コヤマリンスタジアムまで徒歩15分

完全終了しました!!
記事もすこしずつ消していきます。
マリーンズファンは辞めてませんし、辞めませんよ♪

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

09-106 : イースタン 浦和vsらんど(5/2袖ヶ浦) 写真集っぽく

2009年05月04日 11時05分00秒 | Urawa Marines


5月2日ゴールデンウィーク(NHK的には大型連休)初日、袖ヶ浦市民球場までイースタンの試合を観に行ってきましたよ。

4月11日によみうりジャンアンツ球場でイースタンを観ましたが、これでイースタン公式戦今季2戦目の観戦でしたが、
観戦成績 2戦2勝♪


このスコアボードを国体用に改修したようです。 この試合がこけらおとしだったらしいですよ。 (袖ヶ浦市長 談)




簡単にですが、レポートと写真集をお送りさせていただきます。





この日の試合会場となった袖ヶ浦市民球場は、2010年千葉国体の軟式野球会場となるらしいです。


千葉国体のメインキャラクターであるちーばくんも、当然ながら会場に来ておりました。


隣でマーくんが子供にサインしているのですが、ちーばくんに「ちーばくん、サインできる?」と聞いたら、「できない」というように手で仕草をしてくれました。 ペンは持てないですもんねぇ、あの手じゃ。


横からみると、千葉県の形・・・・・・・・っぽくなっています。 要はメタボ体系です。


クールくんがサインしているところを、なんだか羨ましそうな顔をして眺めるちーばくん。


ちーばくんは、付き添いのお姉さんがいないとどこにも行けません。 まるで要介護者扱いです。 ジャイアンツの選手達も心配そうに観ております。


でも、始球式のボールを渡しにもいきます。 出てくるタイミングがあまりにも遅すぎて、試合進行を遅らせそうになったことは秘密です。 でも、マウンドから降りる時は、駆け足(ちょこちょこ走り)でした。 走れるんですね、ちーばくん。




さて、この試合のマリーンズの投手は以下の2名。 阿部と古谷。

これは試合前の練習の時の写真ですが、荘コーチと和田コーチと何やら話をしておりました。 何の話をしていたのかは知りませんが。


先発の阿部。 唐川や植松と同期の2年目ですね。
今年は少しいま一つの状態(成績)が続いていましたが、この日は昨年後半のように、非常に良い投球をしていました。
4回を投げ1失点。 1・3回は三者凡退に切り抜けておりました。 ただ、4回になると変化球がほとんど低めに外れてしまい、制球に非常に苦しんでいました。 3回までは変化球もストレートも、持ち味のコントロールの良さを活かしてすばらしいピッチングだったんですけどね。 4回にほとんどストレート系の球を投げなかったのは、何か意図があったのでしょうか?
体形的には、昨年から比べるとだいぶ上体から下半身まで万遍なく筋肉がついていましたね。 夏に向けてどんどんどよくなるような気がしました。


そして、2番手は古谷。
最近、2番手でのロングリリーフが続いていたので、この日もそうだろうな、と思ってはいましたが、まさか最後まで投げきるとは思いませんでした。
5回を投げて無失点。 まともに打たれたヒットは1本もなかったのではないでしょうか? ほとんど3ボールまで行くこともなく、コントロールよく、どんどんとジャイアンツの打者を追い込んでいく。 変化球のコントロールもさることながら、時折投げるストレートが威力がありましたね。 2006年の素晴らしい活躍(2軍で、ですが)だったころの状態以上ではないでしょうか?

結局、この二人で9回を投げきってしまったので、他の投手達は出番なし。
試合中にブルペンの様子は全く観ていなかったので、誰かが準備していたかどうかもわかりません。 でも、エラーなどでランナーは出すものの、2人とも非常に安定した投球だったので、投げるつもりできちんと準備をしていた投手はいなかったのでは?
それくらい引きしまった投球をしてくれました。

阿部・古谷、GOOD JOB♪




打撃陣は、特に低めの制球が定まらないジャイアンツ先発の辻内を初回、いきなり攻め込みます。


3番・南が、フォアボールで出た角中を1塁において・・・


すぱこ~~~~~~~~~ん!


左中間スタンドに飛び込む先制の2ランホームラン♪♪

その後も堀・細谷のヒットと大塚のサードゴロエラーで満塁のチャンス。


ネクストバッターサークルの堀さん。


大塚はこの日4タコ。 しかし、サードゴロエラーとか、送りバントを小フライ打ち上げてしまい大失敗だったのに、ファーストがダブルプレーを狙ってわざとフライを取らずにサードに投げて大暴投、とか、なにげに2出塁。


この日、久しぶりの実戦復帰だった細谷。 彼は、ものすごくいろいろやらかしました。

【細谷のやらかしと即日帳尻大活躍】
初回、1アウト満塁のチャンスに神戸が犠牲フライでさらに1点追加も・・・・・ 2塁ランナー・細谷が3塁へのタッチアップ時に離塁が早すぎてアウトに。。。
  ↓
サード後方に上がったフライ。 この日は10mくらいの強風が吹いていてスタンド方面に一気に流されていったけれども、ショート・細谷が打球に飛び込みスタンド手前でキャッチ
  ↓
5回表ノーアウト1塁の場面で、古谷がダブルプレーおあつらえむきの平凡なショート定位置真正面のゴロを打たせるも、盗塁のカバーに入ろうとしていて身体の体制が逆向きになっており、戻ろうとするもセンター前に・・・
  ↓
7回裏、ダメ押しとなる左中間への2ランホームラン

細谷は、やらかしもありましたがホームランを打ったこともあるのか、試合後のサイン会では結構ご機嫌でハイテンションでしたよ



試合は、阿部・古谷の好投と、打撃陣が先制・中盤での追加点・終盤でのダメ押しと効果的に得点を挙げ、7-2で完勝


試合に勝利♪


ミスも続出で、コーチ陣から説教を浴びるよみうりらんどジャイアンツ面々・・・




試合後は、30分間でしたが、「写真撮影会」「サイン会」「子供達限定のベースランニング」が行われました。 これらの様子はまたそのうち。。。


サイン会の後、ファーストベース付近でベースランニングに参加している子供たちをハイタッチをする細谷(左)と定岡(右)。

Comments (2)