〈6〉日大
8分33秒後
〈7〉順大
9分44秒後
〈8〉東海大
9分50秒後
〈9〉帝京大
10分後
〈10〉拓大

〈11〉城西大

〈12〉東京国際大

〈13〉日体大

〈14〉中央学院大

〈15〉神奈川大

〈16〉中大

〈17〉明大

〈18〉上武大

〈19〉法大

〈20〉大東大

学生連合

(9位以下は一斉スタート)
2016年01月02日
19時45分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース


青学、復路も優位…東洋・駒大の追い上げなるか


青学・原監督「プレッシャーあった、ひと安心」


青学・原監督「プレッシャーあった、ひと安心」


ラルフローレン 子供服
コメント

青学、東洋を軸に競う…箱根駅伝8時スタート

2016-01-02 06:23:05 | 日記

第92回東京箱根間往復大学駅伝競走(読売新聞社共催)は2日午前8時、東京・大手町の読売新聞社前から出場21チームが一斉にスタートする。
AD2.init(ads.p_rectangle);
AD2.cAds();
AD2.dBanner(0,'prect');
往路は、箱根・芦ノ湖まで五区間107・5キロ。
前回優勝の青学大、全日本大学駅伝を制した東洋大を軸に、駒大、早大、東海大などが追う構図だ。
青学大は、前回5区で1時間16分15秒という驚異的な記録で区間賞を獲得した神野大地(4年)が今回も5区にエントリーした。
しかし、ここまで故障続きで、前回のような快走は難しい状況だ。
とはいえ、大学トップレベルのランナーの証しともいえる「1万メートル28分台」の選手が11人と、選手層の厚さは随一だ。
総合力で往路優勝、そして総合優勝を狙う。
2大会ぶりの優勝を狙う東洋大は、30キロの学生記録を持つ服部勇馬(4年)、弟の弾馬(3年)の二枚看板が強力だ。
各校のエースが集う2区にエントリーしている服部勇は、2年連続の区間賞で、流れを引き寄せたい。
今季の駒大は、出雲全日本大学選抜駅伝と全日本大学駅伝で3位と安定感が光る。
早大、東海大、山梨学院大も総合力は高い。
ゴールは午後1時30分前後の見通し。
3日は復路があり、往復10区間217・1キロで、総合優勝を争う。
各中継所の予想通過時刻は次の通り。
鶴見中継所(1―2区)
9時4分
戸塚中継所(2―3区)
10時13分
平塚中継所(3―4区)
11時17分
小田原中継所(4―5区)
12時12分
2016年01月02日
06時02分
Copyright
©
The
Yomiuri
Shimbun


関連ニュース


箱根駅伝、2日号砲…「花の2区」多様な顔ぶれ


箱根駅伝、2日号砲…「花の2区」多様な顔ぶれ


青学、東洋を軸に競う…箱根駅伝8時スタート


ブログデザイン
コメント