ポコアポコヤ

食べ物、お菓子、旅行、小説、漫画、映画、音楽など色々気軽にお話したいです(^○^)

中国映画「變臉(へんめん)・この櫂に手をそえて」「古井戸」

2005-04-13 | 映画感想 他
先日「アフガン零年」を見ていたら、内容は全然違うけれど、
本当は女の子なんだけれど、男の子として売られて行く・・・という内容の映画
「變臉〈へんめん〉 この櫂に手をそえて(1996)」を思い出しました。
この映画は、かなり涙、涙の、映画で、主役の老人役には
あのNHKドラマ「大地の子」(;_;) で主人公一心の養父「陸徳志」役で広く知ら れる
中国人俳優「朱旭」チュウ・シュイさん
が、出ていた映画なんです。私はこの方が大好き!です。
彼の他に出演していた映画には
1991年 『心香(心の香り)』
も、映像も素敵で、良い映画でした。
その「心の香り」が4月末に、NHKのBS2で放映されるそうです。

プロフィールこちらこちら

それで、今回この文を書くにあたって、初めて解った事には
(世間の方々はご存じでも、私は全然知らなかった)
この「変臉」の映画監督である、呉天明(ウー・ティエンミン)さんは、かつて
「古井戸」(1987)を撮影された方だったんですね。

「古井戸」も、なんともまあ・・・土着的というか、大地ー!的な映画で
昔確かNHKで映画を見たのですが、
この映画の主役が、なんと、あの「張芸謀(チャン・イーモー)監督」
だったんですって???@@
 驚きでした。
全然知りませんでした・・・・そういわれれば、そうだ・・・写真↓

以前書いてあったチャン・イーモー監督とチェン・カイコー監督の映画 についての文

最後に、「変臉」の内容と出演者。
 脚本 : ウェイ・ミンルン
 原作 : チェン・ウェングイ
 出演 : 朱旭(チュウ・シュイ)
       周任宝(チョウ・レンイン)
1920年代の中国。変面(瞬間に薄いお面を次々に変える伝統芸能!すごいです)
の老芸人がいました。跡継ぎ(男の子にしか継げない)を探していた。
ある日、子供の売買が行われている処に行き会わせ、ある少年を買う。
子供の売買では男の方が高く売れるからだった・・・




以下、内容が更に解ってしまいますので、映画将来見る予定の方は
読まない方が良いかもしれません・・・


随分後に老人が解ったことには、その子は、女の子だった・・・
老人はとても悩み、結局少女を捨てる。そして少女は、人買いに
さらわれてしまう。 そこには先にさらわれてきていた男の子がいた。
少女は、この男の子を老芸人の所に連れて行けば喜ぶと思って、男の子と
人買いの所から脱走し、老芸人のいない間にそっと男の子を置いて去る。
老芸人は何も知らず、喜ぶ・・・
しかしその男の子は金持ちのお坊ちゃまで、警察が誘拐の捜査中であった・・
の届けがされていたのだった。
警察に連行されて牢屋に入れられる老芸人・・・
少女は、命をかけて、老芸人を救う為に・・・・
ラストはあえて書きませんが、良い映画です(;_;)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久石譲が韓国映画『ウェルカ... | トップ | 「誰にでも秘密はある」と、... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
観たいなぁ・・・ (ダイアン)
2005-04-13 11:00:34
女の子、すごく健気なんじゃないですか?

泣けそう・・・
感動しました! (neko)
2005-04-13 11:22:53
あ~この映画、かなり前にTVで放送されたのを見ました!

よかったです!!泣きました~

この方チュウ・シュイさんとおっしゃるのですね。

「大地の子」も良かったです。

印象に残らないものはすぐに忘れてしまう私がこれだけ鮮明に覚えている作品も珍しいです。。
映画館行きましたよ~ (funi)
2005-04-13 12:28:18
公開当時の私は中国映画といえば映画館まで見に行ってたような気がする。

これも良かったですね~あの技術はほんとすごすぎ。前に「ウルルン滞在記」で出てたんですけど、みんなが仕組みをあばこうと結構必死でした(笑)ばれちゃったら逆に面白くないですよね。

あの京劇・・・昔からあるようだけど、確か映画のために作ったお話・・・だったような。



「古井戸」チャン・イーモウ主演とな?!これはぜひ見てみないといけない。
ダイアンさん☆ (latifa)
2005-04-13 15:38:09
はい~けなげですよ~~。

いつか機会があったら是非!
nekoさん☆ (latifa)
2005-04-13 15:40:43
おおお~~~!なんと、nekoさん!ヘンメン見た事があるんですね~

これ、あんまり話題にならなかったし、ビデオ屋さんにも並んでる気配もないので・・・(多分私とnekoさんと同じテレビ番組を見たのかも!)



そうなんですよ~~大地の子のあのお父さん!!

何度見ても泣けるドラマです。
funiさん☆ (latifa)
2005-04-13 15:44:46
なんと!funiさんは、映画館に見に行かれたんですか?すごい~~~

ウルルン・・・で、そんなの取り上げていたことがあったのですね・・・残念、それは見てなかったです。

で、あの京劇は映画の為に作った内容なんですか?

うわ~~これまた知らなかったです。

有名な作品かと思いこんでいました
Unknown (funi)
2005-04-13 17:35:52
ウルルンでは確か沢村一樹が行ってたような・・・「再開スペシャル」で変面のプロが日本に来てましたよ。

確かあの京劇はそうだったような記憶があるんです。パンフ買ってたかな?今度探してみますねー。

そうなんですか~~ (latifa)
2005-04-13 19:15:23
いや~~全然知らなかった。

残念、残念。。。あの映画以外で、へんめんを

見た事が無いから、是非見てみたかったな・・・

沢村一樹って最近全然見かけないなあ・・・

(単に私が、最近日本のドラマとか見ないからってだけだと思う)
Unknown (tentententeko)
2005-05-05 01:35:40
はじめまして。

TBさせていただきました。



「変臉」、号泣しました。

よい映画でしたね。

「心の香り」も大好きです。

tentententekoさん☆ (latifa)
2005-05-05 07:54:39
こんにちはー!

初めまして。数多いサイトの中で、私のブログに、よくぞいらっしゃって下さって、コメント残して下さって、とっても嬉しいです!!

しかもあんまり多い方が見てなさそうな、「変臉「心の香り」について、共感出来る方だなんて、感激です~。また是非遊びに来て下さいませー

コメントを投稿

映画感想 他」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

4 トラックバック

「變臉(へんめん) ーこの櫂に手をそえて」 (+++映画の部屋+++)
<監督:呉天明 (ウー・ティエンミン) > =1996年 中国映画= <出演:朱旭 (チュウ・シュイ)、周任瑩 (チョウ・レンイン)> “變臉”とは四川地方劇の舞台芸術で、瞬時に面を変えて劇を演じるというもの。 変面王と呼ばれる老人は、相棒の猿と共に放浪し
變臉(へんめん)この櫂に手をそえて (五十路の恋 --とっても猫が好き--)
「スタンド・バイ・ミー」に続けて、調子に乗ってまたまたキッズムービー! キッズムービーは決してヨーロッパやアメリカだけじゃないって映画の見本みたいな作品なの。と言う事で今回は今、色々と問題続出のお隣中国の作品です。 まぁ、国と国とのお付き合いの方は別に
変面 ~この櫂に手をそえて~ (千華の気まぐれ日記)
いやいや~~、いい映画だった~~! 分かっていても泣けました。 それにしても、このところアジア映画ばっかり(日本映画も含めて)見ている。なんでだろう? タイトルの「変面」本当はもっと難しい字を書くのだが、変換できるかどうかわからないので、こちらで表記して
「變臉」を読める人はいますか? (万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記)
 気になっていた中国映画「變臉~この櫂に手をそえて~ 」(1996、ウー・ティエンミン監督)を深夜、ビデオで観た。この題名の難しい漢字。たまらない。日本語版を作った人はいい度胸をしているよ。變臉は「へんめん」と読む。「変面」のことだ。人身売買が公然と行われ