時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

途中に行挿入して離れてしまったデータの処理は(アンケートの集計)

2015年09月02日 | エクセルとの連携
【申込書へのデータ記入も 「はりの助」】

【アンケートを集計する】[2015/08/24]からの続きです。

前回は、集計対象範囲の最終行の前に2行挿入しました。
そのために「回答者05」の入力データだけが離れてしまいました。



そこで、A9~Z9の範囲を選択して、A7~Z7にマウスでドラッグして移動しました。
次図がその結果です。



まず、9行目の罫線がなくなりました。
罫線も一緒に移動したようです。

次に数式を見てみましょう。
B10セルの元の数式は
  =COUNT(B3:B9)
でしたが、
  =COUNT(B3:B8)
となっています。

移動したことで集計範囲がズレてしまいました。
これは問題ですね。

それと疑問が湧きました。
集計範囲の最後の行が7行目に移動したのだから、数式が変化するとしたら
  =COUNT(B3:B7)
となるのではないでしょうか。

疑問が湧いたら調べてみましょう。
移動先を、挿入した2行の先頭のA7~Z7ではなく、最後のA8~Z8にしたら数式はどうなるでしょうか。
また2行挿入ではなく1行だけの挿入の場合や、3行以上の挿入の場合はどうなるでしょうか。
サンプルファイルには上図の失敗例と「2行挿入」「1行挿入」「5行挿入」のシートを用意しています。
試してみてください。

サンプルファイルをダウンロードできますサンプルファイルについて
「sample_150902.xlsx」をダウンロード

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 集計対象範囲の次の行で挿入... | トップ | 問題を起こさない移動方法(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事