「皇室問題INDEX」設立準備室

マスメディアによる皇室の偏向報道、ネットに流れる東宮家への誹謗中傷を検証しています。

■今国会中に決まる?! 秋篠宮さま「皇嗣殿下」(=愛子さま排除)に反対の声をあげよう!

2017-04-11 11:52:36 | 皇室問題
政府が今上陛下の生前退位後の秋篠宮殿下の呼称(称号)を、「秋篠宮皇嗣殿下」とする案を検討しているというニュースが4月11日午前2時過ぎ、配信された(共同通信)。ニュース記事は「皇嗣」を「皇位継承順1位を意味する」と説明しているが間違っている。皇位継承順位は暫定的なものにすぎないが(状況に応じて、2位、3位と変わりえる)、「皇嗣」とは「皇太子」を意味し、次の天皇になることが確定した身位を指す。記事は「次の天皇としての地位を内外に明確にするのが狙い」とし、「退位の法整備で特例規定を置くかどうかを含め最終調整している」と結ぶ。将来の日本の国のかたちを決める重大事項が、国民の声を無視して、否、国民に考えたり声を挙げたりする間を与えず、決められようとしている。

秋篠宮「皇嗣」殿下に 政府、継承順1位を明確化
https://this.kiji.is/224212680040284162

いま抗議の声を挙げなければ、秋篠宮殿下が次の皇太子となり、次々代に秋篠宮家に皇位が移り、愛子さまが皇太子となる道は永遠に閉ざされてしまいます。沈黙していれば、政府案=秋篠宮家の皇位継承に賛成したことになってしまいます。民草の声を挙げるべき時です。

■抗議の声の届け先(by がたみん様、どうしても様、シャンパン様)

【各府省への政策に関する意見・要望】
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose?…
ここから各省庁に同時にメールを送れます。
今回の抗議内容に関係する「内閣官房」「内閣法制局」「宮内庁」「法務省」「外務省」などの頭の□にチェックを入れれば、チェックした所全てに同時に送れます。同文を複数個所に送っても、1か所ずつ選んで異なる抗議文を送っても良いと思います。

【宮内庁】(住所、電話番号)
〒100-8111 東京都千代田区千代田1-1[所在地]
電話:03-3213-1111(代表)

【朝日新聞】
お客様窓口のご案内[受付] 平日9~21時 ※土曜は18時まで。日・祝休
東京本社 お客様オフィス【ご意見・お問い合わせ】0570-05-7616
お問い合わせフォーム
https://digital.asahi.com/info/inquiry/asadigi/shimbun.php
>東京本社
〒104-8011 東京都中央区築地5-3-2 TEL 03-3545-0131(代)
http://www.asahi.com/corporate/guide/outline/11050710

【読売新聞】
>東京本社読者センター(読売新聞社、記事、掲載広告などに関するお問い合わせ・ご意見) 
お問い合わせ03-3246-2323 全日 午前9時~午後10時ご意見03-3246-5858
お問合わせフォーム https://contact.yomiuri.co.jp/form/

社会面へのご意見、情報の提供
>東京本社 メールshakai@yomiuri.com ファクス03-3217-8363
〒100-8055(住所不要)読売新聞東京本社社会部宛
>大阪本社
メールosaka2@yomiuri.com ファクス06-6361-0733
〒530-8551(住所不要)読売新聞大阪本社社会部宛
>西部本社
メールs-syaka@yomiuri.com ファクス092-715-5509
〒810-8581(住所不要)読売新聞西部本社社会部宛

【日経新聞】
>東京本社 100-8066 東京都千代田区大手町1-3-7
03-3270-0251(代)
>日本経済新聞 カスタマーセンター
0120-21-4946(受付時間 7:00~21:00)
>お問い合わせ
https://support.nikkei.com/helpdesk?category_id=568&site_domain=nikkeifaq

【産経新聞】
>読者サービス 東京(記事に対するご意見・ご要望)
MAIL:u-service@sankei.co.jpTEL :0570-046460FAX :03-3270-9071
>読者サービス 大阪(記事に対するご意見・ご要望)
MAIL:o-dokusha@sankei.co.jpTEL :06-6633-9066 FAX :06-6633-9691
【受付時間】
平日09:00~18:00 土曜09:00~17:00 日祝日休み
※メールでのお問い合わせの際は、住所・氏名・電話番号を明記してください。
>東京本社
〒100-8077 東京都千代田区大手町1丁目7番2号 TEL:03-3231-7111(大代表)
>大阪本社 〒556-8660 大阪市浪速区湊町2丁目1番57号 TEL:06-6633-1221(大代表)
>支局へのお問い合わせ
https://sankei.jp/inquiry.html#Bureau
>産経ニュースWEB-SITE」に関するお問い合わせ、ご意見、ご感想
u-service@sankei.co.jp

【有識者会議の座長、座長代理】
・有識者会議座長の今井敬氏(新日鐵住金名誉会長、経団連名誉会長)
経団連のHPには名誉会長として名前がありましたが新日鐵住金には無し。
経団連HPのメールのお問い合わせが連絡先になりそうです。
>経団連HP http://www.keidanren.or.jp/
>住所 〒100-8188 東京都千代田区大手町1-3-2 (経団連会館)一般社団法人 日本経済団体連合会

・有識者会議座長代理の御厨貴氏(東京大学先端科学技術センターの名誉教授)
同センターHPの「研究者一覧」中に、同氏のメールアドレスがありました。
>東京大学先端科学技術センター
http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/index_ja.html
>御厨貴氏 E-mail: mikuriya@mk.rcast.u-tokyo.ac.jp
公開されているとはいえ個人のメールアドレスですので、失礼のないように取扱いにご注意ください。

【有力ジャーナリスト】
・田原総一朗氏
テレビ番組の朝生で、女性天皇、女系天皇を認めないのはおかしくないかと発言。
http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/100463/083100080/?P=1
>問い合わせ先 tahara-info★ascom-inc.jp (★を@に変えてください。)

以下は、先行トピックに投稿されたペリドット様のコメントです。

■内閣法制局にメールしました (ペリドット)2017-04-11 10:54:12

今回の天皇陛下の生前退位に伴って、政府と国会が秋篠宮殿下を皇太子待遇にする特別措置法を成立させようとしていますが、内閣法制局としてはどのようにお考えですか。特別措置法という形で、現在の憲法にも皇室典範にも抵触する法を成立させることが、できるのでしょうか。それは法体系を壊してしまう愚挙ではないのですか。

現在、憲法では天皇の地位は「承継」つまり直系で引き継がれるものとし、皇室典範でも皇位継承の順位を直系主義で定め、皇嗣は皇太子、皇太孫のみに限り、養子も禁じています。想定されているのは、崩御された天皇に子が居られなかったときのみに限り、天皇の弟への継承がなし得る形です。ゆえに、皇嗣(次の天皇となることが確定した方)は、天皇の子または孫という直系のみに限られています。天皇の生前は、その子の誕生の可能性があり得るからです。妻(皇后)が高齢であっても、天皇が存命である限り、再婚などによる子の誕生の可能性があり得ます。

有識者会議では、皇位継承順位第一位と皇太子(皇嗣)は同じ意味だという、まったくの嘘が述べられていましたが、法的には前者と後者は厳格に区別されているはずです。だからこそ、秩父宮殿下は昭和の初め(明仁親王殿下誕生以前)は、皇位継承順位第一位であっても、皇嗣にはなられませんでした。

にも関わらず、新天皇の弟宮にすぎない方を、皇太子待遇という詐術、すなわち国内向け呼称は秋篠宮のままに英訳名はクラウンプリンス、内廷皇族として扱い、その他の待遇は皇太子と同じくする、とは法を無視した暴挙であり、国民と海外を欺く不誠実なやり方ではないですか。

国事行為の代行については、皇太子以外もなし得るはずです。実際、いまの徳仁親王殿下は、皇太子になる前に国事行為の代行をされています(昭和天皇がご病気、皇太子は海外訪問のため、徳仁親王が代行された)。

このような、法体系を無視して、法治国家であることを蔑ろにするような特措法については、内閣法制局としてきちんと警鐘を鳴らして頂きたいと思います。特に今回は、英訳名をクラウンプリンスとし、つまり海外には皇太子として紹介することになるわけですから、国家として、大変問題のある措置ではないでしょうか。


・内閣法制局へのメール送信先
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

コメント (281)   この記事についてブログを書く
« 【呼びかけ】今国会中に決ま... | トップ | 【資料:最終報告書】秋篠宮... »

281 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
各府省への政策に関する意見・要望へメールしました (今回は匿名のcaballo blanco)
2017-04-11 14:40:25
各方面への連絡先を教えて下さり有難うございます。

私も、e-Gov(イーガブ)で、各府省への政策に関する意見・要望から、意見しました。
これを送った後で「皇嗣殿下」とやらの記事を見たので、それを書けなかったのが悔しい…!
こちらは、メールアドレス入力項目はありますが任意です。
私は空白のままでしたがちゃんと送信され、受付IDが発行されました。
選んだ総省は、内閣官房・内閣法制局・宮内庁・法務省・外務省・の五ヶ所。
制限は2000文字です。
長文で申し訳ありませんが、以下内容です。
******

前略
”象徴天皇制は世襲により連綿と受け継がれてきた。この天皇の制度が、将来にわたって安定的に維持されることが何よりも重要であり、制度の成り立ちからその背景となる歴史的事実を冷静に見つめ、多角的に問題の分析をした結果、非嫡系継承の否定、我が国社会の少子化といった状況の中で、古来続いてきた皇位の男系継承を安定的に維持することは極めて困難であり、皇位継承資格を女子や女系の皇族に拡大することが必要である”

と平成17年時点で法学者含む有識者から結論が出ていました。

今問題になっている『天皇の公務の負担軽減等についての有識者会議』では、本題にも報告書も無い秋篠宮殿下の待遇問題が、何故突然出てきたのでしょうか?

国事行為臨時代行ならば、法律により定められている。皇太子位が空位でも問題は無いのではないでしょうか。
昭和に長く皇太子空位期間がありましたが、何も問題は無かった。

皇室全体を見るならば1宮家だけに偏向した厚待遇は、国民からは不信感と嫌悪感を持たれるでしょう。まして、海外から好待遇を得る為だけに英表記は”クラウンプリンス”にするだなんて、国際社会に対する欺瞞です。

次代の皇統継承、皇太子を論ずるなら、法に世襲とある直系長子として正しく、敬宮愛子内親王殿下の継承を可能にする為に有識者も政府も考えるべきでは無いでしょうか。
国民は、女性として皇太子殿下のご長子にお生まれになった敬宮さまが立太子され、いずれ天皇になられる事を喜んで受容するでしょう。

”古来続いてきた男系継承の重さや伝統に対する国民の様々な思いを認識しつつも、議論を重ねる中で、我が国の将来を考えると、皇位の安定的な継承を維持するためには、女性天皇・女系天皇への途を開くことが不可欠であり、広範な国民の賛同を得られるとの認識で一致するに至ったものである。”

この結びから12年。
これ以上大切な時間を無駄にしないように切に願います。
草々
安倍総理と有識者会議座長の関係 (花冷え)
2017-04-11 15:03:35
小林よしのり氏のメルマガを惰性でとっていたのですが、今日配信されたメルマガは興味ひかれました。小林よしのりライジング号外「影の総理・今井尚哉を監視せよ」。

森友学園疑惑を追いかけるなかで、谷査恵子さん(安倍昭恵夫人付秘書ですべての責任を負わされている悲劇の経産省ノンキャリ)の直接の上司に当たる”今井尚哉”という人物が浮上しています。今井氏のプロフィールをよしのり氏はこう書いています。

>今井は経産省の一官僚でありながら、"「安倍首相の懐刀」「影の総理」"と呼ばれている人物である。現在58歳。東大法学部を卒業後、通産省(当時)入省。官財界の大物、元通産省事務次官・今井善衛と元経団連会長・今井敬の二人を叔父に持つことから、今井も「サラブレッド」としてもてはやされたそうだ。今井の叔父・善衛の妻と安倍昭恵の叔母の夫はきょうだいで、安倍家と今井家は遠縁にあたるという。(引用ここまで)

このトピック記事に書かれているように、天皇の生前退位に関する有識者会議の座長は、元経団連会長の今井敬氏。「安倍首相の懐刀」「影の総理」と呼ばれて実力をふるう男の叔父にあたるのですね。

この影の総理・今井尚哉が、いかにやりたい放題をやって日本国を振り回してきたか、安倍総理がいかに何も考えない無能な男か、よしのり氏は怒りを込めて生々しく書き上げています。こんな前代未聞の幼稚な総理の元で、皇室の未来が決められてしまう、日本国の不幸は…(絶句)。

抗議の宛先に有識者会議の座長・今井敬氏(経団連名誉会長)の名前が挙がっていますが、このような人(安倍の懐刀の叔父で、身内の安心感から使われている肩書立派なだけのご老人)に何を書き送っても無駄だと思います。その分、caballo blanco様が送ったように、内閣官房や内閣法制局、宮内庁、法務省、外務省などに抗議文を送ったほうが良いかと思います。
私も、今晩中には書きます。こんな国に成り下がってしまうとは…(呆然)
私も送りました (臨兵闘者皆陣列在前)
2017-04-11 21:43:03
e-Govで、でかいはがきの内容に
「秋篠宮皇嗣殿下」とする案に断固反対いたします。

という表題をつけて関係省庁に送りました。

一人でも多く、反対している人間が動かないと「安倍晋三」に押されます。
わたくしも出しました (九重)
2017-04-11 23:19:27
今までe-govの存在を知りませんでしたが、便利ですね。
大体は今まで主張してきたことと同じですが、今回は、憲法は男女を問わない直系主義で、新天皇陛下に直系のお子様がいらっしゃる以上皇統を傍系に移すのは不適当である、これを妨げる皇室典範は憲法の趣旨に沿って改正すべきであるを加えました。
秋篠宮を皇嗣だなんて悪い冗談としかおもえません。
あて先は内閣府、内閣官房、内閣法制局、宮内庁としました。
関係省庁へメールしました。 (匿名希望)
2017-04-12 08:48:57
いつも情報の提供をいただきありがとうございます。
秋篠宮殿下を皇嗣殿下との件、全く意味不明であること。もはや天皇陛下の退位?の話からかけはなれてしまっていること、東宮御一家のマスコミバッシングに関係庁として対応してほしいこと。
そんな秋篠宮殿下に関する議論より、直系の敬宮愛子内親王殿下を皇太子殿下になされる話し合いの方がよほど国民の理解が得られること。

最後に秋篠宮殿下が皇嗣となることには、国民として反対であることを簡単に綴りました。

宮内庁他の関係する省庁に。
もう何度も抗議や要望メールを送ったかよくわからなくなりましたが、何度でも送付します。

本当に意味不明です。何で秋篠宮殿下や御一家の話し合いばっかりしているんだ?
お金?待遇?
秋篠宮殿下は周りに押されて持ち上げられ引っ込みがつかないのか?普通は引いて皇太子殿下を支える態度や発言があるのではないのか…。
3か所別々に送りました (MAX)
2017-04-12 10:45:44
私もe-Govで法務省、外務省、内閣府にそれぞれ送りました。
法務省には皇嗣殿下法的措置に皇室典範のあり方を政府の好き勝手にされていることをどう思うか、そして森友学園の時のように政権の威光で動くことは止めてほしい。
それにしても天皇の意思は封じて自分たちの意向は国民に選ばれているからOKとは勝手な考えですね。
外務省には日本の恥を拡散することを黙って見てる気かと日本人の民度が危機にさらされると訴えました。
内閣府には安倍さんと日本会議の焦りで動くなと言いました。
送付メールは下記の通りです

法務省
政府が秋篠宮を皇嗣殿下にする検討を始めたとありました。
明文化する、特例法でするとありました。
国内外でその称号を使うそうです。
海外でCROWN PRINCEとしたいが故からでしょうか。
国民の了解を得ずに時の政府が皇室の形を得手勝手に決めることは許されることでしょうか?
民進党は継承問題を陛下の退位特例法のあとに課題にすると主張してますが完全に無視のようですね。
国民の多くは愛子様の皇太子継承を認めています。
皇室典範は直系主義です。
それを全く無視する特例法を作ろうとしてるようです。
皇室典範をめちゃめちゃなものにしようとしてるようで心配です。
時の政府に日本の宝の皇室をご自分と後援者の為に変えようとしてることに怒りを感じます。
一部の勢力が国を司る形相に危険な方向に向かって行くようで暗い気持ちにさせられます。
いくら数の上で過半数があるとはいえそれで皇室の継承を決めようとする。
法務省の省員の方々はどうお考えなのでしょうか?
森友学園での財務省のようなことは絶対になさらないで頂きたい、よろしくお願い致します。

外務省
政府が秋篠宮を皇嗣殿下にする検討を始めたとありました。
明文化する、特例法でするとありました。
国内外でその称号を使うそうです。
海外でCROWN PRINCEとしたいが故からでしょうか。
海外の王室をお持ちの国々が果たしてこのような弟を急いで皇嗣にするようなことをどう考えるでしょうか?
異常、先進国ぶってるが民度は後進国並みと思うでしょう。
ヨーロッパはリヒテンシュタイン以外は女性の王位を認めています。
スペイン、モナコ以外は第一子と思います。
リヒテンシュタインは公国で小国、国民の数も少ない国、一種特殊な国と言えるでしょう。
秋篠宮夫妻が皇嗣殿下夫妻でヨーロッパの王室を回るとしたらその国のメディアは彼らがその立場でいることの詳細を
ことさら宣伝してくれるでしょう、そしてその国の方々は男尊女卑の国と日本を思うでしょう。
何故ならどの国も比較的最近男女差別の理不尽な仕組みをなくすために法改正した国だからです。
しかもどの国だって王の弟がクラウンプリンスだなんていう国はありません。
弟は推定継承者です。
日本国民を各国の恥さらしの対象にしないでほしい。
安倍内閣とその後援者の言いなりになって日本国を貶める法律など絶対に阻止して下さい。
森友学園の時の財務省の役人のような国益を損なう行為は外務省の方々はなさらないようにお願い致します。

内閣府
政府が秋篠宮を皇嗣殿下にする検討を始めたとありました。
明文化する、特例法でするとありました。
国内外でその称号を使うそうです。
海外でCROWN PRINCEとしたいが故でしょうか。
今の内閣の皇室を我が物顔で扱っている態度に不遜さを強く感じます。
秋篠宮様は新天皇の弟です、推定継承者です。
それを時の政府の傲慢さで皇位確定者とすることは秩序を乱すものです。
それと一番の不信感は皇太子不在だと女性皇太子を国民が言いだし検討することへの焦りから
秋篠宮を皇嗣と確定しようとしてるとの報道です。
現政権の方々は政治家です、国民の声を国会に届ける立場です。
正々堂々と世論調査で高い数字を出している愛子様の皇太子即位を検討することも合わせて始めて
国民の選択を見なければならないのではないでしょうか。
2006年の皇室典範改正案を再度検討することが筋でしょう。
政府の焦りとは安倍さんがその後援者(日本会議)の利益のために焦っているのではと思います。
森友学園の時のように政権の中枢にいる威光で役人を動かす暗黙の恫喝で皇室の真の輝きを失わせる
片棒を担ぐことのないように切に願ってます。

送らないよりはましと思いたい。 (シロキジ)
2017-04-12 13:01:36
前回送ったのと似たり寄ったりの内容になりましたが私もe-govで。


「天皇陛下の生前退位にまつわる特例法案に関しての報道にあきれ返っている一国民です。
退位後の今上天皇陛下を院政を髣髴とさせる「上皇」、現皇后陛下は次代の皇后陛下よりあたかも上にいるかのような「上皇后」さらには皇太子になれない秋篠宮には「皇嗣殿下」などと歴史上かつてない珍妙な呼称をつけるとは。
そこまでしてもうボロボロの「男系男子」という、現代において守る価値も不明な「伝統」を守りたいのでしょうか、政府の方々は。他の伝統を無視してでも。

新聞各社のアンケートでは女性天皇支持が70~80パーセントにも上っています。
安倍政権は「女性が輝く社会」を謳っているとのことですが掛け声倒れですね。
秋篠宮は皇太子にはなれない。それは典範が男系男子主義のみならず、直系主義も謳っているからです。次次代の天皇の候補には、現皇太子殿下のお子様、次々代唯一の直系の愛子内親王殿下のことをあげても当然いいはずなのに、その話はさせまいと強硬に秋篠宮を次次代の後継にもってこようとしているとしか見えませんが。

秋篠宮は年齢も現皇太子殿下に近すぎて、次次代を担うには不適当です。

政府には思い切った方向転換を期待しています。
よろしくお願いします。



以上の内容で

「内閣官房」 「内閣府」 「宮内庁」 「内閣法制局」
に送りました。
私も抗議文、送りました (菊の花)
2017-04-12 16:46:32
INDEXさま。お忙しいなか、トピ立ていただき、ありがとうございます。

今回の「秋篠宮皇嗣殿下」のこと、本当に口から心臓が出るか??と思うほど、大変驚きました。そして。激しい怒りに震えております。
昨晩は興奮して眠れませんでした。

文才もない私ですが、ベテラン投稿者の方々の抗議文をお手本に、「e-Gov」を利用して、内閣府・宮内庁・法務省に抗議文を送りました。
また、大手新聞4社にも同様文を送りました。

私に出来ることはこの程度ですが、抗議しなよりマシと思い、勇気を振り絞ることができました。

以前の私には考えられないような活動?をしています。
自分でも信じられない気持ちですが、INDEXさまをはじめ、ここに集う多くの同志の方に後を押されたのだと思っています。

敬宮愛子さまが立太子あそばされる日を楽しみに待っています。

ありがとうございます。
どこまでも国民を愚弄する安倍政権 (あぶらちゃん)
2017-04-12 18:40:31
昨日、あまりにもバカげた「皇嗣殿下」の報道に、怒りに任せてe-Govから内閣官房と宮内庁に抗議した後に、毎日新聞のこの記事に気が付きました。
本日、この件についても抗議しました。

考・皇室
課題検証/2 女性宮家、待ったなし 有識者会議座長、首相に「道筋を」
https://mainichi.jp/articles/20170411/ddm/002/040/049000c

>安倍晋三首相の私的諮問機関である有識者会議は昨年11月、専門家から意見を聞いた。
>女系天皇容認の専門家に依頼する際、内閣官房の担当者は「女系問題には触れないでください」とクギを刺した。
>皇位継承まで拡大すると、退位の議論もまとまらなくなると懸念したためだ。
>首相は今年1月の衆院予算委員会で「男系継承が古来例外なく維持されてきた重みを踏まえつつ、引き続き検討したい」と述べた。
>女性宮家は将来的に女系天皇につながる可能性があるとして、首相は今のところ慎重だ。

皇位継承まで拡大すると退位の議論もまとまらなくなると、女系問題には触れないように釘を差す一方で、いつの間にか秋篠宮を次の天皇の皇嗣にすることが既定路線になって話し合われている。
この記事が本当なら、こんな馬鹿な話がありますか。
安倍政権はどこまでも国民を愚弄しています。
許しがたいです。
逆にいえば、まともに俎上に載せれば自分たちが不利だと思っているのかもしれません。
e-govのサイト、警告が出てしまうのですが… (anima mea)
2017-04-12 22:58:50
index様、新規トピックの立ち上げをありがとうございます。先日、内閣官房宛に封書で抗議文を出した直後に「皇嗣殿下」なる歴史的にありえないおかしな呼称を秋篠宮に付けようという報道が出て怒りと呆れのあまり言葉になりませんでした。
典範自身が第8条で「皇嗣たる皇子を皇太子という。皇太子のないときは、皇嗣たる皇孫を皇太孫という。」とうたっているのです。これはまさに直系主義の表れであり、典範自身が傍系に皇統がいくことを想定していない、重要な条文だと思うのです。「秋篠宮を皇太子とか皇太弟とか呼ぶのは問題があるので、じゃあ皇嗣殿下という呼称にしよう」で済ませられる問題ではありません。「皇嗣殿下」呼びを思いついた連中は、典範の内容を理解してこのような発言をしているとはとても思えないのです。典範第1条の「男系の男子」という文言ばかり気にして、ほかの規定に関する理解がおろそかになっているとしか考えられない。政府はあまりにも愚かで情けない、その場しのぎのみっともない議論に終始していると思います。本来はそういうおかしな発想を正しい方向に修正するのが「有識者」の役目だと思うのですが、彼らはどうやら「有識者」ではなく、ただの総理のオトモダチだったようですね。

ところで、私も皆様のように「e-gov」を利用して各省庁に広く意見を送りたいと思っていたのですが、パソコンからもタブレットからも「このサイトは危険性がある」という警告表示が出てしまい、意見を送ることができませんでした。皆様はその点大丈夫でしたでしょうか?どのブラウザでも駄目でした。
仕方がないので、原始的な形に戻って「ハガキ攻勢」を仕掛けようかと思っています。ハガキに端的に短く大きめの字で抗議や意見を書いて複数枚送るという方法。きちんと理論的に筋道を立てて文章を作って抗議しても、政府にはそれを理解できる頭がないことが分かりましたので短い言葉で伝えることが重要かと痛感してしまいました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

皇室問題」カテゴリの最新記事