蛍のひとりごと

徒然に、心に浮かんでくる地唄のお話を、気ままに綴ってみるのも楽しそう、、、

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ベトナムの一弦琴

2007年01月16日 | 楽器のおはなし
どこにおりましても、何をしていても、稽古のことが頭を離れない不器用な性格が習い性となって長年暮らしておりますので、外国、なかでもとりわけ、南の方の国にまいりますと、大きな深呼吸と一緒に、心の底からの開放感に包まれます。今年は、南ベトナムでノンビリとしたお正月を過ごしてまいりました。

広大なメコン河のゆるやかな流れの中を、心地よい風に吹かれながら手漕ぎボートでゆるゆると進むとき、日頃は大好きでたまらないはずの日本文化の、きりりと身の引き締まるような緊張感や気概など『どこ吹く風』という気分にさせてくれるのが、たまさかの気分転換には何より有難いのでございます。




クルーズの途中に立ち寄った小さな島でお茶を頂いておりましたら、思いがけずベトナムの一弦琴と胡弓、それにお唄を聴くことが出来ました。

日本の一弦琴は、左指に輪管を嵌めて絃を押さえることで音程を変えながら、右手でお箏の様に弾きますが、ベトナムの一弦琴は違います。右手に、竹をちょうど爪楊枝のように細く削ってつくったピックを握り、ハーモニクス奏法で鳴らします。太い竹を半分に割った上に絃を一本張ったというシンプルなつくりのものの左に、金属製のレバーのようなものが立っておりまして、このレバーを左手で操作することで、ヒューンヒューンとさらに変幻自在に音程を変化させるのです。音が小さすぎるからといって、大胆にもスピーカーを取り付けてありました。
(上のお写真は、付け焼刃で魅惑の音色に挑戦しているナリキリ蛍でございます。)

二胡は、ココナッツ胴に蛇皮を張ってありまして、弓は、本来でしたら馬のしっぽの毛、でも普段はナイロン製ですとか・・・。そこへ何故か普通のギターも加わって、三人でベトナム音楽を演奏してくれました。この暢気さがまたよろしいものです。類推いたしますに、ベトナム民謡といった類のものでございましたでしょう。気分もほどよく盛り上がってまいりましたところへ、ほっそりとした御姉さまがササッと前へ進み出て、ベトナム語で少しお話をなさってから、とても綺麗なお声で、お唄を唄って下さいます。
うっとり・・・


私達が小さかった頃、お盆に里へまいりますと、お三味線や太鼓、お笛に合せて、のどに覚えのある方達がさも得意げに盆踊り唄を披露し、私共は、大人達と一緒に輪になって踊り、初盆のお家からふるまわれるお精進の煮物を頂いたりしたものでございます。ふと心懐かしく思い出されると同時に、苦い気持ちが一瞬、胸をさしました。懐かしいような羨ましいような・・・そして、いつまでもこの唄を手放さないで下さいと心のそこから願いながら、爽やかな笑顔と美しい歌声に時を忘れておりました。



日本人が、本当の唄を唄えなくなってしまったのはいつの頃からなのでしょう。



そもそも、学校での音楽授業とはなんなのでございましょう。一体、何を教えたいのでしょう。
疑うことを知らない純真な子供時代の私にとりまして音楽のお授業は、楽しくてたまらない大好きな時間ではございましたけれども、今、大人になって改めて思い起こしてみますと、謎だらけ???の不思議なお時間でございます。幸か不幸か私自身は、云われた通りのことは器用にこなす子供でございましたが、三拍子や四拍子がとれなかったり、平均律がとれなかったりするのは当たり前の日本の子供達が、なぜ、音痴ということになっちゃうのでございましょうネ?どなたのご趣味で、あのような発声で唄うことを皆に強要されるのでしょう。ウブな蛍も、さすがに思春期を迎える頃には、割り切れなさと不信感でいっぱいになってしまっておりました。私がまいりました高校では、結果的には粋なはからいと申しますか、音楽の授業が選択制になっておりましたので、おかしな音程やおかしな発声の無理強いは、中学校までの辛抱で終わりにさせて頂くことが出来ましたことは、精神衛生上、全く幸いでございましたけれども・・・。

「学校に音楽の授業は必要ありません。学校で音楽など教えるせいで、日本人はとうとう唄が唄えなくなりました。」
数年前のある日の午後のことでございます。六本木クローバーで大好きな山岡知博先生と美味しいコーヒーを頂きながら、さまざまなお話を伺っておりましたら、先生が慙愧に耐えないといった面持ちで呟かれました。それまでの長い間、私ひとりの心の中で悶々と自問自答を繰り返すばかりで、口に出して上手に云えなかった言葉を、こんなお偉い先生から突然、キッパリと伺うことが出来て、私はどれほど驚いたことでしょう・・

『花は野にある様 炭は湯の煮ゆる様』とは、私の好きな利休七則でございますが、お唄の心も同じことかと心得ております。



唄を忘れた悲しい私達日本人に、もとのような美しいお声が戻ってくる日は、また再び訪れるのでしょうか?






すっかりお話がそれてしまいましたけれども・・・
旅のもう一つの大きな目的は、土地の美味しいものをいただくことなのは云うまでもございません。
毎朝のフォーを楽しみにしながら始まるベトナムのお料理は、どれも美味しくて・・・
大変結構なお国でございました

コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 『八重衣』のカット | トップ | お象牙の不思議 »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一弦琴 (ヨモギ餅)
2007-01-17 16:50:27
本場のおいしいフォー食べたいです。大好きです。
ベトナムの一弦琴、知りませんでした。ベトナムでも長い歴史があるのでしょうか。合奏聴いてみたいです。
唄といえば本当に盆踊りは懐かしいです。
ちびっこの頃、祖父母宅に泊りがけで行った夏の楽しい思い出がよみがえります。子供心に鶴崎の盆踊りでの佐衛門の旋律と踊りがすごく大人だぁと思ったものです。
日常に唄や踊りがあれば、つまらないことは忘れて日々の暮らしをもっと楽しくできるかも!
ちびっこにそんな毎日があれば愛らしい声で唄い出すのではないでしょうか。
そんな世の中になるといいなぁと思ってます。
はじめまして (三味線愛好家)
2007-01-17 22:50:31
はじめまして、こちらのブログを大変興味深く拝見しました。とてもよい内容です。
蛍さんが述べられた学校の音楽教育に対する考え、僭越ながら我が意を得た思いです。私は民謡を(趣味で)やっている者で、邦楽の方はよく分かりませんが、おそらく感じていることは同じではないでしょうか。
民謡をやって、例えば節がつけられなかったり(平坦な調子になったり)、三味線の音に唄を無理に合わせてしまってたりするのは、学校の音楽教育の結果だと、いつも考えておりました。西洋式の音楽と、日本の唄はやはり違うものなのだから…… と感じているのですが、いかかでしょう。
もし蛍さんの述べられた趣旨とかみ合ってないようなことを言ってしまっていたらすみません。
ちなみに私はあの一弦琴ダンバウの音色が大好きです。人の声にとても近い音で、とても優しい音ですね。
日本の唄 (もりもと みなこ)
2007-01-18 01:37:13
おひさしぶりです。いつもいつもご無沙汰してしまい申し訳ありません。

先日、シネマ歌舞伎(歌舞伎の舞台を映像に収めた映画です)で『京鹿子娘二人道成寺』を観てきました。
とても素晴らしい作品で、観ていて身体が震えるほど強い印象を残すものでした。
坂東玉三郎と尾上菊之助が、幾度となく衣装を変えながら舞う姿の美しさは勿論なのですが、後ろに居並ぶ鼓・笛・太鼓・お三味線・長唄の『音』に、どうしようもなく気持ちが駆り立てられました。

西洋音楽に慣れ、邦楽のお調子や音階に馴染みが薄い身であっても、こんなに胸に迫ってくるのは、日本人DNAが反応するからかと思いました。
(長唄の声は聴くたびに惚れ惚れしてしまいます)

私も唄を唄えない1人ですが、唄を味わえる心は持ち続けたいと思います。
よもぎ餅様 (蛍)
2007-01-19 22:18:09
本場のフォーは、ホント美味しいです。帰国してから、それまで美味しいと思っていた生春巻きを頂いてみましたら、あら~というようなお味でございました。残念!!

お料理はお国によっては、全く蛍の好みに合わなくて外してしまうことがママございますけれど、音楽ばかりは、いつも素敵です。ヨーロッパでもアジアでも、わくわく・・・面白くてたまりません。グルメ&音楽ツアーなんてのを計画してみたいものでございます。
そして、よもぎ餅様とご一緒したいです。
三味線愛好家さま (蛍)
2007-01-19 22:24:01
蛍のブログに訪れて下さいましてありがとうございます。学校の音楽教育に対して、同じ思いを持って下さる方がいらっしゃったのですね。ほんとに嬉しいです。コメントを有難うございました。
一弦琴のやさしい音色をまた思い出しました・・・
もりもと様 (蛍)
2007-01-19 22:38:00
貴女から、お元気そうなお便りをいただくたびに嬉しく拝見しております。貴女のようなお若い方に、歌舞伎や邦楽を楽しんで頂けている限り・・・きっと、ずうっと、美しい日本は生き続けることでしょう。どうぞよろしくお願いいたします。
はじめまして (三絃好き)
2009-12-11 12:55:44
はじめてコメントをよせさせていただきます。三味線好きな通りすがりの者ですが、先生のHPを時々興味深く拝見させていただいております。

先生のおっしゃる通り、本当に日本の音楽、血と土から生まれた音というものは、今の世の子供たちはなかなか出会う機会がないものなのかもしれませんね。

生きた土地の唄。生きた国の音楽、そういうことを重んじる人も多々いるのだと願うばかりです。

私の実家は富山県越中八尾、おわら風の盆というものがある土地です。地唄の格とは異なる土地の唄ですが、生活の中に常に唄がある暮らしを今は誇りに思っております。

これからも先生のコメントを楽しみにしております。

三絃好き様 (蛍)
2009-12-15 16:33:27
素敵なコメントをお寄せいただいてありがとうございます。おわら風の盆は、いつか行ってみたい私の憧れのひとつです。生活の中に常に土地の音楽が流れているという恵まれた豊かな毎日を想像するだけでも、うっとり また何か気付かれたことがあったら教えてください。私もブログを忘れないで更新するよう努めますね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

楽器のおはなし」カテゴリの最新記事