時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

ワードの文字間は文字後のスペース?

2015年06月23日 | はりの助活用
【市販の履歴書への印刷は 「はりの助」】

前回の「文字」を行の中央にする方法です。
「文字」の2文字を選択して文字間を広くすると、「字」の後にも余分なスペースができてしまい「文字」が中央より左に寄るのが問題でした。
ということは、「字」の後にスペース(文字間)が付かないようにすればいいかもしれません。

「文字」の1文字目の「文」だけに文字間を付けてみます。
「文」だけを選択して、文字間を30ポイントにします。



うまくいきました。
一太郎ではどうでしょうか。
「文」だけを選択して文字間を設定しても、何の変化もありません。
「文字」の2文字を選択して文字間を設定すると「文」と「字」の間だけが広くなります。

一太郎の文字間は文字と文字の間にだけ入るようです。
対してワードの文字間は選択した全ての文字の後に設定した文字間分のスペースが付くようです。
この違いが前回紹介した記事のように、アンダーラインにも影響しているのでしょう。

この点についてのワードと一太郎の違いも人によって好みが分かれるでしょうね。
どちらにしても、ソフトのクセを知っておくことは大事だと思います。

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 文字を行の中央に配置する | トップ | ワードで文字を用紙の中央に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

はりの助活用」カテゴリの最新記事