目の中のリンゴ

予告編をみた映画で小池徹平が先生役してた。こないだまで高校生役してたのに…時の流れを感じた(笑)

ヴィンス・ヴォーンよ どこへ行く 「Be Cool/ビー・クール」

2005年09月04日 | 映画タイトル は行
トラボルタ&ウマ・サーマンの共演再び!との謳い文句の
この映画。ハッキリ言って、ぜんぜん観る気ありませんでした。

しかし、私の好きなザ・ロックが出ていることを知り、見なければ!!と
180度コロっと態度を変えました。

「Be Cool / ビー・クール」公式HP

一言で言ってしまえば”音楽業界ウラ話”です。
悪徳エージェントに拘束されてる新人女性歌手を、
ジョン・トラボルタが売り出そうとするお話。
そこに、音楽ギョーカイの海千山千の人々がからみ・・・
まぁ、「パルプ・フィクション」タイプのお話と思ってもらえれば(笑)

これは「ゲット・ショーティ」の続編らしいのですが、
観ていれば より楽しめるでしょうし、観ていない私でも大丈夫でした。

正直なとこ、前半の展開はトロくて わかりにくい部分もありました。
監督は「交渉人」「ミニミニ大作戦」の人らしいのですが、
原作がエルモア・レナードと聞いて なんとなく納得。
そういや、「ビッグ・バウンス」「アウト・オブ・サイト」も 
ゆるーい感じで、ちょっとシャレた(?)クライム・ムービーでした。
後半、どうオトシマエをつけるのか俄然面白くなってきて、
最後には あーけっこう面白かったな!! と思った単純な私。

というのも、キャストが私のハートをくすぐりまくり。
いや、トラボルタもウマ・サーマンもどうでもいいんです。
(ウマ・サーマン、トニ・コレットに似てきてませんか??)

期待のロック様は、トレード・マークの片眉ぐぐっ・・も大サービス。
本作では、ゲイの用心棒というオイシイ役で笑いをさらいます。
俳優を夢見る彼が オーディションに備えて あれやこれや
準備している様子が ホントにもうプリチーで(笑)
台詞の練習に選んだのが 「チアーズ!」のワンシーンというんですから!

さらに注目はヴィンス・ヴォーンですよ、ヴィンス・ヴォーン!
「サイコ」リメイク版や「ザ・セル」などで コワモテで図体のでかい、
翳りアリアリの、クールなタイプを演じていたのに、最近はどうでしょう??
「アダルト♂スクール」「スタスキー&ハッチ」「ドッジボール」と
すっかりコメディ一色です。
そんな彼が憎めなくてどうにも気になる私なのでした・・・。
(新作コメディ、「ウェディング・クラッシャー」も全米一位です)

本作でも、彼は黒人に憧れるチンピラ、音楽エージェントの下っ端で、
はじけてます。そして燃えてます。(映画観てください)
彼が出てるとは知らなかったので、すんごく嬉しかったです。
ヴィトンのばったもんのレザージャケット着せたらハリウッド一かも!
安っぽさ爆発で とってもステキ。

さらに、新人歌手のPV監督として、セス・グリーンまで
カメオ出演してるじゃないですか!ちびっこで可愛いから、すぐわかったわ!
なんて豪華なのかしら!(ごく一部にとって、ですな)

ほかにも、脇キャラが良いです。
ラップグループを率いる黒人プロデューサーが、
子煩悩で妙にインテリなのも笑えたし、
なんといっても、リブの父ちゃん、スティーブン・タイラー
出演&ライブのシーン!
エアロ・スミスがお好きな方は見逃せません!!

はっ、また映画の本筋から離れてキャストの話ばっかり。

万人ウケする映画ではないでしょうが、小ネタはあるし、
(未亡人のウマが”WIDOW"のロゴのTシャツ着てたり、
ロック様の部屋にキティちゃんのぬいぐるみがあったり(笑))

音楽好きの人のマニア心をくすぐる台詞もいっぱいで、
大方の予想通り、私にはツボな映画でした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   トラックバック (21)   この記事についてブログを書く
« 単純に面白かったよ 「マス... | トップ | 期間限定 コアラのマーチ »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
観るのが楽しみ~ (kim)
2005-09-04 15:28:53
昨日から上映しているんですよね。

で、私も観に行こうと決めているんですが、

昨日はアルフィーの上映も始まったので、

アルフィー優先ということで(笑)



アルフィーのミック・ジャガーに対し、

こちらは、スティーブン・タイラーですか!

それは、ますます楽しみだ~^^。

レディスデイを狙っているんですが、

あぁ早くみたい…!

すごいよ! (kino)
2005-09-05 00:54:57
>kimさん

スティーブン・タイラー、すごいですよ!いろんな意味で。

しかし、なんといっても ロック様!!おかしすぎます。

彼には シュワ知事の後釜として君臨していただきたいと願います。

ライバルはヴィン・ディーゼルか・・・。
スティーブン・タイラーのお口に (こっちゃん)
2005-09-05 09:18:24
またまた、吸い込まれそうになりました。

(アルマゲドンのプロモでも一度吸い込まれた)

やっぱりkinoさんは見るトコ違いますね~。

しかも深い!(笑)

笑っちゃいました。

そうそう、セス出てましたね~。

あの人は何処に出てても分かりやすい人だ。

kinoさん、赤い金属バット買った?



   こっちゃん
赤いバット (kino)
2005-09-06 00:12:18
深いんだかミーハーなんだか

セス・グリーン、可愛くて大好きだー!

ごっつい人もちっちゃい人も好き(笑)



赤いバットは持ってるとマズイことになりそうなので

買いません。

主役の二人はどうでもいいだって(笑) (hiyoko)
2005-09-06 12:07:23
この思い切った言いっぷり、笑えます!!



私も、観にいこうかとは思ってるのですよ、

だって私は、kinoさんがどうでもいいと仰る(笑)

隠れトラボルタファン!!

隠れってトコが悲しいけど・・・

だって、私「グリース」の大ファンなんだもの・・・

でも変てこな映画にもいっぱい出るし・・・

ファンです!とは言い難い俳優でしょ?

ファンというか見守ってると言う感じかな?
なんでだろうね!? (kino)
2005-09-06 23:34:59
>ひよこさん

いやー トラさんも嫌いじゃないのよー!

”見守ってる"っていう感じ、わかります。

どうして トラボルタのファン!っておおっぴらに言うのは

なんとなく恥ずかしい気がするんだろ??



ま、今回はトラさんよりも私の好きな脇役たちが強烈だったということで・・・。

DVDでもいいような映画だけど、是非映画館で、

スティーブン・タイラーのド迫力に呑まれてください。
監督が (iruka)
2005-09-07 02:45:14
「ミニミニ大作戦」と聞いて、俄然興味が沸いてきました。おすすめのロック様、またもや知らない・・です。(知らなすぎ)

トラボルタはいろんな役をこなしますねぇ。

マイナーだから (kino)
2005-09-08 08:10:36
irukaさん、今度 ロック様の記事書きますね。

彼はプロレスラーなんですよ。いい味出してます。

私ってやっぱりマッチョが好き~!!

万人ウケしないだろうけど、かなり面白かったです。
えっ!ヴィンス・ヴォーンって・・ (choro)
2005-09-08 08:14:00
「サイコ」に出てた人~?

そっかぁ、言われてみて初めて気付いたわ。

全然この映画だと雰囲気違いますね~でもどこかで見た事があると思ったのよね。



トラさん、ずっと苦手がトラウマになっていたんだけど、この作品で払拭されました(笑)。長い日々だった・・



TBお返ししま~す♪
見る影もなく・・・ (kino)
2005-09-08 22:20:11
>choroさん

ヴィンス・ヴォーン、コワモテなんだけど、めっちゃコメディ好きみたいですよ。

きっとこのままコメディ路線に・・・。

バカバカしいコメディ「ドッジボール」も是非!!

コメントを投稿

映画タイトル は行」カテゴリの最新記事

21 トラックバック

なんでもありのエンターテイメント映画◆『BE COOL/ビー・クール』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
8月30日(火) 試写会にて ジョン・トラボルタが、取立て屋から映画プロデューサーに転身するという作品、『ゲット・ショーティ』(1995年)の続編。「続編」であることを前面に出すと客足が遠のくことを意識してか、公式サイトにも、宣伝用のチラシにも、そのことに関して
Be Cool -ビー・クール- (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
トラさん映画の新作です!今回はヒロインにユマさんをお迎えして・・・・・。おおっと!まるで寅さんのような紹介をしてしまいました。そっちの寅さんじゃあないんだよっ!トラボルタさんの方だから。今日はこの映画の試写会の感想を・・・・。なかなか気分の良いシネコンで
「Be Cool ビー・クール」@20世紀FOX試写室 (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
元々は別の会場で見ることになっていたのですが、3回も予定変更をしてやっと今日見てきました。秀君が見たがっていたので、秀君の休みに合わせて数回予定変更。途中でもう連れて行くのを止めようかと思ったくらいの予定変更でした。こんなにコロコロしてまで見に行ったのは
Be Cool/ビー・クール (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
本日1本目は「Be Cool/ビー・クール」です。   鑑賞した日   : 9月3日土曜日 鑑賞した劇場 : イオンシネマワンダー   映画館の前には行列が。みんな「NANA」が目当てなのかな? 同時上映の本作はガラガラでした   それでは早速感想を… こ
映画「Be Cool/ビー・クール」 (しょうちゃんの映画観賞日記)
■邦題:Be Cool/ビー・クール■原題:BE COOL■上映時間:118分■ジャンル:コメディ・犯罪■製作国:アメリカ■配給:20世紀フォックス■提供:METRO GOLDWYN MAYER PICTURES■公開:2005/09/03 ■監督:F・ゲイリー・グレイ■製作:ダニー・デヴィート、デヴィッド・ニ.
「Be Cool ビー・クール」@20世紀FOX試写室 (旦那にはひ・み・つ (☆o☆))
元々は別の会場で見ることになっていたのですが、3回も予定変更をしてやっと今日見てきました。秀君が見たがっていたので、秀君の休みに合わせて数回予定変更。途中でもう連れて行くのを止めようかと思ったくらいの予定変更でした。こんなにコロコロしてまで見に行ったのは
★「Be Cool/ビー・クール」 (ひらりん的映画ブログ)
ジョン・トラボルタとユマ・サーマン主演。 友達から「ゲット・ショーティ」(1995)の続編だと教えてもらってた。 前作は超面白かったらしい・・・ので、先に見ておきたかったけど。 あと、ひらりんお好みのN・Kちゃんも出てる・・という裏情報もあり。 今回はチネチッタで
「 ビー・クール 」 (MoonDreamWorks)
監督 : F・ゲイリー・グレー主演 : ジョン・トラボルタ /ユマ・サーマン /スティーブン・タイラー原作 : エルモア・レナード 「GetShorty」    公式HP:http://www.foxjapan.com/movies/becool/ この映画は、原作が、 ElmoreLeonard の 「GetShorty」...
「Be Cool ビー・クール」 (choroねえさんの「シネマ・ノート」)
{{{: 監督:F・ゲイリー・グレイ 出演:ジョン・トラボルタ、ユマ・サーマン、ヴィンス・ヴォーン、セドリック・ジ・エンタテイナー     アンドレ・ベンジャミン、スティーヴン・タイラー、クリスティーナ・ミリアン、ハーヴェイ・カイテル 【ストーリー】 映画
ビー・クール (ryuの映画感想)
原題 BE COOL 監督 F・ゲイリー・グレイ イケてる それとも イカレてる? 豪華キャストで、楽しめる映画でした。 映画プロデューサーとして成功したチリ・パーマー(ジョン
ビー・クール(Be Cool) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
イケてる? それとも イカレてる? ジョン・トラボルタ主演、「ゲット・ショーティ」の続編(?) 映画業界で成功した元取立て屋のチリ・パーマが、こんどは音楽業界へ殴りこみ!
■_雑記_■_『Be_Cool』なエアロスミス! (映画チックな日々)
映画『ビー・クール』を観に行ってきたのですが、エアロスミスのジョー・ペリーに心を奪われて帰ってきました。 尖った顔にかかる前髪…素敵…*^^* 先日、[http://blogs.yahoo.co.jp/kims_room_xx/10619943.html 『アルフィー』]を観に行って、ミック・ジャガーのテーマ
Be Cool★★★☆☆ (なおのオススメ文芸。)
邦題:Be Cool/ビー・クール 『映画プロデューサーのチリは、友人の頼みで無名歌手のリンダをプロデュースするため音楽業界に足を踏み入れる。 』 director ...F. Gary Gray Chili Palmer ...John Travolta(The Punisher) Edie Athens ...Uma Thurman(Kill Bill: ...
「BeCool/ビー・クール」(2005) (MY HIDEOUT~私の隠れ家~)
\"BECOOL\"監督・・・F・ゲイリー・グレイ原作・・・エルモア・レナード出演・・・ジョン・トラヴォルタ、ユマ・サーマン、ヴィンス・ヴォーン、ダニー・デヴィート、ハーヴェイ・カイテル、ザ・ロック、セドリック・ジ・エンターテイナー、クリスティナ・ミリアン、アンド.
『Be Cool ビー・クール』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
COOLだ!いや、HOTだ。 音楽とダンスと笑いにあふれたゴッキゲンなエンタメ。 豪華キャストに遊び心満点な演出、小ネタが楽しかったー。 ギャングもの部分より、音楽がいっぱいの業界ものとして満喫。 『ゲット・ショーティ』の続編。ギャングから映画プロデューサーへ
#32:ビー・クール (*KAZZの呟き*)
KAZZのこの映画の評価  またもやショックをうけました全然、クールじゃない 確かに、音楽は流石にアップテンポで中々クールな選曲だったけど。。。 これは、10年前の前作『ゲット・ショーティ』の続編に当たる映画です 前作では、金貸しから映画プロデューサー...
Be Cool (ひとりごと)
まさにBeee!!Coooool!!!てな感じの映画。 「ゲット・ショーティ」という映画の続編らしい。私は未見です。 前作ではチンピラから映画プロデューサーに成り上がったチリ・パーマーが、今度は音楽業界に殴りこみ。悪徳プロデューサーの下で才能を埋もれさせている無名シ
『Be Cool』クゥルでいこう。 (キマグレなヒトリゴト)
なぜだかわが町では上映館一館のみ。それも今日はサッカー 日本代表ホンジュラス戦が行われたちょっと不便な地域にある 劇場での上映。サッカーは夜だから私が見た時間は全然車も 混んでませんでした。 ビー・クールエルモア・レナード 高見 浩 いやいや、面白かったです.
Be Cool (Aloha Days)
今回の感想、映画を見た人にしかわからない話ばっかりだけど、ご勘弁下さいませ 1995年の「ゲット・ショーティ」の続編です でも「ゲット・ショーティ」を見てなくても映画好き、エンタメ界好き、スター好き、そしてちょっとアホらしくてひねくれた話が好きなら楽しめる
タランティーノ監督ヘのオマージュか?《BeCool》 (アロハ坊主の日がな一日)
待ちに待った『BeCool』を観てきた。 10年前に上映された『ゲット・ショーティ』の続きもの。 当時はもうひとつ当たらなかった。そんな映画あったっ けという人も多いだろう。取立て屋から映画プロデュー サーに転向したチリ・パーマ(ジョン・トラボルタ)の サクセス
BE COOL ビー・クール (CINEMA CHECK!)
<ストーリー> ギャングから映画プロデューサーになったチリ(ジョン・トラヴォルタ)だったが、また、ギャングの仕事に戻ろうかと考え始めていた。そんな時、実力のある歌手リンダ(クリスティナ・ミリアン)と出会い、彼女のマネージャーになって売り出そうと ...