北都留森林組合blog

森林組合の毎日を日記でご紹介していきたいと思いますのでお楽しみに!

2018かながわ協同組合のつどい 事例発表してきました!

2018年09月07日 | Weblog

2018年9月7日(金)今日は、神奈川県平塚市のJA平塚プレジールにて「2018かながわ協同組合のつどい」という一次産業の農林水産それぞれの協同組合、生協、ワーカーズコープ等々60団体、220名もの協同組合関係者が集まる大変刺激的なつどいに神奈川県森林組合連合会様から招かれ『県境を越えた流域連携』というお題で北都留森林組合と津久井郡森林組合の連携事例を発表させて頂きました。

山梨県にはこのような農協、漁協、森林組合、生協、ワーカーズコープ等々といった業種の垣根を超えた集まりは無く、異業種の皆様とのこうした交流の場はすごくいいなぁと思いました。ぜひ、山梨県でも関係の皆さんに呼び掛けて実現していきたい!と思います。元気な活動をしている人の話を聞くとやる気エネルギーをたくさん頂け元気を貰えますね。ただ、日々の仕事の中では異業種の皆様と全く繋がりが無いんですよね。それどころか森林組合同士でも隣の事すらほとんど知らないのが悲しい現実。いろんな方々と一緒に活動できれば本当に面白いことが沢山出来ると思うのですがねぇ・・・
また、平塚漁協の伏黒さんにも久しぶりにお会いできました。来年の「平塚七夕まつり」には流域連携で最下流の平塚漁協と源流の森の北都留森林組合協働で筏レースのようなぜひ面白いことを一緒に実現したいとお互いに誓い合いました。「森は海の恋人」との言葉は既に畠山さんが掲げて活動されているので私たちは「海は森の愛人」で行こうかなぁ〜いやもう少し良いキャッチフレーズを考えてみます(笑)昨年お譲りした私たちの丸太の切れ端が平塚漁協さんのブースで役に立っているのを見ると何だか嬉しい。

コメント

甲斐東部材原木市場職員募集【追加急募】

2018年08月31日 | Weblog

【急募】<シェア大歓迎!!>
甲斐東部材原木市場(甲斐東部材産地形成事業協同組合)では、職員を急遽追加募集中です。
新たに2名の採用を行います!

この原木市場は山梨県東部にある大月市に位置し、山梨県東部林業の拠点施設です。
中央高速大月インターから車で約10分、敷地面積2.4haに林業・木材産業の活性化と地域振興を目的として北都留森林組合、南都留森林組合、大月市森林組合の3森林組合が出資し平成9年に完成し操業しました。
ここに集まる木材は、神奈川県に流れる富士山麓、相模川(桂川)流域と東京都に流れる多摩川の源流の水源の森から集まります。ここでの仕事内容は、単なる丸太の原木市場職員ではなく、流域活性化センターとしての活動、林業活性化、山村地域活性化、森林環境を守る活動と幅広く、山梨県や市町村、林業関係者、工務店、大学をはじめとする教育関係者等々様々な人々と力を合わせて取り組む魅力的な仕事です。私たち森林組合と一緒に「森を中心とした持続可能な流域循環型社会の実現」を目指し共に働く仲間を募集しております。

一つ話だけでも聞いてみようと思った方、すぐに連絡ください。
<問い合わせ先>北都留森林組合参事 中田まで kitaturu@aria.ocn.ne.jp

皆様のお知り合いの方で原木市場の仕事に関心のある方がいらっしゃいましたらぜひご紹介頂けましたら幸いです。

採用担当は私、北都留森林組合参事の中田無双です。
お聞きになりたい事項があれば直接私までご連絡下さい。
facebook もしくはメールで連絡を下さい。
kitaturu@aria.ocn.ne.jp

■労働条件等インターネットハローワークはこちら
https://www.hellowork.go.jp/
トップページより「求人情報検索」に
求人番号 19071-963781 を入力してご覧ください

コメント

JOLA2018優秀賞受賞を山梨日日新聞で紹介頂きました!

2018年08月29日 | Weblog

2018年8月29日(水)山梨日日新聞朝刊にJOLA2018優秀賞受賞の記事掲載頂きました!

コメント

中田無双参事JOLA2018優秀賞受賞記事が山梨日日新聞2018.7.25に掲載!

2018年07月25日 | Weblog

山梨日日新聞2018年7月25日(水)朝刊でJOLA2018優秀賞受賞の取材記事が掲載されました!

コメント

経営12カ条 稲盛和夫氏

2018年07月22日 | Weblog

1事業の目的、意義を明確にする

公明正大で大義名分のある高い目的を立てる

2具体的な目標を立てる

立てた目標は常に社員と共有する

3強烈な願望を心に描く

潜在意識に透徹するほどの強く持続した願望を持つこと

4誰にも負けない努力をする

地味な仕事を一歩一歩確実に弛まぬ努力を続ける

5売上を最大限にに伸ばし、経費を最小限に抑える

入るを量って、出ずるを制する。利益を追うのではない。利益は後から付いてくる

6値決めは経営

値決めはトップの仕事。お客様が喜び自分も儲かるポイントは一点である

7経営は強い意思で決まる

経営には岩をも穿つ強い意志が必要

8燃える闘魂

経営にはいかなる格闘技にもまさる激しい闘争心が必要

9勇気を持って事に当たる

卑怯な振る舞いがあってはならない

10常に創造的な仕事をする

今日よりは明日、明日よりは明後日と常に改良改善を絶え間なく続ける。創意工夫を重ねる

11思いやりの心で誠実に

商いには相手がある。相手を含めてハッピーであること。皆が喜ぶこと

12常に明るく前向きに、夢と希望を抱いて素直な心で

コメント

JOLA2018優秀賞 北都留森林組合中田無双参事取材記事

2018年07月20日 | Weblog

JOLA(Japan Outdoor Leaders Award )HPにJOLA2018優秀賞を受賞した北都留森林組合 中田無双参事の取材記事が掲載されました!

http://jola-award.jp/winner/1160/

 

コメント

上野原市立島田小学校が全日本学校関係緑化コンクール「学校林等活動の部」で準特選(国土緑化推進機構会長賞)受賞

2018年07月19日 | Weblog

http://www.green.or.jp/cms/wp-content/uploads/3b803fcaf30695cb029ecd85a1e6925c.pdf

北都留森林組合が中心となり実施してきた上野原市立島田小学校の学校林整備活動が全日本学校関係緑化コンクール「学校林等活動の部」で準特選(国土緑化推進機構会長賞)を受賞しました。

昨年受賞したForest Good 2017~間伐・間伐材利用コンクール~間伐実践・環境教育部門「間伐推進中央協議会会長賞」を受賞に続く表彰を受けました。

また、北都留森林組合の中田無双参事は、Japan Outdoor Leaders Award 2018(JOLA2018) において優秀賞を受賞しておりますが、この島田小学校の学校林活動を高く評価頂いております。

今回の受賞では、学校林を活かした林業体験や自然観察などの森林環境教育の活動が高く評価されました。

学校林は上野原市財産区の約1.1haを借り受け、島田小学校生徒が様々な森林・林業体験活動を年間を通じて活動しています。

森の中には歩道を整備し、学校林で間伐した材を活用し、丸太橋、プランコ、ロープクライミングなど様々な遊具を整備してあります。

林業体験では、下刈、植林、間伐体験、巣箱掛け等々を実施しており、毎年少しづつ新しい遊具も増えて充実してきています。

丸太を使った展望台からは上野原市内を一望でき、写真愛好家の間でも絶好の撮影ポイントとなっているようです。

今年も様々な森林・林業体験プログラムを計画しており、地元の子供たちへ『森の大切さや素晴らしさ、林業の重要性や森と共に生きる暮らし』等々を伝えていきたいと思います。

この島田小学校学校林では地元子供たちの活動だけではなく、広く一般の方々にもご利用頂き、森への関心を深めて頂けるきっかけとなる場所にしていきたいと考えています。

これからもよろしくお願いします。

 

 

 

 

コメント

山梨マイクロプラスチック削減プロジェクト設立記念イベント開催

2018年07月16日 | Weblog

2018年7月16日(祝月)海の日に「山梨マイクロプラスチック削減プロジェクト(通称Yama・P)設立記念イベントが山梨県防災新館オープンスクエアにて大勢の参加者の元盛大に開催されました!

通称「Yama・ P」は、Yamanashi Microplastics Free Project (山梨マイクロプラスチック削減プロジェクトの英訳)のYama と P を取って『Yama・P」(ヤマピー)と呼んで下さい。実は結構気に入っています(笑)

なぜ、「海なし県の”山梨”から海のゴミを考える」ことを始めようとしたかというと、「海ごみ」特に「マイクロプラスチック」とそれが及ぼす環境への影響が地球規模で深刻な問題となりつつあるからです。マイクロプラスチックは、海に流れ出たプラスチックは、紫外線や波の力で砕けていきます。直径5mm以下の小さなプラスチックのごみをマイクロプラスチックと呼びます。プラスチックはいくら小さくなっても分解してなくなることはありません。有害物質が付着し、そのマイクロプラスチックを動物プランクトンや魚が餌と間違えて食べ、生態系への影響が懸念されています。

海辺のごみはどこから?

なんと海ごみの8割は、山から川から、私たちの暮らす街から運ばれてきます。

特にプラスチックごみは、自然界からなくなることはありません。ほっておいたのでは、決して自然に帰ることが無いゴミなんです。

では私たちにできることは何でしょうか?

マイクロプラスチックの発生を抑制するためには「拾ってきてきれいにする」だけでは解決しません。

「プラスチックゴミを可能な限り減らして出さない」ことに取り組んでいかなければなりません。

例えば・・・

マイボトル、マイバックを持参する

使い捨て容器・食器を使わない

ごみの分別をしっかりする

ごみのポイ捨てをしない

落ちているゴミを拾う

地球環境を守るためにはこのような「普及啓発活動」と「環境教育」がとても重要です。

Yama・Pは、海を持たない内陸の山梨県から「海ごみ」について取り組むために、山梨県内で活動している団体や個人で立ち上げたネットワーク組織です。

本日、2018年7月16日に設立されました!

一人でも多くの方々と連携しマイクロプラスチックの発生原因となっているプラスチックごみを削減し、持続可能な地域コミュニティづくりを目指していきたいと思います。

今日現在の構成団体は、北都留森林組合、桂川・相模川流域協議会、(公財)キープ協会、認定NPO法人スペースふう、認定NPO法人富士山クラブ、きらめ樹山梨支部、認定NPO法人未来の荒川をつくる会、山梨県立八ヶ岳自然ふれあいセンター、山梨県地球温暖化防止活動推進センター等々です。

かけがえのない私たちの地球環境を守り未来の子供たちに引き継いでいけるためにプラスチックごみの削減に向けて活動していくという趣旨に賛同して頂ける方々の参加を募集をしています。

<Yama・P 参加申込先>

Yama・P事務局 (NPO法人富士山クラブ内/ 担当:青木)

yama-P@fujisan.or.jp

住所:山梨県南都留郡富士河口湖町2870

TEL:0555-20-4600

 

 

 

 

 

 

 

コメント

「経営」ということの3項 ビジネス知識源メルマガ(吉田繁治氏)より

2018年06月23日 | Weblog

吉田繁治氏が発行されているメルマガ「ビジネス知識源」 http://www.mag2.com/m/0000048497.html 

このメルマガ「ビジネス知識源」からいつも色々と学ばせて頂いておりますが、最新号で書かれていた『「経営」とうことの3項』をご紹介します。

吉田繁治さんの文章はいつも明快で、日々のモヤモヤがいつもすっきりでき仕事に前向きになれます。刺激を求める方へ吉田繁治氏メルマガ購読をお勧めします。

ビジネス知識源HP https://www.cool-knowledge.com/

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

■1.「経営」ということの3項 【経営者は何を行うべきか】

▼(1)ビジョンの方向への仕事をリードすること:

ビジョン(会社の目標とするもの、あるいは姿)を作り、ビジョン

の達成に向かうよう社員の仕事をリード(誘導)すること。

 先行してリードを行うものが、リーダシップ(国語では求心力)で

す。指揮者のような指揮力であり、経営者の、明示された、あるい

は暗黙の意向を忖度(そんたく)し、その方向への仕事を行うのが

従業員です。

小売業では、「商品の顧客にとっての価値=品質÷価格」を高める

ことが商品のビジョンです。会社のビジョンは、販売する商品のビ

ジョンになります。製造業でも同じであり、「商品の顧客にとって

の価値=機能・品質÷価格」を高めることでしょう。

小売業でもっとも多い食品スーパー(中大型店で全国1万8000店;

人口7000人に1店:1店平均の売上は13億円)の、食品の品質は4つ

の官能的な要素、「品質=見かけ(色+形)+鮮度+味+無添加」

でしょう。官能的とは、感覚的ということです。

官能を数値化するのが工業です。カップ麺のメーカーはこれを毎月

行っています。食品スーパーも大規模チェーン化するには、官能的

なものを数値化しなければならない。ビジョンの数値化です。数値

化しないと官能が発達した少数の人にしか品質がわからないからで

す。

 

▼(2)投下資本利益率(ROI=利益/投資額)を上昇させること:

これは資本主義の中の会社の、経済的な使命(ミッション)です。

ROIの上昇は、株価につながります。

株主兼経営者が99.6%なので、株式の購入という形で資本を出した

株主の意思は、わからないかもしれない。

上場して株を売ればはっきりします。株主は株価の上昇を期待して

株を買う。「ROI=利益/投資額」での利益を出せない、あるいは大

きく低下させた経営者は、株主総会で解任されます。株主は、株価

を上げる経営を、取締役に委任しているからです。

 

▼(3)人時生産性の上昇を図ること:

会社には、マネーの面では出資がありますが、出資ではなくても、

自分の生きる時間を勤務時間として売る従業員(社員+パート)が

集まっています。

会社は、労働時間を買っているのです。

対価が、報酬(定期給料+臨時賞与+成果給)です。

株主が株価の上昇を期待してマネーを出資するように、従業員は時

間という資源を売って、報酬を得ています。

株価の上昇が、経営への期待であると同様に、従業員の期待は、経

済的には報酬の上昇です。立場の面では、マネジメント階級での昇

進でしょう。

\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\\

コメント

海の日環境フォーラム2018「海なし県の山梨から海のごみを考える 山梨マイクロプラスチック削減プロジェクト設立記念イベント」開催のご案内

2018年06月21日 | Weblog

海の日環境フォーラム2018「海なし県の山梨から海のごみを考える 山梨マイクロプラスチック削減プロジェクト設立記念イベント」の開催が決定されました!

北都留森林組合では、この問題に海のない山梨県で林業に携わる森林組合として何ができるか、各関係団体と協力しながら真剣に問題解決に向け動き出します!!

ぜひ、多くの皆様にこの問題に関心を持って頂きたいと願い山梨マイクロプラスチック削減プロジェクト設立記念イベントを開催します。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

開催日時:2018年7月16日(月・祝日 海の日)13:30から16:00

開催場所:山梨県防災新館オープンスクエア

定員:100名

参加費:無料

申込・問い合わせ先:NPO富士山クラブ(Yama・P事務局)担当:青木様

メールアドレス:forum@fujisan.or.jp

 

コメント

能力評価システム導入支援事業説明会事例発表について

2018年05月31日 | Weblog

2018年6月20日(水)ビジョンセンター東京有楽町で開催されます「能力評価システム導入支援事業説明会」にて導入事例発表をさせて頂きます。
林業経営体でこれから「能力評価システム」導入検討を検討されておられる方がいらっしゃいましたらぜひ同説明会にご参加下さい。
申込先は一般社団法人全国林業改良普及協会FAX03-3583-8465
事例集に紹介された北都留森林組合記事はこちら。
http://ringyou-hyouka.jp/files/h26_jirei03.pdf

コメント

農林中金総合研究所HPに「流域と協働する北都留森林組合」記事掲載されました

2018年05月28日 | Weblog

農林中金総合研究所HPで「流域と協働する北都留森林組合」という記事でJOLA2018優秀賞受賞と北都留森林組合の活動をご紹介頂きました!
http://www.nochuri.co.jp/genba/pdf/otr20180524.pdf

 

コメント

月刊「森林組合2018.5月号(通巻NO.575号)」にJOLA2018優秀賞受賞記事掲載されました!

2018年05月17日 | Weblog

月刊「森林組合2018.5月号(通巻NO.575号)」にJOLA2018優秀賞受賞記事掲載されました!

コメント

「山の日」記念 水源の森を訪ねる~多摩水源の村 小菅~参加者募集のご案内

2018年05月11日 | Weblog

2018年8月8日(水)「山の日」記念~水源の森を訪ねる 多摩水源の村 小菅~(主催:山の日記念行事実行委員会)のホスト役を務めることになりました。平日の行事ですが、宮林茂幸東京農業大学教授の講演あり、また多摩源流の小菅村の渓畔林をゆっくり歩いてご案内させて頂きます。北都留森林組合の木材加工場見学もできます。小菅村特産品の入ったお弁当付きです。参加申込は全国森林レクリエーション協会「山の日」係まで。皆様のご参加をお待ちしております。

※参加申込は info@shinrinreku.jp まで

①氏名 ②年齢 ③性別 ④連絡先住所 ⑤電話番号 ⑥メールアドレス ⑦参加人数 ⑧同伴者 をご記入のうえお申込み下さい。

先着順につき募集定員に達し次第募集は締め切りとなります。

「山の日」とは山に親しむ機会を得て山の恩恵に感謝するという趣旨でつくられました。「山の恩恵」とは森林の恵みそのものです。東京都民の水がめのひとつである奥多摩湖の上流に位置する小菅村は「森の恵み」である水源の村です。この小菅村を訪ねて多摩源流の森林の散策と森と共に生きる小菅村の生活に触れるとともに森林の恵みに感謝する1日を参加者の皆さまと一緒に楽しく過ごしていきたいと思います。

コメント

薪 1束 500円(税込)北都留森林組合事務所入口にて無人販売中!

2018年05月01日 | Weblog

ゴールデンウイークにはバーベキューですよね!

北都留森林組合では事務所入口で1束500円にて薪販売中です!

ぜひお買い求め下さい。

コメント