潮風に吹かれて、松浦フル。

2020-02-10 13:48:36 | 日記
 2月9日(日曜日) 松浦市は今朝も強風。百枝製菓さんで貰ったカステラの切れ端をぶら下げて、「海の駅」jogtripの会場へ。ヒデさんが、喜んでいます。切れ端と言っても、お餅のおこげが美味しい以上に美味しいのです。

 開会式が始まると、雨が降ってきた。今日は、やばそうだなぁ、アミリンがなんちゃら説明している(初参加の方がいるようで、「ベテランにはついていくな」、、、とか)のは耳に入らず、ウインドブレーカーからレインウエアの上下に着替える。定刻9時にならないのに、「寒いからスタートしましょう」、、とか、いつもは「スタート時間にはキビシイ」とか言うくせに。いい加減さがお腹とともに膨らんでる。おっとっと、gpsのスイッチが入ってないぞ。アッというまにみんな出ていった。

 カッパさんに『山づと』のお礼を言う間もない。川べりを行くまで、mrK氏らと久々の挨拶を交わすも、直ぐに遅れて一人旅。青年たちが急坂を走り上る。いいなぁ若い人は。最初のオアシスは、河童巻き、ひとり3ヶ。今日は、4ヶ所だから、次はコーヒー大福。で、おいなりさんに、平戸産ミニトマト。完璧に予測できます。

 ずーっと、とぼとぼ走る。大崎付近の海岸線、ここに来ると、ああ、よく走ってきたなぁと思う。好きな景色です。星鹿の集落の手前当たりで30km、ちょうど午後1時。まぁ、いい調子だ。遅いけど精いっぱい。

 城山の展望台にも登る。いつも疑問だが、展望台へは42,195に入ってるのだろうか。強風なのに皆さん、頑張って上っている。爺さんは、情けない表情で1枚。相当にポンコツなのがありありと写ってます。

 pm14;39ゴール。爺さんのエプソン君では、41,827㎞。jogtripのナンバーカードを見たら、42kmとなってますね。まぁ、こんなコースで正確な距離計測は無理でしょう。アミリンのいい加減さのせいではありません。

 小出監督は『マラソンは毎日走っても完走できない』とおっしゃってますが、爺さんは、「毎日、10km走れる脚力と身体が欲しい」と痛切に願うのであります。とぼとぼ走りばかりで、1月は346km、今月は、これで148km。「姫路城マラソン」を完走したいものです。
 次の日曜日は、出ないけど、北九州マラソン、熊本城マラソン、ほかマラソン大会のピーク。コロナの影響なしに開催できるといいですね。皆さん、がんばってください!

 
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 八木さんに会いに松浦へ | トップ | 春の日に »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たにざき)
2020-02-10 22:39:43
遠藤さん、伊万里から走って来られたとのことで大変お疲れさまでした。素晴らしいです‼雨は大降りにならず、小雨程度で良かったですね。川から始まり山へ上って海へ出て山の上の展望台へ上って景色を見渡すこのコースが好きです。私はこのコース4回目にして初めてコースロストせず、また城山展望台への登りを初めて歩かず走って上ることができました。帰りに百枝製菓店へ寄って家族へお土産を買って帰りました。「昨日ジョグトリップ参加者の方が立寄ったでしょ、カステラ美味しかったです」と店主に話すと、「えぇ確かに来られました、伊万里から走って来られたと聞いてビックリしました。どちらから参加の方ですか?」と聞かれたので福岡市南区から参加のジョグトリップのレジェンドの方ですとお伝えしました23日の姫路城マラソン頑張ってください‼
Unknown (爺さん)
2020-02-11 10:06:38
谷崎さんこそ、次は、北九州マラソンではありませんか。松浦のコースは、いいですねぇ。それと、長崎のもっちー嬢は、松浦高校出身とかききましたが、こんなコースで練習したんでしょうね。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事