案内人の観星望記 2

天文、パソコン、Linux、電気、資格etc と色々です。(^^;;)

イメージと処理の狭間で・・・・・・(--;)

2011-02-08 01:25:23 | 画像処理

昨年は、実働時間自体は、少ないですが、そこそこ撮影はしています。しかし、ブログに紹介した画像数は、少ないです。(__;)  その前の年までは、そうでもなかったのですが、どうも昨年辺りから、撮影時に 既に 頭の中に表現されるべき画像のイメージが浮かんでしまい、それに対して実際の処理の方が追いつかず、ボツ に・・・・(--;) って事ですね。まぁー 妥協すれば、並の画像はコンスタントに出せるのでしょうけど・・・・・・・どうやら、私は精神的に妥協できなくなってきたようです。(^^;)  ウーン そろそろ 画像処理用のマシンを更新しないといけない時期にさしかかってきたようですね。 予算さえあれば、いつでもバリバリの画像処理マシンを組めますけど、先立つ物を考えると、頭が痛いです。(--;)  せっせっと、画像のストックをすべきか? はたまた もう少し居眠りしているべきか?  さて・・・・・

              案内人

コメント

もう限界でしょうね。 (--;)

2010-07-14 00:17:34 | 画像処理

 今年になってから、まともに撮影が出来ないので、旧作で 画像処理の勉強でもすれば良いのでしょうけど・・・・・・もう 限界ですね。(--;) 今の手持ちのマシン(パソコン)の能力では、原版から隠れた部分を引き出せないです。本当は、去年の撮影期間の半ばから、薄々 気づいてはいたのですけど・・・・・無理矢理  上っ面の処理だけをやってました。 (^^;) もちろん、まったく引き出せないわけではないですけど、膨大な時間と労力がかかるのが、わかっていましたので、ひたすら 画像のストックを溜めるのに専念しました。 しかし、もうそろそろ 新システムに移行する事を真剣に考えないと、先に進めそうも無いです。(__;) 実際のマシンパワーもさることながら、1024x768 の4倍程度のワークエリアがないと、ツライですね。先立つ物の調達という大問題がありますけど・・・・(^^;)、少々 リサーチしてみます。

              案内人

 あんまり、マシンパワーに頼ったソフトは使いたくは無いですけど・・・・(__;)

コメント

まだまだ知らない事がある・・・・・(^^;)

2010-02-14 03:36:36 | 画像処理

 気づけば、こんな時間に・・・・・(x_x;) ほんと 知らない画像フォーマットってありますねぇー。拡張子が *.mos ってのに、初めて遭遇して、ネット内を走り廻った挙句、同封の*.tifファイルと画像が同じで、脱力しました。(--;) もっとも、これは写真館なんかの記念写真などで使われているようなので、天文とは無縁(?)でしょうけど・・・・・(^^;) ついで、画像フォーマットを色々と調べましたけど、jpgなんかも亜流(新種?)が出てきているようなので、いよいよもって、ソフトの更新を考えないといけないですねぇー。ウーン 面倒だ・・・・・。

 風呂にも入ったので、寝よう・・・・・(^^;)     案内人

オマケ:引越し余波で、手持ちのブランクCDが物理的に全滅したようです。転がったのかな?? それとも落下?? (__;) CD書き込み不可のチェックでよけい遅くなった・・・・・ウーン ブランクDVD-Rの方は大丈夫だろうか? 先日 5枚もパーになっているのを発見したから、もう無いとは思うけれど、まだあったら・・・・・・泣く (;_;)。

コメント

デジタル現像と画像処理とデジタル処理

2009-10-14 23:57:24 | 画像処理

 わかり易くするため、あえて3つに区分しました。私の個人的な意見ですが、基本的なデジタル現像は、銀塩で言うところのネガに相当すると思っています。画像処理は、本来的には科学的なデータとして使える範囲内の処理と思いますが、ここはもう少し 緩めて 銀塩でも行なわれていた覆い焼きやアンシャープマスクやコンポジット等、銀塩全般で行なわれた普通の処理を含めます。それ以外の処理は、すべてデジタル(アート)処理と思っています。

 具体的に、わかりやすく言うならば、デジタル現像・画像処理までの画像なら 天文(天体)画像であり、天文雑誌等の投稿でも何の問題も無い。デジタル処理の画像なら 天文(天体)画像ではなく、天文(アストロ)アートと考えます。実際のところ、今 雑誌のデジタル部門の大半は、こちら側と感じてますので、もっぱらアートとして見て、あまり参考にしてません。アートは感性が重要ですから・・・・・(^^;)  いっそ、アストロ・アート部門でも作ったら? とも思ったりします。

 この辺の境界が曖昧になったのは、いわゆる使用される画像処理ソフト自体に起因しています。例えば、Photoshopなんか 私の持っている古いVer5.5の時点で、既にアート的な手法が出来る状態で、今は さらにそちらにへ特化して行っています。またステライメージにしても、ユーザーの要望(?)か そちらの方向に一直線みたいですね。まぁー アート作品を作る上では、大変良いツールですが、本来的なデジタル現像とか画像処理には ??? と思いますが・・・・・こんなの考えるのは、私くらいかな???。 (^^;)

             案内人

 まぁー アートとして、見るなら 綺麗な方が良いですけどね。(^^;)

 

コメント (2)

ウーン・・・・(--;)

2009-10-10 23:54:59 | 画像処理

 ヒマだったので、4月からの画像を再処理を始めたのだけれど・・・・・・結局 4月分で何とかなりそうなのは、3対象4コマで、うち2枚はフラット処理が必要・・・・・で、フラット・ファイルが無い・・・・(__;) という事で、とりあえず 1枚のみ・・・・(^^;)

Crw_1784

 ウーン 前に処理した物と比べても、微妙だなぁー (^^;) もう少しいじってみましょう。

       案内人

 外は、横殴りの雨・・・・台風の時より ひどいなぁー。 雷は去ってしまったから 良いけれど、ちょっと停電が心配ですねぇー。

コメント