カリフォル二アのロサンゼルスから、生活情報とフライフィッシング

こちらに住んで20年、ロサンゼルスの今と、趣味のフライフィッシングを中心に街角で見かけた話題を!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一時帰国

2006年02月09日 | ちょっとお出かけ
ここ3日ほど夏のような天気が続いていますが、今日は30度を越えそうです。

結構暑いですよ~~~

お知らせですが:

事情がありまして急遽 真夏のようなロサンゼルスから寒さ厳しい東京に一時帰国 になりました。

今回は私一人で、2週間の予定です。

しばらくはブログはお休みになりますが、また帰ってきたら再開しますので、それまでお元気でお過ごし下さい。






コメント (7)

メキシコ料理

2006年02月06日 | 食べ物、グルメ
最近は”パラパラ”と雨が降るだけで、本降りの雨が全然ありませんが、車がかなり汚れてきたので、洗車に行ってきました。以前の記事の所に預けて、その間に近くにメキシカン・レストランでお食事です。

カリフォル二アの人口の35%以上がヒスパニック系(中南米のスペイン語圏の人)ので、ロサンゼルスだけを見ると人口の46.53%はヒスパニックまたはラテン系だといわれています。

その為メキシカン・レストランは大変多く、日本で例えれば”街の中華やさん”といった所でしょうか。

その中でも此処はこのあたりのメキシコ人の方々に評判のお店で、いつもメキシコ人のお客さんがいっぱいです。


(以下写真拡大できます)


お店の中は


やはり絵に描いたような・・・メキシコ風です。

まずテーブルに案内されると



トルティーヤ・チップスにサルサ

これはアペタイザーですが食べ放題
マルガリータを飲みながら・・・・が定番ですけど!

美味しいので食べ過ぎると、後の食事ができなくなります。

サルサ:トマトをメインに、唐辛子、 コリアンダーなどから作られています。

でも私は辛い物にアレルギーがあるので、ちょっとつまむだけ

変わりに


ワカモーレをトルティーヤ・チップスに付けて頂きます。

アボカドをすり潰し、チョップドトマト・ライム汁を混ぜた物


そして待つことしばし・・・・・・



私の好物のチキンのエンチラーダ(中央奥)
(トルティーヤに具を巻いてソースをかけ焼いたもの)

両脇にお豆とご飯、手前がサラダにサワー・クリーム

みんな一つのお皿に乗ってくるのは、アメリカではおなじみですね。



旦那様の好物は、トマト味の大きな野菜スープ(トルティーヤ・スープ

これだけって思うでしょが



中にはこんなにチーズが入っています。



いただきま~~~す

でももうワカモーレが殆んどありませんね・・・・・

この時で結構お腹・・・・きています。

でももうひと頑張り・・・・・

お・い・し・い~~~


ロサンゼルスにお越しの際は、美味し~い(これ大事です!)
メキシコ料理をお試し下さい

コメント (5)   トラックバック (1)

タバコ会社に懲罰的賠償金97億円

2006年02月04日 | ロサンゼルスの今
タバコの記事をかいた後、丁度こんな判決が出ました。

オレゴン州最高裁は、タバコ会社フィリップ・モリスに、

タバコが深刻な病気につながる事を知りながら、『タバコの危険性について疑問の余地が残る』と消費者に誤ったの情報を送り、半世紀もの間売り続けたのは『言語道断』とし、懲罰的賠償金として7千9百50万ドル(95億円)を、喫煙によって肺がんで死亡した男性の遺族に支払うよう命じました。

フィリップ・モリスは賠償額はきわめて過度として、連邦最高裁に再考を求めています。

当然フィリップ・モリスがこの賠償金を払うとなると、その影響はタバコの値段にはね返ってくるわけです。

それは、タバコで肺がんになった人たちの賠償金は、喫煙者の方が払っている事になるわけです。

実はタバコ会社の懐は痛まないようになっているのです


フィリップ・モリス
フィリップモリス (Philip Morris) は、世界最大のタバコメーカーで、アルトリアグループの中核部門。本社は米国バージニア州。 代表的な銘柄に「マールボロ」(日本ではJTが2005年4月末までライセンス生産)、「バージニア・スリム」などがある(Wikipediaより)。

フィリップ モリス インターナショナルのホームページより
フィリップ モリス インターナショナルは、アルトリア企業グループの一員であり、米国を除く世界各国でたばこ事業を展開しています。 現在、紙巻たばこの国際市場で14.5%の市場シェアを有し、世界各地に60,000人を超える従業員を擁しています。 私たちの製品は、世界各地にある50を超える工場で生産され、160カ国以上で販売されています。

成功している企業がその業績に誇りを感じるように、私たちも自社の業績に誇りを持っています。 しかし、私たちの製品は重大な疾病をもたらします。私たちは、たばこを取り巻く様々な問題について話をしたいと強く望んでいます。 そこで、このサイトでは、禁煙、喫煙が健康に及ぼす影響、環境中たばこ煙、未成年者の喫煙防止など、たばこの問題に大部分を割いています。


タバコがやめられないのは、タバコ会社が悪いのでしょうか?
それとも喫煙者の意思の弱さなのでしょうか?

何れにしてもタバコは今後、益々悪い状況に追い込まれていくでしょう。

コメント (6)