時間を生み出すブログ はりの助

作業手順を重視した操作性と数々の独自機能により無駄な操作を削減し、時間を生み出す「レイアウトワープロ はりの助」を紹介

問題を起こさない移動方法(アンケート集計)

2015年09月03日 | エクセルとの連携
【のし紙への印刷は 「はりの助」】

【アンケートを集計する】[2015/08/24]からの続きです。

前回の疑問の結果です。
挿入した行の先頭でも最後でも、1行挿入でも5行挿入でも同じパターンになりました。
移動前が
  =COUNT(B3:B9)
なら、移動後は
  =COUNT(B3:B8)
のように、引数で指定した範囲が1行狭くなっています。
勝手な想像ですが、移動先のセルが移動してくるセルに置き換えられるので、移動前のセルが無くなってしまった。
そのために、集計対象範囲が1行狭くなったのではないでしょうか。

合計の行(COUNT関数を入力しているセル)を何行か下に移動して、集計範囲のセル(今回移動したセルの範囲)を下方向に移動すると、集計対象範囲が広くなって、きちんと集計されました。

また、今回のサンプルファイルではCOUNT関数SUM関数AVERAGE関数MAX関数LARGE関数に変更してみましたが、同じ結果です。
なお、D10セルのAVERAGE関数は、対象の範囲にデータが一つも無いのでエラーになっています。

それではどのように移動したらいいでしょうか。
移動したいデータをコピーして、移動先に貼り付けます。
そして移動元のデータを削除します。

この時、通常の貼り付けにすると、罫線などの書式も一緒に貼り付けられるので、「値」で貼り付けます。
こうすると書式が変わるという問題が無くなります。



「コピー」ではなく「切り取り」にして貼り付けると、移動元を削除する手間が省けますが、「値」での貼り付けはできません。


サンプルファイルをダウンロードできますサンプルファイルについて
「sample_150903.xlsx」をダウンロード

「レイアウトワープロ はりの助」公式ホームページ

この記事が参考になったら、右下の「いいね!」を押してください。

   <前へ>   <目次へ>   <次へ>
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 途中に行挿入して離れてしま... | トップ | データ入力範囲(集計対象範... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

エクセルとの連携」カテゴリの最新記事