hoppenの韓的な日々♪

2004年・夏、イ・ビョンホンssiに出会ってから韓流へ~韓国映画&ドラマで刺激的になった日々を綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

JYJ、堂々の日本帰還!2013 JYJ Concert in Tokyo Dome ~The Return of the JYJ~

2013-04-06 23:22:23 | 東方神起&JYJ
ジェジュン、ユチョン、ジュンスの3人が、とうとう日本に帰ってきましたねー! 

韓国の所属事務所SMエンターテイメントに対して
契約の不公正を訴えて訴訟を起こし、
アジアを席巻した5人グループ・東方神起から離れざるを得なくなり、
JYJとして、新たに出発したジェジュン、ユチョン、ジュンスの3人。

韓国での裁判が、双方、互いを干渉しないということで合意して終結。
(結局、SMEが彼らに正当な報酬を払うことはなく。。。)

エイベックスと争っていた日本での裁判でも、JYJ側の完全勝訴の判決が出て、
ようやく日本で堂々とステージを披露することになりました。
それが、東京ドーム3Days。
平日にもかかわらず、3日間のチケットは即完売。

私もファンクラブで申し込んだのに、全滅しちゃったんですよ。。。
でも、運よく友人たちが譲ってくれて、
幸運にも東京ドーム3日間、全通してきました。

実はですね。
不安もありました。
あ、ジェジュンたちも不安だって言ってましたけど。

もう、大きな事務所が後ろ盾にいるわけじゃないし。
新しく2人の東方神起として再スタートしたユノとチャンミンは、
日本でのツアーを堂々と成功させて、新しいファンも増やしましたよね。
きっと血のにじむような努力をしたんだろうと、
その気迫に頭が下がる思いでした。
彼らのように、巨大なセットで演出してくれるわけじゃないし、
最高の生バンドが後ろに控えてくれているわけじゃない。

JYJの3人はソロ活動が多くなっていたし、
久々の日本語での活動だし。

大きな東京ドームのステージは、大丈夫なのかなぁって。

でも、そんな不安は、コンサートが始まった瞬間に吹っ飛びました!

のっけから、いやぁーかっこいい!!!
東京ドームの白いルーフを存分に使った照明演出も効果抜群!

そして、やっぱり、3人は歌がすごい!!
ソロでも圧巻。
それでもって、3人が一斉に放つコーラスは、もう言葉にはできません。
 
この歌声があれば余計なセットはいらない。
それを忘れてました。

そして、曲も良くてねー。
特に、それぞれの自作曲がかっこいいんです。
以前にも書いたことがあると思うんですが、
私は「彼らはアイドル」って先入観があったもので、
こんなにかっこいい曲を自分たちで書いちゃうってことが、今でも驚きです。

彼らには、大金を積んで欧米の作曲家に書いてもらう必要なんてないですね。

ジュンスのソロは、新境地を開いたアルバム「tarantallegra」。
ジュンスってば。
いつのまに【妖艶】という言葉が似合うようになったんだろう。。。
セクシーで妖しい魅力で虜にされちゃいます。




ジェジュンは、ずっと彼がやりたかったであろう、ロックの世界!
日本でも「Maze」を出したりしてましたけど、
最近発表したミニアルバム「I」「Y」の自作曲の方が断然かっこいい。
こんなロックな声がどこから出てくるの?
毛皮がこれまた似合うこと!



ユチョンは、ドラマへの出演が続いていたので、
久々に歌手としての姿を見ることができました。
嬉しかった―♪
しかも、日本のファンのために、新しい曲を作ってきてくれました。
春らしくて、明るくて、ユチョンらしい旋律を奏でた一曲。
歌う声が、これまた、良い♪
 

 
そして、他にも、日本のファンのためにJ-popからの選曲もありました。

特に、ジュンスが選んだこの曲。
その歌詞に自分たちを重ねた
「みんな空の下(모두 하늘 아래)」(絢香:作)

あなたの笑顔は誰よりも輝き
당신의 미소는 그 누구보다도 빛나
 
 くもり空まで晴れにしてしまう
흐린하늘마저 맑게 개이게 만들어 버려요
 
何度も高い壁乗り越えたから
몇번이나 커다란 벽을 뛰어 넘어왔으니까
 
何も怖くないひとりじゃないよ
아무것도 두렵지 않아요 외톨이가 아니예요
 
みんな空の下
모두 하늘 아래
 
涙流さないどんなに辛くても
눈물은 흘리지 않아요 아무리 힘들어도
 
誰にも負けない強さ持ってるのは
그 누구에게도 지지않는 강함을 가지고 있는 건
 
まわりを悲しませないあなたの優しさ
주변을 슬프게 만들지 않는 당신의 다정함
 
見つめる瞳言葉なくても
바라보는 눈동자 아무말 않더라도
 
伝わるあなたの想い
전해지는 당신의 마음
 
負けないよって頑張るよって
지지 않겠다며 힘내겠다며
 
何度も優しく笑うんだ
몇번이나 상냥히 웃어요
 
ツイッター@musicianJS_botさんよりお借りしました。

これは、3人のことでしょうか。
それとも、3人を待ち続けた日本のファンのことでしょうか。
どちらの思いも同じ。。。ですよね。

たくさんの壁を乗り越えて、日本に帰ってきてくれて、本当にありがとう。
 

ジュンスの「みんな空の下」では、こんなツィッターを読んでさらに号泣。
XIA_Chocolat4月5日
RT : ジュンスのみんな空の下で、
ペンじゃない警備員のおっちゃんも泣いてたのもすごい印象的だった。
終わったあと「泣いてましたね」って声かけたら、
「彼の唄はすごい」って言ってた。
そうでしょう?すごいんだよってすごく誇らしくなった^^
 
5万人という観客が、ステージに立つ3人と、
気持ちを同じにして作り上げた素晴らしいコンサート。
 

ファンの方が企画したサプライズも、3人に届きました。
企画してくださった皆さん、ありがとうございます。

そして、黄色いペンライトがなくなっていて、
余分に持ってきていた方にいただきました。
代金だけでもお支払いしようとしましたが、受け取らずに、
「成功して良かったですねー」と言ってくださいました。
ありがとうございました。
 
大声で盛り上がり、3人のトークに笑って、歌声に感動して、号泣もして。
 あ~、幸せ。。。^^


韓国では、このコンサートの快挙を一斉に報道しています。
3人の幸せそうな笑顔の写真が、いいですねー♪

*** ファイナンシャル・ニュース(JYJ their ROOMS 翻訳文)2013.04.05 11:52配信 ***
'王の帰還' JYJ、東京ドームコンサート四季を全て納めた感動のステージ
(トップ画像もこちらの記事より)





3人が、これからの活動についても話してくれました。

*** Oh!mystar(Kstyle記事) 2013.04.05 07:43配信 ***
【REPORT】JYJ東京ドーム公演「もう二度とお別れはない!」熱い歓声と涙


最終日の開始前には、記者会見もあったようですね。
 
いつも愛読している、こちらのブログ記事をお借りします。

*** ブログ・ソウルの中心で愛を叫ぶ! ***
日本の歌を選んだ彼らの心情とジュンス君の『みんな空の下』!
韓国では、昨日のJYJ東京ドーム公演の記者懇談会の内容が報道されて
大きな感動と共に話題になっていますね!
 
ジュンス君…
「東京ドーム公演までこんなに長い時間がかかるとは思いもしなかった。
事実、3年前に立った時も意味が特別だったが、
今はそれ以上に意味深い瞬間」

ジェジュン君…
「本当に久しぶりに立つ東京ドームの舞台で、気分が特別だ。
正直、3回連続の公演であり、
『客席を埋められるか』という心配も大きかった。
しかし多くのファンの皆様のおかげで
長い空白を忘れることができた。
ファンたちを見ながら
『僕らを最後まで信じて待ってくださったんだなあ』
ともう一度悟った」

ユチョン君…
「3年前、東京ドーム公演を終えて、
スタッフたちがいる所でメンバーたちと泣いたことを覚えている。
久しぶりに再び立つことができて幸せだ。
過ぎし3年を無駄には過ごさなかったと思う。
長い待ち続ける期間の末に、
ファンたちと互いに笑いながら出会うことができて嬉しい」
などなど、いろいろな言葉が紹介されていますが、
私自身が一番、感動的に読んだ「スターNニュース」の記事を
一つ日本語に訳してみました。
「日本のファンに対して日本語の歌を歌ってさし上げたかった」
という内容ですね。(´ぅ_ ;`)

■東京ドームコンサート…
JYJ「日本語の曲を歌ってさしあげたかった」

JYJがコンサートで披露した舞台の選曲裏話を公開した。
去る4日午後、日本東京都文京区にある東京ドームでは、
日本東京ドームコンサート「The return of the JYJ」を行う
JYJの記者会見が開かれた。

この日の記者会見でキム・ジェジュンは、
「久しぶりの東京ドーム公演なので、
公演を成功させたかったし、
『選曲が重要だ』と思った。
久しぶりの日本の舞台で日本ファンの皆さんに、
日本語の曲を歌ってさしあげたかった」と語り、
日本語の別のアーティストたちの曲を選曲した理由を語った。
また彼は、
「キム・ジュンスや僕の場合はソロアルバムを出したので、
ソロ舞台に多様性があった。
ところが、パク・ユチョンの場合はそうできなかったため、
自作曲を披露することになった。
何よりも各自が好きな音楽を選別した」
と選曲の理由を付け加えて説明した。

ソロ舞台で、中島美嘉の『Glamorous sky』を選曲した理由については、
「今回の舞台では、ジャンル的な幅が広い。
とても多様なジャンルの曲を選曲した。
個人的に好きなアーティストであり作曲家の曲だ。
またキム・ジュンスが推薦してくれた」
と語った。
 
続いてキム・ジュンスは、
「4年前、つらかった当時、一緒に活動した。
この歌を聞いて歌詞を見ながら慰めをたくさん受けた。
日本の曲を一曲ずつ歌うことになった時、
一番先に浮かんだし、歌いたかった。
何よりも歌詞の中に、4年の間、会うことができない中で、
ファンの皆さんに伝えたかった思いの数々が盛り込まれている」
として、 絢香の『みんな空の下』を選曲した理由を明らかにした。

それと共にユチョンは、福山雅治の『最愛』を選曲した理由について、
「個人的に好きな歌。
すでにたくさんの方々が好きな歌であると知っている。
それで好きな歌を歌ってみたらどうか思った」と伝えた。

最後にJYJは、特別な意味を持った徳永英明の『Rainy Blue』を選曲した理由について、
「この曲は、5人で歌ったこともあり、3人で歌ったこともある。
5人で歌った歌は3人で歌わないということをいったことがあった。
ところが、『Rainy Blue』を東京ドームで歌うようになった理由は、
3人で立つ4年ぶりの東京ドーム舞台であるため、
『その頃の思いを思い返してみよう』という考えからだ。
過去の回想というテーマでもあり、
大切な記憶が盛り込まれた曲だから選曲した」
と説明した。

いっぽう、満3年ぶりに東京ドームの舞台に再び立ったJYJは、
去る2日から4日まで3日間行われた東京ドームコンサート
「The return of the JYJ」で、
毎回5万人の観客を動員して、
合計15万人の観客数を記録、
盛況のもとにコンサートを終えた。
[原典] http://star.fnnews.com/news/index.html?no=183335




コンサートには、たくさんのアーティストも来ていたんですね。

初日の4/2は、ユチョンの弟ユファンが来て、
アリーナ後方の貴賓席で見ていました。
私の席がアリーナE7だったので、とてもよく見えて。
後ろ舞台のステージで歌うときには、
ユチョン&ユファン兄弟のツーショットを拝んで楽しみました。^^

で、最終日の4/4には、ドームの外を一人で歩くジュノに遭遇。
自分たちのゲートを行き過ぎたので、
来た道を戻っていたら、
ドームの壁伝いに歩いてくる男性に見覚えが。。。
あ、ジュノだーと思って、思わず手を振ってしまいました。
ジュノもそれに気づいて、笑顔で軽く会釈してくれました。
いやぁ、いい子だわ~。
まるで、近所のおばちゃん状態だったけど。




KARAのハラとニコルも。
*** mydaily(Kstyle記事)2013.04.05 07:14配信 ***
KARA ハラ&ニコル、JYJ東京ドームコンサートに参加“熱い応援”


ラルクのHydeや、GlayのTAKUROも来ていたそうです。
ドームでの経験もある大御所バンドのメンバーは、
このライブをどんな風に楽しんだでしょうね。^^

ジェジュンと仲良しの城田優とふくちゃん。
とある情報によると、
城田君、3日目(4/4)には、じぇじゅーんと叫んで、
ジェジュンに「そこ、うるさい」って怒られてた人らしいです。
 

山Pも3日間参戦だったとのうわさも聞きました。
山Pとも、3日間同じ空気を吸ってたのか―!^^


原宿のシルバーアクセサリーショップBOSSANOVAの岩間さん。


岩間さんとは、4/4の朝にBOSSANOVAでお会いして、
まだ混んでいなかったので、ゆっくりお話ができました。


ジェジュンを飲みに誘ったけど、
のどの調子が悪いみたいで無理だったそうです。
そう言えば、3日目(4/4)、のどがつらそうだった。
加湿器を差し入れてあげればよかったって言うと、
岩間さんに笑われました。^^;;

岩間さんは初日(4/2)に行かれていて、
ドームだから音が悪かったですよねーって話になり、
もしかしてPAは韓国のスタッフですかね?と聞いたら、
いや、福山雅治なんかもやってるベテランの会社ですよって。
ドームは、本来野球場ですから、
音が悪くて、調整も難しい。
観客が入ると、音を吸収してしまって、
リハのときと違っちゃったりもするそうです。
確かに、さすがベテランだからか、
翌日3日の公演では改善されてました。

私としては、ドームではなくて音楽ホールがいいなぁ。
でも、ファンが入れないかなとか話したら、
岩間さんが、ソロなら1~2万人規模でもいいよねーって。
ソロで武道館とか、いいっすねー!
いや、思い出の国技館もいいよー!
あの回る舞台は良かった、釜山にまで持って行ったし、と、
思わず、話が盛り上がり。

ソロはできるんでしょうかねー?と聞くと
岩間さんは、裁判も一応判決が出たし、
スケジュール次第じゃないかって言ってました。
まァ、飲み仲間ですから、
お仕事の事情は岩間さんにもわからないですよね。

兵役もありますもんね。
うーん、だから、今年はがんばるんじゃないっかって。

話しているうちに、今日も行こうかなぁっておっしゃっていたので、
ぜひ、行ってくださいってお勧めしました。
3日目のラストは最高だったので、行ってくれてるといいな。

ジェジュンに応援してるって伝えてくださいってお願いしました。
岩間さん、ジェントルで気さくで話しやすい方でした。^^
アクセサリーも手ごろな価格で素敵でした。
次回、V系ロックファンの姪っ子を連れて行こうと思います。


曲紹介などは、次の記事で~。
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 「パダムパダム~彼と彼女の... | トップ | 「屋根部屋のプリンス」、4/2... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まだまだ余韻に浸ってます U+2661 (チヨママン)
2013-04-07 07:35:13
本当に素晴らしいコンサートでしたね。演出もダンスもカッコ良いし、ソロも選曲もすごく良かった(*˘U+FE36˘*).。.:*U+2661 今までの色んな妨害とか悔しい思いや、ソウルコンからの今までのコンサートを思い出しながら歌とMCで涙が止まらなくなりました。野外と違い、こんな行き届いた会場で、(席も良かったのですが)満足感でいっぱいでした。
MCからも良くわかりましたが、インタビュー記事を見てもJYJが私達の気持ちをちゃんと分かっててくれてたんだと再確認できました。ユチョンがこれからもっとひどくなるだろうって答えてましたね。でも、これまでで私達も強くなったし何があっても大丈夫(o^-')bU+A0
最終日の黄色のペンライト企画出来るの知らなかったけど、もしもの為に持って行っておいて良かった~キレイでしたね(*˘U+25BF˘U+273D)
岩間さん、お話しててすごく落ち着く方でしたね~すごく爽やかな気持ちになりました。
hoppenさん、お陰様で充実した東京観光出来ました☆感謝感謝です☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆ありがとう!!
>チヨママンさんへ (hoppen)
2013-04-07 08:46:18
さすがJYJ!
堂々とした日本への帰還でしたね。
何より、屋根があるっていいねぇ。^^;;
彼らは、日本での後ろ盾が無くなったのに、
アーティストの力だけで、ドームで、あそこまでのコンサートができちゃうんですね。
電通の社長も驚きのコメントをしてたけど。
ジェジュンの顔が曇って見えたのは、
日本のマスコミが、会見に来てなかったからかもしれないなぁ。
韓国メディアでの報道はすごいのに、日本では皆無ですからね。
でも、走り出したら無視できない存在になって行くと思います。
本当のアーティストには、やりたい音楽と、それを待っているファンがいればいいんです。^^v
東京観光、楽しかったです! 
サジン、使っちゃって大丈夫だったかな。
ユチョンの店を間違えたけど、まったく同じ道を歩いてたわー。
次回は、お店の場所を確認しておきます。
私も‥‥ (智ちゃん)
2013-04-07 13:14:18
まだ、余韻に浸りまくってる。
ってか抜け出せる日が来るんでしょうかね(^_^;)
彼らが日本で5万人を前にステージに立っても
お隣の県で1万8千人のステージの方が話題になる。
彼らが裁判に勝っても、
恐喝とかで実刑が下った過去のイケメンの方が
テレビに映し出される。
変な国だよね。
そんな国を好きでいてくれて本当に感謝しかない。
私たちの信じる彼らは本当に素晴らしいね♪
>智ちゃんへ (hoppen)
2013-04-07 13:48:12
私も、家事が全然手に着かない←あ、いつものことか。

そうなんですよねー。
実は日本のマスコミって、押し込みがないと報道してもらえないもんなんですよ。
特にテレビ局は閉鎖的。
コンサートに限らず、映画だって、テレビ局がつかないとメディアに乗せてもらえません。
竹島問題以降は、韓国関連の報道は一斉に控えられていますよね。
最近、私は日本の地上波を見ないのでわかりませんが、
テレビの報道は、ネタを選択する時点でどうしても偏るんじゃないかな。
そこに、エイベさんの報道戦略が入るから、ま、期待は持てません。
女性週刊誌の記者さんたちは、いい加減、閉口しているようですよ、しつこすぎるって。

でも、ライブを見に来ていたラルクやGlayだって、今やドームか野外でしかライブができないくらいの人気を誇っています。
ファンの数が多すぎて、小さい所は無理らしい。
でも、彼らの活動って、報道はあまりされないですよね。
だって、ファンがついてますから、宣伝する必要もない。
だから、気を使わずに、自分たちのやりたい音楽でライブができる。
ファンは、それを待っているわけですから。
今回の東京ドームを見て、JYJもそういうアーティストになって行くのかな、と感じました。

あんなにかっこいいから、みんなに知ってほしいですけど。
私たちが信じる彼らなら、無理に押し込まなくても、話題になると思います。
とにかく、始めることが大事。
日本でのアルバム発売に期待しましょう。
\(^o^)/
行って来ました (tubana)
2013-04-07 17:45:47
hoppenさん

やっと JYJに会えましたよ~
2,4と 天井でしたけど

キム・ジュヒョクから
hoppenさんに辿り着いて
色々な人のお話聞かせて頂いて
JYJに関しては
勿体ないね~って言い合ってましたよね

兵役があるから余計にって

でも 思い掛けずこんなに早く
夢が叶いました

ひとりきりでの参加でしたけど
天井にはそういう方が多くて
両隣さんとお話したり
ペンラお借りしたり出来ました

久々に出身校近くを歩けて
それも嬉しかったです


CDよりずっといいんですね~~
そして初日と最終日を聴いて
これが生の醍醐味だ!!って
初めて分かりました

まだ 夢から抜けきれない感じです
>tubanaさんへ (hoppen_2006)
2013-04-08 01:45:22
来られてたんですね!
ご連絡を取り合ってお会いしたかったです。
仕事が忙しくて、ブログ更新をサボってたからなぁ。
残念です。
近いうちに来てくれるつて言ってたから、次はぜひ!
待った時間だけ、素晴らしいステージを見せてくれましたねー。
天井席なら、演出全体が見れて、一層楽しめたのでは?
照明演出がよくて、3人を引き立たせてましたね。
そしてやっぱり、歌声がよかったですねー。
DVDはもちろん、ライブCDも出して欲しいな。
日本活動がスムーズに進みますように(≧∇≦*)

コメントを投稿

東方神起&JYJ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事