ネタバレ映画館

映画ドットコムに記事を移行してます!

運命じゃない人

2005-10-10 00:27:20 | 映画2005
 宮田・・・高価なマンション買ったんだから、防犯にも気をつかえよ。

 レストランと宮田の部屋はタイムスパイラル・ムービーの核となった。時空は超えないが、視点を変えることによって徐々に明らかになる事実。「あんたもそこにいるんか!」「おまえもか!」と、かくれんぼをすると必ず人気が出て争奪戦となる隠れ場所のようだ。

 『パルプフィクション』のように時系列をバラバラにしてパズルを解くような構成ですが、個人的に真っ先に思い出したのがヒットしなかった『ホワイトライズ』と今夏公開された『サマータイムマシン・ブルース』です(最近観た映画しか思い出せないだけかも)。「実は・・・」というサプライズが次から次へと沸いて出てくる展開には呆然とさせられました。最初はのんびり進み、台詞と間がジム・ジャームッシュ風だったけど、全体的には小粋な台詞が面白く決まっていて、恋愛指南する親友神田(山中聡)の口調が心地よく響きます。「地球人になれ」とか「知らない星」といった台詞による感情の伏線も物語を引き締めていました。

 主人公宮田武は純情で人を疑うことを知らないかのようなお人よし。彼を演じた中村靖日がぴたりとハマっていたし、彼のもとから逃げた女あゆみ(霧島れいか)も詐欺師ではあるけど、なぜか憎めない役どころ。個人的に気に入ったバイプレイヤーはレストランのウェイターと便利屋山ちゃんだなぁ。

 エンディング後のシーンも好きだ。見事に看護師24歳と繋がるところなどは期待を裏切らないサービスカットだったと思う。

★★★★・

以下、時系列通りのネタバレ覚え書き(反転)
先輩に部屋を貸してくれと頼まれる宮田

あゆみ、神田探偵事務所へ
やくざの組長から逃げる手段を相談
彼女は2000万円を奪ってきた

神田とあゆみが宮田宅に潜入
彼女のパスポートを探す
あゆみは盗んだ金をダンボールに隠す
宮田帰宅
神田、同室内から電話、レストランへ

神田、浅井やくざ事務所へ金返す
やくざ、神田を追いかける
神田に脅されてるとあゆみが浅井に電話

浅井、やくざ事務所で鞄の下着に気づく
鞄に神田の名刺

山ちゃん、神田事務所の鍵を開ける(想像)

浅井、神田事務所へ潜入
神田事務所で、ファイル見つける

レストラン
真紀と出会う
神田トイレへ
やくざが神田を連れ去る。

山ちゃん宮田宅の鍵を開ける(想像)

浅井、宮田宅へ潜入
宮田、真紀 マンションへ
真紀金を見つけ、鞄へ

あゆみ 宮田マンションへ
真紀、立ち去る決意
宮田、真紀を追いかける

隠れていた浅井があゆみをつかまえる

宮田、真紀から電話番号聞き出す、
浅井の車通りかかる

浅井やくざ事務所にて あゆみ、神田尋問
神田は釈放

神田、宮田宅へ

朝、真紀と会社の先輩が宮田宅玄関で・・・

コメント (39)   トラックバック (50)   この記事についてブログを書く
« いつか読書する日 | トップ | 肉の蝋人形 »
最近の画像もっと見る

39 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
期待通り! (ミチ)
2005-10-10 00:42:16
こんにちは♪

こういう作品大好きです。

全ての事柄に絶対伏線(というかリンク)があると思って、どんなシーンも見逃さないようにしてたんですけど、やっぱりやられたーーという所もあって(笑)

山ちゃん、イイ味だしてましたね。そしてイイ仕事してました。

宮田役の中村靖日は「恋は五・七・五」で高校生役では??

彼のキャスティングがあって初めて活きる脚本だったですよね~。
おもしかったですね (しん)
2005-10-10 01:51:20
時系列崩し系はよくある。

よくあるとわかっていても、自分には書けない。

こういう、金を必要とせず、面白く物語りこねくり回す脚本が書ける才能って羨ましいです。

シナリオだけって感じもするので大絶賛する気はないですが、とりあえずいいシナリオあれば面白い映画になるよっていう見本。

日本映画は、中途半端に金かけた(ハリウッド基準で)つまんない映画撮るより、こういう映画をどんどん作っていくべきだと思いました
おもしろかった♪ (こまったちゃん)
2005-10-10 02:18:42
この映画の存在すらよく知らなくって、急に誘われて観に行った試写会だったんですが、これはおもしろかったですねー。

「サマータイムマシン・ブルース」と甲乙つけがたいです。
カットパック (祐)
2005-10-10 08:40:55
物語は単純だけど構成の上手さで観客は見入りつづけていたのかもしれませんね。(笑)



「バブルフィクション」?って何かの小説のタイトルなんだろうか?という疑問はありますが、カットパックの秀作は 「21g」。どうでもよい映画では「アウト・オブ・サイト」かな。



ところで何で彼女は戻ってきたんだろうか。。札束を見てしまったのかな。。(謎)

戻る理由のシーンが無かったと思うけど。。

そろそろハリウッドも

ポイッ (/ ̄(エ) ̄)/ ⌒ ○┼< だね。

かといって韓流をリメークする邦画も疑問だけど。。

 
パルプフィクション (kossy)
2005-10-10 11:33:56
>ミチ様

山ちゃんはよかった~

時系列くずしのポイントにアクセントとして登場するけど、さほど気にならない登場人物。

主役の靖日くんはいい人ですね。

今後どの映画を観ても悪人を演じられないような・・・友達に一人いてもいいかなぁ~って思える人物でした(笑)



>しん様

公式サイトのインタビュー記事を読んでたら、10日で書き上げたシナリオだとか!

俺も脚本だけの映画だなぁ~とは思ったんですけど、いい人の主人公と、憎みきれない悪女という二人がピッタリくるもんだから、演技面でも良かったですよね~

もうちょっと金をかければ、スピード・スリルも味わえたかもしれませんね。



>こまったちゃん様

『サマータイムマシン・ブルース』と比較しちゃうと、俺はサマータイムを選んでしまうかな・・・ま、微妙な差ですけどね。



>祐さま

実際に時系列通りに書き出してみたのですけど、単に納得しただけで終わりました(笑)

あの『メメント』だって、時系列通りに構成を戻すと、全然面白くなさそうな題材だったし、やはり物語の再構築というテクニックが全て。

「戻る」という結末は、観客に想像させ、不快感を与えないようにしたためではないでしょうか。

あのまま終わると、「女って信じられねーな」という感想になるかもしれないし(笑)
お金かけなくっても(笑) (にゃんこ)
2005-10-10 19:02:01
ここまで、面白い映画は作れるんだよーーって

いまだと・・・『ステルス』の製作者にでも言ってみましょうか?(笑)

山ちゃんキャラ ほんっといい味出してましたよねぇ♪

何も知らないでい続けた宮田と、すべてわかっていた神田との対比も

この構成で、より面白く思えた気がします(笑)

やっぱり宮田が一番得したのかな?

得をしたのは。 (kossy)
2005-10-10 20:11:50
>にゃんこ様

ステルスの製作チームは一種の病気です。何を言っても無駄かも(笑)

得をしたのは誰だろうか?

宮田は詐欺にも遭わず、ハッピーエンドも予想させる。

神田は結婚詐欺で儲けることもできず、浅井の呪縛からも逃れることができなくなった。

浅井は100万円を手に入れたが、偽の札束分(40万円か?)を失ったまま。あゆみを子分にしたのかもしれないし、逃げられるかもしれない。

真紀は宮田宅で札束を見せ、神田に注意され浅井に金を返すような気もする。

あゆみは100万円損した上に、浅井にこきつかわれるかもしれない。

うーむ、やはり宮田か・・・
タイトル (祐)
2005-10-10 21:08:39
この映画、タイトル出てました?

タイトルが最後に戻って出てくるのかと思ったけれど、結局表示が無かったような気がします。

タイトルは映画の編集が終わってから 付けたんだろうかね。 なぞだー

あれ・・・ (kossy)
2005-10-10 22:08:40
>祐さま

気づきませんでした。

そっか。

なかったのかぁ・・・

タイトルがいつ出てくるかという点では、『フライ、ダディ、フライ』なんかは面白かったですね~
チャート表 (sachi)
2005-10-10 23:33:15
こんばんは。

わはは、やっぱりkossyさんも時系列に書いてみましたか!というところを見て、思わず笑ってしまいました。私も、チャート表作って確認したくなりました(笑)。

あんまり期待せずに見たわりには、拾い物的に面白かったです、この作品。

サマータイムマシンブルースも好きだけど、こいつも結構好きですね。

コメントを投稿

映画2005」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

50 トラックバック

映画「運命じゃない人」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「運命じゃない人」 ★★★★☆ ストーリー:素朴なサラリーマン宮田(中村靖日)、私立探偵をしている友人・神田(山中聡)、婚約破棄で傷心の真紀(霧島れいか)、宮田の元カノ・あゆみ(板谷由夏)、ヤクザの組長(山下規介)がそれぞれの思惑と事情で過ごす
低予算映画の見本 「運命じゃない人」 (平気の平左)
評価:85点{/fuki_love/} 運命じゃない人 いいです、この映画。 観にいった映画館・ユーロスペースのトイレはちょっと臭いし、スクリーンは小さいしで、どうなることかと思いましたが、予想をいい意味で裏切る出来でした。 私が、今年観た邦画の中では一番、全体の中で
運命じゃない人 [アマチュアが嫉妬する面白さ] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
ぴあのスカラシップ権を得て作ったこの映画。ぴあが認めるだけあって、さすがにアイデアにあふれていて、低予算を知り尽くしていて。そんでもって、とにかく軽い。テクニックだけの薄っぺらさが、しかしながら心地いい。 3人の男と2人の女が絡む一つのストーリーを、3人の男
試写会「運命じゃない人」 (こまったちゃんのきまぐれ感想記)
試写会「運命じゃない人」開映19:00@ガスホール 「運命じゃない人」 2004年 日本 配給:クロックワークス 監督・脚本:内田けんじ 出演:中村靖日・霧島れいか・山中聡・山下規介・板谷由夏 上映時間=98分 昨日、突然のお誘いメール。 以前に同行していた
運命じゃない人 (ようこそ劇場へ!)
婚約解消で落ち込んだ女性(霧島れいか)と、最近彼女に逃げられた気弱で平凡な男性(中村靖日)が、ふとしたキッカケでレストランで知り合う発端から、予測不能なミステリアスでちょっとサスペンスフルな一夜のラブ・ストーリーが展開する。 この二人に純情男性の幼なじみの
運命じゃない人☆独り言 (黒猫のうたた寝)
レイトショーで、結構評判もいいらしい『運命じゃない人』観てきました うちの地元じゃ3日間、夜1回だけの上映で・・・ 中日の夜でしたが、まぁそれなりに席は埋まってました(笑) どんなストーリーなのかは、とりあえずノーチェックで・・・ ただし、出演者は知...
傑作。とにかく観て欲しい◆『運命じゃない人』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
8月24日(水) ゴールド劇場にて 日本映画で、しかもそれほど有名な俳優が出ているわけでもないのに、映画ファンの間ではとっても評判の良い作品。しかも、宣伝用のチラシの裏面には、あの黒沢清監督までが「これはもう巨匠の映画だ」と絶賛している。オダギリジョーも「す
50-運命じゃない人 (徒然日誌)
「運命じゃない人」を予告で見てちょこっと面白そうだと思ってたんだけど、なぜか名古屋ではゴールドのレイトショーしかなくってしかも結構遅い時間で。平日は忙しくてとても20時に映画を観にいける状態じゃないし、休日までそんな遅くまで外出していたくないし。そんな感じ
こんな映画も 「運命じゃない人」 (目の中のリンゴ)
この映画のことは全然知らなくて、このチラシを観ても、 観ようと思わなかったのですが・・・面白いと聞いて、 「チャリチョコ」も「メゾン・ド・ヒミコ」も後回しにして 観てきました。 「運命じゃない人」 公式サイト ぴあフィルム・フェスティバルのスカラシップで製
『運命じゃない人』  ☆☆☆☆☆ (映画VS名古屋)
満点です。 満点の映画ってちょっと個人的趣味が入ってしまうもので一般受け するかどうかわからないですが、かなり好きです。 今年邦画ナンバー1になりました。お金をかけてない手作り感があ る映画が好きなんですよね。そして作り手側が楽しく作ってるのが こっちにも伝わ
電話番号をなめんなよ!【運命じゃない人】 (Fun is ;)
やっと観れましたー! 予告観てから、ひそかに(でもないけど)楽しみにしていた【運命じゃない人】。 Rabiovskyさんの記事によると、カンヌでもらった賞がまた渋くてステキなんです。 絶対好きだろうなぁと思ってたら、やっぱり好きな感じでしたねー♪ 公式サイト
「運命じゃない人」 (こだわりの館blog版)
8/7 ユーロスペース にて これはおもしろい! 良く練られた脚本に、小気味よいテンポの演出。 ちょっと自主製作映画っぽい雰囲気もありますが、存分に楽しめます。 監督・脚本:内田けんじ 出演:中村靖日、霧島れいか、山中聡、山下規介、板谷由夏、他 気弱
映画日記VOL.29(ネタバレ注意^^) (○美屋の日々)
今回の映画は「運命じゃない人」です。 見終わった直後の感想としては、とてもしっかりした脚本だなと思いました。 時間軸をずらして見せる手法(「メメント」や「21グラム」のような)を取っていたのです
「運命じゃない人」 (もじもじ猫日記)
すっごく面白かった! 実は内容をよく知らなくて、なんとなく観たんですが、大当たり!。 友人に“一人だけ違う星に住んでいる”といわれるほど人のいいサラリーマン宮田くん。 そんな彼が、振られた彼女を忘れるため、ほんのちょっと勇気をだした一晩のほのぼのした物語 な
運命じゃない人 (cococo)
出だしは、ちょっとだるかったのに、中盤以降は、めちゃくちゃ楽しくなりました。時間
『運命じゃない人』~純情バカは日本を救う? (蛙の掘立小屋~カエルノホッタテゴヤ~)
個人的には、前回『サマータイムマシン・ブルース』でイマイチ趣味に合わず笑えなかったことで、「しまったな…」と思っていたのですが。今回は笑えました。『サマタイ』は、舞台向けの笑いを映画にアレンジしきれなかったところが、マイナスだったんだろうなぁ……。 公式サ
「運命じゃないひと」やっとみれた。 (たいむのひとりごと)
いつもお世話になっている あかん隊さん に情報をいただき、楽しみにしていた映画
運命じゃない人 (mimiaエーガ日記)
★★★★物事は平面ではなく、多面体だということを身をもって立証した作品。彼の裏
『運命じゃない人』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
カンヌで評判をよんだその構成、脚本に拍手。 一つずつパズルのピースが埋め込まれていくのが快感。 時間と空間を共有しても僕と君は別の世界を生きているのだなぁ。 おもしろかったー。そして、ホロリ。 ベストセラー本だとか流行りものの映画化が主流の邦画界で こ
知らない人が、一番幸せ《運命じゃない人》 (アロハ坊主の日がな一日)
日本では珍しいスタイルの映画。でかつ面白い。 時間の交差と、人の交差。『パルプフィクション』に展開は似ている。あの映画の場合は、メインの主人公の設定はされておらず、次々に人物が登場し、それぞれが何かしら関連しているという設定だが、この『運命じゃない人』
「運命じゃない人」 (the borderland)
このチラシの絵どっかで見たことあるなぁと思っていたら、窪之内英策じゃないですか! 彼の最初の作品が『ツルモク独身寮』。私がちょうど高校~大学の頃、登場人物は普通の人たちなんだけど、就職したらあんな風に恋愛できたらいいなぁと思いながら何度も読み返してまし
運命じゃない人・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
子供の頃、「刑事コロンボ」が大好きだった。 コロンボって当時の刑事ドラマとしては異色で、いつも犯人が罪を犯す場面から始まるので、謎解きや犯人当ての面白さは無い。 代わりにコロンボと犯人役との丁々発止のやりあいや、重箱の隅をつつくような推理で完全犯罪を崩し
『運命じゃない人』 グリコっぽい。 (キマグレなヒトリゴト)
最初はムフフ、グフフ、と笑う感じだったんですよ。それがね、どんどん 引き込まれて最後には「うーん、やるなぁ」と思ってしまう。 これはそんな映画でした。ここまでとは期待していなかっただけに。 誰かに何の予備知識も持たないで見るといいよ、と聞いていたので その通
運命じゃない人(\'04) (LA SPECTATRICE)
        PFF(ぴあフイルムフェスティバル)スカラシップ作品ながら、2005年カンヌ国際映画祭批評家週間で「フランス作家協会賞」「最優秀ヤング批評家賞」「最優秀ドイツ批評家賞」「鉄道賞(金のレール賞)」の4賞を受賞した驚きの作品。  お人よしのサ
運命じゃない人 (ひとりごと)
この映画は、主に5人の登場人物が絶妙に絡んで、実に見事に構成されてます。 ・元カノが忘れられない、人のいいサラリーマン宮田。 ・婚約破棄して家を飛び出してきた真紀。 ・宮田の親友の神田。宮田と会っていたレストランで真紀をナンパする。 ・宮田の元カノあゆみ。実
運命じゃない人 (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
最近、邦画がやたら面白いんです。すこ~しハリウッドのパターンに飽きてきてるのかもしれませんね。 この週末にかけて観た映画でまだレビューしてない作品が他に2本ほどありますが、それもやはり邦画。はっ!と気がつけばこのブログ、この記事でとうとう8本連続 邦画の感
運命じゃない人 (まつさんの映画伝道師)
第310回 ★★★★(劇場) (ラストについて言及しているので、ご注意あそばせ)  世界は見たままではない。見た目に騙されてはいけない。  世界は巧妙に嘘をついている。時に雄弁な「嘘」は現実になり、「嘘」で塗りたくられた「嘘」は「嘘」の向こう側を.
運命じゃない人 (いつか深夜特急に乗って)
「運命じゃない人」★★★★★(盛岡フォーラム1) 2004年
運命じゃない人 (英亭*B Edition*)
宮田くんの人柄がこの作品の良さ、面白さを際立たせている。同じ出来事も、同じ場面でも異なる視点で描くと見える部分が違うのが面白い。ありがちなプロットかも知れないけど、ここまで面白く作れる人はそうはいないでしょうね。脚本と演出の巧さが光る。昨年公開の作品です
映画のご紹介(85) 運命じゃない人 (ヒューマン=ブラック・ボックス)
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(85) 運命じゃない人 お金と心と どっちが大事? jamsession123goが去年「恋は五・七・五!」を観てブログに記事を書いたら、出演していた.
運命じゃない人 (何を書くんだろー)
「運命じゃない人」 評価 ★★★★★ (4.3) 『あらすじ』  婚約者の浮気を発見したことで、人が信じられなくなった桑田真紀。裏切られた悔しさから婚約 指輪を質屋に持っていくも、指輪に付けられた値段は、3500円。指輪の値段に更に肩を落と...
運命じゃない人 (雑記のーと Ver.2)
「運命じゃない人」を観た。 婚約破棄で自暴自棄になった桑田真紀は、寂しくレストランで食事をしていた。一方、頼まれたことは絶対に断れない“いい人”のサラリーマン、宮田武は
運命じゃない人◎これイイ! ([混]ミックスランチ)
ようやく観ました、噂どおりの面白い映画でした。 05年夏公開『運命じゃない人』をDVDで鑑賞。 去年の夏サマータイムマシン・ブルースを観た時、メチャ面白かったんだけど あちこちで比較されてて、サマーよりも面白いと評判だったのが、この映画。
運命じゃない人 (Black Pepper\'s Blog)
さってと「イーオン・フラックス」が個人的にはあんまりだったので 前から観たかった
運命じゃない人 (龍眼日記 Longan Diary)
「この日ボクの家のドアは3回開いた・・・」 観たかったにもかかわらず、去年劇場公開を逃した1本。 いや~おもしろい! サラッと観せながらも綿密な脚本構成には思わず舌を巻く。 それでも、よく洋画にありがちな脚本が複雑すぎてワケがわからなくなる・・・ とい
「運命じゃない人」 (NUMB)
 運命じゃない人 「運命じゃない人」 ★★★☆ (2005年) 監督:内田けんじ 脚本:内田けんじ キャスト:中村靖日、霧島れいか、山中聡、山下規介、板谷由夏 公式サイト
運命じゃない人 ~ 複数のストーリーが同時展開する ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ 複数のストーリーが同時展開する ~ 監督は今作で長編デビューを果たした内田けんじ。一般公募作品のコンペティションが中心の映画製作者たちの“登竜門”的映画祭「ぴあフィルムフェスティバル」で入賞を果たし、さらにはカンヌ国際映画祭・批評家週間に正式正体され.
『運命じゃない人』’04・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ婚約破棄となり、二人で住む家を出てきた桑田真紀(霧島れいか)。サラリーマンの宮田武(中村靖日)は、すぐに人を信じてしまう典型的ないい人。そんな宮田の親友で私立探偵の神田(山中聡)は前の彼女を引きずる宮田のために、真紀をナンパしてくる。そこに行方...
運命じゃない人(DVD) (ひるめし。)
人生はニアミスだらけ CAST:中村靖日/霧島れいか/山中聡/山下規介/板谷由夏 他 ■日本産 98分 公開時に観に行かなくてDVDレンタルを首をなが~くして待っていた作品。やっと借りれた。 待ち焦がれてただけあって、おもしろかった~。 宮田くんナイスキャラ!!ちょっ
運命じゃない人 (39☆SMASH)
『運命じゃない人』 あらすじ 『平凡で気弱なサラリーマンの宮田は、他人を疑うことを知らない日本一の“いい人”だったが、急に彼のもとから去ってしまった恋人あゆみのことが忘れられず、寂しい日々を送っていた。そんな宮田を見かねた探偵の神田は、 ...
運命じゃない人 06年155本目 (猫姫じゃ)
運命じゃない人 2004年  内田けんじ 監督中村靖日 、霧島れいか 、山中聡 、山下規介 、板谷由夏 かなり練り込まれた脚本。 1夜の出来事を、登場人物ごとの視点で、何度も見せるんだケド、、、ま、しつこいと言えばしつこいですが、そのたびに、新しい ...
<運命じゃない人>  (楽蜻庵別館)
2005年 日本 99分 監督 内田けんじ 脚本 内田けんじ 撮影 井上恵一郎 音楽 石橋光晴 出演 宮田武:中村靖日    神田勇介:山中聡    浅井志信:山下規介    倉田あゆみ:板谷由夏    桑田真紀:霧島れいか     どこまでもお人好 ...
運命じゃない人 (タクシードライバー耕作のDVD映画日誌)
製作年度 2004年 製作国 日本 上映時間 98分 監督 内田けんじ 原作 - 脚本 内田けんじ 音楽 石橋光晴 出演 中村靖日 、霧島れいか 、山中聡 、山下規介 、板谷由夏 (allcinema ONLINE) 解説: 5つの物語がパラレルに進行する新感覚ラブ ...
運命じゃない人(04・日) (no movie no life)
回る、回る展開。出来事は偶然のように見えて必然。そしてセリフの面白さ。 そんで、コレは脚本がイイんだろうなと思ったら、「05キネマ旬報日本映画脚本賞」だって。 内田けんじ監督・脚本作品。 サラリーマン宮田は30歳過ぎの独身男性で、不器用だけど誠実 ...
『運命じゃない人』 (Cinema雑感)
『運命じゃない人』 ★★★★ (2005年 日本 98分) 監督:内田けんじ キャスト:中村靖日、霧島れいか、山中聡、山下規介、板谷由夏 ほんとに、あんたは早く地球にすみなさぁ~い 結構評判良さそうな映画だった
運命じゃない人 (悠雅的生活)
な~んか・・・ごめんねぇ。      
【DVD】運命じゃない人 (新!やさぐれ日記)
▼状況 レンタルDVDにて ▼動機 「アフタースクール」が面白かったので ▼感想 面白かった ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 典型的ないい人・宮田(中村靖日)をはがゆく思っていた私立探偵の神田(山中聡)は、いつまでも前の彼女のことを引きず...
「運命じゃない人」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
典型的なお人好しのサラリーマン宮田武(中村靖日)は、結婚を前提にマンションを購入した 矢先、恋人あゆみ(板谷由夏)に去られてしまう。ある晩彼は、親友で私立探偵の神田 (山中聡)に呼び出され、レストランへと向かう。神田はいつまでもあゆみを忘れられない 宮田...
『運命じゃない人』 (めでぃあみっくす)
何の情報もなしにこんな面白い映画を見せられたら、そりゃカンヌで4冠を受賞するのも納得。小さな違和感をネタふりとして3話構成で見せておきながら、全くややこしくならない脚本は本当にお見事。さらによく考えてみたら誰も大きな得はしてないけど損もしていない展開も...
運命じゃない人 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『バラバラになった時間がすべて揃った時、幸せがやってくる─ こんなの初めてなタイムスパイラル・ムービー』  コチラの「運命じゃない人」は、「アフタースクール」の内田けんじ監督のデビュー作で、2005年カンヌ映画祭の批評家週間で4賞受賞、国内の映画祭では8...