時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

消費税率を「絶対参照」で参照する

2015年03月11日 | エクセルとの連携
【ポスター作成も 「はりの助」】

前々回前回で「相対参照」している数式をコピーしたときの失敗例を紹介しました。
前々回の消費税の計算が正しくできるように修正します。

前々回にC4セルに入力した数式は
  =B4*C1
でした。
コピーしたときに、消費税率を参照している「C1」の部分が相対的にずれていくことが問題でした。」
この部分がずれないようにするには「絶対参照」にします。

C4セルの消費税率を絶対参照にすると
  =B4*$C$1
となります。
「絶対参照」の指定方法は、絶対参照の指定方法 [2015/03/02]で説明しています。


このセルを残りのセルにコピーしたときの、各セルの数式は次のようになります。

C5セル  =B5*$C$1
C6セル  =B6*$C$1
C7セル  =B7*$C$1
C8セル  =B8*$C$1

価格を参照しているセル番地(赤い部分)は相対的に変化していますが、その後のセル番地は変わっていません。
このように、
変化させたいセル番地は「相対参照」
変化させたくないセル番地は「絶対参照」
で指定すればいいのです。


上図のサンプルファイルをダウンロードできます。
数式を入力していない「課題」と「失敗例」、そして「成功例」の3つのシートがあります。
「sample_150311.xls」をダウンロード

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 順位付けでの相対参照の失敗例 | トップ | 順位付けの数式を絶対参照で修正 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事