hoppenの韓的な日々♪

2004年・夏、イ・ビョンホンssiに出会ってから韓流へ~韓国映画&ドラマで刺激的になった日々を綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ラスト・ブラッド』:プレミア来日試写会(2009.05.27)

2009-06-14 17:41:39 | その他の国の映画レビュー
日本発アニメの実写化映画。 アニメ・ファンの娘に「見る気になれない」と言われ、 どんなだか不安を持って見に行きましたが、 チョン・ジヒョンの、キャラのつかみ方と、 死に物狂いのアクションが見応えありました。 さすが、ハリウッドへの野心を持つ、プロの女優なんだと感じました。 . . . 本文を読む
コメント (2)

『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン 』:劇場鑑賞(2009.06.06)

2009-06-07 15:53:36 | その他の国の映画レビュー
初日の1回目、雨とともに、見に行ってきました。 娯楽映画とは異なるジャンルで、 1枚の宗教絵画を見た気分です。 シタオ(木村拓哉)は、アジアで復活したキリスト。 彼の復活を追い求めていくクライン(ジョシュ・ハートネット)は、使途ヨハネ。 キリストを裏切るユダが、狂気のマフィア・ドンホ(イ・ビョンホン)。 手の届かない天上の話ではなくて、 トラン・アン・ユン監督が、アジアに復活させた、日本人のキリスト。 宗教に無知な私でさえ、すぐ近くに、神が存在するかのような感覚を覚えました。 . . . 本文を読む
コメント (4)   トラックバック (1)

『幸せの一ページ』:プレミア試写会(2008.08.19)

2008-08-24 15:08:04 | その他の国の映画レビュー
『幸せの一ページ』のプレミア試写会に行ってきました。 演技派の才女、ジョディ・フォスターがゲストに登場。 今回の来日は、2人のお子さんを連れてきていて、 これから、一緒にこの映画を見るとのことでした。 私も、娘と一緒に見ました。 無人島生活を体現できる、かわいいアドベンチャー映画なので、 子供と一緒に見ると、とても楽しかったです。 . . . 本文を読む
コメント (7)   トラックバック (5)

舞台挨拶&劇場鑑賞:『キングダム/見えざる敵』

2007-10-20 02:00:14 | その他の国の映画レビュー
『RAY/レイ』で、盲目のミュージシャン、レイ・チャールズを演じ、アカデミー賞を獲得したジェイミー・フォックス。 大先輩ブロガーのsalleanさんがチケットを譲ってくださり、 ジェイミーの舞台挨拶つきの映画『キングダム/見えざる敵』を見てきました。 エンタテイメントとして楽しめる、サスペンスアクション映画であると同時に、 アメリカとサウジアラビアの関係を軸に、テロの現実をも描いた、良質のハリウッド映画でした。 主演のジェイミーは、映画の中のエリートFBI捜査官とは正反対の、 お茶目で楽しく、明るい人でした。 面白かった~^^ . . . 本文を読む
コメント (2)

試写:『硫黄島からの手紙』

2006-12-09 00:29:27 | その他の国の映画レビュー
『父親たちの星条旗』との二部作、『硫黄島からの手紙』が、いよいよ、明日から公開です。 近所の映画館での試写会が当たり、一足お先に見ることができました。 『父親たちの星条旗』が、硫黄島の表側(地上)の話。 『硫黄島からの手紙』は、まさに、その裏側(地中)の話でした。 ですから、『硫黄島からの手紙』を見るなら、まず、『父親たちの星条旗』をご覧になることをお勧めします。 **** 追記(\\\\\\\'06.12.11) **** . . . 本文を読む
コメント (17)   トラックバック (4)

試写:『父親たちの星条旗』

2006-10-27 19:56:13 | その他の国の映画レビュー
太平洋戦争の中でも激戦だった、硫黄島。 その惨状で、兵士たちは何に思いをめぐらせ、死んでいったのか? 生き残った兵士たちは、大きな傷を負ったまま、どのような人生をたどったのか? この映画は、真実を誠実に語り、私たちに伝えてくれる映画です。 . . . 本文を読む
コメント (11)   トラックバック (2)

ロシア映画:『太陽-The sun-』

2006-08-29 03:06:40 | その他の国の映画レビュー
終戦直後から、人間宣言をするまでの、昭和天皇の姿を描いた映画です。 ロシアのソクーロフ監督が、学生時代から構想し、長い歳月をかけて完成させた傑作です。 自ら撮影も手がけたそうです。 近所の映画館で公開されたので、見ることが出来ました。 ****8/29 23:20、訂正&追記しました\\\"^_^\\\"**** . . . 本文を読む
コメント (6)   トラックバック (2)