hey is imamura-blog

日常の中に俺があり、俺の中に日常がある。それは矛盾の中にひそむ真実である。真実を記録する。それは事実になる。

歩く。

2019年02月19日 11時21分36秒 | Weblog
昨夜は職場の仲間の送別会だった。

俺はとあるコールセンターの立ち上げをしたのだが、その立ち上げの時からの仲間だ。
熊本に行くのだと言う。大いに飲んだ。グッドラックだ。

途中から鈴木さんが合流して2次会ののちに二人でしっぽりと飲んだ。
何度か行った事のあるバーだ。

井浦が出張で東京に来たときに何と無く入り、その後何度か来ている。
酒の種類が多くまあ絵に描いたようなシックなバーである。
たまにはこう言うバーで丸い氷をコロコロしながらラム酒などを舐める。
俺は貧乏であるが、心は貧乏になってはいかん。
おっさんなので年相応の場所ってのにたまには顔を出し大人の時間を楽しむのである。
まあ大袈裟に書けばこうなるが、嗜好ってのはこう言うことだと思っている。
俺がラム酒をチビチビやる間、鈴木さんはジャックのダブルをガブガブと4杯飲んだ。
お会計で一気に酔いが覚め二人でとぼとぼ歩いて帰った。深夜2時家着。

そして朝。
いつもの朝だ。昨日も去年もその前もこの朝を何度も繰り返して来た。
この先何度この慌ただしい朝が来るだろうか。
振り返ればいい朝なんだろうが、今はそんな余裕なし。

今日は仕事が14時から23時までのナイトシフト。
ナッツとジュリーを送って出社までの時間家でゆっくりと一人で過ごす。
ささっと送りに行きたいのだがチャリの鍵が無い。
いつも必ずジャンバーの右ポケットに入れるのだが無い。
チャリに付けっ放しかと思ったが無い。
嫁さんのチャリを借りて送った。

相当探したがマジでない。
無いもんは無い。こう言うのは意外なとこにあるのだが、意外なとこにも無い。

もう今は探す気も無い。今日は歩いて仕事に行こう。
歩けばいいのだ。
チャリがダメなら歩け。シンプルだ。

チャリの素晴らしさを噛み締めながらアスファルトを踏みしめて歩く。
コメント

自己顕示欲の行き先

2019年02月17日 20時45分43秒 | Weblog
朝起きてテレビからはバイトテロのニュースが流れていた。

ああいうのをSNSにアップしてアピっているのである。
それを見た人々の反応が良い反応とか悪い反応とかってのはどうでも良いのだろう。
ただただ、ちっぽけな存在不確かな己を、無数の人々に対し顕示する事で
生きてる事を感じたいのでしょうか。

俺もそうです。

いやしかしあれらは全くもってアウトだ。
100アウトだね。
自己顕示欲は俺にもある。100ある。むしろそれの塊が俺である。
しかしよ、俺は歌で顕示したいね。
ちゃんと土俵で勝負したいね。
まあ、この文章とかも厳密に言えば俺の土俵では無いんだが、これは俺の俺土俵の話だからよし。
いつもああいうバイトテロやらユーチューブで店にクレーム言っとる動画とか見て思うんだが、
彼らはガキの頃に理不尽な恐怖政治ってのを経験してないのだろうね。
俺がガキの頃は何か自分をアピる時は必ずリスクが伴った。
匿名でアピる方法は無かった。
中学生の頃、俺は満を持してベンクーガー製龍の紫裏ボタンをつけてみたり
ガラスボタンをつけたりしてアピっていた。
俺はヤンキーじゃ無いけど普通では無いぞと。
そうするとね、すぐ来るんですよ。ヤンキーが。
ハイパーリーゼントで襟足ながーいバリ太いボンタン履いた本物たちが。
「おーお前なんガラスボタン付けとーとや」と。
「いやあそのおあのう」とか言っとる間も無く
「ちょっと貸しちゃらんね」と回収されるのである。
勿論返してもらえる訳が無い。
そこで俺が本当にアピりたいのであれば「貴様こら何で貸さないかんとや」と
勇気を振り絞り、力技でヤンキーを倒すしかない。
しかしヤンキーの後ろには必ず「組織」がおり、その組織は暴走族やら893とかである。
その組織の権力をも「知るかボケが」と気にもせず突破したものだけがアピる権利を与えられるシステムだった。
名を名乗らずに自己顕示する事は不可能だった。
先に書いたリスクを突破するほどの気合がなければいかん時代だった。
今はどうだろう。
別に名を名乗らず匿名のまま自己顕示ってのはリスクが無いのでそりゃあ何とも
品が無いというか、悪に満ちている。
まあこれが人間の本性だろうが、そんなもんわざわざ見たく無い。もう知っとる。
彼らは理不尽な暴力やら権力に制圧される事なく育った人々なんやろうとか思う。
ぶん殴ったこともぶん殴られたことも無い。
フラれた事もない。告白した事がないだろうから。
土下座した事も、晒し者にされた事もないだろう。
まあそんな事を思う。

何か伝えたい事があるのなら
先ずは名を名乗ろうぜ
それを聞いた他人からボロクソ言われるかもしれんっちゅう恐怖
自分が否定される事の恐怖を乗り越えようぜ
とおれは自分を鼓舞しながら毎日やっとる。

そして今、ちびっ子達があまりにもうるさかったので俺は絶叫した。
「お前らうるさい!とにかくうるさい!静かにしろ!」
ちびっ子達は泣きそうな顔で部屋に引っ込んだ。
親父の機嫌が悪い。なぜ悪いのか。私たちが悪い事をしたから怒鳴られたのか。
傷ついただろうがそんなに深く考えないでほしい。
ただ俺は静かな環境で文章を書きたかったのに君たちの声がやかましいから怒鳴っただけだ。
親父の都合だ。君たちは何んも悪くない。俺らが育てた子供だし。
ちびっ子は元気があった方が良い。
ただ、大人になった時「ちっちゃい頃父ちゃんに怒鳴られたりひっぱたかれりしたのはただ父ちゃんの機嫌が悪かっただけだったんだな」
と気づいてほしい。理不尽な小さな恐怖政治を思い出してほしい。
そうすれば人に優しくなれると思っている。

人間ですよ。
人間だもの。

またちびっ子達が騒ぎ出した。
うるさい。
なんか文が纏まらん。今日はここまで。

................................

今村竜也ライブスケジュール


02/23(土)下北沢ちょ美ひげ
w/高哲典-Akinori Taka-

02/26(火)西荻窪ARTRION
w/福原正登/山とケ

03/23(土)下北沢BAR?CCO
w//中島キオ/itoshigeo

詳細→ http://imamurasyouten.wixsite.com/imamuratatsuya


コメント

イマムランナー

2019年02月16日 20時33分12秒 | Weblog
昨夜は家で晩酌の後向井君と飲んだ。
家でビール35缶、熱燗300ミリ、飲み屋で大瓶一本、チューハイ2杯。
俺は酒が弱いので、これくらい飲むとベロンベロンに酔っ払う。
歌詞について、映画について、拳銃について、食べ物について、水風呂について、子供について。
話は尽きない。まともな時間に切り上げ気を失うように寝た。

そして今日はナッツのお遊戯会だった。
ちびっこ達が舞台に立って発表する様をみて微笑んだ。
鈴木さんは幼稚園の時、お遊戯会で白タイツを履いて踊り
お客さん全員に笑われた(そう感じた)事がトラウマになり人前で何かを発表する事がトラウマになったと先日語っていた。
俺は逆で、ガキの頃から人前で何かやって笑われたり褒められたりするのが快感となり
今に至る。物事は捉え方によってその意味合いが大きく変わる。本人の解釈ってのは
気分だったり、風向きであったり。生きるって事は不思議なもんですな。

お遊戯会を見て昼飯。
休みの昼飯は結構な割合で俺が担当する。今日は(今日も)スパゲッティーだ。
俺はクリーム系を得意としているが、今日はトマトにした。ばりうま。
その後ナッツ、ジュリー、そうちゃんを連れて本屋へ。それぞれ好きな本を買った。
そして昼寝。
先日も書いた通り俺は物凄く寝る。のび太より寝る。気がつけば2時間寝てた。
まあストレスの多い生活をしている。だからかもしれん。
ストレスがたまると代謝が悪くなり顔がゾンビのようになる。
後贅肉もつく。おっぱいがAカップぐらいある。これはいかん。
Tシャツを着た時、野郎のAカップほど見苦しいもんは無い。ポヨンとした感じ。
乳首も透ける。俺は乳首が透けやすい系男子なので余計にいかん。
って事で今日からランニングを再開した。
そうちゃんが靴を買った衝動で一緒に走った。子供とランニングってのは良い。
がんばれ元気みたいで良い。スカッとし、風呂入って水シャワー浴びて
オパンのパンでビールを飲んだ。
その後晩飯を食って今だ。

今俺は感性の文字起こし真っ最中なのだが、このブログは結構それがうまく行っている気がする。
考えた事をそのままタイピングする事ができるようになって来た。話すように。
そのうち歌詞も話すように書ける日がくるだろう。

さてここで写真についてだが、これは長男はるきがある日コンビニのエロ本コーナーを東京五輪までに撤収するという
ニュースを見て俺に渡して来たポエムである。
字が汚すぎて何書いているかわからんでしょうから翻訳しますと

エロ本なくしてなにになる
世界各国エロはある
今村はるき


息子よ。父ちゃんも頑張るよ。


................................

今村竜也ライブスケジュール


02/23(土)下北沢ちょ美ひげ
w/高哲典-Akinori Taka-

02/26(火)西荻窪ARTRION
w/福原正登/山とケ

03/23(土)下北沢BAR?CCO
w//中島キオ/itoshigeo

詳細→ http://imamurasyouten.wixsite.com/imamuratatsuya



コメント

街の底よりこんにちは

2019年02月15日 20時32分42秒 | Weblog
そりゃあナンバーガール再結成とか
死んだ人間にパッタリ遭遇したみたいな衝撃よね。
異人たちの夏みたいよね。
2度と会う事がないと思っていたのが目の前に現れるわけやからそりゃあ激震が走るでしょう。

なかなかいい感じに酔っている。
晩飯は鍋だった。本日は子ども手当の支給日であり、子供達はナイキの靴だ何だと
買ってもらい上機嫌である。
俺はと言うと今日は休みだったのでパーラーに行ってCR寄生獣を打っていた。
寄生獣はコミック全巻を所持していた事もあり(いつの日か売ってしまった)好きなマンガなのです。
ぴっローン、ピロローンとミギーが頑張るのだが、俺は大殺界に入っている為、うんともすんとも言わず。
そんな中、たきもっちゃんからラインが来た。
「ナンバーガール再結成アナウンスされましたね」
そん時はなーんも出ない寄生獣を離れジャグラーを打っていたのだが、そのお知らせが来た瞬間
GOGOランプが光った。
そん時俺は思った。

俺は何をしとるんだ

向井君と飲んだりしていると、大体誰かが話しかけてくる。
俺はその度スーとしているのだが、氏と俺の差って奴をまじまじと見るのである。
羨ましいとかではなく、なんかねえ、自分が物凄くちっぽけな気持ちになる。
俺のことは誰も知らないんだなあとか
嫁さんがイエモンがどうだとか、今回のナンバーガール再結成のニュースに対する反応を見たりしていると
皆は、嫁さんは俺に何ら興味がないのだなと冷静に完全に「平」の「並」の「普通」の

世界に無視されているような気持ちになる。

悲しいと言うより寂しい感じ。一人で死んで、俺が死んだ事を誰も気づかず一ヶ月後くらいに白骨化して
発見される感じ。

大殺界の為、考え方もネガティブになるのかしら。

さっきナッツがアイスが食いたい、コーラに入れて食いたいと駄々をこねだしたのだが、
俺は買ってきたよ。家族全員分のアイスとコーラを。
1500円したよ。
でもね、子供らが機嫌よくしているのでいいのよ。
長男ハルと買いに行ったのだが、俺はハルに
「父ちゃんが死んだら葬式とかなんもしなくていいからな」と遺言を伝えたよ。

正直、生きてるんだか死んでいるんだか自分でもよくわからんのです。

下積みが長すぎてやさぐれてしまったのか、この文章ですら自分の意思で書いているのか
誰かにコントロールされているのかわからんのです。

存在が不確かなんです。

甘ったれんなって感じだが、俺は今メンヘラです。イメンムラ竜也です。

寝よう。起きてこの文章見て「何で俺こんな事を書いとるんだ」と思おう。

明日が来ればね。

しっかりしろ。しっかりしろよ俺よ。

このままくたばってたまるか。

................................

今村竜也ライブスケジュール


02/23(土)下北沢ちょ美ひげ
w/高哲典-Akinori Taka-

02/26(火)西荻窪ARTRION
w/福原正登/山とケ

03/23(土)下北沢BAR?CCO
w//中島キオ/itoshigeo

詳細→ http://imamurasyouten.wixsite.com/imamuratatsuya
コメント (2)

山田太一シリーズ

2019年02月14日 21時26分06秒 | Weblog

晩飯はトンカツであった。

トンカツは私の嗜好品ランキング5位以内に入る食材である。

食材以外にも嗜好品ってのはあるが、それらを含めたランキングで

5位かな。多分5位くらい。まあどうでも良い。

今、長男ハルキが6年生に送る手紙を明日までに提出しなければいけないが

それを書く紙、そして送る相手の名前を書いたリストを無くしたと発狂している。

今まさにこの文章を書く横でパンツ一丁で「何で勝手に俺の事を書くんだ」とこれもまた

発狂している。

「何でタイトルが山田太一シリーズなのか」としつこく聞いてくる。

6年生に送る手紙のフォーマットをネットで検索してプリントしろと言ってくる。

うるせえ俺はマジシャンじゃねえんだよと一喝したら部屋に引っ込んだ。

さて、ハルからも質問があったタイトルについて。

トンカツを喰いながら俺はビール35缶一発、芋のお湯割を嗜んでいた。

嫁さんとあーだうーだとお話ししながらゆっくりトンカツディナーを嗜みたいのだが、

ガキどもがカットインしてくる。

常にカットインしてくるので、嫁さんとまともに話す事は本当に無い。

今日はたまたまカットインの隙間を縫って話したのだが、ドラマの話になった。

金曜ナイトドラマの話になり、あれは面白かっただ、あれは誰の作品だとか話ていたのだが

俺は山田太一シリーズ「岸辺のアルバム」を絶対観るべきだと豪語した。

山田太一シリーズを語るには、俺がそれに没頭するまでのプロセスを語らねばならんのだが

発端は鈴木さんだ。

鈴木さんが「見た方がいい」と言ってたのは覚えているが、それだけでは俺はみなかった。

その直後に向井君が我が家に遊びに来た時になぜか、何の予告もなく「ふぞろいの林檎たち」の

DVDBOX、Ⅱを持ってきて「まあこれみてみろ」と言われたのが発端である。

それから事あるごとに俺は山田太一シリーズについて鈴木さん、向井君(この二人のみ)と

熱く語らう事になる。いろんな作品を向井君に借りて齧りついて見漁った。

で、俺は「岸辺のアルバム」っちゅうチョモランマの頂に立ち、ボッコし影響を受けたのだ。

それを嫁さんにどうしても観て欲しくてグイグイプレゼンするのだが全く観る気配が無い。

俺は今日、「絶対観るべきだ、なぜ見らんか」と詰め寄ったのだが、第一声が

「なんか時代背景とか古臭い」と帰って来た。

俺が最も恐れていた最もがっかりする最悪最低な地獄の底の更に底のような回答が返ってきた。

これは、山田太一ファンの二人(鈴木氏、向井氏)と話す時に必ずでる話題なんだが

「山田太一ドラマを古臭いとか言うやつとは一生話す必要がない」と。

何と我が子供達を5人も踏ん張って産み落とした嫁さんからそのNGワードが出たのだ。

俺はその発言を聞いたとき芋のお湯割を飲んでいたのだが、ショックでもう一杯つくった。

多少濃いめに。

上記内容(古臭いとか言ってけなす奴はクソだ的内容)を嫁さんに言った。

例えばTHE WHOを誰かに聴かせて「古臭い〜」って言う輩とお前は仲良くやれるのか?

そのバンドが活躍した時代を理由に聞かないって感覚はダメなんじゃないか?

等々。

俺は怒っているんじゃないのだ。悲しいのだ。なぜ芸術を昔とか今って物差しで解釈するんだ。

良いもんは原始時代であろうが、平成最後の年であろうが良いんじゃないか。

熱弁したところ嫁さんは「別に観てそう思ったんじゃなくて何となくのイメージで・・・・云々」と

言い出したので、俺は「実際に岸辺のアルバムの第一話を今見せるしかない!!そうするしかなかろうもん」と

思ったのだ!マジ思ったのだ!!

で、嫁がかじりつくように観ているドラマ「刑事ゼロ」が終わるのを待った。

エンディングが終わったタイミングで俺は岸辺のアルバムのDVDBOX(向井氏所有)をプレーヤーにセットしようとしたと同時に

次男そうちゃんが「派遣占い師アタル観たい」と言い出して嫁さんと齧り付くように観出した。

俺の脳内でジャニスイアン、ウィルユーダンスが流れた。

シャケの娘はカワイイ。

終わり

................................

今村竜也ライブスケジュール

02/23(土)下北沢ちょ美ひげ

w/高哲典-Akinori Taka-

02/26(火)西荻窪ARTRION

w/福原正登/山とケ

03/23(土)下北沢BAR?CCO

w//中島キオ/itoshigeo

詳細http://imamurasyouten.wixsite.com/imamuratatsuya

コメント

着たいと思う服を着る事は贅沢だ

2019年02月13日 20時48分17秒 | Weblog
来たる2月15日はお待ちかね子供手当の支給日である。

我が家は子供が多いのでそれなりの額の子ども手当を受け取る事ができるのだ。
本当は一人当り月10万づつぐらい支給されても良いのではと思うところだがまあ贅沢言っても始まらない。

今月の子供手当では子供達に好きな靴を買う事にした。
長女カズは服を買うと意気込み地下アイドルが着るようなニュアンスの服を色々と
買い物カゴにぶち込んでいる。
長男ハルは「ナイキの黒い紐靴がほしい」との事で、ナイキのエアフォースワン的デザインの靴を
チョイスしている。
次男そうちゃんはパルクールで動きやすい軽くてかっこいい紐靴が欲しいと、アシックスの靴をチョイス。
靴はしっかりしたもんを履くのが良いとは亡き父が言っていた。
足元を見るってのは皆知っているだろうが、ゆとりの象徴は靴にあると思う。
好きな靴を履けるって事イコール暮らしにゆとりがあるって事であり、
今村家も一時期に比べれば少しはゆとりが出てきたのだなあと、我ながら思うのである。
嫁さんは「ちょっとイイ財布を買おうかなあ」などと言っている。
さて、ここで言いたいのだが、一連の子ども手当の使い道について、今村家のそれぞれのことを書いたが
(次女、三女は好きな靴を買う)、俺が何を買うかは出て来ない。
「この靴いいんじゃない」とか「財布か、買い替えたほうがいいかもね」とか話すが

「お父ちゃんは何買う?」

って話は一ミリも出て来ないのである。

いつもそうだ。俺は今村家の金で自分好みの服やら何やらを買ってもらったことが無い。
一回も無いんじゃ無いか。

大概、嫁さんがユニクロに買い物に行った時についでにミッキーマウスのTシャツあんた好きそうだから
買って来たよ的なもんしかない。
かわいそうな男である。
なので俺は自分が欲しいもんは借金してやら、ライブのギャラやら、パチンコやらでゲットした
お金で買うのである。
俺が日々仕事して稼いだ金は俺以外の家族のもんである。

何でそうなるのと疑問に感じる事も勿論あるが、ここを突き詰めると
ヤンヤヤンヤと面倒な話し合いであったり、あーだうーだと言われるので考えない事にしている。

今も、次男そうちゃんがダイニングテーブルで宿題をやりたいが、次女ナッツがそこで遊んでいる事に
ブチ切れ絶叫と絶叫のぶつかり合いが展開されている。
だが、それらに関与する事は面倒であるし、そもそもが関与しても解決した試しがない。
ほったらかしで筆を進めるのである。

トラブルは未然に回避するべきなので、俺が着る服は俺が買う。
って事でフレッドペリーのシャツを2着買った。
憧れのフレッドペリーである。
フレッドペリーは福岡の田舎侍にとってオシャレの象徴である。
カッコイイのである。
カッコイイ服を着ると自分が高まる。自分テンションが上がるのである。
服に執着がないと俺は思っていたのだが、ある。これはあるんでしょう。
ジーパンはリーバイスがいいしチノパンはディッキーズがいいし、
シャツはフレッドペリーがいい。靴はコンバースがいい。
何でいいのか?カッコイイからだ。
かっこいいもんを身につけると自分テンションが上がる。
なんかパッとしないなあと思う一日がある時、俺は自分テンションが上がる服を着て
数ミリその1日を底上げする。

今も次男そうちゃんが「宿題の意味がわからない」とブチ切れて発狂している。
三女ジュリーが「お父ちゃんこれ食べな」と缶入りのクッキーを持って横に立っている。

そして俺はどこにも行けない文章をローン組んで買ったマックでカチカチと打ち込んでいる。

素晴らしい日じゃないか。

................................

今村竜也ライブスケジュール


02/23(土)下北沢ちょ美ひげ
w/高哲典-Akinori Taka-

02/26(火)西荻窪ARTRION
w/福原正登/山とケ

03/23(土)下北沢BAR?CCO
w//中島キオ/itoshigeo

詳細→ http://imamurasyouten.wixsite.com/imamuratatsuya
コメント

夢と現実

2019年02月13日 12時17分00秒 | Weblog

三連休最終日の昨日は20時に寝てしまった。

俺は疲れているのだろうか。

ああ。疲れている。俺は疲れている。

家に俺の休まるスペースは無い。写真は節分の様子だが、毎日こんな感じなのである。

今仕事の昼メシタイムで、休憩室の座敷でコレを書いている。

座敷休憩室は落ち着く。誰も喋らない。仕事で喋る事に疲れて誰も喋らないのだ。俺も喋らない。シーンとした中、他の人がすするラーメンの音だけが響いている。

俺は疲れていてもそうでなくても良く寝る奴だと思う。

現実で上手くいかなかったり、イライラした時などすぐ寝る。

酒飲み過ぎても寝る。

死ぬんじゃないかと思うくらい寝る。

たまに夢の世界の方が楽だなあなど考えたりもする。

死と夢の世界ってのは何となくリンクしているように思う。

俺の本能は死にたがっているか?と思う事もある。

だが実際にはまだまだ死にたくないのだが、周りにこれ以上死なれるより、自分が真っ先に死んでしまえば悲しまずに済むなあなど考える事もある。

だからといって自死を選ぶつもりは1ミリも無い。

死ってのは物凄く恐ろしい。

寿命を全うするとて、死際の苦しさってのは物凄く恐ろしい。想像するだけでも恐ろしい。

その恐ろしさを消し去るべく寝る事もある。

寝るのは気持ち良い。

眠い時に寝るのが一番気持ちいい。

二度寝の瞬間も気持ちいい。

今も眠い。11時間寝たのに眠い。眠い眠い。

寝よう。

................................

今村竜也ライブスケジュール

02/23(土)下北沢ちょ美ひげw/高哲典-Akinori Taka-

02/26(火)西荻窪ARTRIONw/福原正登/山とケ

03/23(土)下北沢BAR?CCOw//中島キオ/itoshigeo

詳細http://imamurasyouten.wixsite.com/imamuratatsuya"

コメント

カワイイの感覚

2019年02月11日 21時46分24秒 | Weblog

三連休中日。

基本的に家にいた。何故ならクソ寒いからだ。

クソ寒いと出かけるとかなんか作るとかいう前向きな気持ちになれない。

そもそもが私、2月は大殺界との事で何をやっても上手くいかんので準備をしなさいとの事だ。

ギターの練習をしたり歌の練習をした。

作曲はなんとなくやってみたが、まだまだ修行だ。

文章を書きまくってコレっちゅう歌詞ができたらそれに曲をつける事にしようと思っている。

今までやった事ない作曲方法だ。何事もチャレンジである。

一生曲ができないかもしれないが、それで誰かが悲しむ事もない。

それを苦に俺が音楽活動を辞めたとて何のニュースにもならん。

とかいじけモードにさせるのも寒さと大殺界のせいである。

俺のそばにはバリバリ音楽で食っている友達がいるが、嫉妬などは無く

現実は今までの積み重ねの結果であり、俺がサボって来た為この位置におるとぐらいにしか思わない。

諦めもある。諦めてネタも切れて世界に無視されているような気持ちに二万回なって

本物の歌が出て来ると思っている。

煩悩をそぎ落とし熱中してこそ本物の歌が出て来ると思っている。

今月は歌を作らない。大殺界なので。

さて、俺は表題のカワイイってのがよくわからんって話をよくする。

「この服カワイイ」とか「この写真カワイイ」とか云々。

子供や子猫、犬などはカワイイと思うのだが、この何というか服がカワイイとかって

感覚がゼロなのだ。

女が持つ特有の感覚「カワイイ」は芸術においてとても重要な感覚である。

女性的な感覚とは想像するにとてもカラフルでキラキラとしたもんであり、それらは

音楽をやる上でも必要とされるのだ。

俺は女性アーティストの歌が結構好きである。

代表は山本潤子様である。ハイファイセット。

昔から女性の書く詞の世界観、メロディーにグラグラととろけた。

ディスイズ九州男児の俺の真逆のキラキラした世界観である。

年に一度女装などをして何とかその女性的感覚「カワイイ」を養おうと試みるが

所詮女装したキモいおっさんである。

カワイイは降ってこないのである。

なのでもう俺は諦めたのである。

無い物は無いのである。

女装も今年はやらない。今年はリアル天狗かナマハゲにする。

そこで思うのは、さてこの女性的感覚「カワイイ」とは

男性的感覚の何に当たるのか。

答えは「カッコイイ」である。

拳銃を筆頭とする武器達。

バイク。工具。スピーカー。自転車。戦闘機。その他諸々。

それらを見てグイグイ来る感じの女性バージョンが「カワイイ」なのでは。

俺は女性の女性にしかわからん感覚を男性に置き換える想像を良くする。

・生理痛=キンタマを蹴り上げられた時の痛み

・スッピンで出社=ヅラを被らずに出社

・パンチラ=キンタマがはみ出てしまった状態

等々。

想像を良くすると豪語したわりには3つしか浮かばなかったがこう解釈している。

まあそんなこんなで今村家は消灯時間である。

今日はここまで。

................................

今村竜也ライブスケジュール

02/23(土)下北沢ちょ美ひげ

w/高哲典-Akinori Taka-

02/26(火)西荻窪ARTRION

w/福原正登/山とケ

03/23(土)下北沢BAR?CCO

w//中島キオ/itoshigeo

詳細http://imamurasyouten.wixsite.com/imamuratatsuya

コメント (2)

今村馬心

2019年02月11日 06時26分07秒 | Weblog

寝てしまった。

朝勉強した方が効率的と亡き父は言っていた。

父ちゃんは毎日5時に起きて台所でコーヒーとタバコで新聞を読むのが日課だった。

俺が小学生の頃、朝小便をしに起きたらその風景だった。

たまに父ちゃんは「お前も飲むか」と言って激甘いコーヒーを挿れてくれた。

それが物凄く嬉しくて早起きしてラッキーと思っていた。

今も早起きして台所の電気をつけるとその時の感覚が蘇る。

さて、振り返りだ。昨日2月10日の出来事。

朝起きて悪ガキボーイズ(ハル&そうちゃん)に「お前ら映画観に行くかボヘミアンラプソディー」

と聞いた。ハルが「ブライアンメイ観たい」と言った。アイツはクイーンのギターの名前知っとるのか。

根来にラインしたが返信なし。呑んで夢の中だったのだろう。先に都内の映画館の空きをチェックした。

結果、昼の部はなんと調布の映画館しか空いてなかった。しかも残り6席程度。

根来からの返信が来て予約しようとしたらもう席がなかった。

根来と話した結果映画鑑賞は中止とした。なぜか電話で根来に「すまんね」と謝られたので

俺もなぜか「すまんね」と謝って電話を切った。

せっかくのお出かけモードなので俺は悪ガキボーイズを連れて東京競馬場に数年ぶりにいく事にした。

雪の影響でレース時間が大幅に遅延しており、到着した時には3レースのパドックをやっていた。

久しぶりの感覚だった。以前の俺はこの中央競馬界の巡り巡る血のドラマに没頭していた。

バンド名を競走馬名PLEASANT TAP (タップダンスシチーの父)にするほど没頭していた。

そりゃあ売れん。バンドの練習より競馬の予想ばっかりしていたからね。

3〜7レースを気楽な気持ちで楽しんだのだが、4、5レースと馬券は的中した。

4レースは人気薄降級馬ラボーナからのワイド6点流し2点的中。

5レースは単勝2番人気ニシノカツナリから馬連4点、ワイド2点流し。いずれも的中。

競馬好きの方々はこの2レースの詳細を是非チェックしてほしい。

シブい予想をしたと自画自賛している。

4レース結果競馬 - サラ系4歳上500万円以下 の払戻金 - スポーツナビ

5レース結果競馬 - サラ系3歳未勝利の払戻金 - スポーツナビ

悪ガキボーイズには「俺が1レースに100円づつお前らが選んだ馬の単勝を買ってやる。儲かったらそれでプレステ4買え」

と刺激して予想させたが、ハルの選んだ馬の二着が最高順位で的中には至らず。

「なんでこんな最下層人間が集まるとこに俺を連れて来たんだ」や

「俺は家出る前に運気が上がる周波数帯の音を聞いて来たのになぜ当たらないんだ」等々

ハルのデスモードが発動した為、メーンレースを待たずに退散した。

機嫌を直すべく府中で我が心の名店「たまの里」へ寄りソバは食わず

焼き鳥やしめ鯖をアテにして呑んだ。

ハルのデスモードは終了しご満悦。米はちの赤飯をお土産に帰った。

晩飯はおでんだった。この冬ラストおでんになるだろうか。

ビールと熱燗でいただいた。熱燗とおでんってのは本当に相性がいい。

どれくらい相性がいいかは鈴木さんに聞いてほしいのだが、俺はあったまって9時に寝た。

そしてこの朝だ。

ここ数年の俺は金のゆとりも無かったからか

「音楽、音楽」と常に肩に力の入った日々を過ごして来たように思う。

競馬プレーヤーだった今村馬心(イマムラバシン)時代に戻るつもりはないが、息抜きってのは必要というか、

音楽から離れたとこに実は次なる音楽のネタが隠れているような気がしている。

このブログもそうだ。

勿論やる事はやるのだが、肩の力を抜いて音楽と接して行こうと今現在(211日朝719分)は思っている。

...............................

今村竜也ライブスケジュール

02/23(土)下北沢ちょ美ひげ

w/高哲典-Akinori Taka-

02/26(火)西荻窪ARTRION

w/福原正登/山とケ

03/23(土)下北沢BAR?CCO

w//中島キオ/itoshigeo

詳細http://imamurasyouten.wixsite.com/imamuratatsuya

コメント

餃子男43

2019年02月10日 01時12分20秒 | Weblog

寒いね。

足の指先が物凄く冷えている。

山野井泰史氏著、垂直の記憶のようだ。

いやいや、それに比べるとこんな寒さはヌルい風呂に浸かっている程度の寒さだ。

さて、今日は昼から仕事。

俺はこの人生、夜働くのは体に良くないと、日中の仕事ばかりしてきた訳だが

まあ、43歳工業高校卒。ワガママばかり言っていたら職を失うのである。

音楽で食って行けばいいじゃないと言うが、まあそう物事ってのは突然変化するもんではなく

ジワーと変化していくもんだ。

勿論音楽で食えればそれに越した事はないが、

正直な話7人家族が暮らせていけるだけの事はしながら

我が好き勝手な事を歌ってそれをお金払って観にきてくれる人がいるって事に

こう言う人生もありやなって思う事もある。

だがやるからにはこの先を目指すのである。

そりゃあ俺の歌一発で今村家が生活できるのであればそれが一番かっこいいやないか。

話は逸れたが22時に仕事が終わりその後は仲間と飲んだ。

日高屋である。

この時間は世のサラリーマンはまともな飲み屋で飲み終わる時間であり

ここからさあ飲もうって事になると店は限られてくる。

日高屋である。

昨日に引き続き今日も餃子を嗜んだ。

若者と話す事はとても刺激になるが、俺は飲みたい若者としか飲みたくない。

今日は飲みたい若者たちと飲んだ。

人それぞれ色々ある。

側から見ればたわいもない事も当人にとっては絶望的な事だったりする。

それらに対し俺は俺的持論を展開する事しかできない。

俺の生きた経験っちゅう物差しでしかそれらに対し物を言う事はできん。

それが正しいか間違いかは分からん。

だが、思った事はそれを若者にいかに伝えるかを秒速で考えギャグなどを交えながら

話すのだ。

感性の言語化と呼ぼう。

そして俺はほろ酔いでも文章を認める。

さあ、明日から三連休である。

ハルとそうちゃんに打診しようと思っているのだが

ボヘミアンラプソディーを彼らと一緒に見に行こう。

そして焼き鳥を食いに行こう。

仕事場でこの事を根来に話したら

「今ちゃん、一緒に行こうよ俺も休みだから。映画見て飯食い行こうよ」と。

根来が全部ご馳走してくれるだろう。

根来、頼んだぞ。

根来、頼んだぞ。

根来、おやすみ。

................................

今村竜也ライブスケジュール

02/23(土)下北沢ちょ美ひげ

w/高哲典-Akinori Taka-

02/26(火)西荻窪ARTRION

w/福原正登/山とケ

03/23(土)下北沢BAR?CCO

w//中島キオ/itoshigeo

詳細http://imamurasyouten.wixsite.com/imamuratatsuya

コメント