月乃和熊(ツキノワグマ)のささやき

歴史好きオヤジが細々と大震災、水害、雪害の復興花火や図書館の蔵書の支援を続けていまふ。

零式艦上戦闘機(83) 九九艦爆の空戦能力

2015-03-14 01:00:00 | 航空機・船舶(軍艦・機)
---------------------------------
零式艦上戦闘機(83) 九九艦爆の空戦能力   

昭和17年(1942)4月5日、南雲機動部隊はセイロン島のイギリス海軍への攻撃を開始した。

4月9日 敵空母発見の報に、九九艦爆隊は翔鶴の高橋少佐を総指揮官に、85機が発艦。

敵戦闘機を厳重に警戒しながら高度5000mで進撃すると、空母ハーミスとその後方に3隻の駆逐艦、その他大小多数の商船、輸送船を発見。
総指揮官の高橋少佐は『トツレ』(突撃体系作れ)を指示し編隊を解いた。
『トトト・・・』(全軍突撃)で、1機づつ急降下に入りハーミスと駆逐艦3隻を撃沈。さらに多数の商船に命中弾を与えた。

蒼龍艦載機の九九艦爆パイロット、小瀬本一等飛行兵は空母攻撃に思いを馳せていたが、先行の艦爆隊がハーミスと駆逐艦を撃沈、撃破してしまったため、やむなく商船に狙いを定めた。

降下角度55度で急降下を始める。
偵察員が高度メーターを読む。
『高度2000』、
『高度1000』、
『用意!』(700m)、
『テッー!』(450m)

投弾を終えると機体が軽くなって一瞬ふらりと浮く。
同時に操縦桿を引き上げ、全速で船の左舷をすりすり抜ける。

敵機を警戒して海面すれすれまで高度を落として全速で退避し。
あらかじめ決められていた集合場所に向っていると、前方高度300mの低空に敵戦闘機を発見。
ハリケーンだ!
すでに味方機が撃墜されたらしく、海面に複数の波紋が見える。

上昇を終えたハリケーンが後方に回り込んできた。
九九艦爆は前方に二挺の固定7.7mm機銃を装備している。
250キロ爆弾を抱えているときの最高速度は400キロにも満たないが、投弾を終えて身軽になれば、空戦能力もあるのだ!

パイロットの小瀬本機は敵戦闘機と亘り合う覚悟を決めた。
九九艦爆9機対ハリケーン9機の空戦が始まった。

小瀬本機を狙って後上方からハリケーンが迫ると、後ろの偵察員は果敢に旋回銃で応戦。
敵機も小瀬本機を射程内に捕らえると、後上方から銃撃を開始。
同時にパイロットの小瀬本一等飛行兵は、偵察員の合図で機体を横に滑らせて機銃弾を避けると、敵機は勢い余って前に飛びだした。

敵機は再び高度をとろうと機首を上に向けたとき、小瀬本機は照準器一杯に敵機を捕らえた。
すかさず2挺の7.7mm機銃が火を噴く。
弾丸はエンジンから胴体へ命中。ハリケーンは煙をはいて墜ちていった。

九九艦爆が戦闘機を撃墜したのだ!

蒼龍に戻ってみると、9機のうち4機(8人)が未帰還。
戦闘機は単座なので1機について1名だが、艦爆は2人乗りなので2名が失われる。

しかし戦闘機相手に7機を撃墜、1機不確実の大戦果だったのであります。

<九九艦爆関連>
零式艦上戦闘機(81) 九九式艦上爆撃機 2015-02-28
零式艦上戦闘機(82) 九九艦爆 驚異的な命中率 2015-03-07
零式艦上戦闘機(83) 九九艦爆の空戦能力 2015-03-14
零式艦上戦闘機(84) 九九艦爆隊決死の爆撃 2015-03-21
零式艦上戦闘機(85) 九九艦爆の帰還 2015-03-28
零式艦上戦闘機(86) ワニを食った九九艦爆搭乗員 2015-04-04

零式艦上戦闘機(84) 九九艦爆隊決死の爆撃 2015-03-21  につづく~
前の記事 零式艦上戦闘機(82) 九九艦爆 驚異的な命中率 2015-03-07

<ほぼ一年前の記事>
零式艦上戦闘機(32) ゼロファイターゴッド(岩井 勉) 2014-03-15

零戦52型の雄姿フォトアルバムをご覧あれ!!


<関連記事>
零式艦上戦闘機リンク集 2013-09-14
 零式艦上戦闘機のお話や、「所沢航空公園」、「零戦来日」の記事はリンク集を見てね♪

---------------------------------
気が向いたらポチッとな    blogram投票ボタン
blogram会員にはユリノキちゃんからココポイポイントプレゼントがあるかも
---------------------------------
3.11東日本大震災 忘れない!風化させない!!

 忘れない!たすけあおうNippon!飲んで食べて東日本を応援!

たすけあおうNippon!福島県を応援!
飲んで食べて宮城県を応援!
食べて飲んで岩手県を応援!

クリックで救える命がある。
一日一回ポチッとクリックをお願いいたします


<月乃和熊(ツキノワグマ)のリンク集>
零式艦上戦闘機リンク集・・・・・・・・・・・・・熈代勝覧(きだいしょうらん)リンク集
【乃木希典大将】シリーズリンク集・・・・・・・JRで行く南紀・伊勢の旅2013リンク集
国立東京博物館リンク集 2013-11-01・・・・・京都どすえ~!リンク集 
早春の箱根総集編 2014-06-25

ジャンル:
その他
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 高幡不動で祈りました | トップ | 零式艦上戦闘機(84) 九... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ローリングウエスト)
2015-03-14 21:41:58
先日、神奈川県立博物館で展示開催されている連合艦隊司令部日吉地下壕展で零式戦闘機の模型で雄姿を楽しみました。
あれから70数年ですね (MOTOMMZ)
2015-03-15 08:24:07
月乃和熊さんおはようございます
手に汗をかいて読んでしまいますね、空母でも蒼龍はかっこが良くて好きな空母です
若い頃は空母好きで良く会社の残り材料で空母を作成したりしていました
木工関係の工場でしたので材料は沢山ありましたのと使い放題でした(笑)

軍艦の月刊専門書も月々購入していました、前にお話ししたと思いますが
しかし日本軍のこの様な一人一人の手柄話は良く残って居ますね
追い込まれた所などは本当にドキドキ手に汗をかきますね

長引くにつれ優秀な搭乗員が少なくなってミッドウエイが本当に悔やまれます
ローリングウエスト様 (月乃和熊(ツキノワグマ))
2015-03-15 09:39:12
お~!
横浜の、神奈川県立歴史博物館の特別展示ですね。
行ってみたいなと思ってましたが、
たしか3月21日くらいまでなんですよね。
彼岸だし、いけないかな・・・

MOTOMMZ様 (月乃和熊(ツキノワグマ))
2015-03-15 09:48:39
こんにちは
コメントありがとうございます。
個人的には、戦記物を好んでいるわけではないのですが、
性能などを端的に表現すると『戦果』にいきついてしまいまうんですね。

それに戦記物は生き残った人が著しているものなので、撃墜された側は。。。
撃墜=戦死
ですからね。

コメントを投稿

航空機・船舶(軍艦・機)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事