市川市でblog

本八幡を中心に千葉県市川市内の美味しいお店や風景、催事を紹介した個人のブログです。船釣り・読書など管理人の日常なども。

コルトンプラザの島村楽器とJR本八幡駅がコラボして駅にストリートピアノを設置してはどう?@JR本八幡駅コンコース

2020年06月29日 | 市川市の催事・風景
昨日、有明ガーデンに行ってイベント広場で強く思った事。
イベント広場ではピアノが置かれていて誰でも弾いていいとなっていた。



海外ではよく空港や駅の広場にストリートピアノが設置されていて誰でも弾けるようになっている。
日本でも都庁や横浜、川崎をはじめ様々な駅にピアノが設置されていて誰でもが弾けるようになっている場所も多い。

ここからが本題。
市川市は古くから文教都市として知られている。
そんな市川市内のメインとなるJR市川駅やJR本八幡駅にストリートピアノを設置するのも面白いのではないだろうか。
特に本八幡駅は都営新宿線や京成八幡駅と繋がっていて乗り降り(乗り換え)する人も多いのでおのずとコンコースを通る人も多い。

さらにコルトンプラザには全国展開している楽器店として有名な島村楽器がある。
そしてJR本八幡駅北口にはコルトンプラザへのシャトルバスも出ている。
金銭面(ピアノ設置や維持費等)でいろいろな制約があるかもしれないが、JRとコルトンプラザがコラボすればお互いWinWinで決して実現不可能ではないと思う。

さらには文教都市を名乗る市川市が後押ししてコルトンプラザ(島村楽器)、JR、市川市の3者が連携すれば必ず実現できるハズ。
もちろん島村楽器にとってもいい宣伝になるし。

振り返って今の市川市にはこれといった目玉がない(と個人的に感じている)。
梨だって市川市だけの特産ではない(近隣の市でもたくさん収穫されている)し、お隣の町にはふなっしーという超強力なキャラがいる。

東京駅から電車で20分以内、羽田空港にも成田空港にも接続している利便さ、海と川と丘陵に囲まれて自然も多い。
さらには市川駅に近い大門通り商店街、本八幡駅の北口一番街など個性的な個人経営のお店も多い。

これだけポテンシャルのある市を東京のベッドタウンだけにするのはもったいない。
お隣の船橋市はもうとっくに都心に近い便利さと海などの自然を活用し特徴のある街としてずいぶん先を行っている。

第2の武蔵小杉を目指すのか、市川市と言えばこれ、といった特徴のある街を作るのかは市川市が決めることだけど、
せっかく市役所が新しくなるんだから、これを機にどんどん市川市の良さを発信してほしい。

駅のストリートピアノはただの一つのアイデアだけど、駅に置かなくても市川駅のi-Linkタワーの展望フロアに置いてもいいし、商店街の一角に設置してもいいと思う。
特に八幡北口一番街は食と音楽のイベント「いちフェス」を毎年開催して好評だし、ストリート音楽、ストリートミュージシャンが集う街になればそれはそれで一つの特色になるだろう。
その一歩がストリートピアノであってもいい。

また、市川港を3番瀬と共存するウオーターフロントとして整備するのも面白いと思う。(実際、市川に砂浜のある海があることを知っている人は多くないかも)
さらには、さらには(と書きたいことが多い)
と、市川市本八幡が好きな自分が前から思ってる事なのです。
いや、自分だけではない、もっともっと多くの人が思っているハズ。(ジャガーさんもその一人であってほしいなぁ)
がんばれ市川市!!応援してるぞー
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 複合型アミューズメント施設... | トップ | 令和2年6月30日『夏越しの大... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
確かにねぇ。。。 (わの団長)
2020-06-30 22:57:17
市川市/本八幡はとても便利で住みやすい街だとは思いますが、ガツンとパンチの効いた特色は無いかもしれませんなぁ。
でもまぁ そんな いたって普通なところも悪くないとも思っているんですけどね(^_^;)

ちなみにストリートピアノは3000円/月で管理運営してくれる会社もあるみたいですよ。
ピアノ (みんと)
2020-07-01 23:47:49
=わの団長
よくテレビで市川市民は東京都市川市だって思ってるって流れてるけど、ホントにそう思ってる人っているのかなぁ。

管理費3,000円/月って思ったりお安いんやね、それなら商店会費やJRの予算で運営できそうやと思うけど、どうなんかなぁ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

市川市の催事・風景」カテゴリの最新記事