カリフォル二アのロサンゼルスから、生活情報とフライフィッシング

こちらに住んで20年、ロサンゼルスの今と、趣味のフライフィッシングを中心に街角で見かけた話題を!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

在ロサンゼルス日本国総領事館からのお知らせ  

2008年06月15日 | ロサンゼルスの今
在留邦人・旅行者の皆様へ

「メキシコ:北部国境地帯における治安悪化」

2008年6月13日

1.メキシコでは、北部国境地帯を中心に、麻薬組織等の犯罪組織の制圧に力を入れる軍・警察等治安当局とこれに抵抗する犯罪組織との間で衝突が起きており、これに、犯罪組織間の抗争も加わり、各地で治安機関・犯罪組織関係者が殺害される事件が繰り返されているほか、都市によっては、一般市民が巻き込まれる銃撃戦も発生しています。

2.治安の悪化は、特に、バハ・カリフォルニア州ティファナ市、チワワ州フアレス市、シナロア州クリアカン市等において顕著で、これら都市では、殺人事件の被害者が一週間で10人を超えることも珍しくなく、警察官等治安機関の被害者も多数出ています。これに伴い、一般治安も悪化し、これらの都市を中心に、誘拐、強盗、窃盗事件の被害も多発しています。

3.他の北部周辺都市でも、強盗、窃盗事件等が増加する傾向にあり、日本人の被害についても、自宅に夜間侵入されての強盗、空き巣、車上狙い等が確認されています。本年4月には、バハ・カリフォルニア州エンセナダ市で日本人が被害者となる殺人事件も発生しています。

4.つきましては、これらの地域に渡航・滞在を予定されている方は、銃撃事件に巻き込まれたり、犯罪の被害者とならないよう、その時々の治安状況に関する最新情報を入手し、危険な場所に立ち寄らないよう心掛けるとともに、夜間の外出は控える等の注意を払うようお願いします。また、外出時には、目立つ服装・恰好は避け、カメラ・ビデオ等の貴重品を外部からも分かるような形で身につけないよう、その管理には十分注意してください。

(問い合わせ先)
 ○ 外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐に関する問い合わせを除く)
   住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
   電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
 ○ 外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐に関する問い合わせ)
   住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
   電話:(代表)03-3580-3311(内線)3496
 ○ 外務省海外安全相談センター
   住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
   電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902

○ 在ロサンゼルス総領事館
   住所:350 S.Grand Ave 1700 Los Angeles CA 90071
   電話:(代表)213-617-6700
   ホームページ:  http://www.la.us.emb-japan.go.jp/web/home.htm

コメント