カリフォル二アのロサンゼルスから、生活情報とフライフィッシング

こちらに住んで20年、ロサンゼルスの今と、趣味のフライフィッシングを中心に街角で見かけた話題を!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

タバコの煙は”大気有害汚染物質”

2006年01月31日 | その他
カリフォル二ア大気汚染委員会は、間接喫煙によるガン発生率が高いとして、

タバコの煙を
・ディーゼル排気ガス
・ヒ素
・ベンゼン     
     と並ぶ有害大気汚染物質に指定したそうです。

間接喫煙による被害は知られていますが、今回の処置は

間接喫煙による若い女性の乳がん発祥率が急激に上昇』の調査報告を受けてのものだそうです。

カリフォル二ア健康被害査定局の調査では、間接喫煙によるガン発生により年間4千人が死亡しているそうです。

最も深刻なのが若い女性の乳がん発症が、間接喫煙により68%から
120%にも増加するそうです。

全米で4万人が乳がんで死亡している現実から、乳がんの発症の一因とも言える間接喫煙の対策は重要でしょう。

大気中に漂うタバコの煙は、
・喘息
・心臓疾患
・早産
   などを引き起こす原因にもなるそうで、

・特に子供の健康被害は
           きわめて深刻だそうです。

カリフォルニアは現在
・職場での喫煙
・レストランやバーでの喫煙
・公共の建物の近くでの喫煙は
              全面的に禁止されています

今後数年かけてより厳しい規制が設けられるそうで、他の州にも影響を及ぼすのは必至でしょう。


最近北朝鮮では、国際的なタバコの価格の上昇を受け、アメリカ紙幣の偽造麻薬製造のほかにタバコの偽造も大掛かりに行われているようです。

アメリカでのマルボローの偽造タバコの押収は10億本にのぼり、実際の流通量は、どれほどのものなのでしょう。

海外ではマルボローのほかに、マイルドセブンの偽造タバコも発見されており、日本国内でも密輸されて流通している確率は多いにあります。

彼らの作る偽造タバコに意図的に毒性の強い物質が混入されている確率は????


私の旦那様の20年前まで喫煙していましたが、アメリカで働き始め、仕事先の方から・・・・・・・・

君はタバコの害を知っていますか?』と聞かれ
ハイ!肺がんなどについては・・・・・・
体に悪いと分かっていながら、それをやめられない人と仕事は出来ない!

彼のこの一言で、その日から旦那様はきっぱりとタバコをやめました。

今では『その人には感謝している!!』そうです。


アメリカでこんなユーモアがオフィスに貼ってあります。

”貴方がタバコを吸うのは自由です
でもその煙をここで吐き出す事は許しません”









コメント (5)

人類の主役は”女性”!!

2006年01月28日 | その他
日本語新聞の片隅にこんな記事が載っていました。

人類の主役は”女性”!!なのだそうです。

フム、フム!!!と読んでいくと・・・・・・・・・

ネアンデルタール人が絶滅して、なぜ現生人だけが文明を作り上げる事が出来たのか・・・・・・????

ある種の鯨と象を除いて、生殖可能な時期を過ぎても長生きできるのは現生人類だけなのだそうです。

つまりおばあちゃんの存在なのです。

チンパンジーでさえも閉経後の寿命は短いそうで、要するに赤ちゃんを作れなくなったメスは死んでしまうのが、一般的な動物の運命なのだそうです。

しかし人類はおばあちゃんの存在ををもったのです。

おばあちゃんの介助より娘達の出産は楽になり、沢山の子供をいっぺんにもつ事が出来たお陰で、人口が増え文明が発達したというのが”おばあちゃん仮説という有名な仮説だそうです。

おじいちゃんではなくて、おばあちゃん!!です。


女性は男性に比べ6~7年は長生きし、生物の完成度も高いといわれています。
進化論的には女性が人類の主役なのだそうですよ~~~。

でもですよ・・・・・・日本は長寿国なのに子供の出生率が低いのはなぜでしょう????


そして先進国の中で、日本、ドイツ、イタリアが出生率が低いそうです。

奇しくも第2次世界大戦で3国同盟を結んだ国々ですが、何か関係があるとか、ないとか言われています。

人口が増えない国の文明は・・・・・・・・滅びちゃうんでしょうか????





豆知識:
ネアンデルタール人は、骨から得られたDNAの解析から、我々の祖先ではなく、別系統の人類であるらしいのです。
私達が習った、猿人>原人>旧人>新人のステレオタイプな区別は誤解を招くため、今では使われないというのが定説です(私が勉強した事は今では間違いって事ですよね~~~??)。
コメント (15)

サンドウィッチ屋さん

2006年01月27日 | 食べ物、グルメ
いま一番のお気に入りのサンドイッチ屋さんの紹介です。

お店の名前はTopsです。

残念な事に広いロサンゼルスにわずか2店舗しかありません。

私はパサデナにお買い物に行ったときに、旦那様が運転しながら、やけに高級車がドライブスルーに並んでいたので、興味を持って入ったお店です。


これが・・・・・美味しい!!!!!



(以下写真拡大できます)




手前が旦那様が頼んだ”パストラミ・サンドウィッチ”このビーフの量は私が見たパストラミ・サンドイッチとしては5本指に入ります。

パストラミ (pastrami) は
塩漬けした赤身肉を燻煙した後、粗挽き胡椒などの香辛料をまぶすのが一般的。 スライスしてサンドイッチやベーグルの具材などとして食用される(Wikipediaより)


確かパストラミはユダヤ人の方々の食べ物だと、アメリカに来た当初伺いました。

これは旦那様の大好物の一品です。

写真の奥に写っているのは”アボカドとベーコンのサンドイッチ”です。

これがまたサッパリしていて、トマトやレタスなどの野菜がいっぱいで、お気に入りになりそうな一品です。


そして何と言っても”フレンチフライ(ポテトフライ)”がホクホクしていて、いくら食べても止りません。

普通フレンチフライは冷えると、今一・・・・って事が多いのですが・・・・・・・
これは本当に美味しかったのです。

残念ながらハンバーガーは試していないのですが、お隣で食べている方のを見たら・・・・・・・グローブのようにみえました。

私達はこのサンドイッチを半分食べて、残りは次の日の”お昼”になりました。


私と旦那様の間では、今一番のお薦めサンドイッチ屋さんになっています。

Topsのサイトを参考に見てください。
アメリカって感じですよ!!!

コメント (9)   トラックバック (1)

アメリカ飼い犬人気投票

2006年01月22日 | その他
アメリカンケンネルクラブ(AKC)の2005年人気投票が出ていました。

全米ランキング:

1位:ラブラドール・レトリバー
2位:ゴールデン・レトリバー
3位:ヨークシャーテリア
4位:ジャーマン・シェパード
5位:ビーグル
6位:ダックスフント
7位:ボクサー
8位:プードル
9位:シーズ
同 :ミニュチュア・シュナウザー

ロサンゼルスの人気ベスト10:

1位:ラブラドール・レトリバー
2位:ジャーマン・シェパード
3位:ゴールデン・レトリバー
4位:ヨークシャーテリア
5位:ブルドック
6位:プードル    
7位:ポメラニアン
8位:パグ
9位:マルチーズ
10位:シーズ

私は犬が大好きですけど、アレルギーがあるので犬との接触はなるべく最小限にしています。

私のまわりのお友達の殆んどがペットを飼っていて、その多くは犬が断然多いです。

日本の方はかなり血統にこだわるようです。
こちらでも高価なお金を出して購入する方もいますが、どちらかと云えばアニマル・シェルに行って、処分されそうな犬や猫をもらってくる方々がかなり多いです。

ドッグレースで使われているグレイハウンドが骨折したり、引退後はやはり処分されるそうで、ペットショップでそれらの犬達の引き取り手を探していたのも、痛々しい風景でした。、

飼い主の勝手で虐待されたり、放置されて処分されそうになっているペットを少しでも救いたいと手を差し伸べる人たちを見ると、心が温かくなります。

皆さんもペットを飼う時は、心してそして覚悟して飼って下さいね。


コメント (5)

 在ロサンゼルス日本国総領事館からのお知らせ 1/20/2006 

2006年01月21日 | その他
ロサンゼルス日本国総領事館からの 緊急メールが届きました。

いまだアメリカが戦時下にあることを思い起こさせるメールです。


ウサマ・ビン・ラーディンによるとみられる声明
(内容)

1.1月19日、カタールの衛星テレビ局「アル・ジャジーラ」は、ウサマ・ビン・ラーディンによるとされる声明の録音テープを報じました。同声明は、米国への攻撃を予告する一方、長期停戦の提案を行っており、その要点は以下のとおりです。
(1)米国内での攻撃が遅れているのは、米国の治安対策を突破することが難しいからではない。作戦は準備中である。
(2)我々は公正な条件に基づいて長期停戦に応じる用意がある。停戦が実現すれば、戦争で破壊されたイラクとアフガニスタンを再建することができる。
(3)我々は、戦争を耐え抜き、戦場から逃げ出すことはない。

2.ウサマ・ビン・ラーディンによるとみられる声明が報じられたのは、2004年12月27日(2005年1月のイラク国民議会選挙のボイコットや更なるテロ攻撃を呼びかけたもの。)以来です。
  他方、アル・カーイダの幹部であるアイマン・アル・ザワヒリによるとされるビデオ・メッセージは、最近でも同「アル・ジャジーラ」で報じられており、1月6日には、イスラム共同体の解放はジハード(聖戦)によってのみ実現されるものと述べ、また昨年9月1日には、同年7月に発生した英国・ロンドンでのテロ事件を称賛するとともに、パレスチナ、イラク、アフガニスタンへの侵略に加担する国々の領土や権益が攻撃対象である旨述べられています。

3.これらウサマ・ビン・ラーディンやアイマン・アル・ザワヒリによるとみられる声明の信憑性は明らかになっていませんが、このような声明が各地のテロ組織に影響を及ぼす可能性も排除されないことに留意し、テロ事件や不測の事態に巻き込まれることのないよう、最新の関連情報の入手に努め、テロの標的となる可能性がある施設等の危険な場所にはできる限り近づかない、大勢の人が集まる場所では警戒する、周囲の状況に注意を払うなど安全確保に十分注意を払って下さい。
  また、テロ事件が発生した場合の対応策を再点検し、状況に応じて適切な安全対策が講じられるよう心掛けてください。


(問い合わせ先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐に関する問い合わせ)
 電話:(代表)03-3580-3311 (内線)3100
○外務省海外安全相談センター(国別安全情報等)
 電話:(代表)03-3580-3311 (内線)2903
○外務省海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp


総領事館連絡先
電話  213-617-6700
住所 350 South Grand Avenue, Suite1700, Los Angeles, CA 90071
    HP  http://www.la.us.emb-japan.go.jp/


地震と同じく、常に警戒しなくてはならない問題です。中近東の方々を見るとついつい警戒してしまうのは私だけでしょうか?
コメント