気楽に、まったりと~♪

日々の徒然や花の写真などをゆるゆると。。 ヽ(^▽^)ノ 

孫たちからのプライスレス☆

2017-10-29 15:46:51 | ババ馬鹿♪

昨日、朝早くの電車に乗って 娘家族の家へ~~♪

 

 

6年生のKくんと、3年生のYちゃんの発表会を

楽しく 堪能してきました

 

 

 Kくんの決意メッセージ

「最後 だし。。」って、ばあちゃんがよく使う助詞?が、、w

 

劇中での 堂々とした演技やセリフに、 成長を感じましたよ~

 

劇が終わると、6年生全員で大合唱!!

 

一眼レフで 動画を撮っていたのですが

感動のあまり、、腕もプルプルしまくりで、、

 

出来あがった画面を見ると、

 酔いそうです( ̄▽ ̄);

 

 

そして少し早いけれど

 

Kくんの誕生日プレゼント

パパ・ママが用意しておいてくれました

 

 

ゴールキーパーのグローブセット

 

パパ・ママ&パパ方のお祖母ちゃん&うちらのお金を

合計して、買ったそうです

 

なんとも 素敵なお値段~

 

 

でも、Kくんの嬉しそうな笑顔は プライスレス!

で、ございます~(*´▽`*)

 

 

3年生のYちゃんも、可愛い演技と歌を披露してくれました

 

そして家に帰ってから、

「ばーちゃんに、ブレスレットを作ってあげる~」

レインボールームを取り出して

 

あっという間に可愛いアクセを作ってくれましたよ

 

 

 

指先の器用さと集中力は、ほんとにスゴイと思います

 

 

Yちゃんの優しさと一生懸命さがこめられた、、

ブレスレットも プライスレス!

 

で、ありました~(*´▽`*)/

 


明日は発表会♡

2017-10-27 19:04:31 | ババ馬鹿♪

秋晴れの暖かい日が、続いています

 

空気も乾燥しているので、ここぞとばかりに

シーツ、タオルケット、布団カバーなど 大物を洗濯・外干ししました。

 

やっぱりお日さまに当てると、いい香りです~♪

 

 

さて、明日は 孫のKくんとYちゃんの発表会

Kくんは6年生。なので、とうとう最後の発表会になります。

 

幼稚園の頃から、一度も欠かさずに 駆けつけてきました!

 

娘が 最寄りの駅まで迎えに来てくれるというので、、

一眼レフカメラ・ミカン・煮物など

ずっしり系の荷物を

キャリーバッグに詰め込んで 持っていくことにしましたw

 

そして、もうすぐ誕生日を迎えるKくん。

 

もう、オモチャ・・よりも

サッカー関係のグッズなどが欲しいそうで

ニコニコキャッシュ を 渡すことにしましたw

 

メッセージカードに投入~

Yちゃんにも、ちょっぴりだけど おこずかいを~

 

 

明日の朝は、ちょー早い時間の出発です!

寝坊しないように、目覚ましアラームをセットして

今夜は早めに寝ようと思いますw

 楽しみ~~♪

 


庭木の冬囲い♡10年分の笑顔

2017-10-25 16:12:59 | 日記

二日前に降った初雪も すっかり消えて

今日は ポカポカ陽気の暖かい一日と なりました~♪

 

凍えそうだった・・ガザニアも、復活~~

 

夫は昨日から、小さな庭木たちの冬囲いに

がんばっておりました!

 

ツツジ、石楠花、木瓜、、などが

竹と荒縄で縛られています。

ここは毎冬、雪に埋もれてしまうので、枝が折れないように

ガッツリと囲います。

 

これで、いつ根雪になっても、安心でございます

 

           

 

一方、私は昨日から

母のフォトフレーム を作っていました。

 

介護施設に入ってから、母の部屋で 時々撮っていた写真を

3枚のフレームに貼り付けておりましたw

 

とにかく、笑顔の写真 を中心にチョイスしたのですが

母は ほんとによく笑っていたなぁ~と思います(*´▽`*)

 

もちろん、大変なこともたくさんあったけれど

ハッピーなこともたくさんあり、、

母自身もよく言ってたように、幸せな晩年を過ごしているんだなぁ~

と、思います

 

 

10年分の笑顔が、ギュッと詰まっていますw

 

 

これらを明日、母の部屋に持っていく予定です

 

母は見ることはできないけれど、、

これから益々大変になると思われる・・介護に携わる職員さんたちにとって

ちょっとでもホッとできる、癒しスポットになれれば、、と

願うばかりです!

 


初雪☆母の気持ち

2017-10-23 14:03:34 | 母のこと

朝から強い風とともに、雪が降っています。

はい、吹雪状態でございます

 

昨日まで元気だった ガザニア、金魚草、マリーゴールドたちが

残念なことになってます・・

 

たぶん、明日には とけてしまうと思うけれど、、

花たちも 復活してくれるといいなぁ~!

 

 

さて、昨日の夕方、母の暮らす施設で

弟夫婦と会いました。

何かと病気がちになっている弟ですが、思ったより元気そうで

ホッとしました~♪

お嫁ちゃんもすごく明るくて元気で、居てくれるだけで

和みます (*´▽`*)

 

母が眠りこけてないか・・ちょっと心配でしたが、

幸いにも しっかりと起きてました

 

突然 3人そろって来たことに、驚いているようすでしたが

 

「今日は、とても大切なことを話しにきたのよー」

 

と伝えると、真剣な表情になった母。

 

 

施設側から 母のために良かれと・・介護付きの病院を紹介されたことを伝え、

これまでお世話になってきた、今の施設と 主治医の先生から離れてしまうけれど

次の病院にも専門の先生や優しい職員さんがいるから

安心だし、大丈夫だよ~!

 

と、弟の気持ちも鑑みて

ちょっと誘導的に話してみました。

 

母の表情を見守りながら、、母の質問に耳を傾けながら、、

ゆっくりゆっくり、、すべてを話しました。

 

私の話し方で間違ってないか、時どき弟とお嫁ちゃんのほうを振り向くと

うなずき返してくれます。

 

色々、、つぶやいていた母でしたが

最後にはっきりと言いました。

 

「K先生(主治医)と離れるのはイヤ」

「そこまでして、延命したくないわ」

 

この言葉で、弟も納得し、方向が決まりました。

 

 

母に、もうどこへ行く必要もないし、ずっとここに居られるからね。

K先生の往診も、今まで通り受けられるからね。

心配させてごめんねー!と抱きしめながら伝えると

涙ぐみながら、喜んでいました

 

 

何だか、、「一周廻って元に戻る」的な展開でしたが

母本人と家族にとって、そして 施設にとっても

必要な「一周」だったように、、

思えます

 

 

帰り際・・ 久々の、親子スリーショット

 

 


母の希望にそうために☆

2017-10-21 15:22:52 | 母のこと

久しぶりに 暖かい一日です

 

朝方 霜がおりた日 が 何度かあって

枯れてしまった庭の花たちを 整理しました。

 

ガザニアは、まだ がんばって キレイに咲いてます

 

 

毎年11月頃まで楽しませてくれる コスモスですが

今年はどうかしらね~

 

 

 

火曜日に、母に会ってきました。

意識もしっかりしていて、元気そうでした

 

お世話になっている施設のケアマネさんから、

私に話しがあるということで、、聞きました。

 

施設を退去して、介護療養型病院へ入院するしかないものと

思っていたのですが、、

選択肢がもう一つ、増えました。

 

月に2回ほど、往診してくださっている母の主治医から

今の施設で「看取りケア」を勧められていると、話してくれました。

 

主治医の先生は、

15年前以上に母が入院していた病院の、担当医だった方です。

母の信頼はとても大きくて、

現在の施設に入居してからも先生の診察を熱望していました。

その後先生は、在宅医療の診療所を開設され、母の暮らす施設へも

訪問診療に来て下さるようになったわけです。

 

長年暮らしたこの施設で、

大好きな先生や職員さんたちに看取られて逝くのが

最後の願いだよ~と、母は 申しておりました。

 

私も当然そうなるのだろうなぁ~と思っていたのですが、

母の生命力は本当に強くて

何度も高熱や意識混濁の状態で病院に搬送されても

色々な検査や治療に負けることなく、

その都度、復活している現状で ございます

 

ただ、誤嚥性肺炎は完治しているわけではなくて

また再発することは目に見えているそうです。

その際、もう病院に搬送せず、積極的な治療や薬物投与は行わず、

痛みなどを取り去る緩和療法(座薬など)のみにて見守り、、

そして見送る、、というのが看取りケアです。

たいへんザックリな説明ですが・・( ̄▽ ̄);

 

ケアマネさんは、母の復活ぶりを見ているので

今この方法を選択することに、乗り気ではありません。

ご家族にも職員にも、精神的・肉体的負担が 相当かかります!と

おっしゃいます。

また弟も、できれば紹介された病院へ行くことを望んでいるようです。

 

私は、、母の意識がはっきりしている以上

母の思う通りにしてあげたい。と、思っています。

まわりで勝手に決めつけてしまってはならない、、と、思うのです。

次の介護型病院へ入る、ということは

今暮らしている施設にはもう戻れず、、長年診て頂いてきた先生からも離れる、、

ということです。

母がこのことを納得して、新しい所でがんばりたい!と望むなら

もちろんそれに越したことはありません

 

私自身、色々考えて、、眠れない夜が続いてますが、、、w

明日の夕方、弟といっしょに

母とじっくり話してみることにいたしました。

 

人の気持ちは 変わります。

母も意外にあっさりと、、うん、介護付きの病院へ入ってもいいよー

と、なるかもしれませんしね~~

 

93歳の母  10月17日