koon's blog

二郎、ラーメン、カレー、路麺、飲み屋の情報等。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

七重の味の店 めじろ@藤沢 再開オープン(閉店→移転?)

2012年02月18日 | ラーメン(神奈川)
ちょっとわけあって、更新が遅れてしまいましたが、
少しづつまたアップしていこうと思います。

さて、藤沢に名店復活のうれしいニュース。




七重の味の店 めじろ

代々木に移転しためじろが場所を変えて復活です。



もしかしたら長蛇の列にでもなってるかな?
と思ったらそんな事はなく、しばし待ったあとにすぐに入ることが出来ました。



この日は、開店記念で醤油塩とも一杯300円で提供されていました。

どちらにしようかなあ、と悩んでいると、
隣にお座りの常連らしきお客さんが店主から
「どうせ両方食べるんでしょ?」的なことを言われていまして、
せっかくなので「私も両方頂いて良いですか?」と乗っかっちゃいましたw
(お隣にいらした常連様、その節はありがとうございました。)



塩ラーメン。

めじろらしい、出汁がしっかり土台を作り、塩味がピシっと決まったスープ。



麺は細めんで若干硬めのゆで具合。
代々木から運んできたそうです。

以前藤沢で営業していた頃よりも、表面の油が少なく、出汁の味がしっかり感じられて、
自分の好みど真ん中で、思わずうなり食いしてしまいましたw



醤油ラーメン。



太めのメンマも相変わらず、コリコリと食感がいいですね。



ベースのスープは同じなのですが、塩に比べると醤油のほうが丸い感じ。
醤油の旨味成分がよく感じられ、奥行きにある味に仕上がってます。
これもあっという間に完食。
今回はすぐに食べ比べたからか、違いというかそれぞれの良さがよくわかりました。


しばらくは昼間だけの営業という事。
あまり無理をせず、末永く続けて欲しいお店です。


~~~

日本ラーメン秘史 (日経プレミアシリーズ)
大崎 裕史
日本経済新聞出版社



ラーメン プロの技術 (柴田書店MOOK)
クリエーター情報なし
柴田書店




業界最高権威 TRY認定 第12回ラーメン大賞 2011-12 (1週間MOOK)
クリエーター情報なし
講談社


コメント (2)

気仙沼 かもめ食堂@新横浜ラーメン博物館

2012年02月03日 | ラーメン(神奈川)
2012年2月2日に新横浜ラーメン博物館にオープンした
「気仙沼 かもめ食堂」の開店前日に行われた試食会に
ありがたくも参加させて頂きました。(Kさん、ありがとうございました。)



お店に関する詳細は、こちらのニュースリリースを是非ご覧下さい。



関係者の方に伺うと塩味がおすすめとのことなので、素直に従って見ました。



気仙沼ラーメン 潮味 半熟煮玉子入り



半熟味玉。
トロトロのもいいけど、このくらいのも好き。
でも、固茹でも好きw



小さいけど美味しいチャーシュー。



メンマ。



凄く優しい味わいのラーメンでした。
最初はちょっと薄いかな、と思ったんだけど、
食べ進む内にジワジワ旨みが増して感じられて、
結構量が多かったんだけど、最後まで飽きずに食べられました。







メンチカツもいただきました。



割って見ました。
ちょっとお見苦しいかと思ったので、小さくして見ましたw
これが肉汁がジュワッと玉葱の甘味もたっぷりで旨いです。
状況が許せばビールと一緒に行きたい♪



今回は食べなかったけど、醤油もかなりおいしいとのことなので、
次回は是非。
コメント

らあめん花月嵐 藤沢石川店 

2011年12月13日 | ラーメン(神奈川)


らーめん花月嵐にて期間限定で提供されている、
喜多方らあめん大崎食堂を食して参りました。


花月の期間限定ラーメンというと、
アレをアレしたやつとかアレにアレしたやつがアレなので、
あまり食指が動かないことが多かったのですが、
今回はシンプルな喜多方ラーメンということで
ちょっち興味がそそられたわけでして。




なにより、喜多方ラーメンが好きなのに近場で食べられる店がないので、
今回の企画は嬉しかったりするのです。
(濃い系のラーメンは近場に美味しい所が結構あるんですけどね)



というわけで、喜多方らあめん大崎食堂 720円也。
デフォで胡椒が振られ、チャーシューは6枚も乗ってます。
それにメンマとネギ。



ナルトの向きもしっかり「の」の字になってます。
チャーシューは薄めだけど、柔らかく枚数も多く満足。



麺は特注の平打縮れ麺。
スープは鶏ガラ中心のあっさりしたもの。
割と味付けが濃く、若干甘目に感じました。
好みで言うともう少し薄めでもいいかなあ。
でも花月の客層を考えると、このくらいで丁度よいのかも。
メンマの味付けも濃い目なので、逃げ道がないんですよね。
ライスが合いそうな気がしますわ。危険が危ないけど。

とか何とか言いながら結局完食しちまいました。

正直、食べる前はそんなに期待してなかったんですが、

美味いじゃ (゜д゜lll) ないっスカ!!(パクリw)



提供する店舗や作り手によっても少し味は変わるかも知れませんが、
一度食べてみても損はないと思います。
もちろん喜多方の有名店や、都立家政のあの店などに比べちゃうとアレですけど、
アレ系なラーメンをアレして出すよりよっぽどアレではないかと(意味分からん)

ともあれ個人的には結構気に入ったので、また食べに行こうと思います。
コメント

白い惑星 うどん粉星の王子@藤沢

2011年10月12日 | 食日記




最近はまってるうどんやさん。



藤沢に2011年2月にオープンした
白い惑星 うどん粉星の王子でございます。
それにしても、変な店名w


藤沢駅からは徒歩7~8分ってところでしょうか。



メニューはこんな感じ。






店内はカウンターのみ10席ほど。
天ぷらなどはセルフサービスです。



半熟卵天、鶏天



海老天、掻き揚げ

エビ入りかき揚げ、しそ巻き海老天、まいたけ天、半熟卵天など、
どれでも一つ100円。
中でも鶏天などは、100円では申し訳ないほどの大きさ。





かけうどん 300円



しっかり腰があるけど、硬すぎるようなことがなく、
もちっとして旨い麺。
それに薄味の出汁が旨い!

これ一杯でしっかり満足できる量があります。
少食の方は麺少なめで注文したほうが良いかも。



ぶっかけ 350円



こちらは濃いめの味付け。
これに半熟卵天を割り入れて麺と一緒に食べるとタマランです。



肉かけ 430円

ちなみに肉かけは、湘南藤沢グル麺コンテストに出品したメニューの通常版ようです。



ばら肉をカリッと焼いて、醤油で味付けしたものが乗ってます。
焼いた豚肉の香ばしさと、あっさりした出汁がよく合います。



と、こちらのブログで拝見したら肉の味付けが変わっているようですね。
コンテスト仕様に変わったのかな?
近々食べに行ってみようと思います。

~~



自家製の調味料。(すりだね、というそうです)


これをほんのひとさじ投入すると、
パンチが効くのと同時に俄然旨みが増しますよ。
少し食べ進んでからの途中投入がおすすめ。

しかし、こんな良い店が地元にできていたのに
半年以上も気づかなかったなんて。。。
遠くからわざわざ食べに行く程でもないとは思いますが、
機会があったら食べてみてください。
コメント

麺食堂 杜屋@伊勢原(閉店)

2011年03月04日 | Weblog
※2011年10月23日閉店しました。

神奈川県伊勢原に2010年末にオープンした
麺食堂 杜屋に行ってきました。



この前に営業していた、基(MOTOI)、さらに前の麺や楽と同じ、渡辺樹庵氏のプロデュース店。




看板に掲げられたメニューは白、赤、辛の三種類の味噌タンメン。




暗くてブレブレで見にくくてすみません。
醤油タンメンや塩タンメンはメニューに無いようですね。
ちなみに醤油にはつけ麺がありますね。



初めてなら基本メニューと思われる白味噌タンメンを頼むのが筋なんだろうけど、
同行者が発注済み(写真なし)だったので、赤味噌ラーメンを発注。

タンメンと言うことで、野菜がモリモリ乗っかってるのかと思ったらちょっと期待はずれ。
まあ、こんなんなったらそれはそれで困りますけどねw



チャーシューは炙りチャーシューになっておりますが、
私的にはあぶらなくってもいいかなあ、と。。。
なんか味噌の香ばしさが消えちゃう気がするんですよねえ。



麺は太めのちぢれ麺。

全体の味付けが濃いことと具が多いのもあって、
普通だと量はそんなに多く感じないです。
ライスを付けるか、大盛りにするほうがバランスがいいのかも。。。



こちらは同行者の味玉チャーシュー赤味噌タンメン。
こうしてみると、肉多いなあw




サイドオーダーの餃子は、まあ至って普通。
味噌味に飽きたときの箸休め的には調度良いかな。

街道沿いにあることでお客さんはそれなりに入ってるけど、
遠くからわざわざ行くほどでもないかなあ、ってのが正直な感想。
近かったら重宝しそうだけどね。。。
コメント (2)