市川市でblog

本八幡を中心に千葉県市川市内の美味しいお店や風景、催事を紹介した個人のブログです。船釣り・読書など管理人の日常なども。

令和2年6月30日『夏越しの大祓式 茅の輪くぐり』が開催されました@葛飾八幡宮

2020年06月30日 | 市川市の催事・風景
年2回、6月30日と12月31日に開催されその年の罪穢れを祓う「大祓式 茅の輪くぐり」、今日は「夏越しの大祓式 茅の輪くぐり」が開催されました。



今年は新型コロナウイルスの影響で、宮司と氏子代表の方々だけで斎行されました。
ただし、11時からは一般の方々も茅の輪がくぐれます。



16:30までくぐれます。



くぐり方のルール。



社務所では人形も受け付けています。



次回は12月31日大晦日の16:30から「年越しの大祓式 茅の輪くぐり」が開催され1年の罪穢れを祓います。
コメント

コルトンプラザの島村楽器とJR本八幡駅がコラボして駅にストリートピアノを設置してはどう?@JR本八幡駅コンコース

2020年06月29日 | 市川市の催事・風景
昨日、有明ガーデンに行ってイベント広場で強く思った事。
イベント広場ではピアノが置かれていて誰でも弾いていいとなっていた。



海外ではよく空港や駅の広場にストリートピアノが設置されていて誰でも弾けるようになっている。
日本でも都庁や横浜、川崎をはじめ様々な駅にピアノが設置されていて誰でもが弾けるようになっている場所も多い。

ここからが本題。
市川市は古くから文教都市として知られている。
そんな市川市内のメインとなるJR市川駅やJR本八幡駅にストリートピアノを設置するのも面白いのではないだろうか。
特に本八幡駅は都営新宿線や京成八幡駅と繋がっていて乗り降り(乗り換え)する人も多いのでおのずとコンコースを通る人も多い。

さらにコルトンプラザには全国展開している楽器店として有名な島村楽器がある。
そしてJR本八幡駅北口にはコルトンプラザへのシャトルバスも出ている。
金銭面(ピアノ設置や維持費等)でいろいろな制約があるかもしれないが、JRとコルトンプラザがコラボすればお互いWinWinで決して実現不可能ではないと思う。

さらには文教都市を名乗る市川市が後押ししてコルトンプラザ(島村楽器)、JR、市川市の3者が連携すれば必ず実現できるハズ。
もちろん島村楽器にとってもいい宣伝になるし。

振り返って今の市川市にはこれといった目玉がない(と個人的に感じている)。
梨だって市川市だけの特産ではない(近隣の市でもたくさん収穫されている)し、お隣の町にはふなっしーという超強力なキャラがいる。

東京駅から電車で20分以内、羽田空港にも成田空港にも接続している利便さ、海と川と丘陵に囲まれて自然も多い。
さらには市川駅に近い大門通り商店街、本八幡駅の北口一番街など個性的な個人経営のお店も多い。

これだけポテンシャルのある市を東京のベッドタウンだけにするのはもったいない。
お隣の船橋市はもうとっくに都心に近い便利さと海などの自然を活用し特徴のある街としてずいぶん先を行っている。

第2の武蔵小杉を目指すのか、市川市と言えばこれ、といった特徴のある街を作るのかは市川市が決めることだけど、
せっかく市役所が新しくなるんだから、これを機にどんどん市川市の良さを発信してほしい。

駅のストリートピアノはただの一つのアイデアだけど、駅に置かなくても市川駅のi-Linkタワーの展望フロアに置いてもいいし、商店街の一角に設置してもいいと思う。
特に八幡北口一番街は食と音楽のイベント「いちフェス」を毎年開催して好評だし、ストリート音楽、ストリートミュージシャンが集う街になればそれはそれで一つの特色になるだろう。
その一歩がストリートピアノであってもいい。

また、市川港を3番瀬と共存するウオーターフロントとして整備するのも面白いと思う。(実際、市川に砂浜のある海があることを知っている人は多くないかも)
さらには、さらには(と書きたいことが多い)
と、市川市本八幡が好きな自分が前から思ってる事なのです。
いや、自分だけではない、もっともっと多くの人が思っているハズ。(ジャガーさんもその一人であってほしいなぁ)
がんばれ市川市!!応援してるぞー
コメント (2)

複合型アミューズメント施設『有明ガーデン』@江東区有明

2020年06月28日 | 管理人の日常
6月17日にオープンした「ショッピングシティ 有明ガーデン」に行ってきました。



あいにくの雨の中。



7月6日までの期間限定で誰でも弾くことが出来るYAMAHAのアップライトピアノが設置。



2階が吹き抜けになっていて中央にピアノが設置されています。



各フロアにはテラスがあって、それぞれ名前がついています。



5階は「水のテラス」



天気が良いとテラスでの食事が楽しそう。
ホテルや天然温泉も併設される複合型アミューズメント施設になるようです。
コメント

八幡の『藪知らず(不知森神社)』の御朱印が葛飾八幡宮社務所でいただけます@葛飾八幡宮

2020年06月25日 | 市川市の催事・風景
一度入ると迷って出てこられないと伝えられている本八幡北口の千葉街道(国道14号)沿いにある「八幡の藪知らず」。



「不知森神社(しらずのもりじんじゃ)」が正式名。



こちらの「不知森神社」の御朱印が葛飾八幡宮でいただけます。



こちらが「下総国総鎮守葛飾八幡宮」の御朱印。



その他「市川市須和田鎮座下総国総社六所神社」の御朱印も。



昔はこの辺りが続いていたことがうかがえます。
葛飾八幡宮で御朱印を頂く際にはほか二神社の御朱印も頂きお参りしてはいかがでしょう。



コメント

第21回市川手児奈文学賞『2020年 市川を詠む』作品が7月1日~9月30日まで募集されています@市川市文学ミュージアム

2020年06月24日 | 市川市の催事・風景
第21回市川手児奈文学賞の応募作品が募集中です。



「2020年市川を詠む」と銘打って市川を詠んだ短歌・俳句・川柳・詩を募集しています。



過去の短歌の大賞作品。



俳句の大賞作品。



川柳の大賞作品。



詩の大賞作品、



市川市生涯学習センターの他、6施設からも応募が出来ます。



応募要項です。



ホームページからも応募できるようです。
コメント

『餌木マダコ釣り』@東京湾

2020年06月21日 | 趣味の世界 船沖釣り
マダコ釣りに行ってきました。



東京湾へ出船。



釣果は9杯、今年沸いた小型のマダコのみでちょっとザンネン。
コメント

令和2年 市川市文化祭『第30回市川市手工芸公募祭』が9月15日~20日に開催されるよう@市川市文化会館

2020年06月20日 | 市川市の催事・風景
第30回となる「市川市手工芸公募祭」が開催されるよう。



9月15日~20日の間。



会場は市川市文化会館地下展示室にて。



開催にあたって出品作品を募集しているよう。



締め切りは7月31日まで、当日消印有効のよう。
コメント

『TANGO Dahlia』が7月12日に開演予定です@全日警ホール

2020年06月19日 | 市川市の催事・風景
7月12日(日)に「TANGO Dahlia」が開演されるよう。



会場は全日警ホールにて。



17:00開場。



アルゼンチンタンゴと音楽演奏の融合が楽しめます。



タップダンスやタンゴとピアノやバイオリンの演奏がミックスしたエンターテイメントとなっているよう。
コメント

市川市のがんばるパワーがひとつになるとき『カンパイ 市川!!』@市川市内飲食店応援プロジェクト

2020年06月18日 | 市川市の催事・風景
食事券を購入しそれを飲食店支援に充てるプロジェクトが6月26日まで実施中。



八幡北口一番街の文具のウエダ(ウエダビジネス)さんにもポスターが掲示。



市川市内飲食店プロジェクトが運営。



主催は「カンパイ市川実行委員会」で市川市内の飲食店組合が共催。



システムは支援したいお店を選んで食事券を購入、すると購入情報が共有されお店に支援が届き、食事券購入者はコロナ収束後に購入したチケットをお店で使用するといったシステム。



6月26日までの募集でQRコードも記載。



チケット購入者は事前に食事券を購入することでお店を支援、お店は先に支援金が入り、コロナ収束後には食事券を使って支援したお店で食事が出来る。

コロナの影響で在宅勤務やテレワークになった方も多いでしょう。
また、今までは勤務先で昼食や夜食事をされていた方も多いと思いますが、その方々が地元市川市でランチや夕食を食べる機会が逆にコロナの影響下で増え、地元のお店を知った方も多いと思う。

また、飲食店の方々にとってはコロナは未曽有の出来事で大きく経営に影響を受けたかも。
この企画はお店にとっては前払いで支援金が入ってくるのでお店にとってもメリットがあり。

市川市・飲食店を応援しようと立ち上がった人たち。
そんな方々を「Win Win」で結ぶこの企画には敬意と賛同の気持ちでいっぱい。
コメント

持ち帰り『穴子の押し寿司』@100円回転寿司スシロー

2020年06月17日 | 市川の美味しいお店 テイクアウト
最近の密かなマイブーム。



100円回転寿司のスシローで扱っている持ち帰り「穴子の押し寿司」
これが回転寿司店と侮るなかれ、めちゃ美味い。
あー、また食べたくなってきた。
コメント

令和2年6月30日『夏越しの大祓式 茅の輪くぐり』今年は神職・神社関係者で執り行われるよう@葛飾八幡宮

2020年06月14日 | 市川市の催事・風景
その年の罪・穢れを取り除き、禍を祓い清める神事で、毎年6月30日と大晦日12月31日に執り行われている「大祓式 茅の輪くぐり」、今年の6月30日「夏越しの大祓式 茅の輪くぐり」は新型コロナウイルスの影響で当日9時から神職と神社関係者のみで執り行われるよう。



一般参拝の方は神事中境内には入れませんが、神事が終わった後16時30分の閉門まで茅の輪がくぐれるそう。
なお、人形(ひとがた)は前日29日の16時まで社務所で受け付けているよう。



全国の八幡様で執り行われている「大祓式 茅の輪くぐり」で新型コロナウイルスの禍を祓い清めて、また通常の日々に戻れるようになればいいな。


コメント

『スルメイカ釣り』@外房沖

2020年06月14日 | 趣味の世界 船沖釣り
昨日はスルメイカを釣りに外房から出船。



まだムギイカサイズでスルメイカサイズになるまでにはもう少しかかりそう。
コメント

各家庭の守りとなる『アマビエぬりえ』が頒布されています@葛飾八幡宮

2020年06月13日 | 市川市の催事・風景
最近色々なところで見かける「アマビエ様」



しばらく前から葛飾八幡宮の参道にも疫病退散の願いを込めた「アマビエ様」ののぼりがあり見かけた方も多いかも。



のぼりの他にも社務所窓口で「アマビエぬりえ」が枚数限定で無料頒布中。



出来上がったぬりえは各家庭のお守りにもなるよう。
コメント

『市川市収蔵作品展』が6月1日~9月13日まで開催中です@全日警ホール

2020年06月11日 | 市川市の催事・風景
「市川市収蔵作品展」が9月13日まで開催されています。



会場は全日警ホール(八幡市民会館)の中山メモリアルギャラリーにて。



9:30~17:00の間。



入場無料のよう。
市川市にゆかりのある方々の作品が展示されています。
コメント

『市川市の図柄入りナンバープレート』が5月11日より配布されています@地方版図柄入りナンバープレート

2020年06月09日 | 市川市の催事・風景
走る広告塔と銘打って国土交通省が導入している地方版図柄入りナンバープレート。



5月11日からの第2弾で市川市も図柄入りご当地ナンバープレートが交付されています。



第2弾は千葉県からは4つの市がそれぞれ選ばれています。



市川市のナンバープレート図柄は↓です。



市川市の特色として梨とタワーマンション、江戸川が描かれています。
どれくらいの方が取得されるのかな?
コメント