カリフォル二アのロサンゼルスから、生活情報とフライフィッシング

こちらに住んで20年、ロサンゼルスの今と、趣味のフライフィッシングを中心に街角で見かけた話題を!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Bail Bonds/保釈保証金

2017年05月12日 | その他
《Bail Bondsとは》
米国の警察署の周りには必ずこの看板のお店が有ります。

和訳は「保釈保証金業者」,といっても日本では同じような事態がないのでやや分かりづらいです。

例えばアメリカでは、飲酒運転等で捕まった場合、すぐ拘置所に入れられます。
保釈されて拘置所を出るには、何千ドルという保釈金が必要です。

警察から連絡がきた家族や友人が拘置所に迎えに行く際には、現金を持って行かなくてはならず、
それを代わりに融通してくれるのが専門業者の Bail Bonds です。

保釈金は容疑者が逃亡しなければ返還されます。

もし容疑者(容疑が決定する前の人)が逃亡した場合、 Bail Bonds はその金を丸損してしまいます。
そのため、逃げた容疑者を追いかけるBounty Hunter の登場です。

ロバート・デ・ニーロが「ミッドナイト・ラン」という映画で演じていたやつですね。
日本的に言えば“賞金稼ぎ”"取り立て屋"。

Bail Bonds がたくさんあるということは、 Bounty Hunterも結構いるのでしょうね。

Bail Bondsは簡単に言えば「保釈金を貸す消費者金融」・・・・・ってところですね。

ちなみにカリフォルニア州の法律で貸し付け手数料はは10%を越えないこととあります。(実際お世話になった事が無いので細かいことは分かりません)。

コメント