グローバル・タックス研究会 ~Study Group On Global Tax~
貧困のない、公正かつ持続可能なグローバリゼーションのための「グローバル・タックス」を提言する、市民研究グループです。
 



G20財務相会合・中央銀行総裁会議が18日からはじまりましたが、議長国であるサルコジ大統領は開会の演説で「金融取引税導入を柱とする金融規制などを求めた」(MSN産経ニュース)とのことです。 今朝NHKBSで放映していたフランス公共放送「F2」は「大統領は演説で金融取引税導入の必要性を3度言及したが、米国などが反対している」と報道。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




先に呼びかけたG20ソウル首脳会合に向けての「金融取引税への課税を求める国際市民社会声明」への賛同署名ですが、42カ国183の市民社会組織―全体で2億人以上を代表している―の署名が集まりました。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




国際市民社会は11月11-12日に開催されるG20ソウル首脳会議に向け、「金融取引への課税に向けてG20は行動を」という共同署名を呼びかけています。ぜひ署名をお願いします。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




峰崎財務副大臣がIMF・世銀合同総会で国際連帯税の検討を行うべきとの発言を行いました。我国の政権与党のリーダーが国際社会で国際連帯税をアピールしたのはこれが最初です。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




G20サミットに向け盛り上がったトービン税議論--サミットではどのような議論が行われ、結論(成果)はいかなるものだったでしょうか。あわせてサミット直前のドイツ・シュタインブリュック財務大臣のフィナンシャル・タイムズ紙への寄稿文を紹介します。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




G20首脳宛の国際金融取引税の議論を求める市民社会からの書簡、「国際金融取引税をピッツバーグ首脳会議での議題に」の最終版です。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ピッツバーグでのG20金融サミットが24日、25日に開催されます。ヨーロッパでは国際通貨取引(トービン税)/金融取引への課税について議論が盛り上がっています。その模様をヨーロッパの報道から(うち一部はNGOの活動報告から)拾って一覧にしてみました。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




鳩山新総理の国連総会での演説につき、「動く→動かす」(GCAPジャパン)と国際連帯税を推進する市民の会(アシスト)は、連名で「極度の貧困と不平等のない世界の構築に向けた強力な意思表明を」と題するする要請文を提出しています。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




9月18日付ロイター通信の「G20首脳らが『トービン税』を議論と情報筋」という記事が世界を駆け巡っています。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




欧州の通貨取引税や国際連帯税に取り組んでいるNGOとともに、ピッツバーグG20金融サミットに参加する首脳に対してレターを出すことになりました。賛同をお願いします。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )


« 前ページ