時間を生み出すブログ はりの助

月の数字を変えるだけで曜日が変わる

【メニュー作成も 「はりの助」】

前々回「翌日はプラス1」では、曜日欄の先頭セルの日付を変えるとその月の曜日が全部更新できるようにしました。
これをもう少し便利にします。

月を表示するセルを作って、そのセルの値を変えると曜日が変わるようにします。
曜日欄の先頭セルの数式を変更します。
下の図は、表の上に2行挿入しているので、B4セルが曜日欄の先頭セルなっています。

B4セルに直接日付を入力せずにDATE関数で日付を表示します。
DATE関数
第1引数で年を
第2引数で月を
第3引数で日を指定します。

2015年4月1日の場合は、
  =DATE(2015,4,1)
のようにします。

このままでは月が変わるたびに数式(関数)を編集して引数を変更しなければならないので、かえって不便です。
そこで第2引数を参照にします。
参照については「関数の引数にセルの参照を使う」[2015/02/24]などで説明しています。



B4セルには次の数式を入力します。
B1セルには月を数値で入力します。
  =DATE(2015,B1,1)

B1セルの値を変更して、曜日が更新されるのを確認して下さい。

上図のサンプルファイルをダウンロードできますサンプルファイルについて
「sample_150331.xlsx」をダウンロード

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「エクセルとの連携」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
2022年
2018年
人気記事