時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

3つの絶対参照

2015年07月31日 | エクセルとの連携
【差込印刷は 「はりの助」】

前回の3種類の絶対参照の違いです。
B2セルを参照しているとして説明します。



1番目は列のアルファベットの前と行の数字の前の両方に が付いています。
2番目は行の数字の前だけです。
3番目は列アルファベットの前だけです。

が行の前だけに付くと、行だけが固定になります。
列の前には付いていないので、列は相対的に変化します。

列の前だけに付くと、列だけが固定になり、行は相対的に変化します。

この固定と変化とは、数式が入力されているセルをコピーして他のセルに貼り付けたときに数式がどうなるかということです。
実際に確認してみましょう。

次の図のA1~C3のセルには、それぞれのセル番地を表す文字を入力しています。
数式ではなく、単なる文字です。



青い線で囲っている、A6、A11、A16、A21のセルには、すぐ上のセルに青い字で表示している数式を入力しています。
この数式は、どれもA1セルを参照していますが、参照の仕方が違います。
最初の一つは相対参照で、後は3種類の絶対参照です。

まずA6セルをコピーして、同じ色で塗りつぶしている A6~C8 のセルに貼り付けると、それぞれのセルの数式と表示はどうなるでしょうか。
まず考えてみて、それから実際に試してください。
残りの3箇所も同じようにして下さい。

上図のサンプルファイルをダウンロードできますサンプルファイルについて
「sample_150731.xlsx」をダウンロード

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 絶対参照の入力方法(エクセ... | トップ | 3つの絶対参照の違い »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事