気楽に、まったりと~♪

日々の徒然や花の写真などをゆるゆると。。 ヽ(^▽^)ノ 

最後に、アイスを4口~♪

2018-07-08 23:19:53 | 母のこと

とても 久しぶりに、青空を見ました。

気温、ようやく20℃まで上昇~

 

蜂さんも、軽快に飛び交ってます~

 

 

 

母の初七日だった6日の午前中

13年お世話になった施設へ、行ってきました。

 

入居して以来、母がいちばん大好きで 信頼していた職員さん(Nさん)に

お会いして、お話しを伺うことができました。

 

母が亡くなる当日の午前中のこと。

Nさんは、母にアイスクリームを食べさせてくれたそうです。

母はとても嬉しそうに、4口食べたそうです。

 

そして、Nさんのこともちゃんと、わかってくれたそうです。

まわりには他の職員さんたちも数人いてくださって、

声をかけ続けてくださったとのこと。

 

大好きなNさんに、大好物のアイスを食べさせてもらえた母。

それが、最期の素敵なイベントになったけれど、、

ほんとうに良かったね~!と、思いました

 

瞑目の瞬間に立ち会えなかった私ですが、

救われた気持ちになりました

 

 

 

父が亡くなったときは、すぐに夢に出てきてくれたのですが・・

母は未だに音沙汰無しですww

 

 

 

たぶん、父と38年ぶりに会って、お互いに

年の差にびっくり?!w

 

さらに、両親やきょうだい、たくさんの友人知人たちとの再会で

おおいに盛り上がっている~

 

・・・のかも、しれませんねー(*´▽`*)

 


母、安らかに昇天☆

2018-07-03 15:39:27 | 母のこと

6月30日の深夜、母は静かに この世を去りました。

 

その日の夕方から夜にかけて発熱し、酸素量・血圧も急降下、意識もなくなり

弟夫婦に付き添われて病院へ搬送したのですが

数時間後、、弟夫婦に見守られながら、息を引き取りました。

苦しむようすはなかったそうで、安堵いたしました

 

私は最期のときに立ち会えませんでしたが、

春ころから弱っていく母に会うたび、一期一会の気持でのぞんでいたので

後悔はありません。

 

母がもっとも愛した息子(弟)が寄り添っていたことが

何よりの癒しと平安を母に与えた・・と感じています。

 

 

女性の納棺師さんが湯灌の最後に、薄くお化粧をしてくださいました。

「お肌、シワもなくて 本当に綺麗ですね~!」の言葉に、

きっと母も喜んだと思います

お肌自慢の母にとって最上の褒め言葉でしたから~

 

若いときからほとんど化粧はしなかった母でしたが、

弟のお嫁さんと私が優しい色の口紅を希望すると

ピンクのリップグロスを塗ってくださいました

 

集まっていた親族一同、、仕上がった母の顔を見て

「おぉ、すごい! ベッピンさんになったねー!!」

みんなでカメラパシャパシャしましたよ

 

 

さらに、遺影の写真ですが

みんなで選んだのは、斎場の方も驚嘆するほどの「満面の笑顔~

10年前に施設の誕生会で撮ったものを使いました。

 

享年94歳。 大往生だと思います。

 

色んな不具合を抱えながらも、すごいがんばりで生き抜いてきた母です。

ようやく解放されて自由になったよね~

ほんとうにおつかれさまでした!

そして、ありがとうございました。

あなたの娘でとても 幸せだったよ~~(*´▽`*)/

 


手を握るだけ・・💛

2018-06-21 15:52:11 | 母のこと

札幌の施設でお世話になっている、母に会いに行ってきました。

 

 

前回もそうでしたが、、呼びかけても

ほとんど反応してくれません。

「〇〇(私の名前)だよー」と言うと、かすかに手を握り返してくれますが

すぐにウトウト状態になります・・( ̄▽ ̄);

 

さらに痩せていたけれど、顔色は良く

痰もなんとか自力で出せています。

すごい!と思いました。

 

38年前、自宅で父を看取ったときのことを思い出しました。

すでに痰を自力で出せなくなっていた父。

私は割りばしに綿を巻き付けて、必死に父の痰を取り出していました

父は苦しそうだし、私もつらかった。

でも慣れたら、スムーズにできるようになりましたw

 

今の時代、そんな原始的なことはできないと思うけど

母がもし目の前で痰を出せずに苦しんでいたら

割りばしでトライするかも・・です。

たぶん、周りに止められそうですが~

 

 

以前のように、一緒にランチを食べたり

マシンガントークが炸裂したり

笑顔を見せてくれることは

もうないと思われます。

 

まったく後悔がない・・とは言い切れないけれど

母が色々発病して以来の約30年、私なりに精一杯やってきたかな~

もう私に出来ることは何もなくて、ベッドの傍らで手を握るだけ。

たとえ何も話せなくても、、その手の温もりがある限り

できるだけ 会いに行きたいと思います


1ヶ月半ぶりに、母に会う

2018-05-25 15:40:13 | 母のこと

久々に、雨が降っています。

花たちにとって、恵みの雨になるといいんですけどね~

 

 

 

足腰の不調により

遠くに出かけることをやめていたのですが、

今日、1ヶ月半ぶりに、札幌の母の所へ 行ってきました。

 

 

 

 職員さんたちの温かな気持ちがいっぱい込められた

色紙が 棚に置いてあったので、

壁に飾りました。

 

緑内障で全盲の母は、それを見ることはできませんが、

メッセージを耳元で読み上げました。

 

・・・と言っても、今日の母は

起き上がることも話すこともできず、

反応もうす~い状態でした。

でも呼びかけると、手をかすかに握り返してくれるので

私のことは何となく、わかっている感じです

 

 

 

ケアマネージャーさんと色々話しました。

 

酸素濃度、血圧、体温、などの数値は

それほど悪くはないけれど、

やはりゆるやかに、、

全体的な体力・気力が落ちてきているようです。

 

昨年の夏から秋にかけて、母本人と家族で話し合い

この施設で「看取りケア」をしていただくことになっています。

 

今まで何度も、色んな危機を乗り越えてきた母です。

その寿命がどこまで行けるのか、わかりません。

 

今はただ、、

日々の、心身の不快や苦しみも、ゆるやかでありますように!

と、願うばかりです。

そして、毎日手厚い介護をしていただいている職員さんたちに

あらためて感謝とお願いをして参りました。


母は元気!らしい~♡

2018-05-08 22:30:38 | 母のこと

お天気は晴れ~ でも空気はひんやりと冷たくて、

ストーブを点けっぱなしの一日でした。

 

 

寒くても、チューリップはすごい勢いで咲き始めています

 

 

週末には暖かくなるようで、満開を迎えそうです~(´▽`*)

 

 

足の不具合で整形外科へ通い始めて約3週間。

 

日常生活は何とか普通に過ごせていますが、

遠くまで歩くことはためらわれ、、

気になりつつも、札幌の母の所へずっと行けてません。

 

で、母の施設の近くに住んでいる弟に連絡してみました。

 

結果、、

母は めちゃくちゃ元気! とのこと。

 

うんうん、やっぱりね~~(*´▽`*)良かった!

 

バランスのとれた食事。

優しい職員さんたちのおかげで、至り尽せりの介護環境。

ほんとうに、ありがたいことです!

 

 

若い頃から大病をたくさんして、何度も死にかけた母。

昨年も肺炎で、死にかけたし~

 

しかしつい先日、まさかの 94歳!  を 迎えた、母でございます。

 

父は58歳の若さでコロッと逝ってしまったのに、、

人の寿命は本当にわからないものですね。

 

 

今週末、私は整形外科でコルセットの型どりをします。

それが出来上がれば、きっと母にも会いに行けると思います~