日本共産党 新宿区議会議員 佐藤佳一

日本共産党新宿区議会議員の佐藤佳一です。活動地域は、北新宿.西新宿.歌舞伎町です。

違法民泊対策の強化を急げ!

2018-11-01 17:59:36 | 民泊

違法民泊263件(新宿区内8月末現在)人員を増やすなど違法民泊対策の強化を急げ!             

 決算特別委員会の質疑より(2018、10月2日)

Q:現在、民泊の登録件数、届け出635件、認可524件。当初2000件を見込んでいたが、今後の見通しは?

A:年度末で1000件くらいを見込んでいる。

Q:北新宿、西新宿では近隣で違法民泊が行われ、深夜の騒音や宿泊者同士のトラブルから警察が駆け付ける事態も発生している。また、違法民泊に起因していると思われるゴミの不法投棄もある。違法民泊への対策を急ぐべき。

A:「違法民泊許すな」のポスターを作成した(下記写真)。区民に届け出した民泊か違法な民泊かを見極めてもらうために啓発用として町会掲示板等に貼りだしている。苦情がくると現地調査を行い、特定できない場合は、登記をとり事業者に条例等を掲載した文書を発送し、連絡をとっている。連絡しても音さたがない場合も多い。粘り強くやっている。

 

Q:旅館業法の改定で立ち入り調査の権限が付与されたが何件か行ったか。

A:立ち入りは、法的根拠ができ苦情があった件数は、すべて行っている。8月末まで263件。複数回立ち入り検査している物件もある。

   

Q:違法民泊は、区内に何件あるか。

A:立ち入りした件数全てなので263件。

 

Q:体制は強化したが、問題は扱う件数と事務量。8月31日時点の各自治体の届け出件数新宿591件で札幌市の1027件、大阪市の627件についで全国3位、人員を増やし区民の要望に応え違法民泊の対策を強力に進めるべき。

A:体制の補強は、今後の状況を見極めながら検討する。

 

 

コメント

区の2017年度決算は、40億円の黒字 基金(貯金)469億円

2018-10-30 22:39:02 | 区議会

区議会第3回定例会報告(9月19日~10月16日)

 

区の2017年度決算は、40億円の黒字 基金(貯金)469億円

区財政を活かして区民生活の支援を!

 

  日本共産党区議団は、2017年度予算編成に向けて例年行っている区内諸団体等との懇談での要望や区議団独自に実施をした区政アンケートの回答1,481通で寄せられた意見や要望を踏まえ、2017年度予算編成に対する重点43項目を含む454項目の要求書を吉住区長に提出しました。2019年度の予算編成に向けてすでに9月27日に区長に予算要望書を提出しました。

 2017年度決算では特別区民税の増収などの結果、歳入の規模は前年度に比べ12億円余の増となり、過去最大の規模になりました。実質単年度収支は5年連続の黒字になり、2010年度以降最大の40億円余になりました。一方基金残高(貯金)も469億円であり安定した財政運営がおこなわれており、区債残高(借金)209億円を大きく上回っています。

  この財政力を活かして、区民の様々な要求を実現することは可能です。9月27日には、2019年度の予算編成に向けて区長に予算要望書を提出しましたが、その実現めざして日本共産党区議団と佐藤佳一は頑張ります。 

 

基金を活かせば、実現可能です

(日本共産党区議団が提案した2018年度予算修正案より)

 

他区に比べて高すぎる運動場や学校開放施設の照明料を半額に引き下げます。例えば西戸山、落合中央公園野球場の1時間照明料6300円を3150円にすると 年間737万4千円

 

●精神保健手帳1級の方に月額7,750円の心身障害者福祉手当の支給(現在23区中8区で支給)すると  年間1419万6千円

 

●子育て支援として、3人以上の児童生徒、未就学児のいる多子世帯に給食費を助成すると 年間4401万9千円

※残念ながら否決(3月の予算特別委員会)されましたが、実現に向けて頑張ります

コメント

保護者,地域,学校関係者が要望 災害時に避難所となる小中学校体育館にエアコン設置へ

2018-10-15 08:31:21 | 要求の実現

   学校関係者、保護者、地域の長年の要望である「学校体育館へのエアコン設置」。9月20日に行われた区議会第3回定例会において、日本共産党区議団が、行った代表質問への区長答弁で区立小中学校体育館と武道場へのエアコン設置のために調査を始める旨の答弁をおこなった。

今夏災害と認識する酷暑。学校体育館も異常な暑さ

 今年夏の暑さは、気象庁が「災害と認識」するほどの酷暑で、新宿区内でも7月23日に39℃を記録し、7・8月の真夏日は34日、猛暑日も9日あり、新宿区内で熱中症による救急搬送は9月9日までに261人。日本共産党区議団は8月7日、「酷暑から区民の命と健康を守るための緊急申し入れ」を行い、6項目を要望しました。また、プールの中止など、学校生活にも大きな影響を与えている。
 これまでも、学校関係者・保護者が、長年にわたって、学校体育館と武道場にエアコンを設置するよう区と教育委員会に要望してきた。党区議団は実現のため、各区への調査、予算要望(今年は、9月27日に区長へ提出・右写真)議会質問で取り上げてきたが、区と教育委員会は学校統廃合時の学校新築に合わせて行うことが方針で、既存体育館には設置しない方針を崩さなかった。

区長に他区の設置例を示し、体育館へのエアコン設置を求める

   代表質問では、区立小中学校の体育館は、建替え時にエアコンを設置した中学校3校と小学校2校以外は、未設置。小学校の体育館は放課後子ども広場等でも活用され8月も開設日23日間に対し体育館にエアコンが付いている四谷小では22日、愛日小では20日と毎日のように使われているが、エアコン未設置の学校は平均1ケタの日数。中学校では部活動で真夏でも体育館を使用しており、さらに、地震など災害時の避難所になることを考えると、放置できないと指摘した。
  また、台東区は、2015年度から5カ年計画で大規模改修のある学校は同時に体育館の空調化も行い、大規模改修がない学校も年次計画で順次実施し、来年度で終了する。近隣区の中央区、千代田区、文京区などで体育館の空調化は進んでいる。
  区として国の予算の拡充などを要求することと同時に、エアコン未設置の体育館・武道場には一刻も早く設置すべきと要求。実現には一定の予算が必要だが、2017年度決算でも実質単年度収支は40億円の黒字で、5年連続の黒字。基金残高も469億円と4年連続増加しており、財政力は充分にあると区長に求めた。

まず、牛込第一中学校から設置へ地元の小中学校にも設置を

  この質問に対し、区長は「まずは、体育館で全校給食を実施している牛込第一中学校体育館の空調整備を進めるべきと考えており、他の学校についても、各学校の設備や体育館などの立地条件等を踏まえ、空調設備の整備の方法等について、教育委員会と十分調整してまいります。」と答弁した。
 画期的な答弁。西新宿中学校、西新宿、柏木、淀橋第四の各小学校は、体育館にエアコンが設置されていない。引き続き、全校の早期設置のため取り組んでまいります。

コメント

主事さんをなくさないで!民間委託せず継続を要求

2018-10-10 16:18:37 | 小学校

小中学校の主事さんがすでに区内14校で民間委託。主事さんをなくさないで!民間委託せず継続を要求

  新宿区教育委員会は、区内の小中養護学校40校全校の主事さんを民間の警備会社に委託する計画をすすめています。地域や職場からは、不安の声がある。佐藤佳一は、10月3日の決算特別委員会で民間委託せず、区の職員が主事さんを務めるべきと要望した。

佐藤:学校用務(主事)さんは、これまで何校が民間に委託されたのか。今後は、どのようにすすめるのか?

教育委員会:これまで中学校3校、小学校11校の民間委託をすすめてきた。今後も退職不補充を原則に順次民間委託をすすめる。来年度は4校を予定している。

佐藤:委託する学校はどのように決めるのか。

教育委員会:中学校1校と小学校数校と地域である程度まとまって事業者に委託していく。労働組合の学校部会と話し合いながらすすめていく。

佐藤;主事さんは、特に小学校の児童とは親しくあいさつしたり、声をかけあったり、また、遠足や校外学習など児童と一緒に参加する。学校教育の一翼を担っている必要不可欠な存在と考えるが。

教育委員会:教員だけでなく、調理師、事務、用務など主事さんも学校教育の一翼を担っているのは事実。用務が、民間に委託したからと変わることはない。

佐藤:民間に委託すると、どのような指示系統で仕事をしたり、学校側と連携をとるのか。これまでの主事さんのように職員会議、職員運営会議に出るのか。

教育委員会:学校用務の仕事については、委託ということで業務マニュアルの中できちっと業務ができるようにしている。委託になるので、業務責任者を通して、学校長なり副校長が事前に協議をして行っていく。研修も行う。職員会議等への出席は確認とれない。

佐藤:みどり土木部では、これまでの退職不補充を改めて、引継ぎや継承していくことを考え、最低限の土木作業職を確保することになった。主事さんも考え方は同じではないか。これまでの蓄積や災害時などの対応など必要な人材。全部を民間に委託するのでなく。常勤として残すべき。

教育委員会:土木作業職は道路の普及など直接的なことを担う。例外として扱われている。災害時にも民間に委託しても同じように対応できる。事前に学校とマニュアルを決め体制とっている。

コメント

恒例のデイキャンプが、行われました!

2018-10-10 16:00:04 | 活動全般

 10月8日、曇り空でしたが、恒例のデイキャンプが、西新宿中学校で行われました。子どもたちといっしょに美味しいカレーと飯ごうでお米を炊きました。

 

 

 

 

 

 

コメント

決算特別委員会が始まります

2018-09-20 19:38:04 | 区議会

新宿区議会決算特別委員会(9月21日~10月4日)

佐藤佳一が決算特別委員会で総括質疑を行います

ぜひ傍聴してください

9月21日・金曜日 区議会大会議室
 午前10時40分頃 ※昼休みはさんで1時間40分程度おこないます

コメント (1)

清掃事務所が、不法投棄パトロールを開始(北新宿1丁目)

2018-09-11 18:19:06 | 活動全般

  清掃事務所が、不法投棄パトロールを開始しました清掃事務所が、集積所への不法投棄等に対しては、職員が平日昼間だけでなく夜間や休日にパトロールを行ってきた。しかし、職員では対応が困難な深夜から早朝にかけての不法投棄や不適切排出が夜間に多いことから、職員対応が困難な深夜から早朝にかけての不法投棄への対策として、夜間パトロール委託を実施。
 集積所の利用状況の更なる改善を図るとともに、住宅宿泊施設の利用者等が集積所を不適正に利用している状況を確認できた場合には、事業者情報を聞き取り、事業者への適切な指導につなげる。

●実施場所
 北新宿一丁目エリアの集積所10か所
北新宿一丁目エリアとした理由
 ①無届出だが明らかに民泊として利用されている施設が多い。
 ②民泊届出数3件に対して廃棄物の申出書提出件数43件(※調査時点の件数)と多く、今後、民泊営業が増える可能性がある。
③不適切排出(曜日外・ロ寺間外・混入等)が目立つ集積所がある。
 
●実施方法
○年間182日、時間は
       PM10:00~AM7:00
○委託事業者が夜間巡回パトロールの際に指導・調査を実施
○対象集積所に夜間パトロールの看板を順次設置(看板を取り付ける壁等の所有者・管理者の了承を得た後に設置)

●開始日
2018年8月31日(金)

●今後の予定
 パトロールによる不適正排出の現況、民泊ごみ等の実態把握、調査・指導等を1~
2か月程度行い、改善状況等により、このエリアでのパトロールの継続または新たなエリアへの移動等を検討する。

コメント

猛暑の東京五輪ー時期の再検討を!

2018-08-22 15:41:48 | 宣伝

五輪開催期間の見直しを都に申し入れる日本共産党都議団のチラシを大東橋で配布

 環境省によると今年は熱中症を予防する指標となる東京の「暑さ指数」が、7月13日以降、マラソンのスタート時の午前7時でも「厳重警戒」となる28度を超える日が続き、9時には「運動は原則禁止」の31度以上となる日が相次ぎました。

 あぜ上三和子都議は、気象庁が「災害と認識」というほどの猛暑で熱中症の被害が広がっていることから、この時期の開催を多くの都民が心配するとともに、専門家から危惧する声が上がり、海外メディアも警鐘を鳴らしていることを紹介。

「2年後も災害レベルの暑さとなる可能性は否定できず、アスリートや観客、ボランティア等を危険にさらしかねない」として、専門家や選手の意見も聞きながら、9月か10月に開催することも含めて改めて検討するよう強く求めました。

申し入れ書を受け取った東京都オリンピック・パラリンピック準備局の中村倫治総務部長は「(要請内容を)関係部局に伝えるとともに、組織委員会にも話をする」と答えました。

コメント (1)

「違法民泊」対策の強化を!

2018-07-19 17:43:15 | 民泊

(6月12日、日本共産党区議団が行った区議会第2回定例会の代表質問より)

住宅宿泊事業法(民泊新法)と新宿区民泊条例が6月15日から施行され、同日から改正旅館業法・同法施行令と新宿区施行条例も施行されました。

問:民泊の届出件数が区の想定2000件に対して少なすぎるが、原因は何か。また、今後の 見通しはどうか。
答:届出が少ないのはマンションの多くが民泊禁止を決めたからと考える。6月15日以降は 民泊だけでなく改正旅館業法に基づく申請も可能となるため、見通しをたてることが困難。

問:届出のない「違法民泊」は、住環境悪化や事件・事故が心配。区民が相談しやすいよう  「違法民泊110番」などの相談窓口を設置し、対応す  る職員体制も拡充せよ。
答:国の民泊制度コールセンターが土日夜間も相談を受け付 け、区は衛生課に専用電話を設置して対応している。法  が施行されれば業務が平準化して現在の人員で対応可能。

「旅館業法改正」で何がどう変わる?
 ※ ●規制厳格化  ●規制緩和
●無許可営業に対して区の立入検査等が可能になった。
●罰金上限3万円から100万円に引上げ。
●最低客室数の基準がなくなり、1室からでも営業可能に。
●玄関帳場(フロント)がなくても、本人確認できるビデオ カメラで代替可能に。

コメント

学習会 福島第1原発の今と廃炉への道

2018-07-17 17:41:30 | お知らせ

 学習会  福島第1原発の今と廃炉への道

 お話し:野口邦和さん

 福島第一原発は、「収束」とは程遠く、事故の真っただ中にあります。放射能「閉じ込め」にむけた懸命の努力が行われていますが、溶け落ちた核燃料の位置や状態はいまだ把握できず、破壊された原子炉建屋への地下水などの流入により、核燃料から溶け出した放射性物質を含む汚染水が増え続けています今、その現状と廃炉への道についてお話しします。

●野口邦和さんのプロフィール

 1952年生まれ。日本大学元准教授、理学博士。放射線防護学。福島県本宮市放射線健康リスク管理アドバイザー。著書に『放射能のはなし』『放射能事件ファイル』など。

日時:7月21日(土)

午後2時~4時

場所:淀橋会館 西新宿5-4-7 2F

コメント