hoppenの韓的な日々♪

2004年・夏、イ・ビョンホンssiに出会ってから韓流へ~韓国映画&ドラマで刺激的になった日々を綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Merry Christmas from JYJ

2010-12-24 19:39:33 | 東方神起&JYJ

C-jesのJYJ公式サイトがオープンし、3人からのクリスマスメッセージがUPされてます。^^
今日は、クリスマスイブですもんね。

JYJ公式サイト

Merry Christmas from JAEJOONG


Merry Christmas from Junsu


Merry Christmas from Yuchun


サイトにはJAPANEASE版もありますが、韓国版のみの更新です。
そのうち、日本語字幕付きとかでUPされるんでしょうかね?

それにしても、こうして、笑顔のクリスマスメッセージを見ることができて、よかった・・・。
ほっとしました。
9月に日本での活動が休止になった時、もう彼らの歌声が聞けなくなるんじゃないかと心配で。
それからも、いろんな障害やトラブルが続いたし。

でも、目の前のチャンスを一つ一つ掴んで、誠実にこなして、ようやくこの笑顔を見ることができましたね。

先日、3人の公式なインタビューが記事になりました。
たぶん、ようやく、答えられる状況になったのでしょう。
いくつか読んでみました。

どれも、衣装が違ってるんですよね。
別々の場所や時間にインタビューを受けたんでしょうか。

hoppenのTVXQ的な日々♪より
JYJインタビュー:OSEN編(2010.12.20付け)
JYJ、初の心境インタビュー"われらはJYJ前に東方神起"


JYJインタビュー:毎日経済編(2010.12.20付)
JYJ"東方神起分裂の事態の本質は、‥"[インタビュー①]
JYJ"ユノ - チャンミンとの会話が優先だ"[インタビュー②]
JYJ"彼女が出来たら公開すること"[インタビュー③]



JYJインタビュー:SPN編(2010.12.20付)
JYJ "2人組東方神起..上手にしたらいいですね"


JYJインタビュー:スポーツ韓国編(2010.12.20付)
[JYJに聞いた]不快な質問①、二人のメンバーとの連絡方法は?
[JYJに聞いた]不快な質問②、変わった周辺環境後悔するんですか?
[JYJに聞いた]不快な質問③、国内活動なぜしないのでしょうか?



彼ら自身も悩みながら、自分たちが歌い続けるためにこの道を選び、
これまでもこれからも東方神起であることを忘れないで、
いつか5人で歌う時のために、努力し続けると感じます。

新しくスタートをしたJYJには、
運営面での拙い部分があり、韓流に頼った売り方もあり、批判もあるでしょう。
まだまだ韓国でも日本でも公共の電波で放送されることさえ少なくて、前途は多難です。

問題も課題も山積みですが。
それをきちんと覚悟して、誠実に歌い続けるという姿勢を崩さず、
ファンの前に姿を見せてくれる。
歌える場所があるだけで、自分たちは幸せだと語る彼らを見ると。

自分たちの夢を、これからも追ってほしいな、と思います。

コメント (3)   この記事についてブログを書く
« SBSドラマ『アテナ』、ホミン... | トップ | 『成均館スキャンダル』、M-n... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (jyj)
2010-12-25 15:08:29
 三人とも やせこけて 幸せそうじゃないですね。

 私が愛した三人はもう魂の抜け殻で。。。
可哀想だけど自業自得。

 お願いだから ホミンの邪魔これ以上しないでほしい。

さようならJYJ。
 
jyjさんへ (hoppen)
2010-12-25 16:04:13
確かに、苦労をした顔になってますよね…。
インタビューを読んでも、たくさんの壁に当たって、乗り越えてきて、
ようやくここまで来たって感じで。
でも、だからこそ得ることができた幸せも、あるようですね。

私は、アーティスト嗜好というか。
自分が好きな俳優や歌手は、私自身が願う道を進まなくても、自分らしく表現できる道を進んでほしいと願うタイプなんですよ。
彼らが、自分たちが自分たちらしく歌い続けるためにはSMから離れるしかないと選択したのなら、
苦労があったって、それでがんばってもらうしかないよね。
自業自得をいう表現になるかも。

ただ、その選択がユノやチャンミンやファンには受け入れがたいものだったから。
どうしても、素直には認めてあげられないくて、やっぱり悩み、悶々とすることもあります。
それでも、一所懸命歌う姿を見ると、がんばってほしいと思いますよ。
そんなファンに後悔させないよう、これからも負けずにいい姿を見せてほしいです。
さようなら、と突き放すよりも、厳しいファンかもしれませんね。
Christmas 2016 (Happy Christmas)
2016-12-07 18:57:37
Happy Christmas from Indian people. They also like to celebrate Christmas every year.

コメントを投稿

東方神起&JYJ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事