GOKIGENRADIO

バーボングラス片手に紫煙を漂わせて

コレジャナイ感満載!20年後のサザエさん

2019-11-25 22:22:02 | MUSIC/TV/MOVIE

クッソおもんねぇ。

「磯野家の人々〜20年の後サザエさん」

観たかったのはコレジャナイ・・・。

 

ただでさえ漫画(アニメ)の実写化はヤイノヤイノ言われる。キャストのイメージがとか、ストーリーの選択がとか、このセリフがとか。しかも国民的番組と言われるサザエさん。1969年から続く長寿番組で、日本人なら誰でも知ってる日本一有名な魚介類家族。その実写化となれば、そりゃ大変だ。人によって思い入れが違うだろうからね。

 

サザエさんは今までに実写化はされている。過去の実写版もほぼ見てるが今までそれはそれで楽しめたからね。

しかし今回の「20年後のサザエさん」はひどすぎた。

20年後をオリジナルストーリーとして描くということで楽しみにしてたのだが、期待はずれもいいとこ。

暗い。重い。しんどい。

これほど「コレジャナイ」と思ったことは過去ない。

所詮長谷川町子さんが全く関わっていない別物。ジェームス・キャメロンが関わっていないターミネータ−3よりひどい、怒りさえ湧いてきそうな出来栄え。虚しくて途中で観るのを止めてしまった。

 

天海祐希が悪いのではない。サザエさんのコスプレをした天海祐希だったがそこが問題ではない。観月ありさ、星野知子、浅野温子・・・歴代の実写版サザエさんの名優たちもそれぞれ違和感はあったからね。藤原紀香も今舞台で演じてるらしいが、誰が演じてもサザエさんはサザエさんだ。

西島秀俊のマスオさんと小手伸也のアナゴさんの飲み屋のシーンなんか二人とも上手いなぁって思った。二人がなぜ一緒の会社で働いてるのかは不明だが(今アニメではそう設定されてるの?)、口癖や口調は紛れもなくマスオとノリスケだ。

伊武雅刀の波平さん、市毛良枝のフネさんなんかイメージぴったりだ。そのままといっていい。何の違和感もない。説明されなくても誰だかわかる。

カツオを演じた濱田岳は、このままスピンオフで数本単発ドラマにしてほしいくらいイメージ通りのカツオだったし、松岡茉優や成田凌も違和感あるが「これはワカメちゃんだ、これはタラちゃんだ」って思いながら見れば問題ない。

 

矢嶋智人のノリスケさんも、勝又州和のサブちゃん(三河屋さんね)も岡崎体育の中島くんだって、アニメイメージをそんなに崩していない。黒川智花とは思えないくらい下手な演技だったかおりちゃん(酔っ払いとか泣きの演技って難しいのよね)や、誰役?って会話内容で推測しなければわからなかった堀内敬子のタイコさんもスルーできる。

 

じゃぁ何がそんなにひどかったのか。

ストーリーがとにかく暗いのだ。

サザエさんといえば毎週毎週ドタバタのホームドラマだ。カツオがしょうもないいたずらをし、ワカメは悪気なく周りの人を困らせる。そんな二人に姉さんであるサザエは振り回され時には自分もご近所でトラブルを起こす。そんなサザエさんや義理の弟妹を入り婿のマスオさんは笑って理解してあげる。波平はたまに癇癪で怒鳴りフネさんは冷静沈着、これがお約束のサザエさんの日常だ。

基本的に楽しい。問題は何一つ根本的に解決していなくてもそれでいいのだ。じゃんけんしてまた来週だ。だから日曜日に楽しいサザエさんを見終わった後「あぁ、明日からまた学校だ」「あぁ休日が終わっちまったい」と憂鬱になる人も出るくらいなのだ。

 

しかし今回のアニメでは全然楽しくならない。カツオはいたずらをせず真剣にレストランの存続を悩んでるし、ワカメは持ち前の空気読めない感を消し仕事のスランプと焦りを結婚することで逃げようとしてる。タラちゃんは就活で悩みイクラちゃんに嫉妬心を燃やす。

こんなサザエさん一家が描きたかったのか?視聴者は見たかったのか?

 

アニメでは長年放送されても歳をとらないサザエさん一家。江口寿史の漫画で、実は拡大するとサザエさんの目尻に小ジワがってのがあるが、いつまでも画面の中のサザエさんファミリーおよびその周辺の人々は年齢を重ねていかない。

だからその20年後ってのを描くなら、このキャラはこうなってるだろうなって勝手にイメージ膨らませてしまう。変わらないなぁってとこと変わったなぁと思うところ。これが今回のドラマではあまりにもイメージと違いすぎて俺には無理だった。

 

以前グリコかなんかのCMで「25年後のサザエさん一家」ってのをやっていた。浅野忠信のカツオは相変わらず野球のバットを振っていたが、ワカメの宮沢りえは美しく、タラちゃんの瑛太はそのまま素直で、イクラちゃんの小栗旬は高級車に乗ってカッコ良く現れてた。こういう25年後のサザエさんファミリーはあるだろうなってのを、見事に表現してた。

しかし、今回の20年後のサザエさん一家は「こんなサザエさん一家は見たくない」って感じだった。

 

天海祐希のサザエさんは明るく元気だ。問題はない。サブちゃんを始めご近所商店街の人とも元気に挨拶をする。買い物に出かけて財布を忘れてても「今日はいい天気」となるだろう。しかし、カツオ、ワカメ、タラちゃんの暗さはなんだ。一体20年の間にお前らに何があったんだ。そりゃタラちゃんだっていつまでも三輪車乗って「デスゥ〜」って言ってるわけじゃないし、イクラちゃんも「ハィ〜」って言ってる間に成長し学生起業するだろう。

しかし今回のドラマの彼らは、お魚くわえたドラ猫を裸足で追いかけるサザエさんを、きっと冷めた目で見てそうだ。カツオはため息をつき、ワカメは愛想笑いをし、タラちゃんは焦って自暴自棄に陥ってる。

 

そして一番の原因は、幻のキャラ・ヒトデちゃんのせいかもしれない。

「えっ!?誰それ?」ってくらいよほどのコアなファンしか知らなかったヒトデちゃん。長谷川町子さんが描く10年後のサザエさんで一度だけ登場したヒトデを今回登場させたのはいい。だが、ただでさえ7人のサザエさんファミリー(正確には波平さん家だが)を見慣れた視聴者(俺のことだが)にとって、8人になると違和感がある。もちろん演じてる桜田ひよりもアウェー感あっただろう。緊張感丸出しの演技。

若手中堅ベテラン、並み居る演技派俳優人に囲まれての演技はきついものがあっただろうが、あまりにも酷すぎる棒演技。「時効警察(はじめました)」の吉岡里穂、「(まだ)結婚できない男」の深川麻衣と同じく馴染めない中での空回りで爆死してくれた。

「今日も嫌がらせ弁当」のパクリっぽい内容はともかく、サザエさん一家で育って、キャラ弁を人目を気にして嫌がるような高校生になるとは思えないしね。

森矢カンナが花沢さんイメージそのままで、「たぶんこの人は20年後こうなってるだろうな」って感じをうまく演じてただけに余計アラが目立った。

 

キャストのせいというより、そもそも脚本・キャラ設定が合っていないのだ。

アテ書き(俳優に合わせて脚本を書くこと)土地がい、キャラに合わせて脚本を書きそれを役者が演じるというかなりしんどいパターンであるのは有名アニメの実写化だから仕方がないが、脚本が悪すぎだ。演出家のせい?よくわからんが、演者のっていうより、つまんなさとイメージの違いが目についてしまった。

 

これまた以前の話になるが、TOYOTAのCMでドラえもんの実写版という無茶をしていた。

ジャン・レノがドラえもんを演じるという無茶でも違和感を感じさせないのだ。妻夫木聡ののび太は相変わらずのダメっぷりで、水川あさみのしずかちゃんは相変わらずの小悪魔ぶりだった。小川直哉のジャイアンは相変わらず音痴で、前田敦子のジャイ子は相変わらずのわがままっぷり(だけど可愛くなってる)、山下智久のスネ夫も相変わらずの成金ぶり(だけどボランティアしたり介護したり実は善人)だ。これは「たぶんこいつらは10数年後こうなってるな」ってみんなが思うドラえもんイメージそのままだった。

それに比べて今回の20年後のサザエさん、酷いなぁ。

 

サザエが小さい時に植えた木が風か雷で倒れてしまったとこで、辛くて観るのやめた。

観ててしんどいのだもの。

だからエンディングがどうなったかは知らない。ひょっとしたら大逆転、急展開で一気に笑えて感動して面白くなったのかもしれないが、脱落してしまった。

 

あと、ビールが絡むシーンが多々見受けられたのだが、あれは伏線だったのだろうか。レストランでワカメとマスオさんが背中合わせで座っててそれぞれ同時に「ビールで」というシーンがあったり、久々の実家でカツオがやたらと瓶ビールを冷蔵庫から持ち出してた。カツオはこの実家シーンで少なくとも、帰宅すぐ、タラちゃん帰宅、マスオさん帰宅と少なくとも3回はビールを持ち出し注ぎ飲むシーンがあったが、これでビールはストーリーに関係なかったらどうしよう。番組スポンサーがAsahiかサッポロとかだったのかな。まぁどうでもいけど。

 

是非これに懲りず、こうなったら「30年後のサザエさん一家」とかやってほしいな。イクラちゃんが上場して有名女優と恋愛する「イクラちゃん宇宙に行く」、ダメな新人社員につい怒ってしまいパワハラで告訴される「マスオさんがリストラ?」、三河屋がついに電子マネーを取り入れる「サブちゃんのペイペイ」の三本立てで。

いっその事、映画化にしてくれないか。

監督は庵野さんで。タイトルは「シン・サザエ」。

どうだ。

 

Comment

なぜ川口春奈? ヤケになったかNHK

2019-11-22 21:09:33 | MUSIC/TV/MOVIE

がっかり感、コレジャナイ感、もやもや感。

この感覚をなんと呼べばいいのだろう。

 

沢尻エリカ逮捕による【麒麟がくる】の濃姫役変更が発表された。

川口春奈。

なんじゃそりゃ。

 

演技がどうのこうのとか言う前にハッキリ言ってミスキャスト。

冒頭に述べたようにがっかり感、コレジャナイ感が漂ってしまってる。

散々煽ってたマスコミは一気にトーンダウン。かろうじて日刊スポーツだけが「神キャスティング」なんて持ち上げてるがムリがある。他はどこも「川口春奈に決まった」って冷静に粛々と記事にしてるだけ。

 

そりゃそうだろ、先日総合格闘家って男とお泊まりデートを週刊誌にすっぱ抜かれてた矢先だもの。慎重になるわね。

NHKはトチくるったのか、誰もかれも忙しくて受けてくれないからヤケになったのか、よりにもよってなぜ川口春奈を・・・って思ってしまうだろ。

 

プライベートの奇行や一般常識の欠落、不思議ちゃん的発言などが問題ではない。俺は女優や俳優芸能人の場合全然OKだ。普通の生活、当たり前の言動、一般常識を携えモラルを守り品行方正って人は芸能界には向かないと思ってるくらいだ。

しかし川口春奈、彼女はアカン。

以前このブログでも書いたが、彼女は浮いた演技(そもそも演技と呼べるレベルでもない)をする。【時効警察】の吉岡里帆以上に独りよがりの陶酔演劇をする女優だ。主役、脇役全てのキャストの演技を一人で無駄にする女優、それが川口春奈と言っても過言ではないのだ。

 

沢尻エリカは映画【手紙】や【パッチギ!】、TVドラマ【タイヨウのうた】などの演技は素晴らしい。最近の【ハゲタカ】ではおさえた演技、【白い巨塔】では濃艶な演技を見せてくれた。一方川口春奈は未だ褒めれるドラマや映画はない。

沢尻エリカは別に演技派とか大御所と呼ばれる大女優でもなんでもない。だけど松坂牛や神戸ビーフではないがサーロインやヒレの極上ステーキである。これがいきなりミノだのシマチョウに変わるようなもんである。そりゃホルモンも美味しいよ。サシのたっぷり入ったロースよりツラミやはらみの方が好きだって人もいる。俺もそうだ。だけどやっぱり格は違うのよね。

 
言うなれば「今度の休みはホテルを取って東京ディズニーランドへ行こう」って言われたtのが都合で変更され「ひらパーになった」って言われるようなもん。5回戦でや、枚方パークも楽しい遊園地だよ。言いたいのはディズニーランドとはまた別もんだろうってことだ。TDLの代わりはせめてUSJだろうよ。例えがヘタすぎてこれじゃよくわからんな。

 

マスコミもひどいなぁ。

散々煽ってたのに、川口に決まった途端トーンダウン。研音さんの顔を立ててるのか忖度してるのかは知らないが、悪口はどこも書いていない。っていうより記事自体が小さめで控えめ。ちょこっとプロフィールも載せてるぐらい。

散々、「濃姫役条件は、1,乗馬ができる、2,30代前後、3,カリスマ性」とか NHKが言ってもいないのに勝手に書いて、さらには「時代劇経験者」とか「以前に大河ドラマ出演経験者中心に探してる(番組関係者)」とか書いてたからかね。全然違うやん。

年齢も24歳、乗馬はできない、時代劇も出てない、ましてや大河ドラマどころかNHKに出てるかって女優。あまりにも予想と違いすぎるからどう扱っていいのかわからないのかもしれない。これやったら誰でもええやんとか、放送延期してでもオーディションで選んだら?とか、そもそもキャストオーディションの段階でめぼしい子他にいただろう?ってね。

 

研音さんには山口智子や財前直見をはじめ、天海祐希、菅野美穂、榮倉奈々、原沙知絵、りょうといった主役・中堅クラス、成海璃子、志田未来、杉咲花、といった若手主役クラスが揃ってる。さらに福原遥、吉川愛といった演技の上手い今絶賛売り出し中の女優もいる。その中で川口春奈。彼女しか空いてなかったのか、それとも一押しなのかわからんが、いいのかそれで、NHK。

 

前半すでに撮ってある部分はグリーンシートやブルーシートの前で、川口のみの個別演技・撮影になるだろう。「全部撮り直し」とかマスコミは騒いでるけど、NHKは「全部」とは言っていない。間違いなくCG合成で編集しなおすだろう。

しかし、本チャンの撮影ではどうだ。並み居る演技陣俳優の中で、彼女の演技で通用するのか?

しかも途中参加だ、溶け込むだけでも大変だ。ただでさえ独りよがりの演技をする川口、さらに時代劇は初。その時代の所作や言葉つかい、着物やカツラをつけての立ち振る舞い、全てにおいて不安しかない。無理ではないか。

 

彼女は途中降板するのじゃないか。体調不良って名目で。

いらない心配ならそれでいいと思うが、ただでさえ彼女は情緒不安定だなと思えてしまうくらいなのよ。

先にも書いたが不思議発言や奇抜な行動はどうでもいいのよ。演技者、表現者はどっか一般人と感覚が違っててもね。広末涼子も奇行が一時騒がれてたし、綾瀬はるかだって、これぞ天然って発言多いもんね。だけど藤谷美和子とか石原真理子のように元祖プッツンって言われた人たちで消えちゃった女優もいる。宮沢りえだって演技はどこにでもいるレベルだったが、ある時を境にめちゃくちゃ上手くなって覚醒した女優もいる。

 どこかに一般人には見えない線があるんだろう。それを越えるか越えないかの分かれ目ってのがあるんだと思う。

彼女はそのボーダーラインを超えてしまいそうなのだよ。

 

ひょっとしたらそれが、演技派とか大女優と呼ばれる線なのかもしれないし、超えちゃいけないセイフティラインかもしれない。天才と呼ばれた俳優の多くが、その線の前で苦悶し、ある人は薬に走り、ある人はノイローゼになってしまう。だから薬や酒に溺れるのだと思う。

彼女は今回の抜擢でそれを超えられるのかもしれない。気づかないでそのまま通り過ぎるかもしれない。朝ドラが登竜門だとしたら大河ドラマは地位確立。そう考えると彼女には頑張ってほしいと思うのだが、それよりもやっぱり「なぜ?」とか「大丈夫か?」の方が強すぎてね。

本人にしてみたら大きなお世話だな。

 

 

Comment

麒麟がくる 濃姫代役予想選手権

2019-11-20 21:57:36 | MUSIC/TV/MOVIE

予想、本命:堀北真希、対抗:満島ひかり、穴狙い:のん。

予想通りワイドショーは沢尻エリカニュースで賑わってる。

エラそうに書いてるが、そういう俺も3連続エリカネタだ。

 

マスコミはいつものパターンで、以前からどうだのこうだの、違約金はいくらになるだろうとか、大きなお世話のオンパレードである。親しいタレントからコメントを取るならまだいい。「私は共演したことないんですけど」なんてタレントのコメント要るか?それこそ「大きなお世話」である。

平気で沢尻エリカの住んでたマンションを映してたりする。エントランスの映像だけならまだしも町名や最寄駅、三階建とか平気でバラしてる。これ、いいのか?

自撮りで瞳に映った景色から家を探し当てる奴がいる時代だ。こんなはっきり映したら野次馬が集まってくるだろう。さすがマスコミ、偽物のジャーナリズムの正義の前には、個人情報もプライバシーもマンション評価額も近隣住民の迷惑も御構い無しだ。

 

さて、そんな中で一つだけ俺も興味を持つ事がある。

来年の大河ドラマ【麒麟がくる】での帰蝶(濃姫)役を誰がするかってこと。それこそ大きなお世話、下世話な話であるが俺は誰がなるのか想像で楽しんでる。そうれが冒頭の予想だ。

 

心ないマスコミは「この代役は依頼されても、イメージが悪くなるからと難色を示すだろう」なんて、またもやお得意の存在しない“業界関係者”の声を報じてる。いつも出てくるこの“業界関係者”や“TV情報通”“○○の古くからの知人”とやらを公開してもらいたいものだが、

それはさておき、天下のNHKである。伝統の大河ドラマ、しかも役は町娘Aとかモブキャラではない。準主役クラスと言っていいほどのメインキャスト。

沢尻が演じる予定だった濃姫(帰蝶)は、斎藤道三(本木雅弘)の娘で織田信長(染谷翔太)の妻。初回から登場予定だったそうだ。このチャンスを「イメージが・・・」などと言って受けない女優がいるのか?

よほどの大御所ならともかく、世間に名前を広めるチャンスである。しかも若手しか演じられない役だ。そんな若手女優が、朝の連続ドラマや紅白歌合戦並みの知名度アップとその後のギャラ、役者としての地位向上・ポジション確立のチャンスを蹴るか?「紅白出場歌手」と同じく「大河出演俳優」は未だステータスである。その降って湧いたチャンス断る女優がいるとすれば、よほど真剣に役者をやる気のないやつか、薬物をやってる奴だけだろうさ。

 

この濃姫、明智光秀(長谷川博巳)の古くからの知り合いと今までの戦国ドラマ、漫画、小説では描かれてたがいろんな説があってどれが真実かはよくわからない。本能寺の変の際に信長に同行してて最後まで戦ったとか、とっとと実早世したとか。斎藤道三が死んでからは実家に戻ったとか曖昧なのよね。

それほど文献や資料にも出てこない、謎多き女性だ。まぁ、戦国時代の女性は皆そんな感じだが。だから誰が演じても自由だ。若くてもいいし、ちょっとトウが立っててもいい。なんてったって31歳で死んだ坂本龍馬を、実年齢で越えてる福山雅治に平気で演じさせた大河ドラマだもの。

 

メディアでは代役予想が行われているが、便乗して俺も参加してみる。あくまでも俺の妄想だから好きにさせてくれ。

俺の予想は冒頭に書いた、本命:堀北真希、対抗:満島ひかり、穴狙い:のん。

 

マスコミが立てたNHKの濃姫役条件は、「乗馬ができる」「30代」「カリスマ性あり」ってことで、以前に大河ドラマ経験者中心に予想を立ててる。

綾瀬はるか、柴咲コウ、上野樹里などが名前あがってる。以前大河ドラマの主役をした彼女らは当然上記の条件はクリアしてるし、俺もこの人たちならって思うけど、まずありえないだろうな。全員忙しいだろうし、代役で出てもそれこそメリットないだろう。恩返しとか?朝ドラのように歴代主役をカオス出演させて話題作りって手も考えられるが、メインキャストでの出演は無いだろう。

 

 

だいたい死んだ人間だって平気で登場させ共演できるCG技術の時代に、今更馬に乗れるかなんて問題にしてもしょうがないよな。乗馬シーンなんて差し替えやCGでなんとかなる。美空ひばりの歌声まで復活させCGで紅白に出場させるNHKの技術陣にとって、差し替え程度のCGなんて朝飯前だろう。

それに実際には戦国時代に姫さまが馬を駆って戦場に向かったりはしないのだから。そもそも女性が馬に乗ること自体してない。巴御前以降、活発で男勝りな姫や武芸に通じた武将の妻=馬に乗るというイメージがどうも出来上がってるなぁ。

 

でも大河ドラマは一年間のスケジュールを押さえられるのだから、売れっ子女優はほとんど無理かもしれない。だが、そこは天下のNHKの大河だ。他(局)の仕事キャンセルしてでもこちらを選ぶかもしれない。以前リバイバル人気が出てた杉田かおるがいちびって「一年間拘束されるの嫌で断った」ことがある。その後彼女はどの局でも使われなくなったもんな。怖いよNHKの忖度は。

 

そう考えると結婚出産を機に休業(引退?)してた堀北真希、個人事務所を立ち上げて今のところスケジュールが空いてそうな(失礼だな)満島ひかり、ってのはあながちハズレではない予想だと思うだけどね。

のん(能年玲奈)は以前の事務所移籍騒動のゴタゴタ以降、キー局には出演していないが干されてるわけではない。音楽活動や声優、イベントなどにかなり忙しい。売れっ子だ。NHK朝ドラでブレイクしたとはいえ、今更恩返し出演ってのはありえないかもしれないが「出たら面白いな」ということで大穴で。同じく有村架純ってのもアリだけどね。

 

メディアでは沢尻エリカ所属のエイベックスが、小雪や川栄梨奈なんかを代役にって言ってるなんて書いてるが、ちょっと帰蝶のイメージじゃないなぁ。高畑充希や土屋太鳳なんかも候補に上がってるが、ちょっとイメージわかないなぁ。松岡茉優もちょっと違うな。橋本環奈?かわいいけどちょっと若すぎるなぁ。スケジュール的にも無理だろうしね。

 

個人的には若手なら今田美桜や清野菜名なんかがやってくれると面白いって思ってるのだがね。どちらも同じくちょっと若すぎるかなって思うけどさ。

今田美桜(22)は第一生命のCMでかわいいなぁと。福岡弁の彼女はドクターXで青森弁を使ってるから、岐阜弁もなんとかなるだろう。

清野菜名(25)の身体能力は抜群だ。【やすらぎの刻〜昭和編】では薙刀を振り回してたから戦国モノにも向くと思うのだがね。彼女は確か愛知出身だった気がする。のんや有村架純は26だから25の清野なら遜色ないかもね。

 

上の世代で考えると、広末涼子や蒼井優、貫地谷しほりなんかも候補に上がってる。スキャンダルで降板した斉藤由貴にリベンジ出演って声もある。どれも悪くないね。相武紗季、深田恭子、新垣結衣って声もあるが、もうこうなると誰でもありか。榮倉奈々でもいいね。

菜々緒や杏って声もあるが、身長が高すぎるような。どちらも濃姫のイメージはないなぁ。

 

二階堂ふみとか杉咲花のように朝ドラの出演が決まってるのに推されてたり、同じ【麒麟がくる】に出演が決まってる尾野真千子って声もある。マスコミやメディアはせめて記事にする前に調べろよ。

 

なんでもありでいいなら、濃姫のイメージから考えると俺は木村文乃が一推しだ。

だけど彼女はすでにこのドラマに出演が決まってるらしいから予想選手権からは外した。しかも明智光秀の娘役(ってことは細川ガラシャか?)だもんね。

一人2役はさすがに無理だろう。いや、脚本次第ではなんとかなるかもしれない。先にも書いたが濃姫の没年は不明だし、明智光秀との仲もよくわからんもん。光秀は妾を持たず正室のだから、ガラシャは実は光秀と濃姫との間でできた娘とか・・・。これじゃぁ昼顔のように一気に下世話っぽくなってくるな。

歴史考証も無茶苦茶だが、真田丸であれだけ無茶許されたんだ、大丈夫かもしれない。

 

あっ!!年齢不詳、どの世代でも演じられる女優が一人いた。

安達祐実だ。

うーん彼女こそ大穴中の大穴。万馬券になるかもしれない。悪くないぞ。

とても中学生の子供がいると思えない

 

まぁ、剛力彩芽でなければ誰でもいいや。

 

 

Comment

沢尻エリカ逮捕の裏には政府の陰謀が?マジで言ってたらアホやで!

2019-11-19 03:48:52 | Talk is Cheap

なんか事件があった時、「あれは〇〇の陰謀だ」なんて説がささやかれる。

政府や公安、フリーメイソン、ユダヤ、旧KGB、CIAにFBI、モサドやMi6まで。世の中で起こる事件の裏には、すべてそれら機関が暗躍してるなんてね。

想像を膨らますのは自由だ。そんな黒幕説、陰謀説はなんとなく辻褄が合ってしまうので、飲み屋で酒の肴にするには最高だ。ついグラス片手に、妄想を膨らませ熱く議論してしまったりする。もう果てはムー大陸はあったとか、ノストラダムスの予言の真の意味が絡んでるとか、バチカンが、いやキリストや釈迦が、とかもう好き勝手。収拾がつかなくてもいいのよ。結論なんて出なくていいのよ、どうせ妄想だからね。

 

さて、酒の席や学生が妄想膨らましてるだけならまだ笑える。「いいね」が欲しいのか炎上してでもアクセスが欲しいのか、中二病のやつがSNSでつぶやこうがしようがないなぁって。でもさ、大の大人、しかも普段は文化人ヅラしてメディアに露出してる人とかがこんなトンデモ陰謀説を言い出すと厄介だ。

 

沢尻エリカが薬物所持で捕まったのは、政府が「桜を見る会」のゴタゴタ騒動からマスコミ・国民の目をそらさすためだ。

そんな「そんなわけあるかい!」って誰でもわかることを平気で言う大人がいる。はっきり言って脳みそに蛆が湧いてるのか、とにかく何でもいいから政府(安倍内閣)にケチをつけたいのかわからんが、こんなんで大丈夫か日本。

 

ラサール石井。時々ずれた発言をするのだが、案の定今回政府陰謀説を真っ先に言い出した。この人については百田尚樹さんが速攻「アホちゃう?」って反応、「そんなに政府に権力があるんやったら真っ先にあんたが捕まえられるわ」と。全くその通りだと思うが、マスコミも大してその後取り上げられなかった。

 

金子勝。慶応大学名誉教授で立教大学大学院特任教授という必要なのか名前だけなのかわからんが、とにかく教授ともあろう人が言い出した。しかも内容は今回の沢尻だけではなく、もっともらしく過去の事件まですべて関連付けて。

2016年の甘利問題では清原選手が、2019年2月の辺野古反対県民投票(法的に無効の投票だがね)ではピエール瀧が、そして今回の桜の見る会騒動では沢尻が捕まった。これら有名人の薬物使用容疑の逮捕はマスコミを賑わせ政府関係から目をそらさすためだ!と。

呆れて物が言えない。それなら田代まさしの時は何隠しだ?KenKenの時は?薬物じゃないけどチュートリアル徳井の件は?

いいかい、金子さんよ。そういうのは「偶然」って言うのだよ。

教授に対して失礼だな。釈迦に説法だね。いや、老いては子に従えかもしれないぞ。って言うか、はっきり言おう「アホですか?」。いや、ひょっとしてあんた、未だに公安の影の存在がすべての事件の裏に履いて隠密に処理してるとか、戦時中の特高の機関がそのまま今も・・・とか思ってるんだろうね。想像力豊かだね。さすが教授!

 

そして真打。やっぱり出たね。鳩山由紀夫。

18日夜地震のツイッターでつぶやいた。

「沢尻エリカが警視庁に逮捕されたのはスキャンダル隠し」

そしてそのどさくさにまぎれ、野党に対し与党が言う『鳩山政権(民主党時代)の時にも桜を見る会は行われてた』に反論するかの「自分の時は人数を減してた」と一緒につぶやいた。

 

いいかい、鳩山、そういうのを五十歩百歩と言うのだよ。あんたの政権時(2010年)桜を見る会は前年(2009年)の麻生政権時代より約1000人少なかったって自慢げに言われてもな。それに招待客が少なかったのではなく参加客が少なかっただけだと思うし、予算が少なかったのかもしれない。景気が悪けりゃ税金(納税)も少ないからな。翌年2011年菅政権の時は東日本大震災、2012年の野田政権の時は北朝鮮ミサイル対応のため中止。偉そうに言える立場ではない。

 

でも、鳩山は言う。「安倍首相は私物化してる」と。

救いようのない馬鹿だ。日本を私物化してるのはお前だ。総理でもない(そもそも国会議員でもない)くせに日本を代表するかのように韓国で土下座し、中国に媚を売り、沖縄で踊る鳩山。自由奔放・迷惑千万な男、鳩山。誰だよこんな奴総理にしたのは。

誰も止められない。支持者はこいつが持ってる金が目当てか?家系か?今度は政党もどきを作るんだと。好きにしてくれ。

 

アメリカは政府に不満が出そうになったり不景気や政情が不安定になったら戦争するとか、テロが起こるとか言われるが日本政府は芸能人の薬物疑惑程度なのね。アホらし。

だいたい桜を見る会の騒動なんて重箱の隅つついて無理やりこじつけ騒いでるだけだろ。一応データも貼り付けとくからね。

 

 

蓮舫、お前も調子に乗って糾弾してるけど、やめとけ。またブーメランくらうだけだぞ。モリカケでまだ懲りてないのか。

 

そんなに陰謀説が語りたいなら、坂本龍馬が何故殺されたのかとか語ったら?殺した真犯人は誰か、薩長陰謀説、朝廷陰謀説なんか存分に語ってくれ。誰も止めないよ。

織田信長本能寺の変を語るのもいいぞ。明智光秀は何故謀反を起こした?とか、秀吉が、いや家康が、いやいや朝廷が、本当はイエズス会だ・・・本能寺の変陰謀説は酒の肴にもってこいだ。

はは〜、わかった!今沢尻逮捕政府陰謀説を言ってるお前ら、NHKから頼まれたな。桜を見る会を政府陰謀説に絡め騒ぐことによって、大河ドラマ「麒麟がくる」での信長殺害陰謀説につなげようと。それで、沢尻の降板によるダメージ阻止、代役が誰になるかの興味を煽り番宣を兼ねてるんだな。そうNHKのお偉いさんに頼まれたのだな。もちろんそれは、その裏にいる放送界のドンや政界のフィクサーの一声で動かされてるのだね。大衆操作をしようとしてるんだな。俺は洗脳されないぞ・・・。絶対闇を暴いてやる!!

なんてね。

お前らが今騒いでるのは、こんな妄想話と大差ないってこと。NHKがらみでN国立花が喜ぶ前にそろそろやめにしとけ。奴は奈良の選挙に出るから忙しいか。まぁそれはともかく、いい大人がみっともないってことだ。いい加減にしとけ。

 

宇宙人はいるよ。今、俺たちが生きてるのは、奴らの実験でしかない。

馬鹿馬鹿しいと思ったら、陰謀説唱えるのは、やめとけ。

 

Comment

沢尻エリカまで・・・

2019-11-16 17:05:05 | MUSIC/TV/MOVIE

沢尻エリカが捕まった。

 MDMA所持だとさ。いわゆる合成麻薬ね。確か昔はエクスタシーとか読んでたやつじゃないかな。ハイになるやつね。よく知らんけど。

沢尻エリカは好きな女優の一人だ。演技もうまいし才能もある。そして華がある。稀有な存在だ。だからと言って犯罪を擁護する気はない。しちゃいけないものに手を出したらいけないよ。

 

つい最近に田代まさしが覚醒剤で捕まって、同時期に清原さんが監督就任で復帰(?)して、元・歌のおにいさんも捕まったり、ワイドショーが賑やかだったんだけど、これでまたヤイノヤイノと騒がしいことだろう。「別に・・・」発言で叩いたときのようにまた騒ぐんだろうな。国母選手の逮捕の際も腰パン事件をホジクリ返してたもんな。いつになったら禊は済むんだ?繰り返すが犯罪を擁護する気はない、更生のことを言ってるのだ、そこ間違えないようにね。

 

芸能人やミュージシャンが不祥事で捕まる度に、番組やCMの降板や以前の作品がお蔵入りになったりなったりする。俺はこれがどうも大嫌い。毎回書いてるけどさ。

これから撮影だとかこれから収録ってのだったらまだ分かるのよ。犯罪者をスポンサーが使うなとか事務所や会社が難色示したりするだろうからね。それに役柄によっては感情移入しにくいからね。降板させられても当然だと思う。

でもね、殺人事件とか詐欺とかならともかく、大麻や覚せい剤とか麻薬とかで今までの作品まで否定するのはどうなのかね。誰かが「ドーピングして作った作品」って表現してたけど、それを言うなら勝新太郎やショーケンとかも全否定してよ。ハリウッド映画なんか過去の名作は出演者の誰かが事件起こしてたりするぞ。音楽もビートルズもジミヘンもティナ・ターナーやレイ・チャールズ、ホイットニー・ヒューストン・・・創世記のロックやR&Bは全否定するのかな?何を観て、何を聴いてるんだろう。クラシック?歌舞伎とか能楽とかか?

 

だいたい「視聴者が嫌悪を感じてる」とかどうたらこうたらってマスコミは騒ぐけどさ、一番騒いでるのはマスコミ・メディアだからね。「これでネタができた!」って感じじゃない?「今こそ叩くんだ!」「チャンスだ民衆よ」って煽っておいて、「ネットではこんな意見が」とか、まるで「自分たちが言ってるんじゃないですよ、あくまでも一般市民が騒いでるんですよ」って。一番タチの悪いエセジャーナリズム。煽る煽る。

 

だいたい所詮ファン以外は他人だろ?そんなに興味ないよ。だってDragon AshRIZE)のKenKen(ケンケン)が大麻で捕まった時、そんなに騒いだか?ネームバリュー(知名度が)って言うなよ、音楽業界では誰でも知ってる。それにあのとき同時に捕まったのはCharの息子(JESSE)だぞ。元ジャニーズのとかピエール瀧に比べてどうなのって感じだったが、KenKenくらいの扱いでいいのよ。石川さゆりと組んだPepsiのCM(怪物舞踊団/SUGIZOも参加)はこそっとYouTubeから削除されてるがね。そういや沢尻エリカも今PEPSIのCMに出てなかったか?

 

沢口エリカはしばらく叩かれるだろうな。それは仕方がない。でもさ、過去の「別に」発言とかはいちいちほじくり返さんでいいよ。あれは司会してたアナウンサーがもう何度も聞かれてたおきまりの質問をし(当日だけで数回目だった)、機嫌が悪くて言ったセリフだろう。役者なんだもの、もう次の仕事の役柄に入り始めてたのにいつまで同じことばっかりさせるんだってね。金髪になってたもんね。だいたい番宣とか舞台挨拶って役者の仕事なの?それに同じセリフを高倉健さんが言ったとしても世間は叩いたのか?って思うのよ。

 

過去のことを言うなら、そんな事より彼女の過去の作品に焦点あててほしいな。もちろん過去の作品を販売禁止とかにする必要はないと思う。それならドリカムやサザンの初期作品もお蔵入りにしろよと。

彼女は役者だけなく歌手・シンガーとしてもヒットを飛ばしてる。しかも片手間話題作りではなくれっきとしたチャート1位だ。そんな女優兼歌手は最近では柴咲コウと彼女くらいじゃないかな。

 

柴咲コウは【信長協奏曲(小栗旬主演)】で帰蝶(濃姫)を演じてたのだが、沢尻エリカも次のNHK大河ドラマ【麒麟がくる(長谷川博己主演)】で帰蝶を演じることが決まってた。不思議な偶然。斎藤道三(元木雅弘)の娘で明智光秀の幼馴染(これは絶対後付け歴史だと思うが)で、織田信長(染谷翔太)の正室。帰蝶はある意味狂気の人だから沢尻エリカ演じるの期待してたんだけどなぁ。

もう撮影に入ってただろうから撮り直し大変ね。今の【いだてん】もピエール瀧とチュートリアルの徳井の出演シーンの差し替えやCGで消したりと大変だったみたいだが、さすがに今回はメインキャストの濃姫だから撮り直ししたほうが早いだろけどさ。ロケとか出演者、監督やスタッフ、衣装大道具小道具エトセトラ揃えるのって大変だろうな。

 

そういや先日公開されてた小栗旬主演の映画【人間失格】にも沢尻出演してたなぁ。あれ、お蔵入りにされてDVD化はしばらくされないのかな。太宰治演じた小栗旬や、共演の宮沢りえと二階堂ふみには全く罪がないのにね。監督の蜷川実花さんは【ヘルタースケルター】で干されてた沢尻を復活させた人だから、これもまた不思議な縁よね。

 

過去の作品でいえば井筒監督の【パッチギ】好きだったんだけどな。でも今思い出したらこの作品には小出恵介もでてたよな。「フジテレビ韓流多いぞ」発言で干されちゃった宮﨑あおいの元旦那・高岡蒼輔(蒼佑?今、どっちだ)もでてたな。そもそも、実生活で冨永愛の恋人というめっちゃ羨ましいポジションにいながら二股騒動で破局した塩谷瞬が主演だしね。もう出てる人、全部問題児。アウトレイジかよ。

 

いつでもどこでも気軽にマリファナや大麻キメて、LSDやスピード、エクスターシーでぶっ飛んで、そのうちコカイン、ヘロインに手を出していく。そんなロックな世界は嫌いじゃないが、自分はやる気は全くない。シンナーやブロン、クレージーマッシュでさえ手を出したことはない。

だいたい注射は大嫌いだし、薬は風邪薬でさえ飲むの嫌いだから大丈夫。

なんてほとんどの人が思ってるだろうが、一番危険だ。「オレオレ詐欺に引っかかる人ってバカ?」って言いながら還付金詐欺には騙されたりするように、売る方は手を変え名前を変え、甘い餌で寄ってくるからね、気をつけて。実際薬に手を出してる人は本職や裏街道の筋の人よりも、主婦や学生の方が多いんだからね。これはただの栄養剤です、眠気をぶっ飛ばすやつです、シャッキリしますよって。

 

だってエナジードリンクは法律で認められてるからって平気で飲んでない?栄養ドリンクやサプリメントもさ。何がどう効くのか一般人はよくわからんよ。化学者や薬剤師とかじゃない限り無理。合成麻薬って言われたら素人は誰も買わないけど、違う名前にされるともうわからんよね。

昔はブロン(風邪薬)だって認められてたし、アンプル、カフェイン、アスピリンやモルヒネだって合法だった。だって薬なんて純粋な漢方薬じゃない限り化学物質・薬品の合成されたものやん。どれが悪でどれが良なのか、熱さましやトンプクだってよくわからん。ナスのヘタを焼いたのだってサボテンだって幻覚成分含んでる。

言えばコーヒーだって200種類以上の化学物質の集合体だ。ちなみにミカンとか柑橘系果物も数百種類の化学物質の集合体だということをお忘れなく。

 

別に合成麻薬を擁護する気も、薬物中毒者を擁護や支援する気もない。だけどさ、マスコミは「誰々が捕まった」「ドラマはどうなる」「CMは」「違約金は莫大」「謝罪せよ」「裁判の予想は」。そしておきまりの過去の行動や発言、写真などをほじくり返すだけ。そんな薬物中毒の怖さ、抜けられなさ、いや、それ以前に簡単に手に入るようになってきてることを取り上げて騒いでくれないかなぁ。

 

毎日のように海外から覚せい剤や薬物を密輸しようとしたやつが捕まってる。訪日観光客を装って。中には国内で売りさばいてる奴もいる。それらは全然大きくは報道されない。

ジャーナリズムとやらも怪しいもんだな。

 

ちなみに今入ってきたニュースだと、沢尻エリカは所持は認めてるけど(そりゃ現行犯なんだからな)、尿検査は陰性だったって。陰性?じゃぁここ数ヶ月はやっていなかったのか。

俺の野次馬根性も呆れたもんだ。

 

 

Comment

ターミネーター:ニューファイトは中二病を満足させる

2019-11-13 23:28:08 | MUSIC/TV/MOVIE

いやぁ面白かった。

やっぱりアクション映画は映画館の大きなスクリーンとでかいボリュームで観るに限るね。

あっ、この【ターミネーター:ニューファイト】(T3)を見に行こうと思ってる人、まだ見てない人はこの先は読まないでね。ネタバレしちゃう内容あるかもしれないので。一応、プレスリリースされてる以上のことは書かないつもりだけど、結構怪しいからさ。昔から感想文書くと「あらすじ書いてる」って先生に怒られてたくらいだからね。

ターミネーター(後にT2が公開されて【T1】とネーミングされた)、ターミネーター2【T2】を見てない人、ターミネーターシリーズ、そして今回の新作【T3】もなんとなくあらすじを知っても構わないって人は読んでください。ただしT1の公開(設定も)が1984年だからもう35年くらい前の話だ。T2でも1994年だから28年前。記憶が曖昧。記載事項が所々間違ってたらごめんなさい。

 

今回の【ターミネーター:ニューファイト】はさすが「正統の続編」って謳ってるだけあるのよ。見事に【T2】の系譜を受け継ぐ作品で【T3】を名乗るにふさわしいのだ。

 

低予算で作られた(噂ではラストエンペラーとかミッキーローク主演の映画とかの余り予算で製作されたそうだ)第1作目【T1】は、日本でも公開されたたんだろうけど当時は全く話題になってなかった。俺はアメリカに住んでる友達がVIDEOを送ってくれたで、それを観た。もちろん字幕なしだったのだが、それでもめっちゃ面白かったのよ。言葉が何言ってるかわからんでも映像で理解できるって、演技や描写演出がうめいってことだよね。下手な漫画やドラマほど、やたら説明台詞や解説が多いもん。

 

当時は店でMTVとか映画をモニターで映すのが流行ってて、映画の時は音声は流さず有線をBGMに映像だけにしてたの。それでもお客様からいつもターミネーターの時は「この映画、何ってタイトル?」って聞かれたもの。

 

【T1】は今更内容を解説しなくても知ってるだろうけど、新作が正統な3だということのために大事だから書く。知ってる人は飛ばして読んでくれ。

 

雷とか電磁波(当時はそんな言葉使ってない)と共に現れたターミネーター(T-800=シュワルツネッガー/悪者)は、未来から女(サラ・コナー=リンダ・ハミルトン)を殺しにやって来て、スカウター(ドラゴンボールでベジータが使った方が先だったか)を使って探し、別人であろうと同姓同名なら次々と抹殺していく殺人マシーン。

ほんでまた雷みたいなものと共に現れた男(カイル)は、サラ・コナーを助けに来た味方で、彼が言うにはサラは、救世軍のリーダーになる子供(ジョン・コナー)を産むんだと。

彼曰く、1997年の8月に「審判の日」ってのがあって、人工知能(スカイネット)によって核戦争が始まり、その日を境にスカイネットが暴走し機械が人間を抹殺しだす。その機械軍に対抗するレジスタンス軍のリーダーになるのがサラの息子ジョン・コナーだと言われても、今のサラはバイトしたり週末は遊びに出かける普通の女子学生だもの。それがいきなり未来の人類は君にかかってるって言われてもさって感じ。ここら辺も漫画的だよね。

 

でもサラは意を決してカールと共に戦うんだけど、倒しても倒してもまた現れるシュワちゃんが不気味なんだ。ここらへんはスピルバーグの【激突】とかと同じく、「もう勘弁してあげてくれよ」って画面に向かって叫びそうになるよ。

吊り橋現象じゃないけど危機下で二人は愛し合い、そしてなんとかターミネーターを倒す。カールは死んじゃうけど新しい命を身ごもった(それが後の息子ジョン・コナー)サラは、来るべき日に備えて“メキシコ”に・・・。ここも重要ね。メキシコだよ。

 

シュワちゃんはこの【T1】で人気が出て(それまではただのボディービルダー程度の扱い)、ヒット作に出演するんだけど、満を持して1994年にめっちゃ予算使って【T2】が作成された。これは万博のドライブインシアターで観た。映画館と違い、車に乗りながらラジオ(FM)で音声を拾い観るので他人の音(ポップコーンや独り言など)全く気にしなくていいのだが、ドライブインシアターってまだあるのかな。

 

 

【T2】は前回を凌ぐどころか圧倒的なスケールとバイオレンス。さすが予算はふんだんにあるし、CGも駆使されてた。

舞台は1作目から11年後の1994年。サラはジョン(エドワード・ファーロング)を育てながら、スカイネット開発防止のためにはテロ行為さえいとわないバイオレンスなマザー。銃を体の一部のように扱い、護身術や格闘術に長けた兵士。1話目のか弱き女子大生がここまでたくましくなるのかって感じ。漫画やアニメなら作者の書き分け一つだけど、実際に役者がここまで変われるのかって。まぁ、アメリカの女優はアクションもロマンスも平気でやるからね。アンジェリーナ・ジョリーやジーナ・デイビス、ミラ・ジョヴォヴィッチとかね。でも、すごい(T3ではもっとすごい).

スカイネットがコナー暗殺に送り込んできたのは新型ターミネーター/T-1000。こいつは前作以上に倒しても倒しても復活する。魔人ブウのように粉々になっても復活する。オイルのような液体でできたターミネーター。これも漫画的ね。少年ジャンプでよくありがちな、以前の強敵よりさらに強い敵が現れるって奴ね。北斗の拳とかジョジョ、HUNTER×HUNTERとかね。

 

このピンチに助けにきたのがT-800(シュワルツネッガー)。サラは以前のターミネーターだと警戒するが、そりゃそうだろうね、前回あんだけ執拗に追いかけてきた奴と同じ顔で同じ体型なんだんから。ここがまた【T3】のポイントね。T3のオープニングで同じ姿のT-800、そして中盤に容姿が老いたシュワちゃんが登場するのがこの【T2】を観てないといまいちわからないかもしれない。

 

T2で登場するT-800(シュワちゃん)は未来のジョン・コナーが人類を守るように改造し、サラと自分を助けるために送り込んできた味方。シュワちゃんがジョンを助けるために颯爽とした登場シーン、そのままバイクでのハードバトル、ショットガンぶっ放し車をふっ飛ばし・・・。どれもこれもいきなりかっこいい。アニメ的なカット割りが多いのだよ。よくこんなの実写で撮れるな。

 

そもそもこの、“今までの敵が味方になる”ってのが漫画やアニメの王道じゃない?「強敵」と書いて「友(とも)」と呼ぶってやつ(似たようなのに「本気」と書いて「マジ」と読むってのもある)、たまらない設定だよね。

「敵だったら嫌な奴だけど、味方なら心強いぜ」って、ほんま中二病をくすぐるよね。

 

そしてまたもや「もうどうやったら倒せんねん」「っていうかもうほんまマジで勘弁してくれ」っていうくらいのT-1000をなんとかやっつけ(バトルの合間にスカイネット本社もぶっ潰した)、そして感動のラスト。シュワちゃんはスカイネットの芽を絶つため、自ら溶解炉へ。これこそ「号泣必至」というにふさわしい映画ラストだ。

 

これで核戦争は回避され、審判の日は起こらないはずだった。

 

だから、その後作られた第三作目ではサラが死んでる設定にされて、ジョン役も違う役者。今度は女のターミネーター(T-X)が送り込まれてきてもナンノコッチャ辻褄が合わない。カーチェイスとかはそれなりに迫力あるんだけど、なんかストーリーがとってつけた感があるのよね。

そもそもジェームス・キャメロンも参加してないし。ここら辺に松本零士が参加しなくなった宇宙戦艦ヤマト感が漂う。

ラストも「ちょっと待てよ」ってキムタクじゃなくても言ってしまうオチだ。宇宙戦艦ヤマトも2作目の【さらば宇宙戦艦ヤマト】はラストは号泣してしまうくらいの名作だが、その後松本零士抜きで作られた【3】、そしてそれ以降の作品はどれもこれも見終わった時に「?」なのだ。オチがないのだよ。

 

「やっぱり続編ってのは当たり外れあるよな」

【MATRIX】や【パイレーツ・オブ・カリビアン】もめっちゃ面白い映画なんだが、続編は2までだな。【スターウォーズ】なんて1,2,3,だと思ってたのが実は4,5,6で(しかもタイトルにエピソードってつけて)、新たに作成された1,2,3,はそれなりに面白いのだが、もうどれがどれだかって感じでごっちゃになってる。

 

話をターミネーターに戻すが、その後の第4作目はシュワちゃんでさえCG合成だし(州知事選に出てた)、ラストなんて「何も解決してないやんけ」って不完全燃焼。本来は続編を作るはずだったとか三部作構想だったとか聞くけどね。その後に作られた五作目【新起動:ジェニシス】はリブートだったので、もう問題外。漫画やアニメでいえば違う作家が書いた番外編とかアナザーストーリーものと一緒だ。ドラゴンボールの「転生したらヤムチャだった」とか「北斗の拳D.D.」みたいに面白いのもあるけどね。

 

そんな中、久々にジェームス・キャメロンが製作として復帰し、サラ・コナー役のリンダ・ハミルトンも復活、もちろんアーノルドシュワルツネッガーもT-800で登場する【T3】。これは映画館に観に行かないわけにはいかない。

 

冒頭から満足だよ。

ジョン(エドワード・ファーロング)やサラ(リンダ・ハミルトン)は以前のまま。T-800のシュワちゃんもね。【T2】撮影当時に別テイクで撮ってた秘蔵フィルムをお蔵出ししてきたのかか?ってくらいだ。

このオープニングのおかげで28年の月日が一気に引き戻され、そして現代の2019年に物語が一気に進んでも全く違和感がない。

これだけでも、この作品こそが正統な続編というにふさわしいのだよ。

 

内容はネタバレになってしまうから詳しくは書けないが、T1、T2の伏線や設定がちゃんと盛り込まれてる。そして今回も随所にターミネーターファン以外に、映画ファン、サブカルファン、中二病、アニメオタクetc...をうならせる、喜ばせる演出、ストーリー、セリフやアクションのオンパレードなのだよ。

 

幸せに平常を暮らしてるのにいきなり世界を揺るがす事件に巻き込まれるってのは王道だが、他にも

1,「死ぬなよ、お前を倒す(殺す)のは俺だからな」(ベジータがカカロット(悟空)に言いそうだ)

2,「俺のことは○○と呼んでくれ」(でもそのニックネームでは呼ばない、が、最後に・・・)

3,「逃げ続けるのはもう嫌だ、戦う」(似たようなのに「どうせなら戦って死ぬ方を選ぶ」とかもある)

 

など随所に盛り込まれている「たまらんなぁ」ってエッセンス。

 

死亡フラグ立ちましたの王道に、窮地で「ここは俺が死守する、お前たちは先に行け」『でもそれでは、あなたが・・・』「俺に構わず早く行け」『でも・・・』「いいから、行け!必ず後で追いつく」『きっとよ』・・・ってパターンがあるが、そもそもターミネーターの決め台詞は「I'll be Back」だものね。

 

【ターミネーター:ニューファイト】いろいろ面白いところや凄いところがいっぱいありすぎて、どこを焦点に紹介や褒めればいいのかわからないくらいだ。

長くなるので、今回はこの辺にしといてやろう。続きは近日書く。

とにかく面白い。まぁ観てくれ。

 

 

 

 

Comment

ラグビーWカップとハロウィンの報道差別

2019-11-03 23:40:49 | Talk is Cheap

いやぁ、意外と盛り上がったね。ラグビーワールドカップ。

驚くのが、一気ににわかが増えたこと。

まぁそれもわかる。以前このブログで「いまひとつ盛り上がらないだろうね」なんて書いたけど、反省。まさかこんなに日本代表チームが強くなってるって知らなかったの。

こんな俺でさえ、日本代表チームの試合を見ながら手に汗握って興奮してたもの。日本が今まで1勝しかできてなかったんだよ(多分。違ったらごめん。ニワカだから)。その日本が世界の強豪国と五分で渡り合える試合をし、勝つ。しかもちょっと前に放送されてた大泉洋主演【ノーサイドゲーム】のように、タックルをかいくぐり、パスをつなぎ、ぶつかり、走り抜ける。それがリアルで実現されたらそりゃ、盛り上がるわ。

 

さて、そんなラグビーワールドカップ日本大会。

盛り上がったのに水を差すようで悪いが、なんか報道が腑に落ちないのよね。

 

それほど人気のなっかたラグビーだからなんとか盛り上げたいと運営や報道は、大会期間中もいいことばかり報道してたね。その結果急増ファンが増えた(特に女性ファン)けどさ、このラグビー人気が持続するかといえばちょっと怪しいよな。その証拠に日本が準決勝で敗退してからは報道も少なく、話題にもあまりならなかったもんな。もう早くも冷めちゃったかもしれない

 

優勝した南アフリカに決勝戦で負けたイングランドの選手が試合直後の表彰式でメダルを首にかけられるのを拒んだり、すぐ外したりしてた。「スポーツマンらしくない」とか「アスリートスピリッツが」とかの前にこの件が全然報道されてないのは何故?。これは小さくしか報道せず「最も偉大なW杯として記憶に残る大会だった」なんて組織委員会の会見を大々的に報じられてもなぁ。

組織委員会は、それほどラグビー熱のない日本の大会でチケットが99%も販売されたこととか、ファンゾーンに113万7000人も来場したから嬉しいんだろうけどさ。この決勝戦にはイギリスのヘンリー王子も観戦してたんだよ。

忙しい最中であろうに秋篠宮様も英王子のお隣で観戦されてらしたし(紀子さまも)、ラマポーザ南アフリカ大統領もおられた。

安倍首相は表彰式で両チーム選手の健闘を称え労い握手をしてる。

 

これだけの国賓がおられ、満員の観客の眼の前での愚行を、日本のマスコミはなんで問題にしないのか不思議。

 

台風19号の影響で3試合が中止になって、試合が無くなった代表国チームが組織委員会に不平や不満を記者会見まで開いたが、それは大きく報道せずに、同じく試合が中止になったどこかの代表チームが被災地でボランティア活動してたことを大げさに報じてたね。俺はそれより壊滅的だった横浜の会場を整備してなんとか開催にこぎつけた人たちをもっと讃えて報道してあげてくれよと思う。

 

アイルランドは通常の三色国旗ではなく、緑ベースのラグビーアイルランド代表旗にしてたり、国歌もアイルランド国歌を歌わない。これはイギリスとの「北アイルランド問題」が絡んでるのだが、報道は全くスルー。

元グルジアと呼ばれてたジョージアは、ウルグアイ戦の試合後にロシアの音楽がかかったことにクレーム。「ロシアとジョージアは別の国、言語も違うし二度と間違えないで」と。大会組織委員会が用意した音楽はジョージア人が歌うロシア音楽だったそうだ。2008年のロシアとの紛争(しかもジョージアは負けている)があり、未だ外交断絶で両国軍隊を承認独立地に駐屯させてる。こんな事も組織委員会の落ち度も、全然報道されない。

 

「今年もハロウィンでバカ騒ぎが!」って相変わらず批判的に報道してたね。けど、ラグビーワールドカップだって馬鹿騒ぎだらけじゃねぇか。渋谷でコスプレして練り歩く若者と、にわかファンがユニフォーム着て練り歩いてるのと何が違うんだい?

「海外のハロウィンは」って勘違いマウント比較コメントを今頃まだ言ってるコメンテーター。それならクリスマスだって、バレンタインデーだって言えよな。

三田友梨佳アナウンサーってのは「アメリカではこんな羽目の外しはしない」なんて偉そうに言ってたが、この女はカリフォルニア・サンフランシスコ郊外の住宅でハロウィンパーティやってたところを銃撃され、四人が死んだ事件を知っって言ったのだろうか。しかも事件のあった部屋は民泊として貸し出しされてたとこで、定員12人のところに100人以上の男女が集まってたという。三田よ、君は「アメリカでは」とか偉そうに語ったが、この責任はどうとるんだ。

 

マスコミやメディアは馬鹿の一つ覚えみたいに「渋谷では今年も大勢が集まり、トラブルが」って報道してるけど、今年の渋谷はたったの9件。しかも窃盗、痴漢などの軽犯罪。こんなん祇園祭でも阿波踊りでも、どんたく、ねぶた、よさこい・・・どこの地方のお祭でもあるだろ。ことさらハロウィンだけひどいかのように騒ぐのはなんなん?大阪岸和田のだんじりなんてリオのカーニバル並みに、老若男女関係なく町中はっちゃけてるぞ。(毎年こんな事をこのブログに書いてるなぁ)

 

ラグビーワールドカップ大会中の事件は日本各地でいっぱいある。ラクビー観戦で来日した外国人がらみ観光客

9月21日には札幌ススキノの飲食店でフィジー籍の男(40)が酔っ払って地元客に絡んで殴って捕まった。

9月28日には東京新宿のカラオケ店でアイルランド国籍の男2名(31/28)がヘロイン所持(一人はオーバードーズで意識不明)で捕まった。

9月29日にはまたもやアイルランド国籍の男(26)が静岡浜松の飲食店で、地元客2名を殴り蹴り、壁を壊して捕まった。

10月5日には大分の昭和電工ドームで行われたオーストラリア対ウルグアイの試合で、オーストラリア国籍の男(24)がピッチに乱入し、公然猥褻罪で現行犯逮捕された。

10月9日には同じ大分ドームでのウェールズ対フィジー戦の観戦後2人の男(国籍未発表・36/34)が敷地内で下半身を露出して捕まった。

10月11日には東京新宿のマンションに泥棒にはいったイギリス国籍の男(32)が現行犯逮捕された。

10月14日にはウルグアイの代表選手や関係者が熊本の飲食店で「ウルグアイの曲をかけろ!」と騒ぎ出し、店の壁や機材などを破壊、従業員(男女)の店員にタックルしてケガを負わせるなどやりたい放題して二人(そううちの一人は代表選手)が捕まった。

日本人にも浮かれたバカはいる。10月13日にスコットランド戦が行われてた横浜国際競技場敷地内で大会警備の大学生に暴行を加え捕まったこいつはしかも電通の新聞局長(51)。

 

ネットにアプされた外国人サポーターが電車内ではしゃいで人間コースターやピラミッドしてる馬鹿な映像を始め、各地で海外からのサポーターをはじめ日本のラグビーファン・観戦者の騒いでる姿は多数。

酔っ払って関係ない人に絡んでくるやつ、酔って車道で寝転がるやつ、そのまま寝るやつ。はしゃいで道路に飛び出す馬鹿も買う知れず。自撮りに夢中で交通の妨げになるやつらもいっぱい。店頭ののぼりや備品を壊すやつ、盗むやつ。人混みの中でボールをパスしてるやつもいれば、コンビニの駐車場でスクラム組んだりラインアウトしたり。大声で叫ぶやつ、大声で歌うやつ、肩組んで道に広がって歩くやつ・・・。

本人たちは「これがラグビーサポーターの正しい盛り上がり方」って、それぞれ楽しんでるのかもしれないが関係ない人(ラグビーに興味のない人)にとっては迷惑でしかない。地元ではそれで当たり前なのかもしれないがね。これでもまだ「海外では」とか「日本のハロウィンは」とか言えるのか?

 

渋谷がハロウィン警備で予算を1億円以上かけたことについて「無駄だ」とか言ってる人もいるけど、今年はそれなりの費用対効果があったんではないか。警備を万全にして各地に配備、店は早じまいにしたり、酒類の提供は時間制限したり。仮装した若者が多数集まってたが、大した揉め事やトラブルなかったんだからね。安全や平和をお金で買ってってそんなに変?

ハロウィンで仮装やコスプレして、人前で見せるたりするのが楽しい人と、ただその場所に行って連帯感が欲しい人、何が楽しいのか俺にはわからんけど、ラグビーワールドカップで町中で騒いでる人の事もよくわからん。

両者に何の違いがある?

 

阪神ファンとサッカーファンの楽しみ方の違い、アイドルオタクとジャニーズファンの盛り上がりの違い。それぞれ何となくはわからんでもないんだがね。共通するのはそのファンじゃない人からは騒いだら嫌われるってことだ。

でも、ハロウィン参加者は蔑むように批判され、ラグビーファンはなんか許されるこの風潮はなんか納得いかないのだなぁ。

デモをしたりして拡声器で騒いでる人より、わざわざ衣装を用意してメイクして友達とハロィンを楽しんでる人の方がまだ純粋でマシのような気がするのだけどね。

 

毎年書いてるが、ハロウィンのことはそんなに興味はないのだが、偏向報道はムカつく。

ハロウィンを大げさに問題視してそれほどまでに批判するなら、ラグビーで浮かれて騒ぐやつもこと、この先オリンピックや海外からの訪日客のマナーとかもっと問題視したらと思う。偏向的な不公平な報道にはちょっとイラっとするのだ。

なんか最近のマスコミって変なの。

 

 

Comment

IOCってそんなに偉いのか?

2019-11-02 16:01:03 | Talk is Cheap

あぁ、やっぱり札幌に決まったのね、オリンピックのマラソン。

「東京の夏は暑い」と6年前に決まったたときにわかってたことを今更になって急に言い出して、「涼しい札幌で」マラソン&競歩を」と。前日まで聴かされてなかった小池東京都知事は青天の霹靂。案の定オカンムリで徹底抗戦するも結果は見えていた。

 

「そんなに暑さを気するなら、そもそも7-8月にしないで、1964年の東京五輪と同じく10月開催すりゃいいのに」ってのも、莫大な放映権を払うスポンサーというか仕切ってるアメリカ国の都合で絶対変えようとしないIOCだもの。「決定権はIOCにある」とジョン・コーツ副会長は言い切ってしまう。はなから話し合いとかする気なんかないもんね。そう決めたから東京は黙って従えと。

IOCは「オリンピックを開催させてやるんだから文句言うな」って思ってるんだろるな。小池都知事は徹底抗戦するなら『じゃぁ、もうやらない。返上する』って言った方が良かったかもね。違約金がどれくらいか知らないが、東京都民は納得したんじゃないのかしら。

 

まぁ、はなから相手にされてなかった大阪府民からしたら、これまでは「どうぞ東京だけで勝手にやってくれ」って感じで、いまいちどうでもいいよって感じだったんだけどさ。ちょっと今回の件では小池都知事っていうか東京の味方をしたくなった。だってさ、今まで何かにつけて「TOKYO2020」って大義名分あげて色々やってきてたやん。その条例や設備投資がいいとか悪いとかはさておき、これまでやってきたことを一部とはいえトンビに油揚げのごとく札幌に取られるのはねぇ。

日本の世論から盛り上がって、東京が「道路変えて時間変えても、やっぱり選手のとを考えると場所変更した方がいいと思う」って言い出したのならよかったのにね。「日本の夏はどこも暑いけど、比較的涼しい札幌とかはどうですか?」って問えば「うーん、反対する理由がこれといってないなぁ」ってなってたんじゃないかな。じゃぁ北海そうも札幌市も「うちでやりましょう、マラソン大会はノウハウありますから」んなんて言えたし、「人員とかプランとかそっくりまわしてもらえますよね」って言えたんじゃないかな。東京もこれなら「予算はうちが」とか「ボランティア募集のHPやチケット販売のシステムはうちが持ってるやつを」なんて言えたんじゃないか。

 

結局、東京都もIOCもJOCも政府も形ばかりの話し合いをして決着つけたようにするしかなかったけどさ、これって国民にはチョンバレやん。

IOCってそんなに偉いんか?

って嫌悪感持った人が増えたな。こんなに偉そうにされるのに、無理して五輪やる必要あるの?って今更ながらに思った人も多いのでは?

それと日本の大会組織委員会(JOC)の森善朗元首相がやっぱり胡散臭かったってことを再認識。国立競技場のプランが揉めて設計のやり直しによってラグビ−W杯の国立競技場使用ができなかった恨みをひきづってるんじゃないか?「生意気な小池をこれでギャフンと言わせれるぞ」って。こいつはIOCからの「ドーハの教訓でTOKYO2020のマラソン開催地の変更を考えてる」って打診に、絶対何も考えずに「そうですね」「私もそう思ってたんです」「北海道(札幌)なんかがいいと思いますよ」「冬季オリンピックもやってますし、観光地ですし、マラソン大会もやってます」なんてね。

 

橋本聖子五輪相なんて“お飾り”ってのが露見しただけだな。所詮アスリート上がりって言われてもしょうがないな。百戦錬磨の政治家やエリート意識の強い組織人には勝てないし論破されるのは仕方がないとしてもね。所詮この人は(夏期五輪も自転車で出てるけど)スピードスケートの人だからね、冬期五輪の人だからね。

 

まぁ、札幌でやると決まったからには、いや、決めたからには一丸となってって言いたいところだが、もともと東京だけで勝手にやってたって印象が強いからなぁ。

ましてや選手の意見なんてこれっぽっちも聞いてない。これで「選手ファースト」とか言われてもな。国際陸連は「男女マラソンを同日に」なんて姑息なことも考えてるみたいだし。さすがにこれにはマラソン強化戦略プロジェクトリーダーの瀬古利彦さんは「何も聞いてない」って。「現場をバカにしてるのか?」って憤慨してたね。

 

マスコミは例のごとく「300億円が無駄になった」なんて言ってるけどさ。暑さ対策の施された道路はそのまま使われる道なんだけどね。(現在実際に車が通ってる)

それよりもパラリンピックのマラソンは札幌ではなく東京でそのまま行われるらしい。コース変更もなしでね。

国際パラ委員会のパーソンズ会長は「パラリンピック開催の期間はオリンピックの時よりもずっと涼しい」なんて言ってる。会見を俺がそのまま直訳したわけじゃないから、どんなニュアンスで言ってるのか細かいことはわからないが、はっきり言って馬鹿です。無知です。

パラリンピックのマラソンは9月6日の予定だが、東京の残暑は厳しい。暦の上では秋だがまだまだ暑いぞ。っていうか真夏とさほど変わらんぞ。それと台風の心配もしなくちゃいけないぞ。雨ならどうするの

遮熱性舗装の効果もマスコミは否定的だが(足元は涼しくても直射日光を浴びる選手には関係ないとか)、パラリンピックについては文句言わんの?障害者絡みになるとなんか屁っ放り腰よね。

でもさ、遮熱性舗装って冬はどうなんだろう。凍結とかしないのかな。雪道やアイスバーンを走り慣れた雪国の人はともかく、東京はちょっと雪が積もったくらいですっ転んだりする会社員とか多いやん。こける老人、スリップする車。なんか冬になったらまた揉めそうね。「五輪の負の遺産、300億かけてマラソンで使われなかった道路、迷惑ばかり」ってな感じでね。

 

道路でいえば従来の札幌マラソンのコースを見て「あの長い直線は心がおれる」って言ったのを、クレームつけてる人がいる。「北海道を蔑んでる」ってね。またもやマスコミは調子に乗ってこれを取り上げてるけど、これって北海道民のクレームや無いやろ。

「『ちょっと隣町まで』が数十km」「北海道の広さを内地の人はナメすぎ」「体育の時間のマラソンはヒグマに注意」と自虐のような地元あるあるネタを言う道民が、たかだか十数kmの直線をバカにされたなんて思うわけも無い。だいたいこのコメントはランナーの立場から「景色が変わらない直線は走っててしんどい」って意味だろ。

 

もう1年以上も前にこのブログでも書いたが、暑さ対策というなら真夜中スタートをもっと東京都は打ち出してたらよかったと思う。夜でも真夏は結構熱帯夜だが、東京の夜景は綺麗だからランナーも楽しめりゃ暑さも吹っ飛ぶぜって。それを朝7時、いや6時スタートだって。なんか小手先でしのごうとするから「朝日が目に入ったら」とか一蹴されるんだ。

夜のマラソンは「ボランティアの安全が」とか「警備の都合上」「道路の閉鎖が」と何ちゃら言い訳ばっかりしてたが、俺はいざとなったら高速道路を閉鎖してそこをコースにすりゃいいって書いた記憶がある。これならアスファルトの張り替えも計画的にしやすいし、ミストだって設置が楽だ。「高速道路だったら風景が」って意見には首都高を走ってみろと。東京のビル群をなめちゃいけない。高速道路よりよっぽど高いビルばっかりだぞ。

 

札幌開催で懸念するのは宿泊施設とかどうなんだろう。選手村はともかく、夏の札幌って観光シーズンやん。オリンピックの関係の客室を優先確保したら、一般の北海道観光客は泊まるところないやん。結果的に観光業はダメージ出るのではないか。

ホテルオークラ、京王プラザホテル、ロイトン、ANAクラウンプラザなど大手ホテルはこのマラソン開催予定時期の予約を中止してるみたいだ。多分札幌市内のシティホテルだけでなくビジネスホテルも戦々恐々だろうな。とりあえず仮予約する輩も出そう。だってチケットまだ発売されてないし。ホテルの予約部屋がネットで転売されたりしてね。

まぁ、その時期、観光客はニセコとかトマムに行けと。函館、富良野、美瑛、知床・・・なんぼでも見るとこあるからな。でっかいどうだもんね。札幌の夏の風物詩とも言えるビアガーデン大会はどうなるんだおる。確かこの時期だったような。以前夏の札幌に行った時、かなり賑わってたぞ。短い夏の日差しを楽しむかのように、外で飲むビール。絶対美味いやつね。

これもまた知らん間にハイネケン(ラグビ−W杯では公式スポンサーのハイネケン以外売ってない状態だった)がしきってたりしてね。札幌ならSAPPOROビールでいいだろうが、開催されるのか?

 

それとテロ対策とかは大丈夫か。

東京は手馴れたものだが、札幌はどうだ。札幌だってマラソン大会開催経験だけでなく観光都市だから慣れてるとは思うが、夏期オリンピックのマラソンがどれだけ人が集まるか予想つかないだろう。

ちなみに1964年の東京オリンピックのマラソンでは、沿道に120万人集まった。勘違いしてはいけない。まだ戦後間もなく開発途中だった西東京の外れでだぞ。その時東京都民はまだ1000万人だったから、約8分の1の人数が甲州街道の沿道を埋め尽くしたのだ。

その頃は東京に行くのは一大イベントだった頃だ。今みたいに新幹線や飛行機で数時間ってのじゃなく、1日がかりで庶民はバスや列車・汽車を乗り継いで来てた頃だ。(大阪万博の頃も一緒だろう)

今回も東京でそのまま行われてたら関東だけで6000万人以上の人、さらに交通の便を考えたらどこの県からでも、そして世界からも東京なら行こうってなってただろう。

そこまでは望めなくても、それでも北海道札幌も観光都市だから結構日本中、そして世界から人が集まるのではないか。そのオリンピック観光客に紛れてテロリストが入ってくるだろう。選手関係者やプレス(報道)のふりして入ってくる奴もいるだろう。俺がテロリストなら、G7やG20のように各国首脳が集まるとはいえ警備がアホみたいに厳しい時期を狙うより、入国審査や税関が甘いオリンピックを狙うけどね。

ましてやマラソンは沿道でチケットなしでも観戦できる。ボストンだったかな、悲惨な事件があったよね。メキシコのように選手村が襲われるようことはないと思うけど、北海道警だけで対応できるのか。リオの時みたいに警官隊が「俺たちはお前たちを守らないぜ」って垂れ幕持たせるか。

 

どうでもいいけど、しばらく静観しよう。お隣の韓国はうるさいけど。

やれメダルが旭日旗を連想させるだの、放射能まみれの食材を食わさせられるとか、安倍総理は五輪を隠れ蓑に戦争責任をすり替えようとしてるとか、挙句には政治利用してるとか相変わらず難癖つけてくる。けど、勝手に言ってろ。どうせ不買運動してるやつとか、反日活動に煽られてるやつはこないんだろう。なら、ほっとけよ。無視無視。

 

予選も参加しない北とまた合同チームを組んでも、絶対2020五輪の競技には出させんし選手も入国もさせん。まぁ、サッカーW杯予選で無観客試合、報道陣シャットアウト&中継禁止なんてされてて、未だ仲良くしようって考えてるほど間抜けじゃないと思うけどさ。一応念のため。

マラソンと競歩だけとはいえ、札幌で開催するなら大変よね。大会に関わってる人は「今更かよ」「もう勘弁してくれ」「働き方改革なんて絶対嘘だな」って思ってることだろう。

その人たちのことを考えたら、部外者の俺は何も言えないな。

マスコミも粗探しばっかりして、否定的なことばかり報道せんと、頑張ってる人、陰で支えてる人、そして実際に競技する人のことを考えた報道してあげてください。

 

ちなみにPARIs2024の大会ロゴが発表されたね。

聖火と女性の顔をうまく組み合わせてる。かっこいい。さすがアートの国。

パリの夏も暑いけどね。

Comment

基準がわからん2 立花に忖度するマスコミ

2019-10-30 12:52:45 | Talk is Cheap

基準がわからんその2

前回立花孝志が参議院埼玉選挙区補欠選挙に立候補して落選した事を書いた。

その際に立花が公人でありながらマツコ・デラックスさん個人を攻撃した事、テレビ局にまで押しかけ圧力をかけるかのような行動や発言をした。普段は何かにつけ「国家権力による圧力だ」「忖度だ」「報道の自由を守れ」などと騒ぐマスコミが、なぜあの時は傍観者似なったのか全くわからん。

 

そしてその立花は目の敵にしてるNHKから放送受信料の不払いで東京地裁に提訴されたり、前回の裁判でNHKが勝訴した2件の損害賠償請求訴訟の賠償金約135万円が期限内に支払いしてないから請求書が送られた。

これもチュートリアル徳井の件ではあれだけ喚き散らして、犯罪者でもないのに極悪人のように、道徳や常識のない人のように扱かったのに、なぜ立花は責めないのかわからん。徳井自身が設立し代表だったとはいえ、事務所はちゃんと登記されてる法人だ。税務申告義務違反してたのはダメだし、納付してないのはもっといけない。ただ「悪質な脱税」ではなく(そう取れるように報道してるけど)、徳井はちゃんと税務署や国税局から出された税金と延滞金も全部納付してる。起訴もされてない。一方、立花は提訴されてるし、未払いのままだ。どこが違うのだ?

 

なぜ立花は責めないんだよ、基準はどうなってるの?ってのはまだある。

 

立花が埼玉補選の街頭演説をした際、大声で野次った聴衆を取り押さえて警察に引き渡した。これをちゃんと報道した報道機関は少ない。

安倍首相が7月に札幌市で参議院選挙の街頭演説をした際、野次を飛ばした聴衆が北海道県警に排除されたのは「問題だぁ」「法的根拠がない」「違法だ」とまで騒いだくせにな。マスコミはいつもの手、お得意のどこかの眉唾な弁護士や法律に詳しいなんちゃらってコメンテーターをスタジオに呼んで「このままでは言論の自由が危うくなりますね・・・」「ファシズムになっていく恐れが」みたいなこと言わせてたよな。そしていかにもそれが世論のように報道してたよな。

あげくにはこの件で抗議デモしてるイチビリども(しかも少人数)の「ヤジも言えないこんな世の中じゃ」なんてたれ幕持って行進してる姿を映し出したりしてたよな。まるで首相が独裁者で、自分に気にくわない発言したやつは、昔の特高警察や公安が危険分子として引っ張っているかのような報道。

じゃぁなぜ今回の立花は責めないのだ。なんでそこはスルーやねん。基準はなんだ。

 

だいたい「人が話をしてる時は黙って聞け」「途中で口挟むな」「言いたいことがあるなら指されてからにしろ」が常識じゃないのか。それもちゃんと論理的に意見を言うならともかく、ヤジってるだけだろ。ちゃんと聞こうとしてる人にとっては、野次はただ邪魔なだけだ。(それは国会でも言える)

っていうか演説の邪魔してるそいつらの方が絶対悪いに決まってるやん。何で演説妨害しようとしてるやつを排除した側が責められなあかんねん。

 

日本はクレーマーや良識人ってやつのせいで、よほどのことがないと権力を行使できたりしません。できません。どこかの刈り上げ坊やが仕切ってる国かなんかと一緒にしていませんか?日本は議員であろうと何の権力も行使できず、ちょっとブラックジョーク言っただけで「不謹慎だ」「問題だ」って騒ぎ立てられ辞任させられたりする国だよ。マスコミの方がよっぽど権力を行使してるよ。

 

警察だって、普段いろんな警察官たちが動いてくれてるおかげで犯罪国家にならなくて済んでる。すぐ「外国では」「海外では」って日本が遅れてる、国際的ではないなんてマウント取り日本を貶める発言する馬鹿も、そんな警察がいるおかげで安全に暮らせてる。そりゃたまには悲しい事件や憤る理不尽な事件はあったりするが、昼も夜も道は一人で歩けるしね。海外贔屓の人は日本の水と安全のことから考え直して欲しい。

 

そしてその国民の安全を守る警察も、マスコミの手にかかると途端に悪者になる。犯人を捕まえてもそれほど褒められたり感謝の記事など書かれず、不祥事などは喜んで大きく取り上げる。

警察官が犯人を捕まえるために拳銃を撃っても責められ、パトカーが追いかけてる最中に犯人が事故したり怪我したらまた責められる。捕まえて検察が起訴しても死刑判決には反対だと言われ、犯人の実名報道は人権侵害だと言う。そのくせ京アニの火災事件の際の被害者は実名報道しようとする。基準が何なのか全くわからん。

 

マスコミがそんなんだから警察がナメられる。留置所・拘置所から逃走されたり、保釈とかでも期日に出頭拒否されたりするんだ。それをまた責めるという矛盾のループ。逃走犯をなかなか捕まえられなかったら何をやってるんだと責め、逮捕の際に抵抗されたから押さえつけてもまた責める。

 

今日、岸和田市で収監予定だった女が逃走したのもまた責めるような報道するんだろうな。

ただ今回は検察が相手だからか、女が待機させてた男の車に乗り込んだ途端にいきなり発車し、検察事務官の人がハネられる映像も公開してる。裁判に出頭してこなかったこと、保釈取り消しで刑事施設に収監させる予定で呼び出したことなんかもちゃんと報道してる(ところもある)。女が「車に荷物を取りに行きたい」と言ったから4人の検察官が同行してたことは映像で確認できる。

6月に神奈川県で窃盗罪で起訴され保釈されてた男が、実刑確定後も出頭してこなかったから横浜地検の検察事務官や警察官らに刃物を振り回して逃走した時の報道とはちょっと違う。

この犯人は逃走4日後には逮捕されたのだが、この時の報道は各地の警察署の留置所や拘置所から逃走した事件を取り上げ、「たるんでる!」と言わんばかりだった。たるんでるのはお前らの方だろ。まともに取材線とネット記事を拾い集めて番組にしてるくらいだからな。

 

報道機関の基準は何だ?教えてくれないか。

一体何がしたいのか。よくわからん。

Comment

基準がわからん1 消えてくれ立花孝志

2019-10-29 22:53:56 | Talk is Cheap

ザマァみろというか、あんまり政治をなめんなというか。

参議院埼玉選挙区補欠選挙で立花孝志が落選した。

 

世の中に嫌いな奴はごまんといるが、特に鬱陶しいのが立花孝志。そう、あの「既得権益をぶっ飛ばす」とか言ってNHKから国民を守る党というおせっかいな大義名分の政党を立ち上げたあいつだ。以前もこのブログで書いたが、俺はこの男が大嫌い。嫌なら見なかったらいいやんって言われるが、厄介なことによりによってこんなバカを「なんか面白そう」とか勘違いして7月の参議院選挙で当選(正確には比例代表だけど)させた人がいるので、この男はちょっと前まで国会議員だったのだよ。いやでもニュースが流れてくるのだ。

 

この男、国会議員になったが、政治家として何もしていない。国策や政策は何も考える様子もなく、相変わらず「NHKを潰す」だけ。これだけ言ってるだけならまだ「誰だよ、こんな奴に入れたの」くらいで済むが、マツコ・デラックスさんを個人攻撃しだしたりする。マツコさんはいつもの調子で悪口っていうかぴしゃりと風刺しただけなのにな。さらには放送したテレビ局まで押しかける有様。一応国会議員なんだから公人なんだけど、この男にそんな自覚は無い。

普段は何かにつけ「国会議員による圧力だ」「忖度だ」などと喚き散らすマスコミも、矛先が自分たちのところに向いたら嫌だからか、ほったらかし。

それでこの男ますます勘違いしたのか、今度は参議院議員の職を辞して、また同じ参議院の埼玉選挙区補欠選挙に立候補するとか言い出して、本当に立候補しやがった。

 

案の定落ちた。ザッマァミロである。前回こいつに(こいつの党に)投票して後悔してた人もホッとしてるだろう。同じ轍は踏まないぞと。

しかし今回の補欠選挙で16万8289人もこの人に投票した人がまだいたから不思議。投票した人は懲りないのか、面白がってるだけなのかわからん。まぁ立憲民主・国民民主両党支援の前埼玉県知事の上田清司さんは、106万5390票を集めて当選したんだから、立花の得票率はたったの13%しかない。

開票開始の8時に速攻でNHKが立花落選速報(正確には上田清司さん当選確実の速報だが)を出したのは、NHKの嫌味か、ザマァみろと思ったのかわからんがね。俺の住んでる選挙区と違うし、元民主(民社)の党の推しなんて普段あまり応援する気にならないのだが、さすがに今回ばかりは上田さんを応援してしまったよ。

 

ついでに言えば今回の補選投票率はたったの20.8%。埼玉選管は魔夜峰央さんの隠れた名作で実写映画がヒットした【翔んで埼玉】のキャラを使って選挙投票啓蒙キャンペーンまでしてたんだけどね、効果なかったね。

まぁこの立花、比例代表選出とはいえ現職参院議員を辞してまた同じ参院の補欠選にクラ替え出馬するという前代未聞な荒技はただでさえ「なんじゃそりゃ」と反感買うのに、さらに選挙中に埼玉県ではない東京・池袋駅前で演説したり(埼玉県民が利用してるからと弁明=本音はテレビやマスコミが埼玉県での演説だと少ないからだろう)、神奈川県の海老名市長選にも出るとか言い出すんだから、愛想つかされて当たり前だろう。これなら補選当選してもまた辞めるんだろ、じゃぁ選挙行っても意味ないかってなるわな。

 

辞職した議員がまた同じ選挙区に出馬するのはわかる。不祥事とか疑惑とかでもめてる首長が、不審任が出される前に議会解散して再選挙で出馬なんか「出直し選挙」とか言われるもんね。選挙の当落で有権者(市民、県民、都府民)の是非を問うって感じでね。

でもこいつがやったのはただ、自分の知名度を利用して党の拡大を狙っただけ。まぁそれだけなら大阪府知事だった橋下さんが辞め、同時に大阪市長を辞めた松井さんと共に入れ替え選挙とかやったもんな。でもこれは大阪都構想の是非を問うためであったからね。立花は違うだろ?こいつが言ってるのは「NHKのスクランブル放送化や既得権益の打破」とか「消費税5%」とかだ。消費税5%に戻すことなんて、どこから財源を持って来ればできると言ってのかはわからないが、「そんなことがしたいのなら何故現職のまましないんだ」って。「何もしないうちに勝手に辞職して再出馬?ナメんな。」って思われて当然だろ。

 

大阪の場合、その後の住民投票でわずか10000票差で都構想への反対が上回った結果が出た際、橋下さんは潔く大阪市長を辞職した。その後に同じ維新の吉村さんが市長選に出馬して当選したけど、立花が辞めて繰り上げ当選ってなった浜田聡氏とは違うからね。ましてや立花は比例代表選出だからね、実際に選挙して大多数の票を集めて当選した吉村氏と一緒にしないでほしい。

 

まぁ立花は比例代表で選ばれたんだから、辞職に伴い同じく同党の浜田さんが繰り上げ当選になるのは仕方がない。

だがこの党が「北方領土を取り返すためには戦争しかないっすよね」と問題発言して維新を除籍された丸山穂高氏を入党させたりしてるのは納得がいかない。維新のネームバリューで比例代表で選出されたくせに返上も辞職もしなかった丸山穂高氏にとっちゃ、NHKから国民を守る党がどんなに胡散くさかろうが、渡りに船でしかないもんな。

 

清原和博氏に次期衆議院選挙に同党からの出馬要請したりしてる。堀江貴文にも出馬要請したらしい。政治理念とか政治家としての資質ではなく、話題が作れりゃそれでいいっていう浅はかな考えが透けて見える。元犯罪者が好きなのか?三田佳子の息子なんか今狙い目だぞ。書類送検だけで不起訴になったが道端なんとかの旦那とかもどうだ。(日本国籍を持ってるかどうかは不明)

立花は自分も放送受信料の不払いでNHKに東京地裁に提訴されたもんな。似たようなもんだ。それと前回NHKが勝訴した2件の損害賠償請求訴訟の賠償金134万7697円も期限内未払いなんだそうだ。

マスコミやメディアはチュートリアル徳井の法人が税務申告義務違反してたのをいかにも「悪質な脱税だ」って感じで報道してるけど、彼はちゃんと延滞金を含め納付してる。起訴もされてないし、裁判所による差し押さえを食らったわけでもない。

なぜ立花は責めないんだよ。「金額の問題じゃない」「俺たちはちゃんと納めてるのにけしからん」なんて偉そうに徳井を批判してる人(メディアに出てる人及びネット住民)は、立花のNHK受信料2か月分4560円未納にも同じこと言ってよ。何が違うの?基準がわからん。

 

NHKがこのタイミングで民事訴訟起こしたのさすがだね。国会議員でしかも党の大義名分が「NHKの受信料はおかしい」だもの。現職中はそれこそ国会議員の既得権益で裁判射掛けられないってなっちゃうもんね。今の立花はフリー、端的に言えば公人では無く一般人だ。チャンスだぞ。まぁだから立花は選挙に出続けるって言ってるんだろうけど。

 

立花よ、まだ裁判中だが新井さんなんかも誘ってみたらどうだ。犯罪者じゃなくても話題が欲しいだけなら、元TOKIOの山口さんとか、宮迫とか、それこそ徳井さんなんか誘ってみたらどうだ。まぁ誰も受けないと思うけどさ。

このままだと育児休暇中に不倫したのがバレて辞職した金子とか(夫婦共々)も誘いそうね。彼ならホイホイついてくるような気がする。鳩山由紀夫氏にも「新たな政治団体【共和党】なんて作らずに、俺(立花)と手を組まないか」って誘ってみたらどうだ。

政党として存在できる現職議員数が足りなくて困ってるところを、山本太郎氏にうまく利用された小沢さんみたいに乗ってくれるかもよ。社民党あたりも声かけてみたらどうだ。

 

この立花が埼玉補選に出るときの大義名分は、8月の埼玉知事選で当選した大野元裕前参議院議員と前知事の上田氏の議席交換に不満を抱いたから。「既得権益をぶっ壊す」(これしか言えんの?)と息巻いて出馬したけど、立花は埼玉補選中に「神奈川県海老名市長選に出る」なんて平気で言ってた。もう何がしたいのかよくわからん。言ってることが支離滅裂。

神奈川県海老名市長選は11月3日に公示されるが、本当に出る気みたいだ。今回は「(当選したら)任期途中でやめることはない」なんて断言してるが、そもそも当選できるのか?「これ、(自分が立候補すれば)勝てるじゃん」ってナメたこと言ってたけど、「非常に当選は難しい」なんて言い出してる。これなら今回の埼玉補選の投票結果を踏まえて反省してるのかと思いきや、彼は「当選しない前提で予定を立ててる」って。海老名市の皆さんにとっちゃ「冷やかしか?」って。迷惑でしかないだろうな。

 

立花の海老名市市長選の公約は「NHK集金人の戸別訪問禁止」とか「NHKを受診してない世帯に年間5万円を支給する」とか言ってるから、NHKさん差し押さえとかして早めに目をツンどいたほうがいいよ。便乗して「立花を支援してるから俺も受信料払わないぞ」ってお調子乗りや、集金催促の職員(ほとんど委託や契約バイトだろうけど)に「俺はN国の党員だ」などとわけわからん事言い出して逆ギレをする馬鹿が出てこないとも限らんからな。

 

海老名市の市長選に当選したら、富裕層に住民票を移すことを促し「海老名をドバイのようにする」なんて、実現なための計画や案など何もなく、全くのノープランのくせに言ったりする。

「選挙に出ることで有権者とコミュニケーションが取れるのは素晴らしいと思った」なんて、もはや「参加する事に意義がある」みたいな事を言い出してる彼が海老名市長選で当選することはまずないと思うが、落選しても選挙に出続けると言ってる。

 

来月の奈良県桜井市を始め、再来月には小金井市(12月8日投開票)、来年は東京の府中市か八王子市(共に1月26日投開票)、2月の神奈川県藤沢市、さらには大阪府大東市などの市長選に出馬すると言っている。もうこうなったらなんとか秀吉さんとかマックなんとかさんみたいな出馬マニアとしか言いようがない。東京都知事選にも出そうだな。小池さんは札幌に五輪マラソンの会場が移転したら、出馬して続投なんて熱意も気力もないかもしれないし。

っていうか、お前、この出馬する都市で全部「富裕層に住民票を移してもらってドバイのようにする」って言うのかね。富裕層だけが優遇されるのならそれこそ特権階級の権益なんだが、本人は何を言ってるかとか、矛盾してるとか思ってないんだろうな。こいつはすでに作られてて(既得)誰かがおいしい思いしてる(権益)のが許せんだけで、「俺(立花)が新たに作る権益で、自分(立花)がおいしい思いを得れるため」の政策なんだろう。

その前にお前は住民票を海老名市に移したのか?これで「高校球児が住民票移して他県の強豪校に通うのはおかしい」とか言い出したらどうしよう。

 

誰かこいつをなんとかしてくれ。

選挙区の皆さんの良識に頼るしかない。

 

Comment

大友花恋が可愛い

2019-10-27 22:55:58 | MUSIC/TV/MOVIE

久々にきになる女優を発見。

大友花恋。

現在放送中の【新米姉妹のふたりごはん】で山田杏奈とW主演してる女の子だ。

 

このドラマで大友花恋は、父親が山田杏奈の母と再婚したがともに海外を仕事で飛び回ってるので、いきなり姉妹二人きりで生活を始めることになる女子高生役。

姉の山田杏奈は活発&陽気でいかにも「今時の女子高生」って感じで、妹の大友花恋は人見知り激しく、目つきが鋭くクールなので誤解されやすいタイプの女子高生。

こんな女子高生主役ドラマを何故みる気になったかというと、このドラマ、原作は柊ゆたか氏の漫画で、タイトル通り、ごはんを通じてしまいが心を通わせていく今流行りといえば流行りのグルメ・料理エッセンス満載の漫画である。この原作を読んでたから「どんなんかな?」って観てみたんだけど、ありゃまぁ、びっくりするくらいすごくいいのよ。

 

黒のセーラー服に黒髪ロング、ぱっつん前髪、切れ長の目、普段はクールだがこと料理になると饒舌になる妹。漫画原作のイメージそのままに演じる大友花恋がいい。可愛い。

 

俺が黒髪ロング、クールな女の子ってのが好きなのは昔からだ。小林麻美から以降、仲間由紀恵、栗山千明、SKE48時代の松井玲奈が【マジスカ学園】で演じたゲキカラも好きだ。でもあんまりいないのよね、ロングの女優やタレント数多くいるけど理想のタイプって。浅野温子や菜々緒とかシシドカフカはちょっと違うのよ。世間話やコンパなんかで「理想のタイプは?」って質問にこの黒髪ロングの理想形を(細々)言うと「それって漫画とかアニメとか二次元にしかいないのでは?」って言われたこともある。

 

黒髪ロング、さらに目つき鋭くクールで誤解されやすそうなタイプでありながら実は気配りしてたりするけどうまく言葉に出せなかったり、行動できなかったり。

その二次元にしか存在しないかもしれないと言われる理想そのままがいたのよ。大友花恋。ちょっと大袈裟だが、今まで全くのノーマークだったことをちょっと反省。

俺がその良さに気がついてなかっただけで、実はこの大友花恋、今まで見たドラマにも出てたことを思い出した。土屋太鳳主演の【チア☆ダン】で、中華料理店の娘で熱意はあるけど運痴でリズム感の無い女の子を演じてた子じゃないか。あの時はメガネをかけてたような気がする。髪もひっつめ(三つ編み)だったか。とにかく冴えない女の子を演じてた。メガネ外して髪をほどいたら実際は可愛かったなんて、まるで漫画だ。パンをくわえたあわてんぼうの女の子が角でぶつかったハンサムな男の子が転校生なくらいの王道パターン。(他に札付きの不良が雨の日に捨てられてる子犬に傘を貸すってのもある)

 

で、この大友花恋、普段はクールなのだが、料理になるといきなり豹変する。髪をゴムで束ねると饒舌になり一体いつから料理やってんねんっていうくらい手際よくなる。髪をほどくと喧嘩が強くなるごくせんの仲間由紀恵の反対バージョンね。食材や調理法の知識も豊富で、レパートリーもある。そして「どこで買ってん」って突っ込みたくなるような専門調理器具まで取り出してきたりする。第1話目では生ハム用の刀みたいなナイフ。第3話目ではソーセージに肉を詰めるためのガンまで登場する。

 

料理のシーンでは、下ごしらえから調理方法やコツまで説明しながら作っていく。いつも思うがこれって必要なのか?この手順とかを覚えておいて(またはメモして)今度これ作ってみようって人は何人いるのだろうか?なんて思いながらも、大友花恋の手際の良さにちょっと惚れ惚れする。ナイフや包丁で食材を刻むリズム、バターがフライパンに溶けていくさま、肉が焼けていく音、料理の手際の良さや作ってる最中の美味しそうな雰囲気は【グランメゾン東京】の木村拓哉とまではいかないが、かなり匹敵するのではないか。あちらは普段食えないような(食ったことの無い)フレンチで味のイメージがつかめないが、こちらは生ハムをバゲットに挟んだsandwichやローストビーフ、羊の腸の代わりに白ネギを使ったソーセージ、さらにそれをホットドッグにしたりと、イメージできるゆえに困ってしまう。

 

テレビ東京系はこの秋、この【新米姉妹のふたりごはん】をはじめ、松重豊の【孤独のグルメseason8】、須賀健太の【江戸前の旬season2】、夏帆の【ひとりキャンプで食って寝る】と、見たら腹が減るようなドラマばかりだ。しかもこれ全部深夜帯のドラマ。俺みたいに夜中でも平気で豚骨ラーメンを食べながらビールや焼酎を飲み、下手したらご飯まで炊いてしまうのに今まで太ったってことがなく、ダイエットなんてしたこともなく、健康診断でも引っかからないという変な奴はいいけどさ。糖質なんちゃらとか、炭水化物なんとか、プリン体がどうしたって気にしてる人は苦痛な深夜のドラマラインナップだ。

 

さらにこのドラマ、百合的要素も取り入れてる。原作漫画では二人の関係はここまで百合的には描かれてないから、きっとテレビ制作側の思惑だろう。でも、悪くない。いや、かなり良い。

「私にも生ハム切らせて」と言う山田杏奈に手を添え教えるシーン。ローストビーフを作るために肉塊を糸で縛るのこれまた「私にもやらせて」と言う山田杏奈に教える時の距離感。ネギにガンでソーセージのタネを詰めていく際にやはり「私もやりたい」って言う山田杏奈が失敗した時のフォロー。全てが自然に演出されてる。そして料理を通じて二人が心を通い合わせる。会話や行動のちょっとした部分にさりげなく百合っぽさが演出されてる。

 

LGBTがどうのこうのってテーマが前面に打ち出されたら面倒くさいけど、このくらいの百合さ加減(どんな基準だ)なら全然OKだ。俺はホモは苦手だがレズはかなり許容できるのだ。特に良かったのは映画に行こうって誘われてきていく服をあれこれ悩むシーン。まるでデート前の女の子みたい。【(まだ)結婚できない男】の阿部寛が鏡の前で服をあれこれ選ぶシーンと同じく、なんかこれ好きだ。

でも不思議ね。義姉と義妹だと何も気にならないのだが、これが義兄と義妹とか義姉と義弟だとなんか後ろめたさっていうか、それあかんやろって思ってしまう。だからかな、菜々緒が今やってるドラマは初回からもうパスした。

 

大友花恋、これからファンになろうっと。

一つだけ気になるのはこの子の歩き方。モデルかなんかやってたのかな?姉妹二人並んで歩くシーンがあるんだけど歩き方がモデルウォーキングになってた。一本のラインを踏み外さないように交差させるように歩く、通称モデル歩きね。これ、ステージとかショーならいいんだけど、ドラマとかだと不自然だ。ましてやセーラー服着て街角歩いてる普通の高校生だよ。ちょともったいないと思ってしまった。相変わらずつまらんところまで見て気にする俺。

気になるといえば、あの1話目で出てきた生ハム原木の残りはどうしたんだ?ハモン・セラーノの塊は8kg以上はあるから、とても二人では数日で食べきれないはずだ。朝昼晩ハム食っても無理だ。どこかに台ごとカバーをかけて置いてるのかもしれないが、乾燥してきたら油(オリーブオイル)を表面に塗らないと・・・。そんなとこまで誰も気にしてないか。

あかん、あかん、素直に料理が美味しそうだなって、百合っぽさがいいなって観ようっと。

 

次週はラクレットチーズ。また「なんでそんなもんまであるねん」って感じでラクレットチーズの表面を熱で溶かす器具が出てきたりするんだろうか。それも楽しみだ。

 

Comment

税金のことなどほとんどの国民が知らない

2019-10-25 21:42:42 | Talk is Cheap

なんか鬼の首を取ったかのように騒いでる。

マスコミは「チュートリアル徳井義実が脱税!」ってな感じで報道しまくってる。いやいや、脱税じゃないよ。脱税っていうのはお金を隠したり、過少申告したりしてごまかしたりすることだ。徳井は申告をしていなかったのだから脱税ではない。

 

視聴者にわかりやすくとか面白おかしくしたいからか、それともわかってないからか理解できないが、正しく伝えないのはマスコミのいつもの常套手段。個人事務所ってな書き方をしてるが、株式会社チューリップはちゃんとした法人だ。株式会社は決算をして、法人税や事業税、法人市府民税(東京は都民税?)を払う。

今回のことを端的にまとめると、徳井が脱税してたのではなく、徳井の会社・チューリップの納税義務違反でしかない。

 

ここで勘違いしないで欲しいのだが、俺は別に徳井を擁護する気はない。税金を払うのは国民の義務だし、会社も当然義務だ。先にこれ書いておかないとわめくバカがいるからな。

 

だいたい、その喚いてる人たちはどれくらい税金のことを知っているんだ?ましてやニートとか学生とか言うなよ。パチンコで稼いだ金も所得だぞ、申告しろよ。ネットオークションでの売り上げもな。ちゃんとやってる人だけ責めてよし。

でも不思議だね、台風19号の時、税金を払っていない浮浪者が避難所で拒否されたとき散々擁護してたのに、遅れたとはいえ既に完納してる徳井が責め続けられるってのもね。隠し金庫に有価証券隠してたとか、金塊に変えて隠し扉の向こうに隠してたとかじゃないのよ。

 

「大人として当然」なんて書かれたり言われてるけど、税金のことなんて商業科とか経済学部でも行ってない限り普通習わない。簿記や経理の学校に行ってたっていうのなら別だけどね。一般の会社員は所得税や住民税くらいhしか知らない。ましてや芸人が知ってるのが当たり前と決めつけれる方が不思議だ。別に芸人をバカにしてるのではないよ。職人だって、農家だって、店舗経営者だって、個人事業主として開業届けだしたり、法人を設立して初めて税金などの仕組みを知るのだ。

 

税金や保険、それらの種類やその計算方法を知ってる人は少数だろ?偉そうに徳井を責めてる人で会社員の方、あなたの毎月の源泉徴収を説明できるん?経理とか事務・総務以外でこれらの計算方法を知ってる人っていますか?年末調整が、適当に年間通じて天引きしてた所得税を、扶養がいたり保険などなんやかんや払ってたんなら一部還付しましょうって変なルールになってることさえよくわかってないのではないか?会社員でも確定申告はできるぞ、でもしないよな。なんでだ?

法人の社員=会社員だが、じゃぁ社長は?社長も報酬を会社からもらうので社員である。徳井も自分の会社の経営者でありながら給与を会社からもらう以上は会社員だぞ。なぜ確定申告の義務があるんだ?これを説明できるのなら責めろよ。まぁ徳井はこの税理士が計算した所得税とかも納めてなかったと思うが。

 

個人事業主なら3月に青色申告、会社なら決算をする。ただし会社の決算月は何月でも構わない。勝手に3月が決算月だと思われてるが、ほかの会社や事業主がほとんどこの時期なので皆合わせているだけだ。

税務署は決算月が違う会社でも、平気で5月には年度の税を払えといってくる。これは俺が株式会社を5月に作ったから5月決算にしたのだが、そのせいでえらい目に毎年あったからな。痛切に理解してる。いちびったことしても日本のシステムでは面倒くさいだけだ。

で、この決算前に在庫の棚卸が必要だ。今ある在庫や設備などの価値(俗に言われる減価償却/償却資産)の計算をしなければいけない。売掛の計算もしなければいけない。電気量販店やデパートなどが年度末にやる「決算バザール」は税金に対しての対策であり、ここにも合法的な抜け道やカラクリがある。

さぁ、もうここら辺で何のこっちゃわからんようになって脱落しかかってるだろうが、まだ付き合っていただきたい。よくある節税か脱税になるかの紙一重がこの決算前の棚卸を利用したもので、来期への仕入れを入れて、赤字に見せたり黒字にしたりする粉飾決算なんかもある。発注や受注してないのに伝票上の操作だけでごまかしたりしてバレてえらい目にあってる会社もあるし、ちゃんとやってるのに税務署に認められなくて追徴されたりする。

 

そして個人事業と法人では経費の計算も認められる額もちがう。いやそれ以前に課目がちがう。(課目の意味がわかんない人は経理の人とかに聞いてね)従業員の保険や福利厚生費、これらの計算も会社(法人)ならしなくてはいけないし、個人事業主でもスタッフを雇っていればしなければいけない。これらの経費が認められるか認められないか、経理の手腕ではない。これは税理士、会計士の腕の見せ所で、税務署の担当者との戦い次第である。

大手の銀行や上場企業でさえ、どこどこの子会社の連結決算が・・・とか、合併や売却による損益の計上が・・・と追徴課税をされたりする。これも脱税か?

 

某マスコミは「徳井は社会保険まで払ってなかった」なんてことを書いてるが、おいおい。労災、雇用保険、健康保険、年金はセットだ。法人なら必ずセットで社員にかけろと社会保険事務局などから言われる。そしてここで知っておいて欲しいのは代表取締役(社長)は労災や雇用保険には入れない。「必ずセットだ」って言ってるくせに入れないのだ。じゃぁどうする?代表取締役は社会保険ではなく、国民健康保険(組合の保険にも入れない場合が多い)、厚生年金ではなく国民年金に入るってことだ。

そして国民年金と厚生年金、国民健康保険料と社会保険料、個人事業主と法人社員では計算方法もちがう。また、これらは報酬の制度によって変動する場合もある。3か月の報酬額で計算する場合もあれば、この3か月平均をもとに年間で一定額にする場合もある。芸人やタレントのように浮き沈みの多い(報酬の多い、少ない)場合はどちらがいい?社会保険労務士の人にでも聞いてみてくれ。

 

そして肝心なのは、今回申告漏れをしたのは徳井の会社「チューリップ」だ。徳井はそこから給料をもらってる。だから徳井が納めなければいけないっていうよりは、会社が納めなければいけない。

会社がまとめた月々の伝票や収支報告を決算時に決算報告書にまとめ、役所に提出するのは税理士の仕事だ。各税金の計算をして申告書を作るのも税理士の仕事だ。(もちろん個人事業主の場合は自分でもできるが、税理士を入れた方が安全で安心だ。

だからもちろん役所はこの決算書(または確定申告書類や青色申告の書類)をもとに、どの会社がいくらの税金でそれを納めてるのか、未納はどこだってことも把握してる。今回、催促、勧告が手抜きだったのか、税理士が甘かったのか、それとも徳井が怠慢だったのか忙しすぎたのか。そこはよくわからん。払いに行こうと思ってるうちに面倒だからどんどん遅れたのか、それとも決算自体していないのか。

 

ただ、ここでまたもう一つ知っていてほしい。

法人税や事業税は会社の所在地(登記簿謄本上)だが、所得税(源泉税)や、消費税、法人市民税、法人府民税などはそれぞれ管轄が違う。俺の会社の場合でいえば本社登記簿上所在地の管轄は茨木・三島府税事務所、会社事務所は梅田だったため北区税務署と南森町にあるなにわ府税事務所、そして市税は堺筋本町にまで行かなければいけない。さらに越境して兵庫県西宮に出店して以降、いろんな場所に店を出すたびに、事業を広げるたびにもう何が何やら。そんな状態になる。

 

俺の場合は税理士ではなく、会計士にお願いしてたが、さすが「公認」と頭に付くだけはある。会計士の説明に下手な税務署の署員では太刀打ちできないのか、税務署に入られたことがない。一度なんやかんやケチをつけられて(多分同業者のねたみによる「あそこ儲かってるけど金ごまかして隠してるぞ」って根も葉もないチクリだと思うが)監査に入ると連絡が入ったが、結局会計士さんが話したら無しになった。

誤解を招かないように言っておくが、経理はばっちしやっていた。売り上げや金銭出納はもちろん、消費税から厳選、在庫から掛売り、領収書はキッチリ課目で分け、総勘定元帳の元になる部分はほぼ完璧だ。もちろん独学で勉強したが、いろんなシステムや計算方法は次々変わるし、解釈次第でえらい間違いになってしまう。なので、俺は専門家に委ねる方がいいと思ってる。餅は餅屋って言うだろ?経理の計算はいい会計士、いい税理士に任せるべきだ。もちろん個人事業主の場合、自分でも申告はやろうと思えばできるが、税理士を入れた方が安全で安心だ。税理士報酬ケチって高額な税金収めるなんてバカバカしい。

それに下手に誤魔化そうとしても税務署や国税局は税のプロだ。素人が勝てるはずもない。徳井のところの税理士は何をやってたんだ?何で誰も税理士や管轄税務署を責めないのか不思議。

 

とんでもないというかふざけてるというか、でも合理的だなぁって会社に出会ったこともある。

ここはネットやWEB関連の仕事を依頼してたとこなんだけど、部屋の片隅に箱が3つ置いてあるの、中見たら請求書とか領収書。『これ何?』って聞いたら「あぁ、一つは届いた請求書でまだ支払ってないやつ」「一つは支払ったやつ」「一つは領収書」。見たら数ヶ月前のものもある。

『経理の人は?』って聞いたら「今いない」って。以前使い込みをしてクビにして以来雇ってないんだと。『不便じゃないの?』って聞いたら「あぁ、どうせそのうち税金払えって税務署の人間が来るやろ」って。申告してないから税務署が入るんだと。そりゃそうだ。

でも、必要な書類や領収書がひとまとめになってるから、それを税務署員は持ち帰って計算してくれると。後は言われるままネットバンクでの支払いや入金なんかの一覧と明細(根拠)を出したら、売り上げや利益(損益)、税金などその他もろもろ全部計算して一覧にしてくれると。それで届いた納税書の額をすぐ払うんだと。

ここ数年そのやり方らしい。

メリットは経理を雇わないで済む。ってことは経理の給与(保険やら何やらひっくるめて月30万として)年間360万円。それが二人分で700万くらい。これが浮くだけでなくややこしい人間関係も心配しなくていい。福利厚生も考えなくていい。そして毎月の税理士報酬や顧問料も払わんでいい。

税金はどうせ払わなあかん金。でもせっかく経理や事務があれやこれや書類集めてまとめて計算して、棚卸だ掛売りだって数字を出して税理士にまとめて提出しても、税務署や税務署の担当者次第でこれがダメ、ここがおかしい、これだけ追徴しろって言われるんやったら最初から税務署に計算してもらったほうが早いし、安上がりだって。ちょと納得してしまったよ。

 

ひょっとして徳井もこの方法とってたのか?

 

それにな、毎月月末にはこの「月締め」で営業も事務も超多忙なでパニクらなくてはいけない羽目になるのに、国はのんきに「月末の金曜日は休みましょう。早く帰りましょう。『プレミアムフライデー』です」なんてアホなことやりだした。これが浸透しなかったんは当たり前やろ。月末、ましてや年度末なんてもう働き方改革とか何言ってんの?って状態になるんだよ。

そりゃお前らはお前らの作ったルールで市民や国民が出してきた書類を担当ごとにさばくようにシステム作ったんだから月末だろうが年度末だろうが楽だろうさ。それこそ「俺たちの税金のおかげで・・・」って陳腐なセリフ言いたくなるよ。

 

ただ、消費税は公平な税金だと思ってる。

事業税や法人税、所得税のように「なんでお前たちは平気でピンハネしようとするの?」「お前たちはこの売り上げ上げるために何かしてくれたの?」って文句言いたくなる税金と違って、消費税は高いもの買う人は高い税金を、安いもの買う人は安い税金を払うというシステム。

だけどこのシステムだって一般の人はよくわかっていない。

例えば一万円の服をお客様が買ったら消費税10%で1000円。じゃぁ売った店はお客様から払ってもらった1000円を国に払うのかって言えば、そうじゃない。その服を仕入れた時にすでに消費税を払ってるからね。仕入れ値が6000円だとすると、仕入れ時に消費税を600円払ってる、だから差額は400円。

でもこれも本当は違う。けど、これ以上書くともう専門書や手ほどき本のようになってしまうので、業種によってとか売上高によって消費税の対象額や計算方法は違うとだけ書いておくよ。

 

ついでに書くとさ、消費税8%の時に売ったオリンピック観戦チケット。幸か不幸かマラソンの観戦チケット当たった人は、もし開催地が札幌に変更になったら払い戻しするのかな。じゃぁ払い戻しの時は消費税はいくらなんでしょう。ましてやまだ発券してない電子上にしか存在しないチケットだ。

東京都は、何かにつけて「TOKYO2020」って意気込んで新しい道路作ったり施設作ったりってのの中で、マラソンについては舗装をやり直したり、エアミスト入れるぞってしてたよね。いろんな計画・予定ですでに発注したりしてるよね。この備品や設備の代金や工事費は先払い?それとも後払い?それによって消費税は変わるし?すでに売り上げが発生してるなら事業税とか法人税も変わる。一次二次三次下請けも道具や材料抱えてたり、すでに人材抑えたり発注してるだろ?

それをまた札幌に変わっても払えとか、横流ししろとかIOCとかは簡単に言うけど、こんなのは全てグロスで計算されてるから、この分だけ別計算ってわけにはいかないぞ。それが億単位のお金だよ。消費税だけでもバカにならんよ。どうするんだ?東京都。いや、東京都民。君たちが払った税金だぞ。金持ちが道楽で出資したお金や寄付金はどこに行ったのかわからんが、全てあなたたちの税金だ。

都民の税金がふるさと納税のせいで地方に流れてしまったからルールまた後付けで変更したりしたのは、東京都の税金がよそに流れてしまって予算不足に陥るのを防止するため、そのせいだぞ。(泉佐野市とかめっちゃ被害被った)。

それにただ東京の夏は暑いからとか今更言うなら、札幌でも夏は30度は超えるのはどう考えてるのだろう。放映権に莫大な資金をつぎ込むアメリカに合わせたルールのせいで7,8月以外に開催する気がないなら、2024年開催地に決まったパリが今年40度超えてたけどどうするんだって。それにマラソンコースに鹿とか飛び出してきたらどうするんだろう。いや、普通に市街地に飛び出してるやん。

 

まぁ、オリンピックはいいか。税金のことに話を戻そう。

 

タバコ一箱20本中5本半くらいが地方タバコ税、5本分が国タバコ税、1本がたばこ特別税、1本半くらいが消費税。ほとんどが税金のタバコ。愛煙家はこれだけ払っているのにまるで悪のように扱われる最近の風潮も解せん。問題はタバコの煙と匂い、吸う人のマナーなのにね。まるでアメリカの禁酒法時代のようにタバコ撲滅運動がされてる。税金で成り立ってる役所が率先してるから余計に腹がたつ。タバコに煙が嫌いだからと、自分たちの健康がぁとヒステリックに叫んでる人たちの気持ちはわからなくはないが、それでこのままタバコが法律で禁止されたりしてタバコ税が徴収できなくなったら、その補填は消費税か所得税になるんだぞ。それでいいのか。

 

さぁ、税金のことで徳井を責めてる人、上記のこと答えられるかな?

マスコミの偏向報道に踊らされないで、ちゃんと税の仕組みをわかって責めようよ。ましてや芸人やタレントは、車代とか、心付けとか報酬なのか売り上げなのか不明な収入もありゃ、後輩におごったり、タクシー代払ったり、プライベートか会社業務なのか判断できにくいさらには領収書も曖昧な経費がいっぱいある仕事。そして、ギャラの支払いも半年後とか、まとめてとか平気である業界。普通の会社員と同じような感覚で報道するのはやめようよ。

ね、マスコミと、ネット住民さん。

 

ちなみに税金のことを学校で教えたり。詳しく国民に説明しないのは、もし理解されたら厄介だからだと思う。車購入するとき「なんだこの重量税ってのは」とか質問されたりしてもディーラーの人は答えられないし、量販店とかで「リサイクル税とは?」「このなんちゃら税とは?」っていちいち聞かれたら、販売店は困ってしまう。よくわからんまま言われるがまま徴収してるのに、説明せなあかんようになる。

なんかわけわからんままに取られてるって、仕方がないなぁって。そう思わせたままの方が徴収が楽だから。それを搾取って呼んでも差し支えはないのだが、納税は義務って大義名分のもと、国民が税について理解しないように、させないようにしてるんだと思う。

違うか。

 

Comment (1)

グランメゾン東京 面白いぞ!

2019-10-23 11:17:47 | MUSIC/TV/MOVIE

さすがキムタク。

そう思わせるドラマだ。

あっ、今回は完全にネタバレの内容ですので、まだ第1話を録画しただけで見ていない、これからTVerや見逃し配信でみようと思ってる人は読まないでください。(あとキムタクアンチもね)

 

【グランメゾン東京】は王道の挫折した男が仲間と共に再起を図るってパターン。

前評判や番宣で「豪華メンバーだけど面白くないんじゃないか?」なんて危惧してたんだが、めっちゃ面白いぞ。見ないと損するぞ。

 

ミシュランの星を何年もとってるパリのレストラン「エスコフィユ」でシェフだった木村拓哉。天性の才能を持ってる役は木村拓哉の十八番だが、それくらい彼は何の役でもできる。もはや何を演じてもキムタクって言われるが、やっぱりうまいのよ。ビストロスマップで何年も料理作ってたってのもあるだろうけど、日本人発の三ツ星シェフになれるか?ってくらい期待されてたシェフを演じる彼の手際の良さはまるでプロの料理人。ドラマ中で作られる料理も美味そう。いや、実際美味いんだろう。フレンチなんてバブル以降あんまり食う機会ないけどさ。

 

彼の料理を食べ、自分の才能の限界を感じた鈴木京香。彼女の夢であるミシュランから星をもらえるレストランを作るって話なんだが、テンポがいい。特にいろんな台詞・言葉の掛け合いがうまい。この人は自分以外の他の役者の台詞まで覚えてるのか?他の出演者の人物像まで研究してるのか?台詞はこう言いこういう仕草、動作はこうするからってくらい読んでるきがする。だからまるで現実(実生活)のように違和感なく演じる。

 

ロンバケの山口智子から以降、キムタクと主演女優の掛け合いは見どころの一つ。【眠れる森】の中山美穂、【ビューティフルライフ】の常盤貴子、【HERO】の松たか子(北川景子もね)、【GOOD LUCK】の柴咲コウ。それらと同じくらい鈴木京香との会話の掛け合いは安心して見れる。空港のキャッシュディスペンサーでお金をおろしてキムタクに貸す時に、あれ?久々に名コンビになるんじゃない?って思った。ここ最近のキムタクドラマだと女優がついていけてないなぁって思ってたからね。【A LIFE〜】では竹内結子より木村文乃の方がうまかったくらいだ。

鈴木京香は食べただけで材料や調理法を分析できる舌を持つのだが、これを上手く演出してるところも制作側が上手いなぁと思った。最近のドラマだとやたらと説明台詞がいっぱいでうんざりするのだが、今回のドラマはこれだけ豪華なメンバーだもの、下手な演出や過度な演出はいらないよね。脚本もいいぞ。

 

沢村一樹もいい。最高のレストランを作るためには、どうしても昔一緒に働いてた(共同経営者?)ギャルソンの沢村が必要だという木村。過去の店で木村と沢村はミシュランから星をもらえる店を作り上げたが、大統領を招いた食事会でアレルギー物質が混入してたせいで共に全てを失う。さらにその時の後始末での借金のせいで、今沢村は手塚とおるが経営するレストランで働いてる。

ここでシェフを務める尾上菊之助と木村拓哉がまだ料理人だった頃にいた店に入ってきて、彼も又、二人の才能においやられるように料理人を諦めた過去がある。ここをさりげなく第1話で描くことによって、鈴木京香と共通点を出す演出は見事。彼を説得するために鈴木京香が、1千万円を手塚とおるに突きつけるところは見どころの一つだ。

 

以前「エスコフィユ」で一緒に働いてた及川光博が、今、日本でWEB料理研究家やってるってのもいい。彼が今後一緒に働いてくれるのかどうかだが、次回予告ではどうも子供がいてその時間を大切にしたいってなこと言ってるからどうだろう。王道パターンなら子供が「料理作ってるパパが好き」とか言ってレストランシェフに戻ってくるんだろうけど、どうだろう。

 

同じく「エスコフィユ」で木村拓哉の下で働いてた玉森裕太もいい。彼も【信長のシェフ】で戦国時代にタイムスリップしてしまったフレンチシェフを演じてたくらいだから、料理の手際がいい。今はホテルレストランのシェフとして活躍してるが、自分の思い描く料理は否定され作らさせてもらえない。同棲してる朝倉あきと共に番外編が作られてるが、こういう手法もいいね。豪華メンバードラマでよくある、やたら一人一人の人物像をドラマに盛り込みすぎて何が何だかってなっちゃうの防げるもんね。番外編で一人一人丁寧に描かれるといいな。玉森くんだけかな。沢村一樹や及川光博なんかの番外編もあるのかな。

 

玉森くんと一緒に働いてるパティシエを演じる吉谷彩子もいいね。彼女のことは知らなかったんだが、今時の女の子って感じで演出されてる。料理人(職人)の世界で当たり前のようにある、勤務時間外労働。準備や掃除は始業時間前や閉店後にって通例を否定。これが鈴木京香の「女だからって言われないように誰よりも働き、稼いだ金は全て料理勉強に注ぎ(それなのに1千万円溜めれたの?)、休みの日もいろんな店を食べ歩きしてた」ってのと対極になってる。さらにちょこっと映ったデザート、フルーツカッティングが見事。これだけで彼女が非凡な才能を持ってるのがわかるところも上手いなぁと思う。彼女もキムタクの新しい店に来るのだろうか。

 

同じく今時の若者を演じる寛一郎。従業員募集を見て応募してきた彼は料理経験は居酒屋で半年のみ。「話にならない」と呆れる鈴木京香を尻目に木村拓哉は「採用」って。これも経験はないが「料理人になりたい」って寛一郎の情熱と、「星付きレストランで働きたい」と単身紹介状もなしにパリの三ツ星レストランに面接にまで行った鈴木京香と通じるものがある。面接のとき彼女は他の面接受ける料理人に自分の熱い思いを笑われるが、シェフは「人の夢を笑う奴に料理人の資格はない」と彼らを落とし鈴木京香に料理を作らせ試験する。

最近では何かに夢中になったり、夢を語ったりすることがなんかカッコ悪いみたいだけどさ。「有言実行」ってのはちょっと違うかもしれないけど、言い続けることによって実現することもあるからね。「好きこそ物の上手なれ」とも言うしね。

今回のドラマが面白いなって思うのは、今夢を見てる者、夢を諦め別の道を選んだ者、夢を諦めず突き進もうとする者、そして今度は人のために再起を図る者。

木村拓哉の「あんたに星を取らせてやるよ」って台詞がこのドラマを象徴してるね。

 

ナッツアレルギーの大統領の料理に、誰が混入させたのか、ただのミスか、それとも・・・ってサスペンス的な要素も今回のドラマの見どころ。尾上菊五郎が一番怪しいが、ウニの中身を全部出して手抜きしようとしてキムタクに「出てけ!」とクビになったやつも怪しいし、盛り付けを任された玉森裕太が気づかず使ってしまったのかもしれない(途中でソース(?)オイル(?)が足りなくなってる)。

食物アレルギーは怖いよね。以前エビアレルギーのやつが、自分の彼女が作ったおにぎりを食べて呼吸困難になったのを目の当たりにしたことがある。ふりかけに入ってたみたい。小麦粉アレルギー、甲殻類アレルギー、牛乳がダメな人もいれば肉がダメな人もいる。生まれつきもあれば今まで大丈夫だったのにある時を境に発症する場合もある。アナフラキーショック起こしたら本当にやばいもんね。ちなみにピーナッツは名前こそナッツってついてるけどナッツではない。でもナッツアレルギーの方は気をつけてね。

 

日本ではただの食べ物屋ガイド的な扱いをされてるけど、ミシュランで星を取るとかっていうのは、フランスでは重要。星を取ることでグレードが上がり、店の経営まで左右する。星を失ってしまうとシェフが辞めさせられたり、自殺したりする場合もある。日本で「あまから手帖」に載った載らないでそんなことになることないし、ぐるなびや食べログの星がってのもそんなに価値がない。口コミがやらせだったとか、有料会員になるとどうたらってのが揉めたりしてるけど、実際自分が食べないとね。

 

よく「外人に日本の味がわかるのか」なんて日本料理店を格付けするミシュラン調査員を否定したりするけど、これは的外れだと思う。ミシュランガイドは彼らが味や接客、店のしつらえや雰囲気を総合的に判断して「ここはわざわざ行くべき価値がある店だ」とか「ぜひ行ってみたらいいぞ」って基準で選んでるんだから。

だから逆に日本のフランス料理店の方が審査基準のハードルが高いかもしれない。だってフランス人にとってフランス料理を判断するのを、フランスの名店の味を知ってる調査員がするんでしょ。これを逆に言えば海外にある日本料理店の審査を、日本の料亭を食べ慣れた人が審査するようなもんだもの。

しかも先入観もある。

インド人が作ってないカレーも、イタリア人が作ってないピザやパスタも、中国人が作ってないチャーハンや餃子だってOKだけど、日本人が作ってない寿司や天ぷらってどう?ましてや割烹とか懐石だと更に厳しくない?どれだけ歌唱力があっても白人が着物着て演歌歌っても本来の評価はしにくい。映画【クロスロード】で主人公(ラルフマッチオ)がブルースギターを習いたいと弟子入りを懇願するのだが「裕福な家庭に育った白人のお前が?」と一蹴されるシーンがある。

それと同じように以前はフランスの料理界もかなり閉鎖的であった。フランス人以外にフレンチが作れるのか?って。白人至上主義は西欧上流社会ではまだあるんじゃないかな。今回のドラマで、ナッツ混入を大統領の側近が犯人探しをするのだが、その際にスタッフに外国人が多いことをよく思ってないシーンがある。「違法入国してるんじゃないか」「移民が増えた」「就労ビザ持ってるのか」。これは「所詮外国人が作ったフレンチだから」っていうのを遠回しに演出してる。

 

つい最近、今年の日本ミシュランガイドが発売された。大阪・京都版では、東京版では、三ツ星が、二つ星が、って。もはや毎年恒例行事のようになってきたな。清水寺の今年の漢字一文字とか、流行語大賞みたいになるのかな。

ミシュランの星獲得店、できればフレンチを食べに行きたいものだ。でも、さすがにお一人様では行けない。誰か一緒に行ってくれないかなぁ。奢ってくれるとなお嬉しい。

 

もう一つ気になったのはキムタクが使ってる包丁(ナイフ)。

あれ、特注かなぁ。彼はビューテフルライフで美容師演じた時も、ハサミの最高級品質のハイネッタを使ってたからなぁ。どこのだろ。包丁(ナイフ)一つまで凝ってる、グランメゾン東京。次週も楽しみだ。

 

Comment

マラソンを北海道で SAPPORO2020?

2019-10-21 23:25:46 | Talk is Cheap

東京オリンピック2020のマラソンや競歩を札幌で。

こんなことをいきなりIOCが言い出してどうやら本決まりになりそうだ。

 

先に書いておくが、札幌でマラソンや競歩をやるという案自体には賛成だ。反対すべき理由はない。

ただし、やり方(決め方)が気に食わん。なぜ、東京都を無視して、IOC(国際オリンピック委員会)と東京の組織委員会だけで決めたのだ。橋本聖子五輪担当相も飛ばして、小池東京都知事も飛ばして、いきなりマスコミに会見。こんなやり方は許せん。

IOCはどんだけ偉いねん。なんか勘違いしてないか。言っちゃ悪いがたかが世界的な運動会だろ。G7やG20とかでさえ、いきなり会場を変えるなんて暴挙はしない。しかもその開催予定地とされてた自治体や担当省庁を無視して決める権利などあるのか。

 

だいたい7-8月の東京は暑いことなんて決定したときから分かってたことだろ?それにこのクソ暑い夏に開催するのをずらせられないのだって、莫大な放映権を持つアメリカの都合でしかない。

 

東京が開催地に決まったのは、1,コンパクトに開催できるから、2,予算は集めた(ある)から、3,東日本震災の復興だったからではないのか。

実際3,の震災復興の大義名分のため、福島、宮城、茨城でも一部競技は開催されるし、聖火のスタートも福島だ。まぁ韓国は「放射能がぁ」と未だに勉強不足の薄っぺらな知識と先入観で騒いでるが。まぁ、あの国は今は何でもかんでも反日に結び付けたいだけの活動家がうるさいから仕方がないが。

 

それはさておき、1,コンパクトな開催ってのは重要だと思う。選手村から移動がしやすく漢訳も選手も集めることで警備や動線の管理や運営をしやすくする。

そのために国立競技場の建て替え(実現不可能と言われたあのデザインはやっぱり変更)とか、各種施設の建設や前倒し借り入れやったんじゃないの。おかげで2020年夏の首都圏コンサートやイベントは五輪優先で壊滅。日程変更や開催場所変更をしている。あのオタク最大のイベントでさえもね。奴らにとってオリンピックなんてほんとどうでもいいイベントだろうね。夏の甲子園だって影響を受けてるぞ。

何かにつけて「TOKYO2020」をキャッチフレーズのように使い、受動喫煙なんちゃらとか、地図や標識の変更とか、道路の整備(首都高の利用制限やマイカー通勤の自制)、ホテルや宿泊施設(民泊も含む)の増設や認可を変え、果ては五輪期間中の宅配便の自制まで言い出してた。

 

それを「東京の夏は暑いから」とか今更言うなよ。そんなんわかってたことやん。

大阪や京都よりは東京はマシだが、猛暑続きの日本の夏は暑いのだ。そんなのは毎年もうウンザリするほど知っている。それをただ涼しいからって理由で北海道・札幌に開催変更するなんて、そりゃ聞かされてなかった小池知事も「それなら北方領土でやったら?」って嫌味言いたくもなるわな。

あ、この発言について色々クレーム言ってる人がいるけど、北方領土は日本の領土だよね。なんで政治的発言になるんだ?丸山なんとかの「北方領土奪回には戦争しかない」というのと、小池都知事の「涼しいというなら」は全く違うぞ。ロシアが不快感出してるとか報道するマスコミの気持ちがわからん。奴らは竹島は韓国の、尖閣は中国の、そして北方領土はロシアのものだと思ってるのか。「今まで地道な交渉を続けてきてるのに」ってのもわからん。地道なって言っても何の成果も出てない70年なんだろ?後何年待てばいいのだ?ロシアはこの先いつかは返してくれるのか?

 

話をマラソン・競歩競技開催を札幌に変更することに戻す。先にも書いたが、この札幌に変更というのは賛成だ。

実際東京はマラソンの開催時間を朝6時にしてみたり、コースのアスファルトを遮熱性舗装にしてみたり、ミストをするとか打ち水をするとか、更には朝顔を植えるとかわけのわからん対策をしてたが、それこそ「焼け石に水」だからな。

 

でもな、やり方が解せんのよ。

なぜ、小池都知事が知ったのが公表直前の15日だったのだ。その前の週に橋本聖子五輪相には伝えたとのことだが、当事者抜きでなんで勝手に森会長(元総理)とIOCが決めて、札幌市や北海道に連絡してたんだ。小池さんからすりゃ「寝耳に水」とか「青天の霹靂」だな。

日本の組織の伝達で、この長を飛ばして決定なんてのはもってのほか。協力はしないぞ、好きにすれば、予算?知らんよ、それよりかかった経費は払ってくれるの?宣伝は、人事は、設備は、交渉は、あとは好きにしろよってそっぽ向きたくもなるわ。それくらい独自で東京都はやってきてたからね。

 

そりゃ、北海道や札幌は「棚から牡丹餅(ぼたもち)」で喜ぶわね。いきなり降ってわいたようにオリンピックが開催できるんだもの。コースの整備はなんとかなるだろう。札幌でもマラソン競技は何回も行われてるしね。

こんな道や

こんな道もあるぞ。

 

あとは「札幌ドームをスタートやゴールにしろ」っていう問題だが、これだってなんとかなるだろう。(一度しか行ったことがないからよくわからんが)

 

問題は、選手、関係者、観客の移動手段や宿泊施設などだ。そこまでホテルや宿泊施設があるのか?ニセコや富良野、函館や旭川とかに分散すりゃいいだろうとかってか。海外(大陸)の人から見りゃ、移動距離200kmとか近いくらいだろうけどさ、島国の日本人にとってはすごい距離よ。だって京都から名古屋くらいの距離だもの。俺も北海道に行った時、地元人の距離感に面食らった。札幌ー旭川間の雪の積もる高速を100km/h以上でガンガン飛ばして移動。もちろんこの程度は日帰り。ロスに行った時サンディエゴまで車で日帰りしたり、ネバダまでちょっと行ってくるって感覚なのも驚いたが、それと変わらん感覚が道民にはある。因みにロスーサンフランシスコで東京ー大阪くらいだ。

 

ドーハのマラソンで途中脱落棄権者が出まくったり、競歩で日本がメダル取ったりしたから余計そう考えたんだろう。

だから東京オリンピックの一つの競技を北海道でって感覚で変更したんだろう。

それならいっその事、水質がどうこう言ってる会場競技も沖縄・宮古島とかに移すとかどうだ。宮古島はトライアスロンは定番だしね。青海で行われる予定のカヌー・ボートもどうだ。

ゴルフはどうする?。埼玉県霞ヶ関カンツリークラブも暑いぞ。タイガーウッズ(もし出場できたとして)もウンザリするぞ。

有明で行われる予定のテニはどうだ。大坂なおみはせっかく日本国籍を選択してくれたのに、公開するかもしれないぞ。

他にもいろいろ暑い場所で行われる競技あるだろうが今手元に資料がないのでうろ覚え。それらは変更しないのだろうか。

 

それよりもボランティアはどうするんだ。無償の上にかなり厄介な条件(拘束時間や参加日程)なのに応募してくれて、最近研修まで始まったのに、彼ら彼女に北海道まで行けと。参加メンバーは高齢者や留学生、学生、企業から無理やり駆り出された人たちが多いが、交通費自腹、宿泊施設も自腹、顎足も当然ってので参加してくれるのか。それとも札幌独自で集めるのか。

 

チケット問題もあるなぁ。せっかく当選して「どやっ」って周囲に見せびらかしたりしてた人もいるだろう。お目当てじゃないけどマラソンだけ当たった人もいるだろう。女子マラソンと男子400m同時に見れる!って喜んでた人もいるだろう。ヤフオクやメルカリで売るのは禁止だろうが、払い戻しに一悶着ありそうだ。

 

IOCがどれだけ偉いのか知らないが、所詮世界的運動会。

選手のことを考えてとか、観客とかのことを考えてとか言ってるけど、所詮アメリカの都合だろ。IOCの放送権8割の4583億円をアメリカが出してるからな。7・8月から変更する気は全くないのは、6月はホッケー(NHL)の優勝争い、9月はアメフト(NFL)開幕、10月はメジャーリーグ(MLB)のプレーオフやバスケ(NBA)の開幕。それらを優先したいから。奴らは絶対この時期にオリンピックをさせる気はない。

 

国立競技場のデザイン変更問題や東京オリンピックロゴ盗作疑惑など、最初からゴタゴタし、築地の豊洲移転もTOKYO2020が何ちゃらと結びつけ、飲食店の喫煙ルールや標識もTOKYO2020の訪日客に合わせてとか、民泊やキャッシュレスもTOKYO2020。何でもかんでも東京2020って言ってこじつけてたのに・・・。

選手のユニフォーム発表に石原さとみを起用し、

聖火ルート発表に綾瀬はるかを起用し、

イメージアップと注目を何とか集めてた小池都知事も今頃落ち込んでるだろう。

「あぁあんな暑さ対策のダサい傘なんか発表してる場合じゃなかった」と。

「後悔先立たず」だな。

 

 

Comment

多分大コケするだろう ニッポンノワール

2019-10-20 21:41:30 | MUSIC/TV/MOVIE

多分大コケするだろう。

今クールは期待外れとかコレジャナイ感が強いドラマが目白押しだが、この【ニッポンノワール 刑事Yの反乱】、間違いなく大コケするだろう。

前評判が良かったし、なんか興味そそられたので第一回目を見た。

なんじゃこりゃ。

スピード感重視で次から次へと謎が出てきて誰が敵で誰が味方か・・・。謳い文句の「アンストッパブル・ミステリー」。日本語に訳したら「なんか色々やりすぎてわけわかんない」になるのかね。

過去の事件が絡んだ警察組織の悪とか隠蔽とか偽装とか。もう使い古されたこの方法を平気でまだ使う厚顔さはともかく、脚本がザルすぎる。色々詰め込んでしまいたいのはわかるが、まったく意味ワカンねぇよって。突っ込みどころが第1話目にして満載。

オープニングはいかにも意味深で、このドラマはいろんな謎が次々と出てくるミステリーですよって感じだが、この手のドラマが成功したのは「10年前」だろうさ。

 

山小屋で目を覚ました賀来賢人の。横には広末涼子の死体。手には拳銃。記憶がまったくない。そのくせいきなり現場の証拠を消そうとするんだけど、足でズリズリしたってダメだろうよ。科捜研のまりこさん(沢口靖子)が臨場したら一発で「何々を使えばわかるわ」って調べられるだろう。この男は山小屋の周辺の足跡とかも消したのかね。

で、ちゃっかりまた現場に臨場するんだけど、広末涼子が配属された頃からの記憶が無い。賀来賢人はしっかり医者の診断書までとってるがいつ病院行ったんだ。捜査会議で転属してきた細田善彦にいきなり突っかかられてるが、何のことか視聴者には全くわからん。「俺の手柄を横取りして捜査一課に入りやがって」と過去の確執があること言って診断書をビリビリ破るシーンで「もう少し丁寧に描こうよ」って思う間もなく、その言い争いを発端に捜査会議が大荒れ。全員入り乱れてのバトル。

ここで今まで飄々としてた杉本哲太が実は喧嘩っぱやく腕自慢ということがわかる描写は良いとして、バトルロワイヤル状態の中ででしれっと化粧して座ってる立花絵里。前回のブログでも書いたが、下手くそな演技もそうだがこんな使い古された手(「私はクールですよ」演出)を未だに使う脚本家や演出家がいることにびっくり。

 

天井に拳銃をぶっ放して騒ぎを収めた公安部・井浦新の登場も、お前どこから入ってきてんって突っ込みより、そんなところ(椅子の上)で待ってたんかいって。なんか格好良く登場させようって下手な演出しないでも井浦新はかっこいいんだからさ。「お前を育ててやった(刑事のイロハを教えた)のは俺だ」と賀来賢人に恩着せがましく言うこの伏線は後で回収されるんだろうな。

しつこく何度も「警視庁のガン」とか「日本一の悪徳刑事」と周りの奴に言わせることで、賀来賢人がいかに問題刑事だと演出したいのだろうけど、わざわざそんな説明台詞いるか?

さらに本人もクールに装い、いかにも「ワイルドだろ」感を出そうとしてるのだがこれもどうだろ。さらに何かにつけて「面白くなってきたじゃねーか」というけど、これっていろんなドラマですでに使われてる台詞だよね。天海祐希も毎回取り調べの前に言うぞ。

広末涼子のガキを預かるように言われ嫌がる、無視する。このパターンも従来幾度となくいろんなドラマで描かれた。さらに面倒くさがって邪険にしてるんだけど、優しい言葉かけたり、ツンデレのように「言うこと聞く(約束守るん)ならおいてやる」ってパターンも登場。

 

ひどいのは子供を連れて現場(山小屋)に行くシーン。立ち入り禁止の黄色いロープの脇には警察官がいて、二人を制止するが、その中で同僚の工藤阿須加二襲われる時にはどこに行ったか姿見えないし。さらには賀来賢人は広末涼子が赴任してきた時からの記憶がないとか言ってるのに工藤阿須加に「お前の手口はお見通しなんだよ」って。禁煙してたことも忘れてたのにね。

しかもこの工藤阿須加、理事官の篠井英介になんかを吹き込まれた途端豹変。タバコの吸殻は井浦新に渡すわ、「ハッピーピーポー」ってラリった感じ満載で襲撃するわ、もう何が何だか。お前は広末に惚れてたのか?視聴者はこれくらい読み取れと?で、結構このバトルシーンは悪くなかったのだが、賀来賢人の暴走を止めるため子供に銃を撃たせちゃいかんよ。いや、道徳の話ではなくて、肩を脱臼するって話。いくら22口径でも銃を撃ったことのない子供には無理だって。弾を撃ったら反動が結構あるのに銃口はしっかり地面と平行して構えてるし。もう監督とか演出家が「こういう絵が欲しい」ってのが丸わかり。

 

そのくせこの子が礼儀正しく育てられたのを演出するためか、アジトの一階にある笹野さん(元警視庁の敏腕刑事=これも説明台詞で)の喫茶店で冷凍ピラフを食べるとき「いただきますって言わないんですか?」と賀来賢人にいう。こんなことを言うガキモキライダガ、このときガキが言う台詞が「作ってくれた人に感謝の意味を込めて頂きますって言うんだと母から教わった」。これって俺のオカンと同じ勘違い。正確には「(食物に対し)あなたの命を頂きます」だ。「いただきます」については諸説はあるが、堂々とトンデモマナー、ナンチャッテルールを堂々とドラマで描くな。

襲撃後の夜、自宅でカップラーメンを食する際に賀来賢人も「いただきます」と言っているが、それより、あの現場からお前、工藤阿須加をどうやって運んできたんだ?って方が気になった気になって。

 

もうあれこれいろいろありすぎて、いい感じで怪しげな雰囲気の北村一輝のことが霞んでしまった。

あ、このドラマ、菅田将暉主演で大好評だった【3年A組ー今から皆さんは人質です】の半年後の設定ということで、半グレ集団ベルムズのリーダーも出てる。なぜか賀来賢人の使いパシリをさせられてて「一度悪の道に入ったもんはそうそう簡単に更生できねぇんだよ」的な台詞を言われたりしてる。これって放送倫理上いいのかね?さらに言えば、あれだけやってたやつがたったの半年で出所できるのか?即位礼正殿の儀の特赦とかか?

 

なんかこの「出演者は豪華、前評判はいい、第一話見てガッカリ」でパターン、つい最近もあったなぁってデジャブ感じた。あ、【ストロベリーナイト サーガ】だ。

なんかどいつもこいつも胡散臭さを出すためか、騒がしい。「情報量の多さ」が売り文句だが、これって裏を返せば「たったの10-11話くらいで伏線を全部回収できるわけない」&「丁寧に描けるわけがないから薄っぺらくなる」だ。

間違ってもこのドラマが【3年A組ー今から皆さんは人質です】のように、回を増すごとに謎が解き明かされ、それぞれの登場人物が丁寧に浮き彫りにされていくってことは期待しない方がいいと思う。あのドラマだって結局は伏線回収しきれなかったところいっぱいあったもん。続きはWEBでって。それはオダギリジョーのみ許されるやり方だ、知らない人は昔のLIFEカードのCMを知ってる人に聞いてください。

 

第二話が本日放送される。多分見ないだろう。

Comment