時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

順位付けでの相対参照の失敗例

2015年03月10日 | エクセルとの連携
【FAX送信状も 「はりの助」】

3月6日に使った成績表に順位を付けましょう。
順位はRANK関数を使います。
次図のH2セルには
  =RANK(G2,G2:G6)
と入力しています。
第1引数の値が、第2引数の範囲(青い線で囲んだ部分)の中で何番目かを調べてその数値を取得します。


第1引数は酒本龍馬の合計点のG2セルを参照しているので、値は「291」です。
この「291」が、第2引数で参照している5名の合計点の、G2セルからG6セルまでの値

291
401
220
246
261

の何番目かを調べます。
一番大きい数は「401」で、「291」はその次です。
順位は2番目ですので、H2セルには「2」が表示されています。

このH2セルをH3セルからH6セルにコピーします。
次の図を見てください。1位が2つと2位が2つあります。
同点なら同位が複数あってもおかしくないですが、H6セルは「261」なのに1位になっています。


H6セルを確認してみましょう。
  =RANK(G6,G6:G10)
第1引数はジョン千次郎の合計点のG6セルを参照しているので、これは問題ありません。
第2引数では5名の合計点の範囲である、G2セルからG6セルを参照しなければならないのに
G6セルからG10セル(青い線で囲んだ部分)参照しています。

実際にRANK関数を入力して、G3セルからG5セルも確認してください。
上図のサンプルファイルをダウンロードできます。
「sample_150310.xls」をダウンロード


これはH2セルの数式をコピーしたことで、第1引数と第2引数の両方が相対的な位置にずれたために起こった不具合です。
前回も今回も相対参照している数式をコピーしたことによる問題です。
まだ説明していませんが「絶対参照」が見えてきたのではないでしょうか。

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 相対参照をコピーすると不具... | トップ | 消費税率を「絶対参照」で参... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事