ネタバレ映画館

最強寒波が来るから
早めに映画観ておいた方がいいですよ!

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

2005-11-28 02:14:41 | 映画2005
 ボーバトン魔法学校の事務員でもやらせていただけませんか?ふ~♪

 人種も増え、お笑いキャラも増え、その上フランス娘とロシア男の学校も加わった。国際色豊かになり、ホグワーツ校内も明るく楽しい雰囲気となった。その分一人一人の描写が希薄になった感もあったけど、笑いの要素が増えたおかげで前半はかなりのめり込んでしまいました。

 原作も読んだことないし、このシリーズもそんなに好きではなかったのですが、今回は良かった。14歳のハリーたちと17歳以上の選手たち。今までは子供向けの作品だと思っていたのですが、中学生が高校生に憧れて淡い恋心も見事に描写した、大人へのステップを1歩踏み出したかのような青春魔法ムービーとなっていました。

 また、禁じられた3つの呪文が後半への伏線となって、今までにない魔法そのものの物語にもなっていたように思います。そして、「アブラカタブラ」という昔からよく耳にする呪文がとても怖いモノに感じてしまうのです。デフランコ・ファミリーの「アブラ、カ、タブラ」という名曲さえも怖くて聞けなくなってしまうじゃありませんか!(そんな歌知らない・・・でしょうね。ちなみにスティーブ・ミラー・バンドの「アブラカダブラ」という曲もあります)。かつては「恋の呪文」とか言われて、音楽に結構使われてたような・・・

 「今年は双子が目立つ映画が多いな~」と呑気に構え、楽しく帰ろうと思っていたのに、最後にずしりと悲しいシーンがやってきた。しばらく立ち上がれないほど・・・ちょっと泣いてしまった。

★★★★・
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (74)   トラックバック (168)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【め】 | トップ | 【む】 »
最近の画像もっと見る

74 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (ミチ)
2005-11-28 06:43:24
kossyさんはハリポタご覧にならないのかと思っていました(笑)

ボーバトン校の応援を見た時、某国の公式試合に現れる美女軍団を思い出してしまいました。ポーズも揃ってるし。

お話はどんどんダークになってきているのでkossyさんも第5話は先行で見に行きたくなるかも!

大人の観客を取れば子供が置き去りにされ、エンタテインメントを取れば個人描写が置き去りにされ、いやはや難しいものですね。
温かい・・ (foo)
2005-11-28 08:17:24
お言葉が続き、実は安心しました。

私も今まで4作の中で一番好きでした。

吹替えも土曜に観ましたが、なんだか長いからそれでも良いなとも思います。

ただ、最後のほうのハーマイオニーの言葉が、字幕と吹替えと英語とみんな微妙にちがうような。。



私も2回も泣きそうでした。

この先に余韻をもたせてましたよね。
TBありがとうございました♪ (cherry)
2005-11-28 08:48:26
ロンの双子の兄、どんどん面白くなってきますね~

私もシリーズではじめてホロリときてしまいました(T▽T)
前作から (kossy)
2005-11-28 08:55:00
>ミチ様

去年のアズカバンから劇場にて鑑賞です。

子供向けファンタジー映画は自分にとっての踏絵のような存在です。いかに童心に帰って鑑賞できるかというチャレンジなんですよね~

次回作も楽しみになりましたが、先行はどうかなぁ・・・



>foo様

もう2回もご覧に・・・

まぁ、今回のは面白かったし、2回の鑑賞も楽しめそうですね~

徐々にヴォルテモールとの対決を予感させ、勇者のように成長していくハリーの姿が目の前に浮かびます。

これからも楽しみです♪
双子 (kossy)
2005-11-28 08:57:52
>cherry様

あの双子は最高!

かなり笑わせていただきました。

しかし会場は誰も笑わない・・・みんなダークな内容になっていくのを知ってるかのようでした・・・
よかった! (こでまり)
2005-11-28 09:26:11
こんにちは!原作を読んだ事のない方に良かったと言われてうれしいです(私作者じゃないけど・・・)

いろんな箇所をバッサリ削ぎ落としたことによって、

原作を読んでいない人にもわかりやすかったと思います。



ボーバトン魔法学校の事務員・・・笑いました
そー言えば… (たましょく)
2005-11-28 09:55:03
 TBありがとうございますm(_ _)m



 この日、映画のはしごの2本目で観て、2時間半

の長丁場に集中力持続魔法があったらなぁ~と思い

つつ観賞w



 監督さんが変わって、雰囲気もやや変わった印象

ですね。今後の展開は、よりシリアス路線へと突き

進んでゆくのかと期待させられます♪ 
北の国から・・・ (しまりす)
2005-11-28 10:54:49
北の国から・・・じゃないですけれども、

子供たちの成長していく様を一緒に追いかけて行くと

もうこれが他人事じゃなくなっちゃうんですよね、

本当に。

途中じゃあ絶対やめられない、というか(笑

私もずっと夢中で見ています。

できればこれからやってくる試練も、力を合わせて乗り切ってくれるように、って祈っちゃいますよね。



それにしても「友達を大切に」って

ものすごく強烈なメッセージが

毎回毎回うたわれているのが私は大好きなんです!
私も (夢果)
2005-11-28 11:16:15
見てきました!原作は全て読んでいるんだけど、この巻は最後読みながらすごい泣いちゃったんですよね。だから、映画は映像もすごいしおもしろいのはおもしろかったけど、イマイチ読んでない人には分かったのかなといらぬ心配が(笑)kossyさん泣けたんですね。

良かった。って、なんか変ですけど。読んでなければないほうが楽しめる映画なのかもしれません。はい、5巻はもっとヘビーで、ハリーにはちょっとイライラさせられるし、さらなる悲しみが襲います。あの額の傷が痛むのにはまだ理由があるのだろうな・・とか思いながら6巻が楽しみな私です(笑)
これから入ってもOK (かめ)
2005-11-28 11:21:20
そんな感じで、原作でも仕切りなおし、みたいなところがありましたが、映画でもそれは現れてるみたいですね。

監督がファンタジーやるような人だとは思ってなかったので、なかなか楽しみ。

今週の1st dayに見に行ってきます~~



原作を読んでると、映画ができる頃には内容忘れてるんですヨネw

今ハーフブラッドに入っちゃってるので、ついていけるか心配で読み直しちゃいましたw

コメントを投稿

映画2005」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

168 トラックバック

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(評価:○) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】マイク・ニューウェル 【出演】ダニエル・ラドクリフ/ルパート・グリント/エマ・ワトソン/ロビー・コルトレーン/レイフ・ファインズ/マイケル・ガンボン/ブレンダン・グリー
Harry Potter and the Goblet of Fire (2005) (azcar)
【邦題】ハリーポッター 炎のゴブレット 【Cast】Daniel Radcliffe, Emma Watson, Rupert Grint, Michael Gambon, Maggie Smith 【Director】Mike Newell 【Length】2 hrs. 30 min. 【Genres】Action/Adventure, Kids/Family and Science Fiction/Fantasy 【Story
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (dim.)
やっぱり原作を読んでいないと展開が難解。 あと、過去3作のDVDを再チェックするべきだったと後悔。 かと言って、再準備した上での再鑑賞の予定はない。 正直、主役3人組+αの成長が観れて楽しかったくらいの内容でした。 映像に迫力はありましたが、結局、
映画「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」★★★★ 先行ロードショーにて鑑賞。 ハリポタシリーズの第4作。原作もこの4作目から上下巻となり、質量共に膨大になった覚えがある。そして一番ワクワクしたのもこの第4作だったので、映画化を待ち望んでいた。 ストーリ
はじめてのハリー・ポッター 「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 (平気の平左)
評価:55点(参考点数) ハリー・ポッターと炎のゴブレット 今年は今までみてなかったシリーズをいきなり観てみようということで、今回はハリー・ポッターに挑戦です。 脳内で「はじめてのおつかい」の音楽を流しながら観にいってまいりました。 さて、ハリー・ポッタ
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (Cinemermaid)
1年に1度のお楽しみ~って感じになってきたハリポタシリーズ 今回はまるで壮大なRPGのような世界感を味わえた そして話題になってたハリー達の"恋"も淡く切なく、カルピスのように爽やかに表現されている 今度の監督はシリーズ初の英国人マイク・ニューウェルだ
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (毎週水曜日にMOVIE!)
白状すると、今回は絶対当たらないけど絶対行きたいと思っていた、「ハリーポッターと炎のゴブレット」のジャパンプレミア。オークションで購入した途端、当選はがき到着。 ・・2日前でした。そして、昼の14時の会では、誰にも一緒に行ってもらえず、途方にくれました
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (Extremelife)
魔法学校を舞台に主人公ハリーの冒険と成長を描く大ヒット「ハリー・ポッター」シリーズの第4作。伝説の“三大魔法学校対抗試合”が復活、なぜか代表選手に選ばれてしまったハリーに最大に試練が訪れる。主演は引き続きダニエル・ラドクリフ。シリーズ初のイギリス人監督...
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 (映画とワンピースのこでまり日記)
あの長く複雑な話を、よく2時間半の中に入れました。 映画しか見てない人にはわかりやすかったのでは・・・?と思います。 でも原作ファンとしては、どうしても辛口になってしまうかな・・・?? ここからネタバレします! ご注意を!! やっぱり、ダーズリー一
ハリーポッターと炎のゴブレット(ネタバレなしよ編) (なにも起こらなかった一日の終わりに)
 バイト連チャン中だというのに、特別先行上映を観てまいりましたよ!「ハリーポッターと炎のゴブレット」を!  というわけで説明するまでもなく、人気シリーズ「ハリーポッター」の第4作。  今回は4年生に進級したお馴染みハリーポッター。  今年は3つの魔法学校が
ハリーポッターと炎のゴブレット (Akira\'s VOICE)
ハリポタ,フォー! は,軽く眠たい・・・
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (何を書くんだろー)
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 評価 ★★★★☆ (3.5) 『あらすじ』  ある朝、ハリーとロンは、無理矢理?ハーマイオニーにたたき起こされる。眠たい目を擦りながら ピクニックのような雰囲気で出掛けるロンの一家とハリーとハーマイオニ...
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (Saturday In The Park)
アメリカ 157分 監督:マイク・ニューウェル 出演:ダニエル・ラドクリフ     ルパート・グリント     エマ・ワトソン     レイフ・ファインズ 「ハリー・ポッター」シリーズの第4作。クィディッチ・ワールドカップの会場 の上空にヴォルデモート卿
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」観て来ました。 (しまりすのひとりごと)
ハリーポッターだけは原語でちゃんと読むぞ、と 頑張っていたのですが、 4巻はその厚さに途中で挫折していた私。 ということで今回は初の「原作を読まずして」の映画鑑賞となったのでした。 六本木ヒルズにて21時よりの上映。 思い立ったのが本日の夕方だったので ネット
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (ゆめのある場所)
シリーズ四作目。 ファンタジーの好きな私は最初この本を本屋でみかけて 手にしてから、すっかりはまっていました。 このシリーズはずっと映画館で見ています。 頭の中で描いたイメージそのままに、本の世界がみごとな映像になってくる・・ でも、ダイジェストぽい感から
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (cinema village)
コメント無きTBは削除させて頂きます。 ハリー・ポッターと炎のゴブレットサントラ ロンドン交響楽団 ワーナーミュージック・ジャパン 2005-11-23売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools ★★★★ 更紗評/となりに外人さんが二人いまして、私はもちろん英
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (It\'s a Wonderful Life)
「エクスペクト!パトローナムッッ!!!!」 すみません。意味なく叫んでしまいました。。。 そういえばボグワーツ魔法学校って全寮制だけど、男女共学でしたよね。 もう1作目の3人組も立派に育っております。 当然ながら、淡くても恋が芽生え始める頃。 そ...
ハリー・ボッターと炎のゴブレット(2005) (萌映画)
またしてもこわかったよぉ。 ファンタジーというよりホラーだった。原作が怖いのは知っていたけど、ハリー・ポッターなんて子供映画だし、と高をくくっていたのが敗因。PG13なのに気付いていなかった(^^; > もっと表示を強調してくれ、日本の映画宣伝 「ハリー・
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (琴線~心のメロディ)
【2005年11月26日劇場公開】 【ジャンル:SF・ファンタジー】 【観た場所:ワーナー・マイカルシネマズ広島】 面白かった度:★★★★ オススメ度:★★★★ もう一度観たい度:★★★ いろんな事を一人で背負い込んで、一人で試練に立ち向かって 行くハリーが可哀想で、ち
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 評価額・1450円 (Blog・キネマ文化論)
●ハリー・ポッターと炎のゴブレットをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 ハリーが通うホ
映画館「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
ハリポタシリーズは「賢者の石」「秘密の部屋」は劇場で観ましたが「アズガバンの囚人」はまだ観ていませんでしが。シリーズモノは、きちんと順序どおりに観るようにしているのですが、大丈夫かなと思って観てしまいました。しかし「アズガバン」というのが今回の作品にも...
ハリー・ポッター 炎のゴブレット ジャパンプレミア (メルブロ)
ハリー・ポッター 炎のゴブレット 上映時間 2時間37分 監督 マイク・ニューウェル 出演 ダニエル・ラドクリフ エマ・ワトソン ルバート・グリント レイフ・ファインズ  特設HP 来日動画  ジャパンプレミアだが別に出演者や監督を来ない。多分国際フォ
行ってきましたよ、炎のゴブレット (てんぱっていきまっしょい。)
こんばんは、{/kame/} でございます。 明日、朝2の電車で集合なんですが {/hiyoko_thunder/}いやもう今日ですよ。 そんなこんなで ハリーポッターと炎のゴブレット 行ってきましたよ、えぇ。 あの世界は相変わらず好きなんですけど あの試合なんですか、こーちょーせんせ
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (映画を観たよ)
3作目の方が面白かったかな? でも年々面白くなってきているのは確実だと思います。 それからヴォルデモードの鼻が気になりました。 上下2巻のものをどうやってまとめるるかと思ってたらきっちりまとまってました。ただやっぱり全体的にあらすじにしか思えなかったです。 そ
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (★All alone★)
期待通り、157分すべて瞬きするのも もったいない ほどの面白さでした。 ハリー・ポッターと炎のゴブレット の初日。 16:45の回を見ようと1時間前に劇場に行ったのですが、すでに満席で仕方なく20:15まで時間をつぶす破目に。 やっぱり、いち早く観たいものね。 オンライン
ハリポタを見に行ったこと。 (花は枯れてまた咲く)
と言うわけで、けが人のぽちみですが、ハリポタを見にいってまいりました。先行の日は寿司に気を取られて行けなかったので、公開初日に参戦。前日に小説で予習をしていかなかったけど、結構小説の内容を覚えていた私は、「あれ、違うなぁ」と思わされました。そんなぽちみの
ふくちゃんの映画日記 その22 (ふくちゃんの懸賞日記)
「ハリーポッターと炎のゴブレット」 {/star/}{/star/}{/star/}{/star/}   試写会鑑賞 {/book/}ストーリー  製作:2005年  出演:ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリント 他 炎のゴブレットとは、三大魔法学校対抗試合の代表選手を選出する
ハリー・ポッターと炎のゴブレット・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
比べるのも失礼だが、「ロード・オブ・ザ・リング」三部作と「ハリポタ」の映画シリーズの一番の違いは、結局映画自体が物語っているか否かだと思う。 「ロード~」が映画単体でも物
『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』 (ラムの大通り)
-----『ハリポタ』も早くも第4作目だね。 今回は原作が2巻に分かれたあの大長編。 冒険もスケールが大きくて映画化は難しそうな気がするけど。 「そうなんだよね。原作を読んでいるときから、 これは果たして映画になるんだろうかと…。 でもよくここまでやったと思う」 ----
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (Lovely Cinema)
毎回写真集のパンフにはがっかりさせられてきたけど、今回はどうなんでしょう?!っていうことでおそるおそるパンフをめくったら・・・それなりに(ほんとにそれなりに!)登場人物の紹介や解説があったのでホットしました。 しかし鑑賞中は・・・原作をまったく知らない
ハリーポッター (ザクとは違うのよね)
 今日は、久々に映画を観に行ってきた。およそ3ヶ月ぶり。観たのは「ハリーポッター炎のゴブレット」。  これまでの3作品を全部映画館で観てきたので、今回も映画館での観賞。といっても、こんなに公開早々観るつもりはなかったんだけれどね。{/face_ase2/}わざわざ混ん
闇の帝王現る!? (キャスポ)
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」先行にて観てきました。 いやぁやはり原作2
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (Remember Tomorrow)
このシリーズ劇場初体験である。実は原作は全巻(5巻)読んでいたりする。児童文学ではあるが、ここまでは中々面白かったりする。オヤジが楽しめているのだから、子供達はさぞや非常に楽しんで読んでいるに違い無い。で、映画は? といういとWOWOWでやっているの...
Harry Potter and the Goblet of Fire(2005,U.S.) (The Final Frontier)
Harry Potter and the Goblet of Fire ハリー(Daniel Radcliffe)、ロン(Rupert Grint)、ハーマイオニー(Emma Watson)の3人は無事にホグワーツ魔法学校の4年生に進級。その新学期の初日、ダンブルドア校長(Michael Gambon)から重大発表がなされた。100年の封印を破り.
ハリー・ポッターと炎のゴブレット Harry Potter and the Goblet of Fire (Paranoia Vagrant)
小説を読んでいるときはすごくドキドキした。これを映画化したらどんなファンタスティックに仕上がるんだ
ハリーポッターと炎のゴブレット (any\'s cinediary)
[闇の帝王]現る。 <ストーリー> ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)の
ハリー・ポッターと炎のゴブレット HARRY POTTER AND THE GOBLET OF FIRE (travelyuu とらべるゆうめも MEMO)
ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン主演 人気のハリーポッターシリーズ4作目 ロンの一家の招待でハリーはハーマイオニー達と共に アイルランド対ブルガリアのクイディッチ・ワールドカップ Quidditch World Cupを観に行きます そこでハリー達は不
映画「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 (こまったちゃん。のきまぐれ感想記)
映画「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」開映17:10@錦糸町シネマ8楽天地 「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 HARRY POTTER AND THE GOBLET OF FIRE 2005年 アメリカ 配給:ワーナーブラザーズ 監督:マイク・ニューウェル 製作:デヴィッド・ハイマン、ピ
映画「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 (しょうちゃんの映画観賞日記)
公開当日劇場で観ました。「ハリー・ポッター」シリーズの第4作。原作は読まずに観ました。主役の3人ダニエル・ラドクリフ(ハリー・ポッター)、ルパート・グリント(ロン・ウィーズリー)、エマ・ワトソン(ハーマイオニー・グレンジャー)はさらに一段と大人になっていま.
『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』☆独り言 (黒猫のうたた寝)
なんだろ・・・やっぱりシリーズものってちょっとお祭りな気分になっちゃって 先行上映は見逃したハリーポッター・・・たぶん初日初回8:45上映の字幕なら 空いてるんじゃないかな?(あくまでも比較的にね^^;) まぁ、起きれたら行くかなぁ~ って起きれちゃっ
ハリポタを見に行ったこと。 (花は枯れてまた咲く)
と言うわけで、けが人のぽちみですが、ハリポタを見にいってまいりました。先行の日は寿司に気を取られて行けなかったので、公開初日に参戦。前日に小説で予習をしていかなかったけど、結構小説の内容を覚えていた私は、「あれ、違うなぁ」と思わされました。そんなぽちみの
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (ブログ:映画ネット☆ログシアター)
もうすっかり大人になった3人。今回はファンタジーに人間の心模様も映し出されていて、 子供だけではなく大人も満足できる内容になっていました。 空中あり水中ありダンスパーティありと色々なシチュエーションが楽しめます。 ハリーとロンのダンスにも誘えないヘッポコなと
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (シャーロットの涙)
それぞれが変わっていく…新たな序章のような作品   今までの1~3作品と何が違ったと感じたか、というとまず映像の光のとらえ方。 それから音楽。 スケール感がもっと壮大にそして荘厳に。最初にポートキーでトリップするシーンなんかは本当に広大な自然を写し出し、陽の光
ハリーポッターと炎のゴブレット (幻想と現実の狭間から。)
昨日は、土日で観にいく機会が無かった「ハリーポッターと炎のゴブレット」を旦那と一緒に観に行ってきました!川崎のチネチッタに行ったんですが、ちょうど夜のパフォーマンスの時間だったらしくライトアップされた...
『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』95点 (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』公式サイトマメ情報  ジャンル;ファンタジー 制作年度/国;\'05/米                      配給;WB  上映時間;2時間37分        監督;マイケル・ニューウェル       出演;ダニエル・ラド..
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (lip)
成長しちゃった3人が微妙にマッチしないけど、出来は上々。 賢者の石、秘密の部屋、アズカバンの囚人に次ぐハリー・ポッターシリーズ最新作、炎のゴブレット。危険なため、17歳以上しか出場出来ない三大魔法学校トーナメントになぜか出場する羽目になったハリーにふりかかる
**ハリー・ポッターと炎のゴブレット** (CinemaCoconut)
ハゥ~~~~♪フゥハァ~~~~♪?・・・ その吐息にも似たボーバトン魔法アカデミーの洗練された美しい女性達だけで、満足♪
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (ぷち てんてん)
あ~、今年はこの時期、再びハリー・ポッターのシーズンになりましたね~。前作はアクシデントで公開が遅れたものね。先行上映を見てきました。ネタバレしないで(というかネタバレする事がないかも)感想を。☆ハリー・ポッターと炎のゴブレット☆(2005)マイク・ニュー...
ハリーポッターと炎のゴブレット (和日和)
なんと昨日(19日)原作読み終わって感想ブログ書いた後、ちらっと映画情報検索したら・・・ なんと!先行上映日でした! しかも地元の映画館でもやってる!!! え、もしやコレ
ハリーポッターと炎のゴブレット (のんびりぐ~)
作品:ハリー・ポッターと炎のゴブレット 監督:マイク・ニューウェル 主演:ダニエル・ジェイコブ・ラドグリフ、ルパート・アレグサンダー・グリント    エマ・シャーロット・ドゥーレ・ワトソン、ロバート・パティンソン 制作:2005年 アメリカ 映画館 ハリー・ポ
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (ぐだぐだ日記)
観てきましたよ。先行上映。「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」。 もちろん原作は読んだんですが、実は内容あんまり覚えてなかったり… それと、カタカナを覚えるのが苦手なので、登場人物の名前が若干曖昧です。 ↓↓↓ネタバレします。↓↓↓ 今回はクィディッ.
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (Diarydiary!)
《ハリー・ポッターと炎のゴブレット》 ネタバレありますので原作は未読だけど映画
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」(2005・米) (雑記帳(ほぼ映画感想、ときどき舞台レビュー))
プレミア試写会当たった~!と、ハリポタ最新作試写会行ってきました。 なんでも5万通の応募があったそうで、 入り口では所持品チェックに金属探知器?チェック。 「こうまでするのなら豪華ゲストがっ??」とか思いましたけど、 結局誰も来ませんでした。まあそん...
「ハリー・ポッター 炎のゴブレット」劇場にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
本日全国公開の話題作『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』をファボーレ東宝で見てきました。 『ハリ・ポタ』シリーズ第4作の監督は「マイク・ニューエル」 ボグワーツの4年生となった『ハリー・ポッター(ダニエル・ラドクリフ)』たち。『ハリー』は『ハーマイオニー(
気になる映画 ハリー ポッターと炎のゴブレット (名前の無い日記)
さてさて、昨日は映画を見てきました。話題の映画 ハリー ポッター 炎のゴブレット。 初日だけあって凄い人・人・人・で中にはコスプレさんもいましたよ。 と言う事でネタバレ無しで、ご紹介を。 まずはストーリーから・・・。 ストーリ ホグワーツ魔法学校の夏休み.
気になる映画 ハリー ポッターと炎のゴブレット (名前の無い日記)
さてさて、昨日は映画を見てきました。話題の映画 ハリー ポッター 炎のゴブレット。 初日だけあって凄い人・人・人・で中にはコスプレさんもいましたよ。 と言う事でネタバレ無しで、ご紹介を。 まずはストーリーから・・・。 ストーリ ホグワーツ魔法学校の夏休み.
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (CINEMA正直れびゅ <ネタバレアリ>)
大ヒットシリーズの最新作。初日は混むのではずして、今日、レイトで観てきた。
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (HR BLOG)
シリーズ通して初めて劇場で観たけどすごい迫力なのねυ クィディッチW杯決勝のオープニングの映像かっこええ♪って思ったんも束の間、いよいよヴォルデモート卿復活の印が!!待ってましたo~-\\\')\\\\
★「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 (ひらりん的映画ブログ)
先行上映で観てきちゃいました。 PM11:10~なのに結構な入り。 もうチョイ遅かったら、前方で見上げる席しか残ってなかったみたい。 とりあえず、ひらりんの初ハリポタ劇場鑑賞でーーすっ。 (勿論、前3作はDVD鑑賞済みですが) 2005年製作のファンタジー・ア
見てきた見てきたぁぁ~~ (☆えみたんの日記帳☆)
ついに見てきたよぉぉ~~~!! 昨日は久しぶりにバイトの友達と遊んだんだけど 神戸へ遊びに行ってきてそこで 「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 を見てきたぁぁぁ~~~~連連 めっちゃ楽しみにしてたかいがあったよ烈 ほんまめっちゃ面白か.
『ハリーポッターと炎のゴブレット 』を観てきました (やっぱり邦画好き…)
「ハリーポッターと炎のゴブレット 」をレイトショーで観て来ました。 一応シリーズは全て観ていますが、それぞれ違う楽しみ方ができて良いと思います。私は原作の本自体触ったこともないので、物足りないとかという感覚はまったくありませんでした。内容的には、もうお子
ハリーポッターと炎のゴブレット (映画的実生活)
「ハリーポッター 炎のゴブレット」 (原題:Harry Potter and the Goblet of Fire)を観ました。 もう毎冬の風物詩になってきましたね。 なんだかんだいって、自分は毎作、映画館で観ています。今の映画で満足できるファンタジー映画はこれくらいですからね。
ハリー・ポッターと炎のゴブレット/ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン (カノンな日々)
ぶっちゃけ世間が騒いでるほど私は「ハリポタ」の映画にはワクワクしないんですよね。興味が無いわけじゃないんですよ。原作は映画化される前に読んでハマったくらいですから。映画は確かにこのハリポタの 世界観を創造力豊かに表現しているとは思うのだけど、本を読んで感.
ハリーポッターと炎のゴブレット。 (無名の内。)
ハリーポッター観てきたぞよ。 今回で4作目。 TVとかで評価見てると(今回はYAHOOムービーじゃない)かなり今回のは褒められてるから(特に言われてるのは“今までの中で一番良い”とか)なかなか期待して行ったんだが、 かなり面白かった! マジッす
予約のつもりが本編を「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 (猫とマンガとゴルフの日々)
週末見るつもりでハリポタの予約をしに、丸の内ピカデリーへ  最後の映画が始まると窓口も閉まるので、最終の始まる5分程前に着くよう、月末の残業を振り切って銀座で途中下車。  窓口に着いて、念の為これから始まる時間の空き状況を聞いてみると、なんとそこそこの席が
ハリーポッターと炎のゴブレット (ズバリ言うわよ!!)
ハーマイオニー役の子なんかすっげぇ大人っぽくなっちゃって美人になってきてるしるし!!(決してロリコンではありません。。) てか、フラー役の子まじかわいい!!
ハリー・ポッターと炎のコブレット (ルナのシネマ缶)
私は、原作を軽く2~3回は 読んでいるハリ-ファンなので、 このシリーズは毎回楽しみに しています。(笑) 今回も、まあまあ良い 出来だったと思います! あれだけ長い原作を、うまく2時間37分にまとめて いたんじゃないかなぁ~。 それにしても、みんな大きく
【劇場映画】 ハリー・ポッターと炎のゴブレット (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ クィディッチ・ワールドカップ決勝戦の最中、空に不吉な「闇の印」が現れた。不穏な空気の中で迎えた新学期、ホグワーツで、100年ぶりに「三大魔法学校対抗試合」が開催されることになる。命の危険を伴う試合のため応募資格は17歳以上と決められていたが、な
,,friends,,,friends,,, 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』 (パフィオ - People of About Forty Years Old -)
暗くて、長くて、イライラさせられたけど、 泣けた、泣けた、、、 エンドロールが長
どっちの映画SHOW 第19回「ハリーポッター」シリーズ (はまぞうさん)
芸術の秋「どっちの映画SHOW」特集第4弾! 今回は、ついに公開されたハリーポッターの最新作をレビューするので、前3作と比較してみよう。感想はいずれも、映画館で見た当時のもの。 第1作「賢者の石」か 第2作「秘密の部屋」か 第3作「アズカバンの囚人」か
ハリーポッターと炎のゴブレット (コッペリアの棺 分館)
先行上映に行ってきました。「秘密の部屋」の時も「アズカバンの囚人」の時も大混雑だったので、けっこう覚悟して行ったのですが、ものすごくすいてました… 驚きました。個人的には今までの映画の中では一番好きです。原作のダークさがよく出ていたと思います。もしかし...
「ハリーポッターと炎のゴブレット」みた。 (たいむのひとりごと)
いやぁ~長かったよ、エンドクレジット(そこからか?) それはともかく、167分
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (金言豆のブログ ・・・映画、本、イベント情報等)
 巻を重ねるほどページ数がガンガン増え、ついに本作からは日本語版は上下巻セットになってしまったほどのボリューミーな原作シリーズに対し、映画ってのは興行的な都合もあって2
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (みずのシネマ食いしん坊)
********************** ○作品名:ハリーポッターと炎のゴブレット ○監督:マイク・ニューウェル ○出演:ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン ロビー・コルトレーン マイケル・ガンボン レイフ・ファインズ ブレンダ
#50:ハリー・ポッターと炎のゴブレット (::あしたはアタシの風が吹く::)
クィディッチ・ワールドカップ決勝戦の最中、空に不吉な「闇の印」が現れた。不穏な空気の中で迎えた新学期、ホグワーツで、100年ぶりに「三大魔法学校対抗試合」が開催されることになる。命の危険を伴う試合のため応募資格は17歳以上と決められていたが、なぜか、4人目の代
ハリー・ポッターと炎のゴブレット  (はむきちのいろいろ日記)
ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人は無事にホグワーツ魔法学校の4年生に進級。その新学期の初日、ダンブルドア校長から重大発表がなされた。100年の封印を破り、もはや伝説となった“三大魔法学校対抗試合”がホグワーツ主催で復活を遂げるというのだ。それは世界の三大魔
ハリーポッターと炎のゴブレット (Enjoy Life♪)
14歳に成ったハリー。 今年はどんな事件が彼を待ちかまえているのでしょう ダズリー家から、早々とウィーズリー家へと出向いたハリー。 クィディッチのワールドカップが行われるので、 ロンのお父さんが、子供達を引き連れて 開催される場所まで、マルグの目をか...
映画「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 (いもロックフェスティバル)
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」を観に行った。 ハリー・ポッター・シリーズの
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (2005) 157分 (極私的映画論+α)
 ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人は無事にホグワーツ魔法学校の4年生に進級。その新学期の初日、ダンブルドア校長から重大発表がなされた。100年の封印を破り、もはや伝説となった“三大魔法学校対抗試合”がホグワーツ主催で復活を遂げるというのだ。それは世界の三大
ハリーポッターと炎のゴブレット (ペパーミントの魔術師)
なんだか今までのと随分雰囲気が変わりましたね。 「闇の帝王現る」ですから無理もないんですけど。 魔法いっぱい、特撮だらけでお腹いっぱいになりました。 ドラゴンの迫力もすごかったけど、 それよりも話がドーンと重くなってて 今までのわくわく感よりもむしろファンタ
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (欧風)
親に言われた事がある。「続き物をいきなり最新作から観るものではない」、と。幼かった私は、言葉の意味はよく分からんがとにかくスゴイ剣幕だと、親の言いつけを良く守る、よゐこちゃんだったんで、言いつけを頑なに守り、バカみたいに映画を観まくってるにもかかわらず、
Harry Potter and the Goblet of Fire (2005) (邦題:ハ... (はるちゃんのNY生活日記)
今までのハリポタ作品の中で一番好きかもしれません、この映画。 冒頭のワールド・カップのシーンは、本で読んだ時に頭で描いていた物よりはるかにスケールが大きく、上手く映像化されてました。このシーン、もっと見たかったかも。あと、ハリー&ロンが誰をダンスに誘うか
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (悠雅的生活)
成長したハリーに、ついにその時が訪れる
『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』鑑賞 (思うトコロあって・・・)
息子が代休で平日休みだったので早速観に行ってきた 『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』 平日なのに代休の小学生が多いせいか真ん中の席はいっぱいになっていた。 隣に人が来るのがいやなので迷うことなく端の4人席をとってゆっくりと鑑賞しました。
ぽったりあん (decorate☆)
今日は映画『ハリーポッターと炎のゴブレット』見てきましたぁ~☆★ ずっと見てきてるのもだからもう当たり前のように見に行ってしまいました。 平日にもかかわらずそこそこお客さん入ってて、さすがハリポタ! 内容的にはまぁ~いつもの感じかな。。別に決して全然悪か
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」ジャパンプレミア@東京国際フォーラム (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
今日は有給休暇をとって「ハリポタ」のジャパンプレミアのお昼の回に行って来ました。朝はいつも会社に出勤するのと同じ時間に出て並びました。けど今日は寒い~~。カイロを持ってくれば良かったなと…でも早くから並んだ事もあり23列目の中央付近となかなか良い席に座るこ
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (まつさんの映画伝道師)
第287回 ★★★☆(劇場)  映画終盤、ダンブルドア校長(マイケル・ガンボン)はこんな台詞をハリー(ダニエル・ラドクリフ)に言う。 「苦難に立ち向かう時、正しい事と楽な事を選択しなければならない」と。  これは人間の本質を突いている奥深い格言の.
ハリーポッターと炎のゴブレット /Harry poter & the Gobret of fire (我想一個人映画美的女人blog)
ハリポタシリーズ4作目 公開2日間で、日本の歴代5位の興行成績をあげたんだって! 先週の公開日、のんきに食事してから行くともう席が完売で観られず{/ase/}翌日も、ギリギリすぎてまたも完売{/face_acha/} 3度目にしてやっと観れた。。。。渋谷ピカデリー、300席じ
『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』速報 (Dead Movie Society★映画三昧★)
実は先週から、ウチの幼い娘が二人とも発熱・嘔吐で 仕事も手につかず、今週に入っても食べたらすぐ吐く、 いずれ吐く、という状態がなかなか良くならない。 にも関わらず、医者は同じクスリしかくれないし、 ちっともそのクスリが効かない。 最悪の場合、髄膜炎かも
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (足跡)
監督: マイク・ニューウェル 出演: ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリント、マギー・スミス、ロジャー・ロイド=パック あらすじ:今年ホグワーツで伝説の“三大魔法学校対抗試合”が100年振りに行われることになり、他校の生徒たちが大挙してやって
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (遠い海から来た・・)
今回は100年ぶりに“三大魔法学校対抗試合”が行われることになったホグワーツ校
退屈な2時間37分◆『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
11月4日(金)ピカデリー1(完成披露試写会)にて 世界中の魔法使いが集まったクィディッチ・ワールドカップ決勝戦。その興奮のさなか、大観衆を凍りつかせる事件が起こった。スタジアム上空に浮かび上がった不吉な\"闇の印\"。それは、ヴォルデモート卿復活の前触れだっ
『ハリーポッターと炎のゴブレット』 ダニエル・ラドクリフのヌードにキューン☆ (**今コレ★** ~今流行のこれって何??~)
新宿でついさっき見てきましたー。 時間遅いんでみたてほやほやで携帯から直送感想☆ 一言で言うと今回、端折りすぎでしたね。 前回まではストーリーおぼろげでも楽しめた感はあったんだけど、どうも今回は説明不足がひどすぎです。 まぁ、あんな分厚い本2冊分を
ハリーポッターと共に成長すること (|nao-life |)
ハリーポッターを見てきました。 久々に純粋に映画が楽しめた2時間50分でした。 魔法の世界に誘われるがままに、まるで夢をみているように どっぷりと浸りながらみていました。 僕は映画の内容に関しては特に触れようとは思いません。 僕の言葉での説明よりも、皆
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (まぁず、なにやってんだか)
待ちに待った「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」公開日。 さぞや映画館は長蛇の列かと思いきや、2時くらいだったけど列になってなくて、ちょっと拍子抜け。ギリギリになったらポップコーンも買えないかも、と心配したけど誰も並んでなかった。 このシネコンでは4シア
炎のゴブレット@ドタバタ劇 (八方美人のガスぬき)
初日にハリポタ見てきた。覚え書き。「ハリーポッターと炎のゴブレット」いつものように原作を読んでない人と一緒に見に行った。この話を2時間で理解するのはきっついぞ、めちゃくちゃ混乱するぞ、と思って横目で観察していたら、やっぱり眉根にシワが。あーーー今回も1...
『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』 (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
公式サイト:http://harrypotter.warnerbros.co.jp/gobletoffire/原題:HARRY POTTER AND THE GOBLET OF FIRE製作:2005年アメリカ監督:マイク・ニューウェル出演:ダニエル・ラドクリフ/ルパート・グリント/エマ・ワトソン/スターニスラフ・イワネフスキー/ロバート・パ.
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (JEFFSFIA)
 画面からビシバシ伝わる超動物愛護精神。  映画冒頭から出てくる伏線の意味が映画の最後の最後に分かると言うギミックが用意されているのだが、これって、日本人の多くはスルーすると思う。  っていうか、多くの日本人はそれを見ずに映画館を出る事になるだろうね。
ハリーポッターと炎のゴブレット (八ちゃんの日常空間)
あらかじめチケットを交換していたのでど真ん中の席。だけど、いざスクリーン内に入ってみると…両隣は友達同士で観に来ている中学生くらいの女の子。 大のおとなが一人で観賞なんて、彼女たちには考えられない世界らしく、ジロジロ見られた。つーか、土曜日の午後の回なん.
ハリーポッターと炎のゴブレット (利用価値のない日々の雑学)
昨年、前作では実現しなかったが、ここ数年このシリーズと「L.O.T.R」を家族4人揃って近所のシネコンに観にいくのが恒例となっていた。ついに今回からはそれも字幕になった。昨年、つまり、「ハリーポッターとアズカバンの囚人」でそれが実現しなかったのは、1.2作を観て、筆
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (future world)
このハリーポッターシリーズも回を重ねるごとに進化してゆく~~やっぱりシリーズモノはこうでなくっちゃね! 私自身、二作目の‘秘密の部屋’がけっこう好きで「だんだん面白くなてくる!」と期待していた三作目が・・・ガラッと雰囲気変わり「あれれ。。」だったので今.
ハリーポッターと炎のゴブレット(映画館) (MOVIE NOTE)
シリーズ化の重要課題?(中だるみ)は残ったけど それでも、やっぱり面白いことには変わりなし。 レベルの高い中だるみでした(笑) 待ちに待ったハリーポッターの最新作鑑賞。 今日はレディースデーということもあり、予想通りの 超満員でした。今週の土日は座席
ハリーポッターと炎のゴブレット (お気楽diary)
ハリーポッターと炎のゴブレット 公式サイト では またゲームがあった。 12/3土曜日 木場で観て来ました。新しい映画館は シートがいい。穴場なのか公開後の土曜日なのに、中は7割くらいのヒト。 なんだか ハリーの入浴シーンがあるとのことなので、ワクワク
ハリーポッターと炎のゴブレット (Alice in Wonderland)
思い入れの深かった『ハリーポッターシリーズ』なんですが、実は今作はまだ原書を読んでないのです。読んでから見に行こうと思っていたんだけど、もう我慢できなくなって本日見ることにしました。一作目ではハリーにスクリーンで会えたってことで涙してしまったくらいのハ...
『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』 (My Style)
記憶が薄れないうちに先週観た『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の感想を・・・ シリーズも4作目を向かえ一番に思ったことは、 いやいや~みんな大きくなったねぇ{/face_setsunai/} この年頃って、こんなにもかわってしまう時期なのか~ ハリー、ロン、ハーマイオニー
ハリーポッターと炎のゴブレット (風の音♪)
ハリーポッターと炎のゴブレット クィディッチ・ワールドカップ決勝戦の最中 空に不
ハリーポッターと炎のゴブレット【HARRY POTTER AND THE GOBLET OF F... (maimai\'s cinema land)
ハリーの思春期 ハリー・ポッターシリーズ第4作目、見る前はあんまり期待していなかったのですが、かなり良い出来では。もちろん原作にそのまま忠実にしたら、映画として時間が足りないし、端折ってた部分もあるけどあれはあれで良いと思います。シリーズ中一番楽しめた
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (ベルの映画レビューの部屋)
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (2005) 出演 ダニエル・ラドクリフ (ハリー・ポッター)     ロン・ウィーズリー (ルパート・グリント)     ハーマイオニー・グレンジャー (エマ・ワトソン)     トム・フェルトン (ドラゴ・マル
ハリーポッターと炎のゴブレット (シネマ日記)
はい、見てまいりましたぞよ。もう、何ヶ月も前から前売り券を買って楽しみにしていたこの作品。ポタリアンとしては見た遅いくらいかもですね。この炎のゴブレットですが、みなさんご存知の通り、原作が分厚い。現在6巻目まで読みましたがその中でも一番分厚いですよね。ク
#39 ハリー・ポッターと炎のゴブレット (ひじくろさんぼ)
■ハリー・ポッターと炎のゴブレット■ 映画の日なのでぇ混みまくりまんぼかと思いきや、 ぜんぜん余裕だったでございマンボ。 ちょうどょさげなのが、21時スタァトの回 しかな
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」(2005) (MY HIDEOUT~私の隠れ家~)
\"HARRYPOTTERANDTHEGOBLETOFFIRE\"監督・・・マイク・ニューウェル原作・・・J・K・ローリング出演・・・ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、トム・フェルトン、スターニスラフ・イワネフスキー、ケイティ・リューング、マシュー・ルイス、ロバ..
「ハリーポッターと炎のゴブレット」をみて (ブログで豚犬殿下)
「ハリーポッターと炎のゴブレット」をみました。ハリーポッター・シリーズの第4弾
ハリー・ポッターと炎のゴブレット@丸の内ピカデリー:レディースデー午後 (KINGDOM OF KATHARINE)
よくわからなかったけど、とても面白かったです秊 これが、ハリー・ポッターに関する前知識のほとんど無い私のとっても率直な感想である。
ハリー・ポッターと炎のゴブレット(11月26日公開) (オレメデア)
ご存じ,イギリスの作家J・K・ローリングのベストセラー小説の第4弾. 第1作目の「賢者の石」ではまだあどけなかったハリーも,もう14歳. 長期の休みにハリーは,魔法界スポーツ「クィディッチ」のワールドカップを観戦し,そこで事件に遭遇する. 「クィディッチ」って
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 (Je pense, donc je suis.―JOLLYの徒然日記―)
昨夜のお口直し&ハリポタ熱が嵩じて、今日も映画「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」(※公式サイトはこちら)を映画館へ観にいってきました。あれだけ、このシリーズをバカにして
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」をみた。 (今日も明日もカエラと映画とマンガ)
「オレはこういう世界で 自分がどれほどの男なのか試してみたいんだよ」 by村田 将五(WORST9巻) 毎度!! 最近、寒いですな。冬は嫌いです・・・なんか寂しくなるからね。 つー感じで土
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (南の島blog)
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」が上映開始されたので、見てきました。 ハリー...
映画生感想『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』 (Scarving 1979 : Always Look on the Bright Side of Life)
もはや生でもなんでもないですが、、、 2005年11月26日、ジェフサポお友達さんとおふたり、 ナビオTOHOプレックスさんにて、8時30分の回を観賞しました。 感想を一言で言うと、 しっかり家族向けの娯楽映画になってるな~、 と、終始とっても感心し切りな、 質が高く、誰で
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (ちびちゃんとふたりの毎日)
第4作目となる「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 ん~。いつものことなんだけど、期待しすぎて観た映画って、 どうも感動が少ない・・・ 今までの作品とはちょっと感じが違ったような。 やっぱり、原作を読むべきなのかなぁ? 話がどうも途切れ途切れのような気がし
ハリポタ (顔晴れウーマン)
「ハリポタ」 「ロードオブザリング」 たぶん「ナルニア国・・・」 この手のジャンルの映画はどうも苦手です。 普段、十分自分世界の空想には浸れるものの・・ 非現実的なお話には、どうして共感できない。。 とはいえ・・ ハリポタは全作品見ている。 見ているときは、時
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (Aloha Days)
え~うそぉ~!?ショックー! シリウス・ブラックが、スネイプ先生がぁぁぁ! まさか、まさか、まーさーかー! それだけかよぉぉぉぉぉぉぉ~~~ん!(号泣) スネイプ先生はまだ生身(?)だったからよかったものの・・・ シリウス、ゲーリー、マイダーリン! 嗚呼なんて
映画:「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」の感想 (Mr.Ericの感じたままで)
注意:ネタばれ有りなので、これから観る予定の方は楽しみが損なわれることをご承知いただいた上で御覧下さい。人気シリーズの4作目。過去のシリーズも劇場かDVDで鑑賞してい
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
デカイ!デカイよぉ~。成長しまっくてるじゃないですか、マコーレ・カルキン君。え?違うの?シリーズ全部彼だと思ってました。丸眼鏡で変装してるんだと・・・・  それこそ魔法で成長を止められなかったのでしょうか?・・・・そんなわけで、今月の「映画の日」はこの映
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (ぶっちゃけ…独り言?)
5点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。) う~ん・・・期待が大きすぎたのか、かなりガッカリさせられました。 てわけで、先ずは前三作のワタクシの評価ですが・・・ 『ハリー・ポッターと賢者の石』6点 『ハリー・ポッターと秘密の部屋』6.5点 『ハリー・
映画鑑賞記「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:05.12.09 鑑賞場所:AMCイクスピアリ16 シリーズ4作目、ぐっと大人になったハリー。 魔法も上達した代わりに、彼の身に及ぶ危険も大きくなっていた。 ハリーとロン、そしてハーマイオニーの成長も楽しみだが、ホグワーツの教授陣の顔ぶれも楽しみ
ハリーポッターと炎のゴブレット (四流人間のヒネクレ日記)
『ハリーポッターと炎のゴブレット』を 映画館で鑑賞。久しぶりの映画館だった。 ドラゴンのCGは キレイだった。迫力も有り。 奪いとるものは チョコエッグに見えたけど。 水
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (ようこそ劇場へ!)
早いもので『ハリー・ポッター』シリーズも既に4作目。 同じファンタジー系でも『ロード・オブ・ザ・リング』と大きく異なるのは、LOTRが壮大な長編ロード・ムービーだったのに対して、ハリポタは一応続き物ではあるものの、「一話完結」読み切りスタイルで作られている
「ハリーポッターと炎のゴブレット」 (NAOのピアノレッスン日記)
やっと行ってきました「ハリーポッターと炎のゴブレット」。 2005年 アメリカ作品 157分 監督)マイク・ニューウェル 脚本)スティーブ・クロ-ヴス 音楽)パトリック・ドイル 出演)ダニエル・ラドクリフ 、ルパート・グリント 、エマ・ワトソン シリーズ
『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』 (ねこのひたい~絵日記室)
なんともお恥ずかしい次第であります。 『炎のゴーフル』ってボケのため、ネット検索してるうちに、無性に腹が減ってきて、風月堂に注文してしまいました。
ハリーポッタと炎のゴブレット (おさんぽ日記)
ハリーポッタと炎のゴブレット 監督 マイク・ニューウェル 出演: ダニエル・ラドクリフ (ハリー・ポッター) ルパート・グリント (ロン・ウィーズリー) エマ・ワトソン (ハーマイオ
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (MOMMYな毎日)
先日の日曜に、観て来ました! ハリー・ポッター第4段、炎のゴブレット。 娘とその友達と一緒に行ったのですが、 娘たちは日本語吹き替え版、私は字幕版と分かれて鑑賞。 いやぁ、久々に生声ハリー。声変わってるねぇ。(前に見たのは第1段だったし) 内容は・・・ .
ハリーポッターと炎のゴブレット (ガブ飲み生活♪)
ようやく観て来ました「ハリーポッターと炎のゴブレット」{/kaeru_en4/} 話もようやく4作目。 本を読んでいるので、内容はすべて分かっているのだけど、 映像で観るのとはまた趣が違うので、これまでも楽しみにしていたもの{/heartss_pink/} これまでの3作よりも話は重く、
『ハリ-・ポッタ-4、炎のゴブレット』吹き替え版鑑賞 (★レモン亭ミルクココアの映画部屋★)
もう、圧巻でした。 この為に前作の三巻を復習したので、三人の成長に驚くばかりです。 ミス・グレンジャーがドレス姿で画面に現れた時は不覚にも泣きました。 こんなに素敵になっちゃって…。 話の内容は、原作を読んだ主人の話では、かなり忠実みたいです。 しかし、ハリー
ハリー・ポッターと炎のゴブレット[映画] (☆きままな日記帳☆)
先日見てきました。ちょいネタばれ入ってます。見てない方はご注意を 2005年アメリカ(157分) 原作:J・K・ローリング 出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、etc     率直な感想ですが、今までの作品に比べあまりおもしろ
ハリー・ポッターと炎のゴブレット@品川IMAXシアター:日曜夕方 (KINGDOM OF KATHARINE)
ほとんど予備知識のないまま、いきなり今作のハリポタを見に行ったのが約10日前。 なかなか厳しい体験だったことは、前回のレビューに書いた通りである。(^_^;) とはいえ、映像の美しさや迫力には驚き、胸がときめいた2時間半だった。 そしてその時、映画を見終わって私が
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 (映画通の部屋)
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」HARRY POTTER AND THE G
『ハリ-・ポッタ-4、炎のゴブレット』吹き替え版鑑賞 (★レモン亭ミルクココアの映画部屋★)
もう、圧巻でした。 この為に前作の三巻を復習したので、三人の成長に驚くばかりです。 ミス・グレンジャーがドレス姿で画面に現れた時は不覚にも泣きました。 こんなに素敵になっちゃって…。 話の内容は、原作を読んだ主人の話では、かなり忠実みたいです。 しかし、.
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 2005年【米】マイク・ニューウェル監督 (トーキング・マイノリティ)
 シリーズ4作目。前3作と違い、今回は原作もこれまでの倍ちかい頁数の長編なので、どうしても話を端折る傾向になるのは仕方ないだろう。主人公ハリーはじめ友人たちもさすがに大人びてきた。やはり女の子は男子に比べ成熟が早いと改めて思った。  これまで親友だった
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」さよなら子供時代 (soramove)
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」★★★☆ ダニエル・ラドクリフ、エマ・ワトソン、ルパート・グリント主演 マイク・ニューウェル監督、2005年アメリカ この冬一番の大作が いよいよ公開! 「ロード・オブ・ザ・リング」に うつつを抜かしていたので 「ハ...
クリスマスにハリーポッター? (いろいろ撮っちゃうよー)
やーっと観てきました。 まだやってたんですね。 ハリーポッターと炎のゴブレット
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (まり☆我が道を行く)
さっきね、ものすごいショックなことがあったよ・・・。 ハリー・ポッターと炎のゴブレットを観に行った感想を長々と 一生懸命書いてたのに、パソコンがおかしくなって全部消えちゃった・・・。 こんちきしょー!!ってかんじだけど、悔しいのでまた書くよ、私は書く~!!
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (minaの官能世界)
 今回は、先行上映こそ見送ったが、よせばよいのに、通常公開初日に映画館行きを敢行した。 この作品、前評判が凄いものだから、公開初日には、地方の映画館としては異例ともいうべき長蛇の列がチケット売り場にできた。 これが厭なのだ。短気なわたしは、それだけで、も
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (映画にKISS☆ (おはなとぱーこ))
製作/2005年  米 監督/マイク・ニューウェル 原作/J・K・ローリング 出演/ダニエル・ラドクリフ 、ルパート・グリント 、エマ・ワトソン 、トム・フェルトン 55点 成長しちゃってまあ… あ~ぁ… あんなに幼くて可愛かったダニエルくんが…。 「ハリー・ポッ
ハリー・ポッターと炎のゴブレット-映画を見たで(今年1本目)- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:マイク・ニューウェル 出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、スターニスラフ・イワネフスキー、ロバート・パティンソン 評価:75点(100点満点) 公式サイト 安心できる同じキャラの登場と子供たちの成長は見る
ハリーポッターと炎のゴブレット (toe@cinematiclife)
今年1本目の映画は、魔法の上手なハリーくん。 前作の「アズカバンの囚人」を見逃していて(^^;)、ちょっと不安だったんだけど、大丈夫だったみたい。 早いもので、少年だとばかり思っていたハリーくんも思春期を迎えたのね。 何も考えずに楽しみたいときには、いいかも
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 (●○ゆるゆるシネマ感想文○●)
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」  公式サイト 劇場鑑賞  ゆづあげの好き度(満点は★5個) ★★★★☆ ? 2005年11月26日公開  ●○制服の下に隠されたハリーくんに・・・(/。\)イヤン ○● やっと観に行ってきました。ハリーくんと仲間たち。
『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』 (Simply Wonderful ~Diary & Hobby etc...~)
「アクシオッッ! ファイヤーボルトォォ!!」(箒よ来たれ!) 魔法って本当にすごい!! クィディッチのワールドカップ、その迫力ある試合の様子に、ハリーじゃないけれど、度肝を抜かれ、あっという間にファンタジーの世界に引き込まれてしまいました。 最高のファンタ
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (ももママの心のblog)
ハリー・ポッターシリーズ4作目。いよいよ思春期に突入の彼らにまたも新しい事件が・・・ 2005年 アメリカ 2006年1月10日 川崎チネチッタ ファンタジー、アドベンチャー、アクション 監督 マイク・ニューウェル(モナリザ・スマイル) 出演 ダニエル・ラドクリフ(ハリ
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」を観て来た~ (広島弁日記)
 昨日は、「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」をヒルズの映画館で観て来たんじゃ  すーーっごいえかった  小説をよんどるけん、内容はわかっとんじゃけど、細かいところは忘れとるけん、はしょられとる部分もそんなに気にならず楽しめました。  分厚い本を3時間...
ポッタリアン?断じてポッチャリアンではありません。・・・ハリーポッター感想 (カッパおだてりゃ木に登る)
ハリーポッターと炎のゴブレットの感想 大作を正月に見てきたよ。
映画「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 (teeter-totter)
ジャンル:ファンタジー 製作年:2005年 製作国:アメリカ 配給:ワーナー・ブラザース映画 監督:マイク・ニューウェル 出演: ダニエル・ラドクリフ エマ・ワトソン ルパート・グリント レイフ・ファインズ ベストセラー「ハリー・ポッター」シリーズの第4弾。 ついに’例の
「吹替え」を考える その1 (Leoの、『一年に映画を100本観るぞ!』 キャンペーン)
例えばテレビのスイッチを入れて、そのまま画面を見ない状態のときにですね、 「あっ。今、吹替えの映画やってるな!」 と思うことってありませんか? つまり、「音だけ聴いて、吹替えと判る」ということ。 ありますでしょ? 独特の言い回し、大げさな話し方。 誤解しないで
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
大人気「ハリー・ポッター」シリーズ第4作目! かなり遅いですが、ロングラン公開で1月に見てきました! (感想あげるの遅いってば…orz) 妙に成長しちゃった主人公たちに違和感を覚えつつも劇場へー♪(笑) このイラストの為にわざわざハリポタフォントDLしまし..
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (夢見る小悪魔)
監督:マイク・ニューウェル 製作:デイビッド・ヘイマン 脚本:スティーブ・クローブス 美術:スチュアート・クレイグ 衣装:ジェイニー・ティーマイム 音楽:パトリック・ドイル  出演:ダニエル・ラドクリ/ルパート・グリント/エマ・ワトソン/トム・フェルト 《ついに決戦の時
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (カラスのBlog)
ハリーポッター第4作。 冒頭はクディッチのワールドカップ。 シリーズものでは、話がだんだん大きくなるのが常だけど、そうか、ワールドカップときたか。 原作のイメージでは開会式はもっと派手で幻想的なものかと思ったけど、まあこれはこれでありかな。 第1作 ハリーポッ
ハリーポッターと炎のゴブレット (駄菓子屋Weblog)
もう公開から随分経っているので多少のネタバレはOKかなぁ? ダーズリー家でのエピソードが一回も出てこない(映画では)初 めての作品ですねぇ........ また、ホグワーツ以外(例えばホグズミード、ダイアゴン横町等 々)のエピソードなども、本作では出てきま.
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (CinemA*s Cafe)
http://harrypotter.warnerbros.co.jp/site/index.html やっぱりハリーは観るだけでワクワクしてくる映画だなーと思う(^^) お話はきっと原作を読んだ方がいろいろと細かいところも説明されているだろうし、理解もしやすいのだろうけども映画にはビジュアルであの世界を観
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (Blossom Blog)
ハリー・ポッターと炎のゴブレット HARRY POTTER AND THE GOBLET OF FIRE 監督 マイク・ニューウェル 出演 ダニエル・ラドクリフ ルパート・グリント エマ・ワトソン アメリカ 2005
『ハリーポッターと炎のゴブレット』・劇場 (しましまシネマライフ!)
今更ながら『ハリーポッターと炎のゴブレット』(字幕版)を観てきた。 《私のお気に入り度:★★★★☆》
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 06年97本目 (猫姫じゃ)
ハリー・ポッターと炎のゴブレット ダニエル・ラドクリフ (DANIEL RADCLIFFE )って、1989年生まれ、17才?ルパート・グリント (RUPERT GRINT )が、1998年生まれ、18才エマ・ワトソン (EMMA WATSON )は、1990年生まれ、16才 もう無理yo、 ...
「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」82点。 (mountain77 D.Reverse side)
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 通常版 いつもこのシリーズを見て思うんだけど、今の子供たちはこの映画のことをどんな風に思っているんだろう。 俺は子供のとき「ネバーエンディングストーリー」を見て、大興奮した。 多分、映画が大好きになった大きな事 ...
『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』 (*Sweet Days*  ~movie,music etc...~)
ハリー・ポッターと炎のゴブレット 特別版 CAST:ダニエル・ラドクリフ 他 ホグワーツ魔法学校の4年生になったハリー・ポッター。新学期を迎えた学校では、魔力を競い合う伝説のイベント「三大魔法学校対抗試合」が開催されることに。17歳以上と定め ...
ハリーポッターと炎のゴブレット (多いに語り多いに笑う)
もうDVD出たんですね。ついこの前までやってたのに。原作のほうでは3巻が一番お気に入りなんですが映像にするなら4巻が一番見ごたえあるだろうなと予想していた通り、とても楽しく「ファンタジー映画を観た!」って感じだった。4年生になった子供たち。みん ...
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (【axe.com】)
人気シリーズの4作目です。まず出来よりもラドクリフ君達の成長に目が行ってしまう。おっきくなりましたねー、まるで『渡る世間は鬼ばかり』を観てるよう。もう原作のポッター(14歳)と実年齢(17歳)に差が出始めてきましたが、このまま力押しで次回も撮影するそうで ...
ハリー・ポッター 炎のゴブレット (シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー)
今回は三大魔法学校対抗試合がストーリーの中心。主人公のハリーが出場し、次々に課題をクリアしてゆきます。今作品は4作目とあって、いつもの3人のキャラクターも成長し大きくなり、顔つき、体つきも大人びています。ハリー・ポッター役のダニエル・ラドクリフ ...
映画・ハリーポッターと炎のゴブレットより、日常英会話抜粋! (英語の本を原書で読みたい!)
映画・ハリーポッターと炎のゴブレットから、日常英会話抜粋です。ハリーシリーズも4からは、翻訳では上下巻分かれるくらいのヴォリュームで、映画化は難しいようにも思えたのですが、多少忙しいですがよく出来ています。(ハリーポッターと炎のゴブレットより、 ...
ハリー・ポッターと炎のゴブレット・・・・・・ (サクサクっと・・・)
ハリー・ポッターと炎のゴブレット やっと見ました 「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 すっかり忘れていて、今頃になって・・・・・・・
ハリー・ポッターと炎のゴブレット (mama)
2005年:アメリカ 原作:J・K・ローリング 監督:マイク・ニューウェル 出演:ダニエル・ラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソン、マギー・スミス、ロビー・コルトレーン、トム・フェルトン、マイケル・ガンボン、アラン・リックマン、スターニスラフ・イワ...